ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫Platycerium,fern

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

P.Durval Nunes

イメージ 1
 Platycerium Durval Nunes ( P.madagascariense x P.stemaria ) / Carlos Tatsuta


最近は仕事がゆっくりなので充分に休めてる。 先週の土日は夢にまで見た事が実現し幸せの絶頂だった。
前回、高山性種ネペンテス入門者の為のサポート【其の壱】として高山性種ネペンテスによく出る菌類の病気と対策を記事にしたが
アカデミックなカテゴリーでちょっとした論争が起こってしまい、記事公開を自粛する事になった。
私のアバウトな表現が閲覧者へ誤解を生み、今回協力下さった方々に多大なご迷惑をお掛けしてしまった。
所詮私の様な者に入門者を引率する資格なんて無かったと云う事か、、、
今回は失敗したが叉いつか入門者へのサポート記事を書きたい。 
折角入門したんだから挫折して欲しく無いし、正しい栽培法を理解した上でマニアに育って欲しいと云う気持ちが強い。 でないとこの高山性種ネペンテスの世界が何時まで経っても伸びない。

 
 ★今回は久し振りにビカクシダの栽培記録。
イメージ 2
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
 
今は閉めてしまったがアメリカの TATUTA植物農園Carlos Tatsuta 氏 が創り出した人工交配種。
其れを現在はアメリカの Platycerium Ferns が独占販売している。
 数年前、この交配種の画像を観て、あまりに斬新で見事な草姿に胸が踊った。
しかし其の値段は $1,200.00- と云う恐ろしいもので、私はアゴがはずれてしまいそうになった=3=3=3
其れ以前に何処にも売っていなくて入手困難なものであった。


イメージ 3
 今年2月
値段は恐ろしいものであったがダイヤモンド・カットの様な貯水葉の素晴らしさを指をくわえて我慢する事が出来ず、
ビカクシダの諸先輩方に『欲しい!欲しい!』と云い続けていたら去年末に広島の某栽培家から『ダーバル予約出来るらしいYO』と云うお知らせががががが♪
 そして今年2月アメリカの Platycerium Ferns から押えて戴いた個体の画像を送って貰えた。


イメージ 4
 今年4月
とうとう夢の P.Durval Nunes が到着した!  おっほ、ちっちゃい..............x
本体である根茎はめん棒の先程しかない。 こりゃ速攻で枯れるなと冷や汗が出た=3=3=3

 ↓ 3ヵ月後
イメージ 5
 今年7月
外套膜が2対展開したがサイズは未だ小さく冷や汗は止まらない=3=3=3


 変わり映えのしない私の栽培苗を観ても面白くもないので本元のタツタ氏の栽培株を観る。
イメージ 6
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
嗚呼、なんて素晴らしいフォルム、何て斬新な貯水葉。 是だけ素晴らしい交配種は滅多と創れない!


イメージ 7
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
貯水葉のデティールUP。 P.madagascarienseP.stemaria が産出す究極のダイヤモンド・カット☆


イメージ 8
 Platycerium Durval Nunes / Carlos Tatsuta
良いなぁ〜何時か私の温室にも同等のダーバルが鎮座している事を夢見る。 早く大きく成らないかなぁ。


イメージ 9
?i>Carlos Tatsuta with Platycerium Horne's Surprise
カルロス・タツタ氏は一級のビカクシダ栽培家でネペンテスにも夢中の様子。 SO〜云えば山田さんから『カルロス・タツタって知ってる?』と聞かれたんだけど、タツタ氏は山田食虫植物農園さんの常連さんでもあったんですね♪


イメージ 10
 今年11月現在  再び当方栽培苗
ようやく胞子葉が伸びて来たがサイズは依然小さい。 このサイズは気が抜けなくて、先日まで元気良かったかと想うと今日仕事から帰宅して見ると枯れていたと云う事が普通に起こり得る。
ちょっとナーバスになり過ぎかも知れないが成長速度が少し遅い様な気がする。 貯水葉の直径が20cm程になれば少しは安心出来るんだが。
とりあえず当方温室ではご法度とされる肥料(油粕)を夏の終わりに投与してみた。




                       〜 焼 肉 食 べ に 行 っ た 〜
イメージ 11
 地元の名士がやってる焼肉屋【ちゃーちゃん】へ母とチーコ♪とO太で行った。
最近チェーン店では生肉が食べられない。 生ぎも(肝刺)が大好物な母の為に皆で行ったのだ。
私は子供に小さいうちから高級なものを食べさせる事を良く無いと考えているのでチビ達にはハラミと白ごはんを中心に注文したんだけどこの店ではハラミでさえも \1,000-近くするもので私が食べても凄く旨いものであった=3=3=3
特上ロースや上カルビなんて霜降りが凄すぎて逆に喰えなかった。 加齢とは寂しいものだ=3=3=3
しかしO太は変わった子だ。 肉が好きじゃない様で何時も野菜とご飯しか食べない...........???


イメージ 12
 ちーこ♪&O太 with Platycerium alcicorne f.Africa
遠心力加湿器の可動で温室内はモクモク=3=3=3  最近は私が温室で寛ごうと想っても直にチビ達が乱入してくるx


イメージ 13
 チーコ♪は温室に来るときはお茶を入れた水筒を持参したり傘をさして来る。 日中は天井から雨が降ってるからね。


イメージ 14
 O太とP子♪ 二人ともネンネZzz.... O太は何時までたっても赤ちゃん♪

P.Dawboy

イメージ 1
 Platycerium Dawboy (P.madagascariense x vassei (alcicorne f.madagascar)) / FernBangkok


 7月も半ばを過ぎ毎日が暑いっ! でも私は元気、元気! 
現在は堺市某高校の耐震改修工事に付随する電気設備工事の作業を行っている。 其の現場で私は感動している。
其の高校の生徒達の質の良さに驚きまくっている。 生徒達に制服の乱れや頭髪のカスタムは一切見られず、男子も女子も見ていて安心な感じの生徒達ばかり♪ 我々現場作業員にも挨拶をしてくれるし愛想も良い。 もちろん校舎の何処にもタバコの吸殻は落ちていない。私が学生の時なんてとんでもない馬鹿だったし、私の周りにはこんな好青年たちは居なかったYO〜♪
昨日そんな健全な生徒達の中に、他校の制服を着た清純そうな女生徒が沢山の荷物を持ってポツンと立っていた。
その仔は何故か私の方へ一直線に歩いて来る。 

 少女 『 あ、あ の ...... 』 

  私  『 ??? 』

一瞬、逆ナンかな?と想ったが、ただ私の携帯電話を貸して欲しかっただけの様だ。 少女はタクシーに乗って某高校へ荷物を届けに来たらしいのだが、間違えて違う学校に来てしまったようだった=3=3=3
少女は約束の時間が迫っている様で、テンパっている。
『歩いて其の某高校へ行くので道を教えて下さい』と云う。
DO〜考えても歩いて行ける距離では無かったので、私はタクシーを呼んであげた。
とりあえず一安心した少女は泣き出してしまったが、彼女は無事に目的地に着いたのかな。。。
実はこの事件の少し前、作業中に私の作業服ズボンのお尻がバスッ!と音を立てて思いっきり破れてしまったのだ。 少女は不安感の為か私の傍へ近寄ろうとするのだが私は破れたズボンのパンツ丸見えお尻を見られたくなくて、隠すのが大変だった=3=3=3
『正門にタクシーを呼んだから、正門はアッチやから』と正門の方を指差してあげたが、少女は正門まで私の後ろを付いてきたい素振りだった=3=3=3 とにかく私は少女の後ろに回り後ろからエスコートする感じで少女を送り出した。。。 帰宅してソッコーでズボンを捨てた!


イメージ 2
 Platycerium Dawboy (P.madagascariense x vassei (alcicorne f.madagascar)) / FernBangkok
エレガントな草体がなんとも素晴らしい草姿の人工交配種。 初めて観た時その魅力的な貯水葉の虜になってしまったが国内で入手する事が出来ず、タイの Fernbangkok からの輸入の術もなかった。
しかし、去年の2月頃か、ビカクシダ栽培のスペシャリストS氏が輸入してあげると誘って下さった♪
S氏は嘗て蘭の審査委員を務める程の栽培家でビカクシダを大きく作るのが滅茶苦茶上手い方♪


イメージ 3
 2010年2月、タイの Boonchom氏 / FernBangkok がS氏へ送った P. x Dawboy の画
私はソッコーでこの個体を押えて戴いた! 価格も$130.00-と云う買いやすい値段★
毎日この画像を観ながらワクワクしていたねゑ。 ありがとうございますS氏殿!


イメージ 4
 2010年5月  3ヶ月の長い時を待ち、念願の P.x Dawboy が少し成長して届いた!
S氏特性の育成バケットも送って下さったが、当方ではかなり風を当てる作り方なのでバケットでは直にカラカラに乾いてしまう。 とりあえずヘゴ棒に括り付ける。
当方では通常個体とヘゴ板の繋ぎにミズゴケを殆ど使わないが今回は苗の根部が小さかったので乾燥対策として沢山のミズゴケを使用した。 いずれ本体が成熟するまでにミズゴケは撤去する。


イメージ 5
 2010年7月、P.madagascariense 譲りの美しい貯水葉をドンドン展開してくれる。


イメージ 6
 2010年10月、新しい胞子葉を伸ばしてくれた。
この P.vassei (alcicorne f.madagascar) 譲りのナローで尖った胞子葉が溜まらない。
私はビカクシダの中でも P.vassei のフォルムが堪らなく好きだ。 
P.Dawboy に近い交配種 SurpriseP.madagascariense x alcicorne f.Africa)も相当な美しさだが、
本種の P.vassei の胞子葉と貯水葉をクロスさせた草体は至上のエレガントさを魅せてくれる♪


イメージ 7
 2010年11月、成長速度が速すぎる為にヘゴ棒が小さくなった。 まるで団子の様なダサイ草体になってしまったので大きめのヘゴ板にリマウントを決意する。


イメージ 8
 2011年7月、今年春先に大きなヘゴ板にリマウントしたが直に成長を始めてくれる。


イメージ 9
 展開中の貯水葉。
堪らなく美しい。 Surprise の貯水葉では P.madagascariense の凹凸が相殺されてしまっているが、P.vasseiの貯水葉上部は多少凹凸が出来る為に見事に凹凸が受け継がれている。


イメージ 10
 この後新しい胞子葉が出て秋口に一つの完成を見せてくれるが、其れまで待っていられないので栽培記録を記してみた。   う〜ん、素晴らしいィー!!!


イメージ 11
イメージ 12
 通年、成長が止まる事が無いのでアッと云う間に私の頭よりも大きくなった!
10月末頃に素晴らしいフォルムを見せてくれると想うので、愉・し・み・ぃ・♪



                  
〜  ら ー め ん 道  〜
イメージ 13
 最近スーパーで¥格安の太麺CUPラーメンをよく見かける様になった。
もっちりプリプリ麺に濃厚スープが良く絡む! ガチ旨っ! でも半分はチーコ♪に取られるっ=3=3=3



〜  わ た し の た か ら も の  〜
イメージ 14
 満作のネペンテスとチーコ♪
最近は私が植物を大事にしているのを理解しているので植物にイタズラをしないので一安心♪
しかし、ドジでオテンバなチーコ♪は常に血を流している。 心配が絶えない=3=3=3
前日にソファーから落ちて顔面強打→血を噴出したので鼻の下の上唇にアザが出来てる..........

 
イメージ 15
 朝、パンをガッつくチーコ♪ かわいいねゑ〜♪


イメージ 16
 O太!  なんでこんなに可愛いんだろーかかかかか!


イメージ 17
 お風呂上りにおもちゃ箱に入るのがお気に入り。 最近は私がチーコ♪を可愛がるとO太が焼もちを焼いてスネる様になってきた! 私としては嬉しいけどアチラを立てればコチラが立たず=3=3=3

P.Mt.Kitshakood

イメージ 1
 Platycerium Mt.Kitshakood ( P.coronarium x P.ridleyi ) / I Love Ferns Shop
私が最もエレガントだと想う原種同士の夢の交配種です。
私は P.Mt.Kitshakood に憧れていましたが国内では非常に高額であり市場にもあまり出回っていなかった為に指をくわえて我慢していました。


 嗚呼、仕事が落ち着いたので少し気を抜き過ぎでしょうか。気を引き締めて行かないといけません=3=3=3
リーマンショック以降 銀行の貸付が厳しくなりお客様が満足行く借り入れが出来なくなったので、必然的に私の仕事の請負金額が全体的に下がり利益が薄くなった上に仕事自体も減っているので次の、更に次まで見越して動かないといけません!
数年前、無一文で母を連れて家を飛び出し、母を親戚に預け私は知人の倉庫を借りて寝泊りしました。
惨めだとは想いませんでした。今までは親父の借金を返す為だけに20代と30代前半を使いましたから、初めて自分が生きる為に仕事をしている事に幸せを感じていました。
資金も無く取引先に頭を下げて請負い金額を先払いで頂き(随分、足元を見られていい様に使われましたけど)人の2倍以上働いてお金を貯め母と二人で団地で暮らせる事が叶いました。
更に頑張ったお陰でお得意様にも恵まれ利益もあがりました。  
しかしリーマンショックの余波でお得意様が一斉に設備投資を凍結してしまいました。私は一時的な物だと想い込み安い仕事は全て断っていたのです。
私は愚か者でした。 気が付いた時には銀行の貯金が無くなる寸前だったのです。
守らなければならない家族がいます。社員さんの家族も守る義務が今の私にはあるのです。
初心を忘れてはいけませんね!



 今年の初め、広島のK氏のお陰で夢の P.Mt.Kitshakood を入手しました♪
イメージ 2
 SOLD OUT!となっております♪
今年1月 広島のK氏が私の為にタイの I Love Ferns Shop で押えてくれた個体です。
直に売り切れてしまうので冷や冷やしていましたが K氏からこの画像が送られて来て安心したと同時に途轍もない歓びが込み上げて来ました。


イメージ 3
 2月 新聞紙に包まれて P.Mt.Kitshakood が届きました!
大きいですねぇ〜。この大きさで $80.00-だなんて信じられませんでした♪
とても寒い時期の輸入のせいなのか植物体はシナシナの菜っ葉みたいな状態でした=3=3=3
コンポストのミズゴケを見て驚きましたが大量の肥料を使って栽培していた様ですね。
私の処ではネペンテス温室の上部に吊り下げて管理する事になるのでビカクシダに肥料は使えません=3
ネペンテスに少量でも肥料がかかると枯死してしまいます。
肥料が染込んだミズゴケを全て撤去して、新たにヘゴ板にヘゴチップと少量のミズゴケを繋ぎとして使いマウントしました。


イメージ 4
 7月 元の貯水葉、胞子葉はスグに枯れて全て新しいものに入れ替わりました。  
成長速度は爆発的に早い様ですがマダマダ形が安定しません。


イメージ 5
 8月 それにしても凄い成長速度ですねぇ、貯水葉と胞子葉がコンボで展開して行きます。
当然 胞子葉は暴れますので貯水にも胞子葉にも成り切れない葉や邪魔な位置に生えてる胞子葉は惜しまずカットします。
この時期にある程度形を作っておかないと後々に嫌な想いをする事になるのです=3=3=3


イメージ 6
イメージ 7
 9月 貯水葉はどんどん伸びて行き胞子葉を次々と展開します。
何となくですが辛目にした方が調子が良さそうだったので水はなるべくあげない様にしました。


イメージ 8
 アダルトの P.Mt.Kitshakood / I Love Ferns Shop
何と素晴しいフォルムなんでしょうか! 見方によっては少し下品にも想えますが P.coronarium と P.ridleyi の良い部分が凝縮された素晴しい交配種だと想います♪
其れにしても本種はとても巨大に成りますね。 

 交配種と云えば 誰か P.madagasucariense x P.ridleyi と云うのを創ってくれないかなぁ〜。。。
絶対に素晴しいものが出来上がる筈なんだけど!
其れに今欲しい交配種と云えば P.x Durval nunes が欲しいですねぇ♪
ダーヴァルは小さな苗でも $1,200.00-以上するので当分は我慢だけどねー! 


イメージ 9
 現在の様子。 撮影する為に前に吊り下げているネペンテスを除けました。
今のトコロは P.ridleyi 寄りの胞子葉に P.coronarium 寄りの貯水葉と云った感じで未だ本種の魅力は出ていませんが今後が愉しみで仕方ありません♪
しかし P.coronarium は胞子葉がスダレの様に垂れ下がるし P.ridleyi はヘラジカの様な胞子葉が太陽を目指して上に大きく伸びるし.....。
ドチラにしても場所の拡大は必要です。 既にネペンテスが異常に伸びているので温室内はパンク状態です=3
来年春には無理をしてでも温室を大きくしないと現存する植物の半分を手放さなければならなくなります。



                  ε(ღŐ‿Ő;)з†.。*・食      物・*。.†ε(Ő‿Őღ;)з。 イメージ 10 
 お寿司ィ━━(゜∀゜)━━━ !  旨かった〜♪
夜8時以降の買い物では半額以下で、何と\340円! いやぁ堪りませんWA〜♪
焼酎水割りを1杯呑んでから日本酒熱燗お銚子2本呑んでしまいました♪



                  ε(ღŐ‿Ő;)з†.。*・宝      物・*。.†ε(Ő‿Őღ;)з。 イメージ 11
 ジャイアント仔鉄(O太)
最近は活発に動き回る様になったし少しだけおしゃべり出来る様になったね✾(。◠‿◠。✿)♪


イメージ 12
チーコ♪
12月で3歳になるね♪ 今度の日曜日は住吉大社で七五三だね。晴れるとE〜ね✾(。◠‿◠。✿)♪

P.bifurcatum cv.ケンイチ

イメージ 1
 Platycerium bifurcatum cv.ケンイチ

 急に寒くなった。 ついこの前までは暑かったと云うのに。
夏は仕事を請負い過ぎた為に過労と資金ショートに苦しんだ。
又、自治会の役員として八町連合会会長と云う責務もあり、仕事と自治会の役で心身ともにボロボロになってしまいメニエル病と云う不治の病にかかってしまった=3=3=3
しかし現在は八町連合会の責務から開放され、仕事も落ち着いたし夏場の仕事が現金になってきたので心身ともゆったりとした気持ちである。
と云っても現時点で年内の全ての土曜日は既に予定が詰まってしまっている f(^へ^;
年内は愉しみにしている食虫植物会の人達との呑み会は出来ない=3=3=3
来年、新年会をお誘いしよう。

 さて、久しぶりの植物栽培記録を付けよう。
私が初めて栽培する事になったビカクシダ Platycerium bifurcatum cv.ケンイチ 。
ビフルカツムは多くの亜種と園芸品種が存在するが、本種は沢山ある園芸品種の中のひとつ。 その強靭さ故に初心者用とされ商品価値も低いが私にとっては魅力的なビカクシダである。
ビカクシダは随分前から興味があったが¥高いと云うのと余りにも巨大に成るので育てるのは無理だと諦めていた。
しかしブログを始めてみて、個人レベルでビカクシダを作っている方の多さから其の存在が身近な物と感じる様になった。
本種は2008年、南十字星さんから初心者用にとお勧め戴いきP.superbumと一緒に分譲して頂いたもの。


イメージ 2
 今年6月
当初は5cmほどの小さな苗で超多湿栽培させた為にイキナリ根腐れさせてしまい腐らせてしまうトコロだった。
随分と大きくなってPUPまで出す様になった。


イメージ 3
 8月
調子が良い。 本種はとにかく根茎を辛めに(乾かして)作るのがポイントの様だ。
最初はバターナイフの如き特徴の無い胞子葉だったが本種独特の胞子葉を展開する様になった。

 
イメージ 4
 夏場の直射日光に当てても葉焼けもせずグングン成長して行く。
メロンの如き貯水葉が堪らない。 超強靭種で冬も屋外でOKとの事であるが流石に怖くて現在は温室に入れてしまいました。


イメージ 5
 去年の11月
ビカクシダは全般的に春に急成長して夏は少し大人しくなり10月〜11月の間に形になる。
去年の今頃、急に形が出来たので嬉しかった。


イメージ 6
 貯水葉のデティールUP
私にとってビカクシダにもっとも関心があるのが貯水葉の形状と質感。本種の貯水葉はノッペリとしていてプリンスメロンみたいで興味深い。 が、直ぐに茶色くなってしまうのが少し腹立たしい=3=3=3


イメージ 7
 う〜ん、E〜なァ!
全体的に見て素晴しい種だと想う。

 
イメージ 8
イメージ 9
 海外の栽培品(画像お借りしました)
う〜ん、素晴しい。グッと来ます! 痺れますNE〜♪
私はビカクシダを群体では無く、一つの個体として形を愉しむのが好きである。
しかし本種は別で、根茎が分岐を繰り返した巨大な群体に非常に魅力を感じる。しかしココまでの群体を作るには大きな栽培スペースが必要であり、この様な群体を愉しむ事は今の私には無理である。
トホホ...........


イメージ 10
 秋晴れの陽の下で絶好調のPlatycerium bifurcatum cv.ケンイチ
随分大きくなったNE〜♪  来年はどんな顔を見せてくれるのか愉しみだ!



                   食 欲 の 秋
イメージ 11
 イクラちゃん♪  熱々ご飯にのせて食べるとGOOOOOOOOOOD!!!!!!!!!
子供の頃は超貧乏で憧れの食べ物の一つでしたが食べた事も無かった。
今は自分で買って食べる事が出来るが、イクラちゃんに敬意を払って特別な日にだけこの様にして贅沢に食べる。
年に1〜2回だけだけどNE〜♪



                   私 の 宝 物
イメージ 12
 O太
しょっちゅう色んな場所に自ら激しく顔面を打ち付けるので「ハンマー・ヘッド・JO」やら「ジャイアント仔鉄」と云う異名を持っていたが、最近私はO太のことを「坊や」と呼んでいる。 今もそこら中に顔面を打ち付けているが。。。
可愛いのでピンクの服を選んで着せている。 母に聞いたが私も幼い頃は母にピンクの服を着せられていた様である。


イメージ 13
 チーコ♪ with Platycerium madagascariense
今年の夏は急に成長して随分とお姉ちゃんになった。 
私は多忙の為に子供達の成長を噛み締める事が叶わない。だから子供達と過ごせる一時は至福の時なのである。
是から寒くなるね。 二人とも来年の今頃はどんな風に成長してるのかな?

開くトラックバック(1)

P.Horne's Surprise

 Platycerium Horne's Surprise
イメージ 1
 P.Horne's Surprise(P.madagascariense×P.alcicorne )
と云うのが定説ですがホーンズ氏自体があまり判っていないらしいですね。
片親のP.madagascarienseは間違い有りませんが、もう片親が P.alcicorne なのか P.vassei なのかがイマイチ判っておりません=3=3=3
同交配種の P.Daw Boy とは雰囲気が全く違いますし、もしかしたらP.madagascariense×P.alcicorne なのかなぁ?


 此の P.×Horne's Surprise は去年の2月に親友のd.a.b氏からプレゼントされたものです。
こんな高級交配種を私なんかに送って下さって、、、面目無いです。。。
氏は以前本種を4系統入れられ大きく育てて吹いたPUPを贈ってくださいました。
この個体の由来は何処なのでしょうかね?
 


イメージ 2
 去年10月27日の様子
戴いた苗の成長速度はとても早く、直ぐに大きくなりました。
以前、初めて育てたビカクシダをいきなり根腐れさせた痛い経験があったので、ヘゴ板と植物体の間には何のマテリアルも入れていません。
なのでペッタンコです=3=3=3



イメージ 3
 私の仕立て方が格好悪くて我慢出来なかったので今年の2月初めに作り直しました。
水遣りのタイミングは掴んだのでヘゴ板と植物体の間ににミズゴケを整えて入れて、丸いお碗型に成る様にリマウントしました。



イメージ 4
 綺麗な若草色の貯水葉がニュイィ〜と伸びていきます。 この時って本当に愉しみなんですよね。



イメージ 5
 う〜ん、想った通りにお碗型に作れたYO!



イメージ 6
 貯水葉のコア部
おお、プリンスメロンみたいではないか!
何時もはマヨネーズで食すんですが、是は冷蔵庫で良く冷やして砂糖を塗して食べましょう。
午後の紅茶ストレートで一気に流し込みます。 う〜ん、美味しそう!



 フ ォ ル ム
イメージ 7
イメージ 8
 う〜ん。E〜感じですね。
数あるビカクシダのハイブリットの中でも1番上品で素敵な品種かも知れません。
上から見た胞子はの葉脈も美しい!



イメージ 9
 温室の天井にこんな感じでぶら下がっております。
う〜ん、ずっと見ていても飽きません。


 片親のP.madagascarienseと2ショット
イメージ 10
 この春〜秋にかけて現状より2倍以上に成る筈なので晩秋にまた成長過程を記録したいと想います。

 d.a.bさん、ありがとうございました。





 私 の グ レ ム リ ン 達
イメージ 11
 お風呂上りに寝そべるチーコ♪とジャイアント仔鉄(O太)
O太は先日窓から落ちて頭を怪我しました=3=3=3
ギャーギャー泣きました。 幼児虐待ではないので.......=3=3=3



   第 1 0 回 東 海 食 虫 植 物 サ ミ ッ ト
イメージ 12
 また出かけていきました。 先週は広島の食虫仲間に逢いに、今週は東海まで。。。
しかしもう打ち止めです、ソロソロ自治会連合会や町内の役員として行動しなければならないのでこういった集会へは11月まで参加出来なくなりますね。。。
 東海集会までは大阪屋さんと一緒に行きました。途中、伊勢花しょうぶ園に寄ってサラセニアを物色。
此処でorap氏と初対面。 orap氏はヤフブロ仲間では1番古いお付き合いです。
普段ブログ上でも、短過ぎる記事、1ことコメ、全く素性を出さない人物だったので、大阪や広島では勝手にorapさんの人物像を作り上げていました。
「orapさんって絶対に一流企業の高収入サラリーマンやでぇ」ってね。
ところが実際逢って話してみると私と同じ現場職人ではないか!!!
当日も仕事のトコロを私に逢う為に仕事を抜けて来てくれてました。 済みませんでした。
昼から現場に戻るとの事で「うわぁ、仕事嫌やなぁ〜」と嘆きながら帰られたorapさんにとても親近感が湧きました。



 サ ミ ッ ト 会 場 福住園芸2F
イメージ 13
 参加されている殆どの方は食虫植物のHPやブログをされておられる方で、顔は判らないものの知っている方ばかりでした。
勿論ヤフブロ仲間も居ましたYO、食虫無宿氏にihatov1001氏、ウッテイ氏にGenkiくん♪
いつもお世話になってる大阪屋さんにE3さん、そして20浪さんや「うつぼかずらの郷」の鈴木氏や「[食虫植物のきもち」のたかはし氏、
TCPS、ミクシィの強烈なメンバーがウジャウジャ。。。書ききれません f(^_^::
私は植物なんかソッチ除けで兎に角皆さんとお話するのに夢中でした。
お陰で1人1人とはゆっくりお話が出来ずでしたが.....
 本当は此処まで来たなら此の後の懇親会でもっとゆっくりお話したいのですが.....
大阪間まで帰り道が長いので直ぐに帰らなければなりませんでした。。。



イメージ 14
 Dionaea muscipula cv.Pink Veanus /ITO氏
展示品です。 素晴らしいですね♪ 是よりも更に深紅のDionaea muscipula cv.Bohemian Garnet と云うのが展示されており私が欲しがっていたら小さな苗を分けてくれました♪
ITO氏はとても愉しい方なのでもう一度お逢いしたいですね。。。

 
イメージ 15
 Dionaea muscipula cv.Wacky /大阪屋さん
是は面白いですよねーーー! 大阪屋さんに「¥売ってYO」と云ったら「1つしか無いからダメ」と云われました。
何度か云いましたが「アカン!」と怒られました。

 まぁ、そんな感じでした。

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事