ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫H.R.GIGER

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

Big Chap Alien

イメージ 1 『 何を諦めるべきか 』

 9月に綴った記事 I wanna Alien... で、続々と発表されるハイクオリティーなビッグチャップこと1st.ゼノモーフの立体物が欲しくて堪らないが、高額商品複数同時展開になりそうで買えない・・・と云う内要を綴ったが、あれから各メーカーが開発中のプロトモデルが具現化し、私の物欲の苦悩も現実化することとなった・・・
こんな短い期間に最高品質の高額商品が複数同時展開で発表されるとは・・・
家は裕福でもないし子供にも沢山お金が掛かる。 欲しいもの全部は買えない。
さてどうするか・・・ 何を諦めてどれを手に入れるべきなのか。 

イメージ 2
 ALIEN / GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE - CoolProps
今月12月1日に予約のプレオーダー受付が開始された。 しかも私が予想していた販売価格の約半分ほどの価格であった! そして10回分割払いのオーダーもある! 
直ぐにでも私の右中指が『カートへ入れる』ボタンを押そうとしたが、まだ妻に正式に了承を得ていないので少し待つ事にした。

イメージ 3
 ALIEN / GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE - CoolProps
実はクールプロップスのGIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTEの購入には冷静になっていた。
既に同社のGIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEADを予約しており20万円以上の代金を支払っているが現物が未だ届いていないのに、更に別のエイリアン高額商品の予約を申し込む事と、そして本商品と同じモチーフで制作された佐野先生の1:5 Statueを既に私が所有ていると云う2点がが、妻の了解を得難いものになっている。
しかし妻は、私が常々ビッグチャップの事を想い続けている事を知っているので割りと協力的ではある。 
問題は同じもの(スイスのギーガー・ミュージアムに立っている立像を模した商品)のスケール違いを買う意味はあるのか?であった。
そしてワンフェス等で発表されていたクールプロップス GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE プロトモデルはやけにヌメヌメし過ぎていた事も気になっていた。

 しかし・・・今月12月1日のプレオーダーで発表された商品画像の仕上がりは・・・
素晴らしい・・・! 完璧じゃないのかっ?!!!

イメージ 4
 ALIEN / GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE - CoolProps
これは素晴らし過ぎるマケットである。 否!ビッグチャップが本当に好きなのであれば必ず持っていなければならないものである。 本物である!
しかも1/3と云う大きなサイズで、ギーガー・ミュージアムのケースを模したケースまで付いてたったの\162,296-(税込)!!! 安過ぎるではないかっ!!!!!
10回払いで買ったら負担はとても少ないYO〜

イメージ 5
 ALIEN STOOPING (仮称) 1:3 STATUE - 豆魚雷 / 東京コミコン2017
・・・と想ってたら豆魚雷がやってくれた・・・・!!! まさかのSTOOPING!!!!!!
10月に豆魚雷から『 ALIEN 1:3 STATUE PROJECT 』なるものが発表された。
このプロジェクトはエイリアンの超マニアである原田プリスキン氏を筆頭に、造形氏は"究極のプロップスーツ・エイリアン - コトブキヤ Big Chap 1:10 ARTFX+ Statue”を造形した藤本圭紀氏、そしてサイコモンスターズの三島わたる氏とenoさんこと榎本龍彦氏の協力でスタートした。
最初はどんなものが作られるのか全く判らなかったが、クールプロップスの1/3エイリアンが注目を浴びてるこの時期に、豆魚雷が同サイズのエイリアンを発表するのか? 時期が良くないんじゃ?と私は想っていた。
しかし先日の東京コミコンでお披露目となった豆魚雷1:3エイリアンを見て度肝を抜かれてしまった・・・・・

イメージ 6
 BIGCHAP ALIEN - STOOPING
ビッグチャップ好きなら誰もが憧れるこの屈みポーズ! 究極の写真である!
1979年公開当時からSF雑誌等でしばしば紹介されたこの写真であるが、この屈みポーズの商品化はその後20年近く無かった・・・

イメージ 7
 BIGCHAP ALIEN - STOOPING T-Shirt
このTシャツは約25年位前に何処かのアパレル会社がコラボして作ったもの。
当時、ファッション雑誌でこのシャツを知った私は随分と探し回ったものだ・・・
大阪なんばのアメリカ村で約1ヶ月も掛けてアメカジの店舗を虱潰しで探したが見つからなかった。 どうしても屈みエイリアンのこのTシャツが欲しかった。
諦め掛けた頃に彼女の買い物の付き添いで立ち寄ったレディースの店で偶然見つけたのだ。 まさか女性服のお店にあるとはな・・・ 
とにかくこのTシャツは私の宝物となった。

イメージ 8
 ALIEN Statue B type "STOOP" - MARMIT
約13年前2004年の夏頃だったか、マーミットが2タタイプのエイリアン・スタチューを発表した。
手を前に伸ばしたA type "ATTACK ver"とB type "STOOP ver"である。
私の知る限り初めて世に出た屈みポーズのビッグチャップ! 私は興奮した!
また写真の屈みエイリアンを模して造形されたこのスタチューはプロップスーツっぽく作られており素晴らしかった。 20世紀フォックスが絶賛したと云うこのスタチューであるがイザ手に取ってみると少し物足りなかったのは否めない。
顔の造形に満足出来なかった… そう、映画公開後に数多のエイリアン立体物が発売されて来たが、そのどれもが満足行くビッグチャップの顔ではなかった。
10年程前か、サイコモンスターズがカスタムしたマーミットエイリアンの顔を見た時の衝撃は忘れない。
そして2011年佐野先生が作ったビッグチャップが初めてビッグチャップを再現出来たものとなった。 芸術品と賞された。
しかし佐野先生の作品は多くのマニアと造形師にとんでもないリアリティと創作意欲を波及する事となる。 それが今の現状である。

イメージ 9
 ALIEN STOOPING (仮称) 1:3 STATUE - 豆魚雷 / 東京コミコン2017
豆魚雷 ALIEN 1:3 STATUEと造形師の藤本圭紀氏。未だ7割程度の完成度だと云うプロトモデルだがどう見ても最高の造形である。 コンセプトはプロップ・スーツの復元だそうだ。ジャバラの数やヨレ、シワ等、見えない部分まで再現すると云う。

イメージ 10
 ALIEN at German Film Museum
原田プリスキン氏と藤本圭紀氏はスシスのギーガー・ミュージアムとドイツのフィルム・ミュージアムで徹底的にエイリアンを調べ上げ沢山の発見をしたと云う。
屈みエイリアンはこのドイツのフィルムミュージアムに展示されているものになる。ロズウェルの佐野エイリアンとクールプロップスの1:3マケットはドイツのギーガー・ミュージアムにある立像をモチーフとして造られているが、豆魚雷の1:3スタチューはドイツのフィルム・ミュージアムのもの。つまりプロップスーツの再現をコンセプトとしてイレギュラーなアプローチを試して行く造形スタンスで作られる。

イメージ 11
 ALIEN STOOPING (仮称) 1:3 STATUE - 豆魚雷 / 東京コミコン2017
このプロジェクトの真髄を知った時は最初戸惑った。確かにリアリティは大切だが、プロップスーツの完全なる再現となると、スーツのヨレ具合、スーツ故に足(靴)部分とパンツ部分、チョッキ部分や腕等のパーツ間の隙間を見せる事になる。それらを反映されたスタチューは美しいと云えるのか・・・
しかし原田プリスキン氏と藤本圭紀氏の若いお二人の熱意とこのプロトモデルを見れば彼らの物作りが決して間違えていない事が解る。とても素晴らしい作品である。
ただ一点だけどうしても不安な部分はある。
この屈みエイリアンの尻尾。 今まで屈みエイリアンの垂れた尻尾は足元でカールして先端が上に向かって立っていると想われていた。そう、頭を下げて屈んだ身体に対して上に伸びた尻尾の先が形成するアーチが屈みエイリアンの美しさであった。
しかし彼らは見つけてしまった。 古い写真に写るエイリアンの尻尾の先端は上に向かって立っているのではなく、実は左側に倒れているのだという真実に・・・
当然、この事実は作品に取り込まれた。 
うぬぅ〜・・・・・仕方無いか、本当の事だから・・・・・
 
 で、先日発表されたばかりの豆魚雷のALIEN 1:3 STATUE
9月に綴ったI wanna Alien... ではでは存在すら知らなかった。 また大きな悩みが増えたと云う訳である。 やはり豆魚雷のSTOOPING ALIENは絶対に欲しい!
と云う事はクールプロップスの1:3マケットは諦めなければならないのか・・・?
いやクールプロップスの1:3マケットは絶対に欲しい。どうすれば良いのだろうか。
豆魚雷のエイリアンは迷いの無い確固たる製作コンセプトがあるので造形の完成は直ぐだと感じる。塗装の表現は決っているのだろうか、版権取得の進行はどうなっているのだろうか? 出来ればもう少し時間を掛けて欲しい。 でないと軍資金調達も出来ないので買えない・・・
予約開始の目処や価格面等を電話で問い合わせようと何度か想ったが、怖過ぎて実行出来ない。
因みに妻にクールプロップスの1:3マケットとは別に豆魚雷の1:3スタチューが欲しいと相談した時、妻はギョッとして『えっ?!! マメギョライ・・・?!!!』と叫んだ。
豆魚雷ではホットを始め沢山のフィギュアやスタチューを買うだけ買った挙句、梱包すら開ける事なく部屋は豆魚雷のダンボール箱が積み重ねられている状態。
既に何を買ったのかも覚えてない・・・ 
妻『どうするのこの箱
私『う・・・・・・・
豆魚雷は何も悪くない。悪いのは私なんだけど、妻からしたら豆魚雷と聞くだけでゾッとするみたい

イメージ 12
 ALIEN / GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD - CoolProps
先ずはコレ。これが届かない内は次に行き難いんですよ・・・ 
このLSヘッドで\212,760-(税込)、同社の1:3 MAQUETTEで\162,296-(税込)
そして豆魚雷の1:3 STATUEは幾らするのだろうか・・・・・・
Bill Wiegerの1:4 Crouchin Alienキットもある。これも製作依頼したらキット込みで15万円行くか? エイリアンの為に離婚されるのはマッピラだが我慢も出来ない。
せめて豆魚雷のエイリアンが来年以降の予約開始ならなぁ・・・

イメージ 13
 Dog Alien 1:3 Maquette - CoolProps
と云う訳で初めて買うドッグエイリアンになる筈だったクールプロップスの1/3ドッグエイリアンは見送る事になってしまいました
版権取得期間中に沢山の商品をリリースする事により一商品に掛かるコストが下がるので、良い商品を安く提供出来るが、安いと云ってもどれもが10万超えの商品。
複数同時展開されると庶民には手が出なくなってしまうと云う悲しきパラドックス。
俺もう、これ以上働いたら死んでしまうわ・・・ 家族サービスも全然してないし・・・
エイリアンの為に臓器売るか?! 俺の右脳いくらになるかな? 目玉なら売っても良いかな?






〜 きょうの音 〜
Non Standard Mixture - Haruomi Hosono
イメージ 14
Making Of NON-STANDARD MUSIC
 私が大好きな天才・細野晴臣が1984年に設立したレーベルNON-STANDARDの一発目のレコードだったかな。 この7inchシングルを買って喜んでグルーヴさせたら音がおかしくて『アレっ?!! どうなってるんだろう』と焦った記憶が懐かしい。
45r.p.mなのに33r.p.mでグルーヴィングしてしまったんだね〜
YMO散開以降〜この頃の細野晴臣が大好き!民族音楽からクラシック、ヒップホップ、ビデオゲーム、工業機械をサンプリングしたアンビエント音楽等々、色んな音源を駆使して創られた細野晴臣の音が素晴らし過ぎる。
このNon Standard Mixtureは『Making Of NON-STANDARD MUSIC』に入ってる音。凄く良い! この曲の中で『Yum Yum』と鳴く声は、発光するひょうたんの様なマスコットキャラクター・グロビュールが鳴いてるのかな?と想ってたけどどうなんだろう。 因みにこの『Yum Yum』と鳴く声はグレムリンが物を食べる音をサンプリングしたそうな。
B面、3曲目の"3・6・9"も凄く好きだけどユーチューブで音源が出て来なかった。





〜 そろそろ買い換えないといけないもの 〜
イメージ 15
 今使ってるPC もうすぐ8年を迎える。
8年前のPCなので色々と不具合が発生しながらも部品交換等で騙し騙し使ってる。
大したスペックじゃないけどHDDとメモリの容量は大きい。もともとPCで大した作業もしないので充分過ぎる早さ。見た目の愉しさからファンを沢山付けてるんだよ。

イメージ 16
さて次も今使ってるコルセアとよく似たミドルタワーのケースにしたいな。
今欲しいのはThermaltakeのCore V51というケース。前面のメッシュの中に八角形の穴がミソ。今度は完全水冷で作りたいな!と想ってる。
左の画像は前面と後面にファン付けて上部に簡易水冷のラジエター付けてCPUのみを冷やしてる。これじゃあ面白くないので、右写真の様な完全水冷を組みたい!
右写真のマシンは前面と上部に吸い水冷ラジエターを設置し、HDDケージを取除いて、そこにリザーバータンクを鎮座させてる。最初にCPUを冷やして次にグラボを冷やす。もう少し複雑にパイピングしたいからメモリにもブロック付けて無駄に冷やしたいなぁ。

イメージ 17
 ThermaltakeのCore V51は右側面に立てドライブを設置出来るスペースがあるので、HDDケージは要らない。そこに大きなリザーバータンクとラジエターを取り付ける。 もちろん上部にもラジエターを付けてツインで冷やす。
CPUはCorei7、OSはSSDで稼働して、バックアップ用としてHDDを用意。
大した作業もしないのでSSDならメモリもショボ目で全然OKだと想う。 でマザーボードとグラボだけど見て愉しいのが一番だから、光るものが欲しい。けど光るものになるとゲーミング仕様のハイスペック高価格なものばかりになってしまう。
私にとっては高スペックは必要ないんだけど、安いものになると地味なマザーボードとグラボばかり・・・ これまた必要無いんだけど派手さで行くなら、画像の様にSLIでグラボ2連もしたい・・・ 電源ユニットはグラボの容量で決めるという感じ。

イメージ 18
 この画像はケースも中身も別もののPCだけど、クーラントの赤色が美しい。
やはりクーラントは赤で決まりですね
ちゅうか、見積もりとか請求書作ったり、ブログ、HP書いて後は家族写真入れる位しかパソコン使わないのに無駄に高いマシンになりそ・・・






〜 チーコ♪ 10歳の誕生日 〜
イメージ 19
チーコ♪ お誕生日おめでとう
もう10歳かあ
早いねゑ〜

イメージ 20
O太♪骨折
学校の階段から飛び降りて骨折
『ヒィィィ−−−−−−−−−−−−−−−−!!!』
と泣き叫んでたみたい。
アホ過ぎるわ

I wanna Alien...

イメージ 1
HR Giger working on Xenomorph for Alien
 
 エイリアン大好き・・・ 好き過ぎる。 このクリーチャー。つい最近まで『エイリアン』で通ってたけど、『エイリアン』は映画の題名であって、クリーチャーの事を『Xenomorph=ゼノモーフ』と呼ぶのが本当らしい。
しっくりこないなぁ・・・
私はマニアでも無くコレクターでも無いので欲しいエイリアンが限定されており、それ以外のものには見向きしないで済むので、数多のマニア/コレクターさんの様に物欲と資金に悩まなくて済んでいた。
しかし最近は続々と凄い立体物が発売されるようになったお陰で、一点限定派の私でさえも物欲と軍資金に悩む日々を送っている。 夢でうなされる程なのだからよっぽどだ。
続々とリリースされるハイクオリティの立体物群。嬉しくもあるが地獄でもある。
あ-----欲ちいっ!・欲っちィ----------------------YO

イメージ 2
ALIEN 1979
 当時小学生だった私は『ALIEN』を劇場で観る事は叶わずTVの『ゴールデン洋画劇場』で観た。 公開当時『エイリアン』は一世風靡し、子供達でも皆『エイリアン』と云う言葉を知っていた。どんなものかは知らなかったが・・・
TV初登場の日、友達同士で騒いでた! 『今日○○劇場でエイリアンやるで---!』
初めて見るHR Gigerの異世界と恐ろしいシナリオ、演出を夢中で観た。
暗がりから一瞬しか姿を見せないエイリアンの全貌は殆ど判らなかったけど今まで見た事も無い斬新は異形に魅入ってしまった。
武器も無い貨物船の中で一人ずつエイリアンに食い殺されて行くクルー達・・・
キイィィィーーーーーーーー!!!
ノストモロ号船長が襲われるこの場面が怖くて堪らなかった・・・

イメージ 3
 1979年公開の一作目エイリアンに夢中になった子供達は多かった。
当時、『宇宙船』というSF雑誌があって、その紙面に僅かに載ったエイリアンのプロップや全貌。HRギーガーの事等など、私は貪る様に見た。家は貧乏だったのでしょっちゅうは『宇宙船』を買えなかったけど、エイリアンがたくさん載ってる号は母にねだって買ってもらった。
それから中学生になり高校生になりアルバイトして少しのお金もあったのでエイリアンの模造品を買って悦に浸った。社会人になってからも少しづつ発売される1st.エイリアン、通称"ビッグチャップ"を買い漁った。 当時の情報源は『宇宙船』や『フィギア王』等の雑誌しかなかった。
あまりチープなものは買わなかったが、映画に出てくるエイリアンのヌメッとした顔と唇や歯の加減が上手く表現されている模造品には出会えなかった。
おそらく殆どのマニア/コレクターが同じ様に考えていたと想う。
私が30歳の頃(約17年前)にマーミットから直立ポーズの巨大なビッグチャップが発売され、更に私が34歳の時に同社からエイリアンAタイプ(アタックver.)、エイリアンBタイプ(屈みver.)の予約が開始された時は鳥肌が立った。 
それからしばらくしてサイコモンスターズがマーミットエイリアンをギーガー・ミュージアムのGiger's Alienに似せてカスタムしたものを観てアゴが外れそうになった。 サイコモンスターズに製作して戴こうかと悩み悶々とした日々を送っていた。

イメージ 4
Alien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver - Roswell
 2011年にRoswellから予約販売された佐野先生原型のSANO's BIGCHAP 1/3 バストスタチューの発表時にはとうとうアゴが外れた。『本物が此処に有る』と感じた。予約終了まで毎日ロズウェルのサイトを見ながら悶々としていた・・・
『私は1/6サイズの全身像以外は収集しない』という決意(?)があったからだ。
しかし予約終了を目の当たりにして激しく後悔した・・・ と悶絶していたら1/3 バストスタチュー発売後いきなり2011年夏のワンフェスで同じくロズウェルから佐野先生原型の1/5エイリアンスタチューが発表され予約開始! これには飛びついた!

イメージ 5
12th.Feb.2012 From Roswell
 2011年末に先にレジンキャストキットが届いた。素晴らしい出来であった。
夏のワンフェスで発表後受付して半年以内に手に届くとは・・・ ロズウェルさんのお話では20世紀FOXの原型監修や販売申請承諾が11月頃まで掛かった筈なのに。
流石は段取りが良いですねゑ〜
そして年が変って2012年2月12日にとうとうAlien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL verが届いた

イメージ 11
Alien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver - Roswell
スイスにあるギーガー・ミュージアムに展示されているのと同じだ・・・
このスタチューは芸術品だと想った。 美しい・・・ それ以外の説明を添える事すら失礼に値する。 言葉を失う作品である。

イメージ 6
Alien Art Statue 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver - Roswell
遂に本物の芸術品が手に入った。
 コレクターじゃない私にとっては『もうビッグチャップを買わなくて済む』と云う想いであった。 これ以外のビッグチャップはもう欲しくない。 そう感じた。

イメージ 35
 H.R.G MONSTER 1:5 scale resin kit - HELLPAINTER
 地獄の塗り師/造形師集団ヘルペインターより2010年に放出されたH.R.G MONSTER !
エイリアンでもなくビッグチャップでもない、このキットを見た時は嵌り込んだ。
ビッグチャップ・スーツを着たスタントを模したスタイル。その姿勢が何とも堪らない。
モールドも丁寧で素晴らしい! ディティールには造形師の味付けが施されているが、そのアレンジも最高に素晴らしい・・・ 
当時一番のネックは発売時期であったが、それ以上に私自身が何も判っていなかった。
頭の中はギーガーズ・エイリアンの事だけ。造形師のアレンジは必要無い。サイズは1/6。
頭が固過ぎた。 それでもこのキットは引き付ける魅力があった。
最近は1/5、1/4、1/3スケールと、スタチューのサイズが大き目のものが流行っている。
私の好みも段々と変り始めている・・・

イメージ 7
Crouchin Alien 1:4 Resin Kit - Bill Wieger
『さあ皆さん、お手を拝借!』
2015年暮れだったかな、また凄いの出て来た・・・

イメージ 8
Crouchin Alien
 エイリアン愛好家なら誰もが見た事のあるこの写真。座り込んで尻尾を丸めているポージングが格好良い(美しい)。

イメージ 9
Crouchin Alien 1:4 Resin Kit - Bill Wieger / 腐乱犬 
腐乱犬/土肥典分氏
 そのクラウチングエイリアンをBill Wiegerがデジタル原型で製作したレジンキット
これは格好良い!と想った。欲しい!今でも欲しいんだけど・・・
まず1/4サイズの巨躯。そしてモナカキットの張り合わせ。このキットの合わせ目をどうやって消すのか・・・かなりの根気と技術を要する。 これは私の技術では作れないなぁと想った。キット自体の価格も割りと高く製作代行をお願いするとなるとかなりの高額になる・・・
その前にこのキットに手を出すと私の収集基準の収拾が付かなくなる・・・
このキットが私の夢に出て来てうなされたのである。 欲しい欲しい・・・って・・・

イメージ 10
Crouchin Alien 1:4 Resin Kit - Bill Wieger
 製作中のクラウチングエイリアン。このキット本当に良く出来ているよ・・・
やっぽし買うわ・・・

H.R. Giger Big Chap Alien 1:4 Art Statue Version 2.0

イメージ 12
Kotobukiya Big Chap 1:10 ARTFX+ Statue
 コトブキヤのARTFX+は去年だった。こりゃまた凄いのが出たよ・・・
藤木圭紀氏原型の素晴らしいディティール! 何よりもこのポージングが最狂である!
このポージングで1/6前後のサイズを出して欲しいなぁ!
近年の主流になってるギーガーズ・エイリアンとは顔付きが少し異なっていて厳つい目付きになっている。 これはCarlo Rambaldi's Alien Headを表現されているんだろうな。

イメージ 13
Carlo Rambaldi's Alien Head
 ギーガーミュージアムに展示されているCarlo Rambaldi's Alien Head。 
40年近く経ってかなり劣化しているんだねゑ・・・ いつの日かスイスに旅行してギーガーミュージアムを訪れてみたい・・・

イメージ 14
Kotobukiya Big Chap 1:10 ARTFX+ Statue / tonytony 
 tonytonyさんがリペイントしたARTFX+ Big Chap。うーん凄く素敵な色合いに仕上がりましたねっ! 私のSF系ブログ友達は皆さん自分でキットをフィニッシュされている人ばかり。 私なんて売ってるものを買ってるだけのゴマメなのに皆さん優しくして下さってありがとうございます
皆さんに『 Let's Try! 』とお勧めして戴く事が多々ありますが、実際何度か作った事があるんですよ・・・ でも目茶苦茶になってしまい途中で嫌になってしまうんです・・・
経験を積めばある程度上達はするものですが最後はセンスです。 絵が下手な人がいくら描いても上手くなりません。 私には才能が無いのです・・・
 と話しがそれてしまったが、このARTFX+ Big Chapの造形はとても素晴らしい!
それにtonytonyさんのペイントの良さと撮影の角度が素晴らしい。 この作品の良さを上手く表現出来ている写真だと想います
 それにしても佐野先生のビッグチャップ発表後は各メーカー、造形師さんの意識が高まってしまい凄く良いもの売られる様になった様に感じる・・・
凄く良い事だけどお金がありません・・・

イメージ 15
ALIEN 1979
 嗚呼・・・やっぱり良い・・・ 何が良いんだろう・・・
私がTVで『ALIEN』の初放送を観たのは1980年10月10日。鮮明に覚えている。
秋祭り(だんじり祭り)の本宮の日。私が11歳になったばかりの放送だった。
あの時の興奮は忘れない。 それまでこんな異質なクリーチャーは見た事が無かった。
バイオメカノイド・ギーガーズ・エイリアン・・・
1980年10月10日、当時11歳だった私がTVで『ALIEN』の初放送を観てから37年。
今年の10月10日には私は48歳になっている。 これほど月日が経っても、この1st.ALIENへの想いは色褪せる事はない。

イメージ 36
やっぱいビッグチャップは良いよなぁ〜

イメージ 16
2016 Dog Alien 1:3 Maquette prototype - CoolProps
 で今、凄まじい勢いのクールプロップスが『CoolProps 1;:3MAQUETTE LINE UP』をアナウンスした!
これは危険過ぎる〜っ

イメージ 17
ALIEN3 1992
 ブログで1st.ALIEN(BigChap)しか興味が無いって常々書いてるので、『そうか・・・』と想ってる人しかいないと想うけど、エイリアンシリーズ全部が好きで2作目になる『ALIENS』からは全て劇場で観てる。 
私が1st.ALIEN(BigChap)の次に好きなのが『ALIEN3』のDog Alien。
当時の私は23歳。彼女と一緒に『ALIEN3』を観た。今頃何してるのかな〜?
ドッグエイリアンのヌメヌメしたスムージーな頭部と『イーッ』と歯を食い縛った感じが堪らなくそそる。

イメージ 18
HR Giger's Dog Alien
 マエストロ・HR Gigerが自主制作したドッグエイリアンと、そのスケッチ。
熱狂的ファンが多いエイリアンについて否定的な事を書くとマニア/コレクターさんの反感を買ってしまうので他所では決して述べてはならない。
でも自分のブログでは好きな事を書いてもよいかな・・・?
『ドッグエイリアンのヌメヌメしたスムージーな頭部と『イーッ』と歯を食い縛った感じが堪らなくそそる』と云ってるのに今まで一度もドッグエイリアンの立体物を買った事がない。
何故なら私はHR.Gigerのバイオメカノイドに魅かれているからである。それは一貫している。
映画作中のドッグエイリアンの顔面〜頭部上部にはHR.Gigerのセクシャル・プレファンスが見事に反映されており、とても美しく恐ろしい。
しかし顎から首にかけての内臓の様な表現がどうしても好きになれない。
巨匠ギーガーが創ったドッグエイリアンはセクシャルとバイオメカが見事に融合しているではないか! なのに映画製作側はなんでこん有機的なデザインを選んだのか!?
当時、製作側とHR.ギーガーの間でエイリアンデザインについて色々と揉めたと読んだ事があるが・・・
でも、何度かドッグエイリアンの造形物を買おうとした事がある。
まずはHALCION製の1/9ドッグエイリアンである。 『ALIEN3』公開後に出版されたメイキングに関する分厚い本に載ってた、歯を『イーッ』と食い縛ったドッグエイリアンにそっくりで凄く良いなと想った。ハルシオン製のドッグエイリアンを威嚇する開口ver.に改造する人は沢山いるけど、私は歯を食い縛ったドッグが好きかな。
このHALCIONドッグエイリアンを佐野先生にお願いして仕上げて欲しいなぁと悩んだ事があったがサイズが小さ過ぎるので見送った。 
次はSIDESHOW製1/4マケット。これも欲しかった。同じく佐野先生にお願いして歯を『イーッ』と食い縛ったVer.で仕上げて戴きたい・・・と長らく想ってた。

イメージ 19
ALEN3 / DOG ALIEN LIFE-SIZE HEAD PROP REPLICA - CoolProps
 クールプロップスのドッグエイエイアンLSヘッド・プロップレプリカ!
これは凄かった! 何と云っても仕上がりが美しい! 口の開き具合もなかなか・・・
エイリアンは目が無いので口の開き具合で表情が決る。ドッグはどちらかと云えば口を開いて威嚇した表情が好まれる。口を閉じたドッグエイリアン製品を改修して開口ver.に仕上げるコレクターが多い。
このクールプロップスLSヘッドは凄く良いなぁと想ってるけど、もしこれが口閉じver.だったなら借金する破目になってた。

イメージ 20
2017 Dog Alien 1:3 Maquette prototype - CoolProps
 夏のワンフェスでのプロトタイプ。 この1/3マケットは、獲物を前にしインナーマウスを突き出す瞬間のヘッドと口閉じヘッドのコンパチブル仕様だとの事である。
是非とも手に入れたいと考えてる! が・・・ 高SO〜・・・
出来る事なら、口閉じヘッドの歯をもう少し食いしばり気味なら最高〜

Prime 1 Alien 3 Dog Alien @ Summer Wonderfest 2017

イメージ 21
2017 ALIEN/GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE - CoolProps
 で、夏のワンフェス2017で発表されたて凄く話題になってたコレ・・・
『CoolProps 1:3MAQUETTE LINE UP』シリーズのGIGER'S ALIEN・・・ 
どうするよ? どうするの? これは行くしかないんですよ。 
しかしこんなの出されると嬉しくて堪らんけど、もうやめてくれ〜!ってなるよな。
佐野先生の芸術品1/5ギーガーズ・エイリアンで完結にして欲しかった・・・
お金が持たない。せめて同じ1/3マケットシリーズのドッグエイリアンの予約開始から1年は開けての予約にして欲しいところだけど・・・
一種類あたりの商品価格を抑える為には版権取得期間中に出来るだけ沢山ラインナップを出す事が重要になるみたいだし、ギーガー財団の版権は20世紀FOXよりも遥かに高いとの事なので、そうなると短期間に沢山の商品ラインナップを開発及び販売する事が商品価格を抑える事になる・・・と云う事なんですね?
しかし1/3サイズのハイクオリティー商品。2万〜3万円では済まない。安くともその10倍以上の価格にはなる筈・・・
はぁ〜・・・ 

イメージ 22
2017 ALIEN/GIGER'S ALIEN 1:3 MAQUETTE - CoolProps
 これは未だプロトタイプでしかない。けどこの凄い仕上がり・・・
GIGER'S ALIEN LIFE SIZE HEADの開発だけでも現在で既に2年以上掛かってるのだから、この1/3全身像(しかもマニアが最も煩く拘るギーガーズ・エイリアン)の開発には更に時間を掛けて細部に拘るかもしれない。そしてクールプロップスと云えば仕上げの美しさが尋常じゃない。
いったいどれだけ素晴らしいものが完成するんだろう・・・・・
凄く愉しみ でも凄く怖い・・・

CoolProps alien sideshow collectibles booth @sdcc 2017

イメージ 23
Stooping Alien
左:HR.Giger Ausstellung/Film のフライヤーで有名なStooping Alien
右:マーミット製のエイリアンBタイプ(Stoop var.)
右の写真は私が撮影したものだけど、なかなか上手く撮れているではないか
このStooping Alienが最も大好きなポージング。 唯一マーミットだけがこの屈み姿勢のビッグチャップを立体化させた。このマーミット製のエイリアンBタイプを手に入れた時は至福の極みであったが、今見てみると細部がチープに感じてしまう・・・
 で、クールプロップスが『CoolProps 1:3MAQUETTE LINE UP』の"ビッグチャップ第二弾"として近い内にこの『var.Stooping』を発表する気がとてもする・・・ 
今までのクールプロップスの開発ペースから見て、短期間内で1/3マケットラインナップを続々展開する気がしてしかたがない・・・
数十万円もするものを同時展開で予約開始されると流石に買えない・・・
しかしクールプロップスの高品質なマケットは絶対に手に入れなければならない!
故に希望よりも困惑と恐怖に苛まれてしまうのである

イメージ 24
Alien Queen for ALIENS 1986
 私が『ALIEN』シリーズで好きなゼノモーフは先ずビッグチャップこと1st.エイリアン。続いてドッグエイリアン、そしてエイリアン・クイーンになる。
クイーンも今まで欲しいものが色々とあった。SIDESHOWの1/4バストスタチューは撮影パペットレプリカで仕上がりも良いものだった。しかし高価である事に加えてバストモデルという部分で毎日悩んでる内に予約終了してしまった。 
そしてサイコモンスターズより、その全身版である1/4 ALIEN QUEEN"THE BITCH"が10体限定で販売された時は・・・ 
これは欲しかったなぁ・・・ でも45万円以上してたし踏み込む勇気が出なかった。
トーマスクンツのガレキも欲しかったなぁ・・・ 
飛ぶ鳥を落す勢いのクールプロップスの事だから、このクイーンも『CoolProps 1:3MAQUETTE LINE UP』で出しそうな予感・・・ 100万円位するのかな?
アガガガガ・・・・・ 外れたアゴが戻りませんYOっほ-------------い

イメージ 25
ALIEN 1979
 怖いよなぁ・・・ 当時こんな斬新なクリーチャーなんて存在しなかった。
無機質と有機質の融合体。目が無く、長くて透明な頭部。口の中にもう一つの口がある。6本の指。卵から生体に至るまでの生育スタンスetc...
故HR.Gigerが創り出したバイオメカノイド。 この美しくて恐ろしい存在に魂を囚われ続けて約40年。 死ぬまでずっと好きなんだろうなぁ。

イメージ 26
HR Giger working trunslucent duits
 しかし創造主であるギーガーはこの素晴らしきバイオメカノイド・エイリアンの出来の不満を方々で呟いている。 首の後ろの突起物、尻尾の形状等々。そして最も表現したかったのがトランスルーセントな体であった。製作は試みられたものの撮影や製作等の技術面でNGになってしまった。 もし透明なビッグチャップが完成していたら『SPECIES』の"SIL"の様なテクスチャになっていたのだろうか・・・
トランスルーセントなビッグチャップも見てみたい。

イメージ 27
HR Giger working on Xenomorph for Alien
何度見てもまったく飽きが来ないこのエイリアンは芸術品なのである。

イメージ 28
GIGER'S ALIEN LIFE SIZE HEAD - CoolProps 
 先ずはこのLSヘッドの到着を待つとするかっ! しかしデカイなぁ・・・
何処にも飾るスペースが無いんだけど、どーする・・・? 完成は早くて今年末〜来年3月頃だと云う事だ。 愉ちみィ--------------------------------
商品代は支払った! 何で予約金だけじゃなくて全額払ったかと云うと、今後続々と発表される高品質マケット群にそのつど予約ばかりしてしまい、商品発送時に軍資金が無い・・・って可能性が高いから!

 今回も情報の乏しい浅い記事を書いてしまった。欲しいけどお金の問題で苦悩話。
あ-----欲ちいっ!・欲っちィ----------------------YO

イメージ 29
よっこらせっと・仕事・仕事・・・
頑張っていっぱい働いてお金貯めなきゃねゑ・・・






〜 今日の音 〜
Michael Jackson - Smooth Criminal - Live in Munich 1997
超DOOP! MJ最高〜にカッコE〜
私が中学生の頃からスーパースターだったMJ
亡き今は神となった。

Michael Jackson -1995 MTV VIDEO MUSIC AWARDS PERFORMANCE
レジェンド
プ------------------------ッ!!!!!





〜 夏の想ひで 〜
イメージ 30
南曽根こども祭り
 毎年、地蔵盆の頃にだんじりを開放して屋台を出して地域活性化を図る。

イメージ 31
南曽根こども祭り
各団体で協力して屋台を出した。

イメージ 32
南曽根こども祭り
空手ばっかしのチビ達は当日も空手の稽古
恵子が終ってから子供祭りに遊びに来たYO
長女のチーコ♪は稽古で熱中症気味になって元気が無かった。

イメージ 33
極真カラテ
最初はO太♪の心身を鍛える為に入門した極真カラテ
こんなに夢中になるとは・・・
来月は昇級試験だね! 頑張れよ!

イメージ 34
また手術・・・
もう嫌になっちゃう・・・怖いなぁ・・・





GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD

ALIEN / GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
Toy News👊🏻 Giger’s Alien Life-Size Head Prop Replica By CoolProps  

最近話題のクールプロップスが、遂にBIG CHAPのライフサイズヘッドを発表した。
『・・・買うの?』と訊く妻は、私の横顔を見て、私が本気だと云う事を悟った。
もはや言葉は要らぬわ! 
私は今まで沢山の造形物を買ったが、9割以上が梱包から出される事無く放置されている。積み上げられた箱の何処に何が有るのか判らないし、数年に一度整理した時などは『え!?こんなの買ったのか?そう云えば予約した様な気がする・・・』と云う場面がある程である。同じ物が3つ4つあったりもする。
陳列して眺めて愉しむ訳でも無く、転売する訳でも無い。大きな箱が積重なって行く部屋は狭くなる一方。 しかも、どれもが受注生産品や当日版権物等の高額なものばかり。
妻からしてしてみれば、私の嗜好は無駄使いで、迷惑極まりない行為である。
どうしたら良いのか自分でも解らない・・・・・・・・
イメージ 1
 GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
信じられないほど美しい1/1ビッグチャップの正面。 これは芸術品と云える。
私はこれらの嗜好品を入手するに当って決め事をしている。1/5〜1/6サイズのスタチュー(全身像)以外は買わない! 今までもハリコレを筆頭にエイリアンのライフサイズヘッドは色々と販売されて来た。 ライフサイズの、プロップから型取られたプロップレプリカはマニアからすれば当然非常に価値のあるものである。なのに私が頑なにミニチュア・スタチューに拘る理由は、撮影に使用されたプロップはどうしてもデティールが荒く、それを型取ったレプリカも必然的に細部が荒い作りになってしまうからである。 しかし、スケールダウンされたスタチューは造形の荒さが目立ちにくく、陳列して眺め易いからである。
とは云え、過去にライフサイズや、ハーフサイズで欲しくて堪らないものもあった。
パッセンジャーの開口ヘッドは仕上が非常に美しく、とても欲しいと想ったが、我慢した。そして更に欲しかったのは、約13年ほど前に500個限定で発表された、ハリコレとHR.ギーガー氏共同制作のハーフサイズ『Giger's Alien』ヘッドである。500個限定の商品に取り付けられたプレートには、それぞれ1枚づつHR.ギーガー氏の直筆サインが施されており、仕上がりの美しさからも最高のコレクションだと想った。更にこの『Giger's Alien』ヘッドにはアーティスト・プルーフ50個限定の、更にデティールに拘ったものがある。ハリコレ究極のコレクションである。これらは欲しくて堪らなかったが、私自身がマニアで無い事が幸い(?)し、我慢する事が出来た(今でも欲しいケド・・・)。
過去に一度だけ、サイズの問題と全身のスタチューじゃないからと入手を見送り、今も尚後悔しているのは佐野先生の芸術品『1/3 SANO's BIG CHAP』だけである。
まぁ俺の場合は、人間自体がちっこいし、部屋もちっこくて飾る場所も無いだけだからだけどねゑ


イメージ 2
 GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
これはマエストロ、ギーガーズ・エイリアンではないかっ!!!
素晴らしい造形と美しい仕上がり。 最初のプロトタイプから2年以上も掛けて何度も整形し直され形にされた芸術品。 作中のプロットから型取られた既知のプロップレプリカと違い、HR.Gigerのビッグチャップを模したライフサイズ・ヘッドである!


〜 開発中 〜
イメージ 10
 2015夏のワンフェス GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
2015年夏のワンフェスで、クールプロップスがビッグチャップ開口ver.ライフサイズヘッドを公開した。
開口ver.、そして台座の形状から見て、2004年に発表されたハリコレとHR.ギーガー氏共同制作のハーフサイズ『Giger's Alien』ヘッドを模したものだと判る。
そのプロトタイプは削り出しの型の様なもので、これからどんな風に仕上げて行くのか興味深かったが、ライフサイズという事で私のコレクション対象外であった。 

イメージ 12
 Giger's Alien - Hollywood Collecor's Gallary 
2004年に発表された、ハリコレとHR.Giger氏共同制作の芸術品。 台座のプレートにはHR.Giger氏直筆サインが入る世界500体限定の究極のコレクション!
ハーフサイズというのが私にとっては最高にコレクション欲を刺激されるが、HR.Giger氏が死去した今はとても高い価値のものとなっている!
これは欲しかった・・・! 今でも欲しい!

イメージ 11
 2017幕張メッセ GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
その後2016年年末、東京コミコンでほぼ現在の形のライフサイズヘッドが公開され、今年2017年冬のワンフェスでは更に改良を加えたものが展示された。
開口ver.では無く、口を閉じて歯を食い縛った様な面構え・・・!
私の興味はMAX状態に達していた。

イメージ 3
 ALIEN PROP
1979年公開の映画『ALIEN』で使われたプロップ。 う〜ん、素晴らしい・・・
プロップと云っても撮影で使われるプロップは多数あり、どのプロップのレプリカになるかで形もデティールも変ってしまう。
余談であるが、今年9月に公開される『ALIEN:Covenant』と、同作品に出てくるゼノモーフ(Xenomorph)および、ゼノモーフの立体物のリリースが愉しみで仕方無い

イメージ 4
 26th.Apr.  ALIEN DAY GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
4月26日は『エイリアン・デー』に制定された。 この日、ク−ルプロップスにて『GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD』のプロトタイプが公開された。
同時に『GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD』の予約開始
興奮と期待が膨らむ!!!!!!

イメージ 5
 GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
イメージ 6
 GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
イメージ 7
 GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
イメージ 8
 GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD  Cool Props
ギガーズ・エイリアンを模した造形品として、とても素晴らしい形をしている! 
これらの参考画像から見ても、ライフサイズにしては作り込みがキッチリしている様に見えるし、仕上がりも最高に美しく、コレクションとしては最高品質に映る。
但し、このライフサイズ・ヘッドは映画『ALIEN』作中に使われたものではなく、2作目になる『ALIENS』製作にあたってHR.Gigerが参考資料として製作し、ジェームズ・キャメロン監督へ送ったものを型取って、ギーガーズ・エイリアンを模して形成されたものだと云う事である。 
生粋な映画ファンのコレクターにはどう感じるのであろうか・・・? 
私は如何にビッグチャップであるか、そしてマエストロHR.Gigerが触れた造形から型取ったレプリカだと云う事で問題無いと感じている。 そして何よりも美しく最高の作品だと想う。 
後は現物を手に取って見るしか分からないけど。 90cm以上もある立体物を飾る場所なんてあるのか? 果して箱から出すのか、俺は?

イメージ 9
 GIGER'S ALIEN - LIFE SIZE HEAD at HR Giger Museum
何と、クールプロップスのエイリアン・ライフサイズ・ヘッドがギーガーズ・ミュージアムに展示されているではないか!? 
これは公に認められた本物の証!!!!!

 私はマニアでは無いと感じている。映画や関連作品に関わった人物の名前を殆ど知らないし、造形物の由来等も副次的に捕らえている。 
マニアと云うのは全てに精通しており、造形物の由来は価値観に繋がる重要なものである。
私はただ1st.ALIEN(ビッグチャップ)が大好きなだけ。
若い頃は『ALIEN 3』のドッグ等も大好きだったけど、歳を取るごとに自分が何を好きなのか明確になって来た。
そもそも約40年近く前に『ALIEN』を観て、何でエイリアン(ゼノモーフ)とその創造主であるHR.Gigerに夢中になったのか? ズバリ、『バイオメカノイド』である。
シリーズ化された『ALIEN』は次作以降、特質も特性もどんどん生物的な要素が強くなって行き、バイオメカノイドの要素が薄れて行った。
だから私が強く魅かれるのは1st.ALIEN(ビッグチャップ)だけなんだと感じている。
1st.ALIEN(ビッグチャップ)の造形物が如何に作中オリジナルに近いか、或はHR.Giger's ALIENに酷似しているかだけがコレクション対象になってしまった。
今回の、クールプロップス・エイリアン・ライフサイズ・ヘッドは造形は限りなくHR.Gigerに近い。そしてとても美しい・・・ 私にとって、造形物の由来は副次的だと云えども、この造形物は徹底したコンセプト、そしてギーガーズ・ミュージアムの公認を得て尚、同ミュージアムに展示までされると云う、発売前から価値が高いものとなっている。

国内限定150個だけですYO? 早く予約を急がないと予約終了になりますよ〜
まさか、私がライフサイズを買うとはな・・・ え!?  ¥金? 誰か貸して下さいYO・・・

とまぁ、内要が全く無いブログになってしまいましたが、良いものを予約出来たと云う事で舞い上がってしまいました。

早く届かないかなぁ〜・・・

Sil / Species

イメージ 1
Sil Monster sculpture / HR Giger Museum

 パソコンのフィルダ見てたら'Species'の画像がたくさん出てきて、最近はまたスピーシーズ熱が出てきたよ。 『スピーシーズ 種の起源』1995年公開の映画。
当時は公開前から色んな雑誌でH.R.Gigerがデザインした'Sil'が公開されていて、エイリアン以降、ギーガーが携わる本格的な作品だったので期待に胸を膨らませたものである。
 『20年前から地球外文明探査グループは宇宙に向けて、人類の情報を発信していた。 ある日、未知の地球外生命から返信があった。それは無限エネルギーを可能にするメタン触媒の構造式と、人と結合出来る未知のDNAの情報であった。生命誕生の鍵を解くべく人類は人のDNAと未知のDNAを結合させ、新たな生命を誕生させた・・・』
 何とも好奇心をくすぐられるシナリオではないか。当然、公開されると速攻で観に行ったYO!
で、観終わってから肩を落として映画館を後にしたよ・・・ いや、観てる途中でガッカリした
人類が作り出した生命体は、実は未知の生命体が、無限エネルギーをエサに自分達の遺伝子情報を提供し、地球で繁栄する為に人類に作らせたものだった。
当然、人間の遺伝子を獲得したエイリアンは繁殖する為に人間とどんどん交尾するんだけど・・・ とにかく演出が酷すぎて、全てが’やっつけ仕事’みたいな感じだった。無駄に多いエロシーンは映画作品だと云うのに美しさも無く、全く官能的でもなかった・・・ 
それに折角のギーガー・デザインのシルの見せ場が大昔の戦隊物の怪人みたいだし、CGバリバリの合成具合・・・ 泣ける作品だったよ・・・

イメージ 2
 Sil Monster sculpture / HR Giger Museum
映画はお金を払う価値も無い下らないものだったけど、H.R.Gigerのクリーチャー・デザインは素晴らしいものであった。 画像はスイスのギーガー・ミュージアムに飾られている'シル'のスカルプチャー。逆光からの撮影で'シル'の透明具合が強調されている。 
昔、読んだ本の中に、ギーガーが『エイリアンの仕上がりには不満だったが、スピーシーズの仕上がりには大満足である』という様な事を云っていた。僕にとっては'ALIEN'は最高に痺れるもので、真にギーガー’sを表現しているものだと今でも感じているが、ギーガーは透明な身体にとても執着していた。'ALIEN'においても透明なスキンスーツが存在していて、アクション・テストも行われていたが、実際にはスーツが撮影に耐えられない等の理由で採用には至らなかった様だ。

イメージ 3
 Sil Monster Design / H.R. Giger
'Species'用にギーガーは数え切れないデザインを描いた。これらのデザインは映画公開前に色々な雑誌で公開されていたが、'ALIEN'の表情の無い無機質なデザインに憧れていた僕は、当初'Sil'のこのデザインが好きになれなかった。
今では凄く好きなんだけどね〜

イメージ 4
 H.R.Giger Art
今から30年程前、難波の洋書等を扱う大型書店でH.R.Gigerの本を手に入れて、ずっと眺めていたよ。今でも実家にある筈なんだけど何処にしまってあるのかな・・・
H.R.ギーガーのアートは陰翳が濃く機械と人が融合した様なバイオメカノイドが作品の主題になっている。そして作品の多くはとてもエロティックである。
ギーガーの作品は、肋骨や蛇腹の様な物の上から透明な被覆が覆っているものが多い。エイリアンを見ると、ギガーの作品から飛び出して来た様なインパクトを受けるが、ギーガーにとっては’透明な部分’も最も重要なエッセンスの一つだったのであろう。故にスピーシーズの’Sil’をエイリアン以上に高く評価していたんだと想う。

イメージ 5
 H.R.Giger Art
ギーガーの作品のモチーフはマニアックなセクシャル・プレファレンスで、とてもフェチシズムな要素が強い。特に唇や舌に対するフェチシズムと高い拘りを感じる。
映画スピーシーズの'Sil'が人間と交わる場面で何故、ギーガーのフェチシズムを取り入れなかったんだろう・・・ シチュエーションを整え、ギーガーのマニアックな性嗜好とフェチシズムを反映していれば作品の評価は格段に上がった筈なのに・・・
ヤル・・・終ったらグサッと殺す・・・ 別にギーガー・デザインのエイリアンじゃなくても良かったんじゃ・・・
H.R.Gigerの作品が好きなだけに、彼の作品を台無しにしているこの映画が嫌いで仕方無い。 こんな風に感じる僕は頭がおかしいのであろうか・・・・・

イメージ 6
 Sil Monster sculpture / HR Giger Museum
ギーガー・ミュージアムに展示されているシルのスカルプチャー。この透明具合が堪らなく素晴らしいィ〜 欲っちぃなぁ〜・・・・・・
乳首伸びるホースを吞み込むシル。マニアックでフェティッシュなセクシャル・プリファレンスがギーガーさをとても表現している素晴らしいスカルプチャーでつね!!

イメージ 7
 'Sil' Alien form 'Species'
シルの顔部分。何度見ても、ずっと見ていても溜息が零れる素晴らしい作品。
開いた口の中に人と同様の歯が並び、更に奥に牙が生えた第二の顎があるんだね!
しかし、この顔・・・ 似ている・・・ 家の末っ仔P-仔♪の顔に・・・・・
末っ仔P-仔♪は凶暴で、いつもこんな表情しているからなぁ〜・・・

イメージ 8
 'Sil' Alien form 'Species'
上画像はシルの横顔。歯や顎、頬の透け具合が堪らん! ギーガーの有機物と無機物が合成された様な独特なデザインのバイオメカニカルはギーガーだけの特殊な感性で、それはALIENで見事に表現されている。そしてギーガーのもう一つの表現法がバイオメカニカル・ボディを覆う透明な皮膚であるが、このスピーシーズのシルはそれを見事に形にしている。 天才が創造した最高傑作と称賛される作品である。
画像下は劇中でシルが出産している時の画かな? 二重構造の顎と透明な皮膚が素晴らしいが、劇中ではプロップのテクスチャーやマテリアルの良さが表現出来ていなかった。とても残念である。

イメージ 14
 Make up of 'Sil'
シルの顔が何層にも分かれている事が判る。素晴らしいアイデア!

イメージ 9
 'Sil' Alien form 'Species'
シルの胴体部分。欲しい・・・ けど部屋にディスプレーするには怖すぎだけど・・・僕は未だ一度もシルのスカルプチャー実物を見た事が無い・・・ 早く見ないと寿命が尽きて死んでしまうので、機会を作ってスイスのミュージアムを訪れたいものだ。

イメージ 10
 'Sil' Alien form 'Species'
シルのスーパー・セクシー・ダイナマイト・ボディ 凄くエロティクな身体してる!
この透明具合も堪らんWA! 欲しいナァ〜・・・
シルのスタチューは色んなものが作られてきたが透明な外皮を表現出来ていりものはサイド・ショウのシル・マケットだけになるのかな?サイド・ショウのシルは造形のディティールやペイントについて、マニュファクチャーならではの荒さが指摘される場合があるが、クリア・パーツを外皮に使った製品は最高傑作だと云える。

イメージ 11
Test fitting the Species Ⅱ Eve suite.
こちらは'スピーシーズⅡ'の'EVE'(SILのクローン)スーツを着込むスタント・ウーマンのモニカ・スタッグスさん。愛くるしい顔とナイス・バディが良いな スピーシーズではシル役のナターシャ・ヘンストリッジさんが作品の主人公であり、彼女を見せる為だけに作られた映画の様に感じてしまう・・・ 僕はナターシャ・ヘンストリッジさんの様な美しく細いスーパーモデル体形より、田舎臭い顔のダイナマイト・ボディの方が好みでつ まあ、これは僕の個人的なアレだけど・・・・・

イメージ 12
 Sil Monster sculpture / HR Giger Museum
最後に、スイスのギガーズ・ミュージアムにて陽を浴び、美しいバイオメカニカル・ボディを魅せ付けるシルのスカルプチャー。 ウェブで拾ったシルの画像が沢山あるけど、無意識の内に、このスカルプチャーの画像ばかりを集めていた。
少し前に佐野先生が、このスカルプチャーを模して造形された素晴らしいレジン・キットがある。とても美しくエロティックな身体の造形に痺れた・・・・・
嗚呼・・・このスカルプチャーのスタチューで透明なものを何処かのメーカーが作ってくれたら良いのにねゑ〜・・・

イメージ 13
 映画作り直して下さい!

GIGER'S ALIEN

Big Chap Alien  "GIGER'S ALIEN "
イメージ 1
 Alien Art Statue - 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver. /  Roswell
 
 
 嗚呼、¥お金が無い、、、¥お金が無くても必要なものはあるし仕入れもしなけりゃならない=3=3=3
最近私の周りの仲間が同時に資金ショートを起こし頭を痛めている。 死活問題である。
同業者の仲間やウツボカズラの仲間達は自営の方が多いのだがこの6月に皆が資金を焦げ付かせてしまい
資金繰りに追われているがどうにもならない事態に陥っている。 
原因は得意先がショートを起こしてしまい請求金を回収出来なかった事が主な理由であるが、我々は信用商売で成り立っているので仕入先や労働賃金の支払いを遅らせる訳にはいかないのである。
支払いの為に金を借りるのは簡単だが元々利益率の低い商売の中で金を借りて無駄な利息を支払わなければならないなんて府に落ちない。 しかし現状を何とか耐えて生き残って欲しい!
支払い能力の無い得意先。 或は計画的なものかもしれない。 共倒れだけは避けたい、、、、、
 
 
 さて今回は佐野好彦先生が創った芸術品、1/5スケール Giger's Alien の事を書く事にする。
イメージ 2
Alien Art Statue - 1/5 Resin Statue SANO's SPECIAL ver.
 
 私はエイリアン・シリーズ全作が大好きであるが、興味の対象としては初作ALIENの "BIG CHAP ALIEN"
にしか目が向かない。 今回のレジン・スタチューはスイスの GIGER MUSEUM に展示されている立像を
佐野好彦先生が1/5スケールで忠実に再現する事に成功した最高傑作である。
この素晴らしいスタチューを記事にしたくて何十枚も数百枚も写真を撮った。 しかし何度撮っても実物の素晴らしさを画に反映する事が出来ず佐野先生の芸術品を記事にする事が叶わなかった。
今回の記事においては満足出来る画が撮れた訳などではなく、私の撮影技術に限界を感じた故の妥協の記事と云う事である><。
前回、佐野先生のレジンキットを記事にしたが、是はそのキットを極太マジックで塗り潰して私の素晴らしい
テクニックで見事完成させたものである...............................................................................( ウ ソ ぴょ〜ん =3=3=3)
 
 
イメージ 9
 実は前回のレジンキットと併せて完成品 SPECIAL ver. (佐野先生監修特別版)も予約していたのである♪
価格は伏せておくが妻にはとても迷惑を掛けてしまった。 道楽親父の極楽トンボですみません><。
余談であるが山田食虫植物農園さんにも『もうフィギアにお金使うのやめてYO〜><。』と釘を刺されたが其れは出来ない相談である。 でも私は何に関してもコレクターでは無いので無闇やたらに¥買ったりしません♪
 
 
イメージ 10
 1/5スケールにしてこの存在感。 フォルムの完璧さ、ディティールの細かさ、、、、、
溜息が止まらない。 家でもこのスタチューに目が行った瞬間その場から離れられなくなる。
何時まで見ていても飽きない。 見れば見る程に佐野先生の仕事の素晴らしさに魅了されて行く。
 
 
イメージ 11
 Alien Art Statue / SANO's SPECIAL ver  .左側面
 
イメージ 12
 Alien Art Statue / SANO's SPECIAL ver : 右側面
正面からのシンメトリカルな造形を見て是が人の手で造られた造形物だとは信じられない。 
そして側面からのフォルムも完璧でありギーガーミュージアムのALIEN立像を完全に模った1/5スケール・ダウンの完璧な模造品だと云える。
未だ嘗て是だけ完璧な"BIG CHAP ALIEN "は無かったし未来永劫現れる事もない。 是だけ完全なビッグチャップの造形は佐野先生以外には成し得ないと確信している。
否、今回の造形物を"BIG CHAP ALIEN "と表記することは正確には間違っている。 
正確には"GIGER'S ALIEN "と表記しなければならない。 
基本的に初作の成体エイリアンを称して"BIG CHAP ALIEN "とするが、厳密に云えば撮影用プロップの事を指す名称であり、ギーガー・ミュージアムの立像は"GIGER'S ALIEN "と呼ぶのが正確な名称である。
見た目が全く同じなのに何故識別しなければならないかと云うと、撮影用プロップのオリジナルとギーガー・ミュージアムの立像では僅かながら相違点があり、ギーガー氏がプロップを元に展示用として創り直したものが
ギーガー・ミュージアムの立像"GIGER'S ALIEN "なのである。
判り易く云えばギーガー・ミュージアムの立像は"BIG CHAP ALIEN var. GIGER'S ALIEN "である。 
まぁ細かい事なので此処では敢えて"BIG CHAP "と云う表記にする。
 
 
 
イメージ 13
 完璧なシンメトリカル。 私の撮影技術が至らなく画が残念で仕方無いが造形の素晴らしさは判る筈。
何度も書いているが私は今迄沢山の"BIG CHAP ALIEN "の模造品を入手して来た。 
しかしそれらを入手してみても手に入れた満足感だけが満たされ其れ以上の感慨は無かった。 
其のどれもがいざ手に取ってみると何かが違っていたのである。 どれもがバイオメカノイドとしての記号を現しているだけでフォルムもディティールもオリジナルの魅力を表現する事が出来ていなかった。
ある日、某メーカー既製品"BIG CHAP ALIEN "を佐野先生の神の手で触れた完成品を見て衝撃を受けた!
それ以来、私の中で佐野先生's ALIEN への渇望と絶望(金銭面)の葛藤の渦がグルグル回っていたが
佐野先生が造形したこのスタチューの発表を知った瞬間それら全ての苦悩から開放された。
 
 
イメージ 14
 もう、素晴らしい以外に何の言葉も出て来ない。 私如きの呟きなど何の意味も持たない。
マニアは周知であるがギーガー’s エイリアンと映画撮影用エイリアン・スーツの大きな相違点は肘にある。
撮影用スーツにある肘の突起がギーガー’s エイリアンでは省かれている。
オリジナルを模して造形する者としてはどうしても肘の突起を付けたくなる筈である。 
佐野先生の造形の徹底ぶりと並々ならぬ熱意と拘りを感じる部分の一つである。
 
 
イメージ 15
 足先の細部  尻尾の造形も勿論であるが何とも細かい作りこみである。
ギーガー・ミュージアムの ALIEN と劇場版プロップ ALIEN との相違点は上記の肘部突起物以外に手足首の
関節部にもある。 プロップでは手足首可動の必然性で明確な節があるがギーガーズ・エイリアンは展示用としての利点を活かしギーガー氏のオリジナル・デザイン通りに手首の関節部(バンド?)も足首の関節も無い。
この佐野先生の造形物はオリジナルのギーガーズ・エイリアンを完璧に立体化しているのでこういった判りにくい部分も完全に複写している。 スムースな曲線にアートを感じる。
画像では確認し辛いがカカト部突起には人の顎部を模した造形が細かく完璧に再現されている。
最近私自信がマジック・スカルプでちょっとした造形を経験してみて判ったが、佐野先生のこの造形は本物の神技であると再認識した。 どうやったらこの様に細かく規則正しいバイオメカノイド部分の表現が成せるのか、
このシンメトリカルな造形を人の手で造れるものなのだろうか、、、
佐野先生が"GOD HAND"と呼ばれる所以である。
 
 
イメージ 16
 頭部正面  このカットは佐野先生の前作 "SANO's BIGCHAP "1/3 Bust Statue を意識したもの♪ 
バスト・スタチューでは苦悩の末に涙を呑んだ。 
佐野先生のバスト・スタチューが発表された時は身体中を電撃が走ったのを憶えている。 
私は全身像しか手にしないと云うポリシーがあるので当然コレクション候補から外れているのであるが
其の出来の良さは周知の通り。 発表から予約開始迄の間ずっと買うか買わないか悩み続けていた。
そして入手を逃した訳であるが其の後悔はとても大きかった。 買わなかった自分を本物のアホだと悔やんだ。
バスト・スタチュー発売当時はこの立像のリリース情報も無かったからね。 
しかしバストモデルを見送った事が幸いして何とかこの立像を入手する事が叶った。 
バストモデルを入手した後にこの立像を入手するのは金銭的に不可能だった筈。
 
 
イメージ 3
 当然であるがフードの形も完璧である。 
今迄ALIEN模造品が発売される度にマニア達が頭部フードについて検証の元に厳しい指摘が上がってきたが、佐野先生のアイリアンについては何の指摘も受け付ける事が無いであろう。 
一部のマニアからは劇場のイメージやギーガー・ミュージアム立像の古い写真のイメージから来るフード前面の曇り?を望んでいる様であるが、佐野先生の作品はオリジナルを忠実にされているので仕方ないだろう。 
私的に少し要望があるとすれば受注生産中にフード内に入り込んだ埃をなんとかして欲しかった。 
そしてフード後頭部の継ぎ目が気になる。 素晴らしい造形物であるからこそ余計に気になる部分だ。 
後は歯のマテリアルをメタル系のものに差し替えたいと云う妄想もあるがスケール的に実現は難しいか。
 
 
イメージ 4
 煽りで見る。 もう完璧、何も云えません。 
このスタチューを手に入れてから既存の BIG CHAP ALIEN 全てが色褪せてしまい、私にとっては何の価値も無い物になってしまった。 即ち ONLY ONE を手に入れたと云う事だ。
 
 
イメージ 5
 どっからどう見ても非の打ち所が無い。 惚れ惚れする造形、素晴らし過ぎる表現力。
私には佐野先生に対してまだ希望と云うか妄想と云うか、どうしても創って戴きたいものがある。
マニアにとって"BIG CHAP ALIEN "のカタチは3つある筈である。
一つはこの『立ってるだけで格好良い』と云われる直立ポーズ。  二つ目は劇場で人を襲うアタック・ポーズ。
そして三つ目は流れる様な美しい流線を作り出すお辞儀ポーズ(屈みポーズ)である。
私は佐野先生が造ったアタック・ポーズとお辞儀ポーズのビッグ・チャップがどうしても見たくて、手に入れたくて我慢出来ない。 少し前にロズウェルさんにその旨を問い合わせた事があるが版権的に難しい問題があるとの事であった。 でも諦めません。 もし商品化が難しいのであれば今後¥お金儲けをした時にワンオフで製作依頼しよっかななななななななななななな〜♪
 
 今回は私の拙い撮影技術のせいで想う様な写真が撮れなかった。 特に全身写真ではディティールが潰れてしまい被写体がどうしてもぼやけた感じになってしまう。 更に撮影TRYに励みもう一度ちゃんとした記事を完成させるつもりィ〜♪
 
 
 
 
〜 わ た し の 大 事 な 家 族 〜
イメージ 6
 チーコ♪とO太♪   二人とも元気一杯で可愛い笑顔を見せてくれる♪
二人とも何かと悩みもある様だけど幼稚園にも馴れて愉しく過ごしている様だ♪ 
 
 
イメージ 7
P-仔♪  もうムチムチ! めっちゃ可愛い〜!
先日から家族5人で同じ部屋で就寝する事にした。 チーコ♪はめちゃくちゃ寝相が悪くて汗まみれになりながらとんでもない場所に移動を続けながら眠る。 O太♪はジッと動かず同じ場所で寝ている。
P-仔♪は夜中に何度も目が覚め『う〜あ〜・・・』と云いながら妻の顔の上を登ってゴソゴソ動くので妻は寝不足だ! 妻は毎夜顔を引掻かれたり髪の毛を引っ張られたり髪をペロペロ舐められたりと、可哀想である。
最近家族全員で寝る様になってから就寝前に妻と色々会話をしながら眠る様になったので良かったと想う。
 
 
 
〜 七 夕 様 〜
イメージ 8
 今日は現場が休みだったので初めて幼稚園まで子供達を迎えに行った☆
園内は七夕様一色でチーコ♪とO太♪のお願い事を見る事が出来た♪  可愛いねゑ。

開くトラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事