ここから本文です
f u k u r o
fun 2 strange plants.

書庫Platycerium,fern

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

P.ridleyi #1.#2.

 
   ★今回は自分自身への戒めと云う事での記事。

イメージ 1
     Platycerium ridleyi

ตั้งตามชื่อของ J.ridley ผู้เชี่ยวชาญเรื่องเฟินของ Malay peninsula ใบ fertile frond ตั้งตรงเหมือนเขากวาง อับสปอร์ที่เป็นรูปถ้วยเหมือนหูของกวางเช่นเดียวกัน ลักษณะใบเป็นร่องเพื่อรองรับน้ำไหลลงสู่เหง้า ถ้าน้ำมากก็จะล้นไหลออกด้านข้างเป็นการควบคลุมไม่ให้น้ำไหลลงสูเหง้ามากเกินไป ใบ shields frond เส้นใบนูนขึ้น ทำให้ใบเหมือนเป็นร่องลึก กาบใบไม่แผ่เป็นมงกุฏ ซึ่งจะแนบกับต้นไม้ที่ขึ้นอยู่เพื่อป้องกันน้ำ เนื่องจากอยู่ในเขตที่ฝนตกชุก ใบ shields frond ที่ซ้อนกันเป็นชั้นๆ จะเกิดช่องว่างเพื่อไม่ให้เกิดการชุ่มน้ำ เป็นวิวัฒนาการของพืชที่ต้องป้องกันตัวเองจากสภาพภูมิศาสตร์ถิ่นกำเนิดที่มีฝนตกชุก

พบทางภาตใต้ของไทย เกาะสุมาตรา มาเลเซีย และบางส่วนของเกาะบอร์เนีย(^з^* ♪

 
 

    ♪去年の夏ケッコウ成長しましたYO ☆ミ
イメージ 2
 Platycerium ridleyi #2.(WILD採取個体)  2009年8月
6月位に外に出したらドンドン貯水葉を展開していきます♪ 
右!左!とコンボ。大きくなる気配がするので50cm◇のスノコにマウントしました(^〜^o

イメージ 3
↑上の画から10日後
貯水葉の成長速度はとても早く前回の記事から随分成長しました(^з^o




イメージ 4
 Platycerium ridleyi #1.  2009年8月
貯水葉の凹凸が物足らないですが此方も旺盛な成長ブリ(>v<*
前回の記事の時から2枚程は貯水葉が大暴れしてナカナカ安定しなかったですが、何とか落着きました(^−^+ =3=3=3
恐らく私の処に来る前は鉢植えで、其の後ヘゴ板に上下逆さまにマウントされたのが原因?
 とりあえず上下を元に戻して、暴れた貯水葉を押え付けましたYO=3



 
  で、やってしもうたのですYO f(^へ^; =3 =3 =3
イメージ 5
 Platycerium ridleyi #1.( 手前 )、#2.( 奥 )
6月〜10月迄、午前中の東からの和らいだ光が当たる良く風が通る場所でぶら下げておいたのですが
11月、急に冷え込んで来たので慌てて西日がガンガンに当たるベランダに非難させました。
するとDO〜でしょう......1日でバナナの如き黄色になったのYO〜(>へ<。。。




 2010年1月24日現在
イメージ 6
 Platycerium ridleyi #2.(WILD)
DO〜も調子が良い様に想えない(気がする=3)ので、スノコから植物体を外してみました。
裏側は前回の記事で何も無かった裏側にビッッッッシリ!と根がトグロを巻いててビックリしたYO!
しかしスノコに全く張り付く様子が無い(根がスノコを嫌がる感じ)ので、新たにヒノキのスノコにバーナーで焼付けしたものにリマウントしてみました。
今度は根を貼り付けて欲しいですNE(^〜^o




イメージ 7
 Platycerium ridleyi #1.
#1.も植物体をヘゴ板から外してみた。コチラはヘゴ板の中にガッツリ根を食い込ませていたので引き剥がす時に「ブチブチ」と嫌な音が.....
#1.も根が充分育っていました。 しかしチョット違った仕上げにしたいので今度はヘゴ棒にマウントさせました(^−^o




イメージ 8
 11月に西日に当ててから貯水葉が枯れてしまい植物体も小さくなったので心配しましたが、#1.も#2.も根が良く発育していたし、成長点も出てるので取越苦労と云う事だったのでしょうか?
 しかし悩みは大きい......P.ridley が何故か美しく育たない=3=3=3 
貯水葉の凹凸が浅いし、胞子葉もキレイにのびない.......
此の1年、本種を水切れしない様に管理していた。 根腐れは起こしていないもののヤハリ水が多すぎなのか? 今年はもう少し辛く(乾燥気味に)育ててみようと想います=3



☆ 海外の栽培個体
イメージ 9
イメージ 10
 Platycerium ridleyi
オォヲ! 目指すは此の姿! 2枚目なんか[ 天空の城ラピュタ ]の最後で飛行石を取り込んだまま天へと昇っていく巨大な樹木みたいではないか!

♪地球ぅ〜はまぁわるぅ〜 君を〜かく〜して〜♪』 気分がノッテ来たので歌ってしまいました。

私が1番大好きな原種ビカクシダ。 乾かして育てたらこんなんなるんかな?



  ☆ミ チーコ♪&O太
イメージ 11
 チーコ♪は去年5月のお姿〜(^m^o   カワE〜ねぇ〜(>v<*
O太は最近表情が豊かになってきたYO♪ ガッツリ飯を喰らうぜYO☆ミミミ

開くトラックバック(1)

P.superbum

イメージ 1
     Platycerium superbum
オーストラリア東部〜マレーシアにかけて広く分布する大型の蝙蝠蘭(ビカクシダ)です。
私の目には本種と P.grande の違いが判りませんが、本種は胞子葉に1個だけの胞子嚢を付けるのが特徴らしいですね。
此の個体は2008年暮れに南十字星★さんから送って頂いたモノ♪
私はビカクシダ初心者だったのでトニカク強靭種で、そしてワーディアン温室の栽培スペースしか無いので手乗りサイズのビカクシダがイイと云ったトコロ、此の個体を選別してくれました(^−^*



イメージ 2
 小さな個体を育てたものの予想を遥かに上回る成長速度で1年前のサイズから随分巨大化してしまいました(^−^;;



イメージ 3
 新しい貯水葉をどんどん形成していきまSU−=3=3=3


 
イメージ 4
 展開される貯水葉の成長速度はかなり早いです(^−^o
本種は水を遣り過ぎても忙しくて水遣りを忘れててもヘッチャラで、栽培するに何のストレスも感じられず育てていると気持ちE〜です(^〜^oV
大きく育つ程に愛着が出てきまSU(>v<o♪



イメージ 5
 P.superbum のコア部。 間近で見ると黒い血管の如き葉脈が不・気・味・(^へ^*



イメージ 6
 私の簡易ビニール温室の天井で誇らしげにブラ下る P.superbum
現在マウントしているヘゴ板では役不足......此の後50cm角スノコに取付けたのであります。

嗚呼、いつになったら胞子葉を拝めるのであろうか.......(U_U+



イメージ 7
 海外の栽培品
「デカーッ!!!!!!!!!」 こんなんなったらDO〜するYO(^へ^*♪




       ☆ミ 私の宝物〜♪ 
イメージ 8
 チーコ♪とO太が仲良くしてるYO〜(^〜^*


イメージ 9
 少し前のO太。妻の実家で大暴れ=3
障子と襖は破くし、PCをバシバシ=3叩くし、目が離せません(^−^;;


イメージ 10
 ちょっと遅いですが最近やっと摑まり立ちをする様になったYO(^−^*
おめめクリクリさせてカワE〜YO−(^〜^o


イメージ 11
 チーコ♪専用のネンネ(毛布)を被って、超チュゥ〜チィ〜♪
チーコ♪は何処に行くにもネンネを放さない(>v<*  因みに私も幼少の頃からネンネ(専用の毛布)を愛用しておりまSU=3 実は此の歳になっても......=3
ヘム(毛布の耳の部分)の縫い目を触ると気持ちが良くてボロボロになるまで触っているYO〜(^へ^++


イメージ 12
 チーコ♪にカメラを向けると変な顔ばかりします(>_<;
自然体のチーコ♪を激写したいんですがスグにカメラに反応してご覧の様になるのです(^−^;;


イメージ 13
 2人とも餌を拾い喰いするアニマルみたいですNe(>へ<。


       ☆ミ 2人ともネンネ♪
イメージ 14
 沢山遊んでよく寝るんだYO−☆ミミミ

開くトラックバック(1)

P.madagascariense

Platycerium madagascariense #1.

イメージ 1

タイの「 I Love Ferns Shop 」から輸入した個体の内の一つ。#1.

 本種はビカクシダの中でも栽培が至難を極めるとされ、国内の販売価格も異常に高いので手が出ず(育てるのが難C〜と判ってて小さな個体に¥3万円以上も出す勇気が出なかった)、憧れのビカクシダ原種でした(>v<。
 しかしながら、タイからの輸入苗はわずか$19.-でした(>v<o LUCKY−☆ミミミ



イメージ 2
 6月末、不況に翻弄され仕事がダメになり、仮住まいに......
其処では植物を自由に育てる環境を整える事が出来ず、ビカクシダは団地の共用階段の踊り場の手摺にぶら下げて放置(U_U。
トコロが温室から出した途端に胞子葉を2枚展開! 貯水葉もEEのが出て来た(^−^oV


イメージ 3
 8月  見事な貯水葉だYO−☆
約1年間ビカクシダを育ててみて一つ気づいた事があります。
ビカクシダはネペンテスを育てる様な80%程の超高湿度は苦手と云う事。
其の様な環境では本種を始め、殆どの種が不完全な貯水葉を展開しまSU(>へ<。


イメージ 4
 う〜ん、EE感じィ〜(^〜^o
8月の外の湿度は平均55%で、階段踊り場は風通りが良かったでSU−☆
右側の不完全な貯水葉は此処に来る前、温室内で展開されたモノ。


イメージ 5
 11月末 まだ外。
更に新C〜貯水葉を展開していまSU(^v^o♪


イメージ 6
 此の深い凹凸の貯水葉は外ならではか!?
しかし外も寒くなって来たのでネペンテス専用温室に収納する事に......
冬の温室は更に湿度が高く、夜間は90%以上!!!  ギャッ(>へ<。。。
また来年の春まで変な貯水葉が出て来るんだろNA〜(UへU+


イメージ 7
 シッヴゥーッ!!! 随分大きくなったYO〜(^〜^o
#2.も元気なのであります!



 ☆(o^〜^o)♪今日はチーコ♪の誕生日♪(o^〜^o)☆
イメージ 8
 2007年12月7日にチーコ♪は生まれてきました(>v<o


イメージ 9
 チーコ♪「ふーっ」って言ってますが、なかなかロウソクの火が消えません♪


イメージ 10
 2本のロウソクの火を消す事が出来てとても喜んでいます(泣いてる訳ではありませんYO)☆


イメージ 11
 チーコ♪ お誕生日おめでとう(^〜^o♪

開くトラックバック(1)

P.ridleyi ( WILD )

 Platycerium ridleyi ( WILD )
イメージ 1
 少し前に私の処にやって来た野生の P.ridleyi 。
此の個体は大きいし、貯水葉の彫りが深くて最高です〜♪
リドレイは私がビカクシダの中で一番大好きな原種です(^−^o


イメージ 2
 植物体の裏側はこんな感じです。
根らしきモノは見当たりませんが、現地ではDO〜やって着生していたのでしょうか?

イメージ 3
 裏側の細部UP。
此のピートに見える部分をよく観察してみると、此れは全て今までの貯水葉の成れの果てでした!



イメージ 4
 ヘゴ板に拘束して、高山性ネペンテス専用の弐号温室にぶら下げて育てます(^v^o


イメージ 5
 貯水葉のディテールUP。
サスガ野生! 貯水葉の葉脈の凹凸がとても深くて魅力的〜☆  これぞキャベツです!
前回のリドレイと見比べて見て下さい。
関西人としては此の貯水葉は千切りにしてお好み焼き♪の材料にしたい衝動を抑える事が困難です(>v< 。

イメージ 6
 近所の農家から頂いたキャベツ(と白菜)。
リドレイの貯水葉とソックリではないか!  私はリドレイを入手するまでキャベツを見ては本種を妄想していたのです(TeT



イメージ 7
 貯水葉が展開していきます(>v<o


イメージ 8
 貯水葉の展開速度は驚く程に早いです!  嬉しいですねぇ〜(^〜^o
しか〜し、展開中の貯水葉の凹凸が浅い感じに思います(汗;;
此れは私の処の環境が高湿度だからなのか? まだ展開中だから凹凸が出ていないのか?
それとも厳しい自然の環境下でしか深い凹凸の貯水葉は出来ないのでしょうか???


      
         −−−EMERGENCY!−−−
イメージ 9
 仕事から帰宅したらリドレイが温室の下に転がって寝ておりました〜(~e~;;
慌てて見てみると展開中の貯水葉が割れておるではないか!  ムキィーーーーー(X_X;
原因は括り付けていた紐が腐って千切れてしまった為に本体が落下したのであります(UへU;
ビカクシダの先輩から「紐は腐るからビニール系がいいよ。」と指摘されていたにもかかわらず、ナマイキにも私メは「ビニール紐はダサくて嫌やなぁー。。。そんな簡単に紐なんて腐らないYO!」と勝手に思い込み、経験を基にした先輩のアドバイスを無視してしまったのであります(>_< 。
今回の惨劇はそんな私メへの神からの戒めなのです。 
 ビカクシダ栽培の先輩方々スミマセン m(u_u)m



イメージ 10
 反対側からも新しい貯水葉が出て来たYO〜ィ(>v<)v。。。
更に生長点からは新しい芽が息吹いております! 胞子葉かぁっ?!  ☆ラッキィーーー♪♪♪


イメージ 11
 現在はこんな感じ〜 ☆ミミミ
成長も早いし、秋口ぐらいには青々とした立派な姿を見せてくれるでしょうか(o^〜^o)v
夏に弱って枯れなきゃEEケド........。
 現在は午前中のみの日照で50%の遮光。 湿度は日中で55〜65%、夜間は80%以上。
100Φの換気扇で絶えず空気を循環しています。


イメージ 12
 現地で採取された大きな野生個体。 EEなぁーーー(>v<o



 オマケ;私のチビ達♪
イメージ 13
 お母さんの足の上で遊ぶ ちぃ〜ちゃなチーコ♪

イメージ 14
 surface家の長男 チー太☆
3ヶ月だけどチーコ♪と同じくらいの大きさ! よく泣くんですYO〜(>x< 。。。


イメージ 15
 サイケデリックなチーコ♪
ちゅぅ〜〜〜ちぃ〜〜〜(^〜^o

また てんちゃん♪にイエローカード切られちゃうかな〜。。。

開くトラックバック(1)

P.madagascariense

 Platycerium madagascariense
イメージ 1
 貯水葉(外殻膜)の特徴的な凹凸の葉脈が美しい(^〜^o
ビカクシダの中でも栽培が困難を極めると云われている憧れの種。


 
 P.madagascariense は国内での販売価格が異常に高く、なかなか手を出すことが出来ませんでした。
ところがタイのファームでは4inchのサイズで$19.-と云う破格値!!!!!  輸入してみた(>v<o
イメージ 2
 タイの[ I Love Ferns Shop ]と云う処から輸入。 写真の[ Wanna ]と云う女性がオーナーなんでしょうか?
とりあえず分譲画像のNo.3とNo.4を買う事にしました。 楽しみィー(^〜^)v。。。


 手元に届いた「手乗りマダ」は頼んだヤツとは容姿が違ってたケド、氣にならない(^v^o)
イメージ 3
 少し大きなヤツを#1.と名付ける。

イメージ 4
 少しチビの方を#2.とする事に決めた。
早速ヘゴ板、ヘゴ棒に拘束.....と思ったら、#1.、2.共 用土の中に3mm程の黄色いツブツブがいっぱい.....。 
「何だコレは? 何なのだ?! ヤヴァイ。きっと危険な生命体の卵だYO!」と思い、その卵らしいモノを取り除く。
しかし取っても取っても幾らでも出て来る(汗;;  卵は貯水葉の裏にまでギッシリ付いていて、
結局フル解体.......。。。 根らしきモノは見当たらず、「大丈夫なのか?」と少し不安に・・・


イメージ 5
 #2.ウヲオ! サ・イ・コ・ー・・・(>〜<

イメージ 6
 #2.サイコウ〜....と思った矢先、来た時に開いていたちぃ〜っちゃな穴からDONDON腐りだして来た。。。 
腐りながら広がって行く穴に治まる気配は無い......
「はぁ〜ガックシ...もういいわ...勉強になっいたYO。。。」と諦め放置プレーする事に......(泪。。。


 諦めて 見る事もしなかったマダを久しぶりに見てみると........
イメージ 7
 #1.おぉっ! 何時の間にやら「腐り」は止まって、貯水葉が芽吹いておるではないか!!!

 ↓貯水葉が芽吹いて約20日後
イメージ 8
 #1.モリモリと貯水葉を展開している。スゴイ成長速度なんですね(>v< 。。。


イメージ 9
 #2.も貯水葉を出して来ましたYO〜(>v<)v  楽しみィーーーっ!!!!!
殆んど潅水もせず、高山性ネペンテス専用弐号温室にぶら下げていたのですが.....。 
此の弐号温室は霧発生装置の稼動で、日中は湿度50〜70%、夜間は80%以上の高湿度。住宅用浴室換気扇で空気の流れを作っています。 其れが良かったのかもしれませんね。


 オマケ画像:またまたお借り
イメージ 10
イメージ 11
 他人様の栽培品。 ヲオ!! かっちょEEE−−−っ!!!!!
私のもこんなんなったらEEなぁー(>v<    無理ですか?!
私は植物を育てる時の栽培ヒントとして現地の画像を参考にするのですが、幾ら探してもマダの現地画像が出て来ない! 何でですか?! とりあえず「高山性?」らしいので此のまま管理してみます。

開くトラックバック(1)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事