四国の山、沢

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

鳥越製麺所

香川県最西端にある讃岐うどん屋、美味しいですよ
登山の帰りに寄るといつも「本日終了」
 
イメージ 1
 
今回も私の後で終了の立て看板、おかげでゆっくり食べられました
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4

石鎚山の紅葉 下山


イメージ 1
 
イメージ 2
 
630下山 


「やまんぼうさん」が歩いた二ノ森から堂ヶ森に続く稜線
イメージ 3
来年はこのルートを歩いてみたい
 
雲海
イメージ 4
 
北壁
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
東陵
イメージ 8
分岐から少し登ってみたら通行禁止の立て看板がありました
 
イメージ 9
 
922 土小屋の駐車場に到着

石鎚山の紅葉へ

自宅発1645、途中瓶ヶ森林道で写真を撮りながら、土小屋着は21時頃でした
4時間もかかっている、3時間位かなと思っていたのですが。
遠いです、予想外でした。
子持権現、明日の雲海が期待できそう
イメージ 1
 
今回の登山は以前、と言っても十数年も前に良く一緒に登っていた山友と二人
駐車場でビールを飲みながら、コンビニで買ったおでんを温めて乾杯
 
駐車場から石鎚山
イメージ 2
 
23時間の車中泊後、0時半過ぎに駐車場を出発してトイレに、出てきた山友が「屈んだら、靴底がパカッと剝げてしまった」と言うではないか
来たとき、スリッパを履きビニール袋に入れた登山靴を見たとき嫌な予感が
したのですが
 
彼はその後全く登山をしていなくて、十数年も前に使ったきりになっていた靴を持ってきていたのです。
応急処置をする道具の無く、諦めるのも嫌なので、履いてきたスリッパをリュックに入れ、行けるところまで行こうと言う事で1時に再出発。
 
結局、底の剝げた登山靴で途中5回ほど転びましたが頂上まで行けました。
プラスチックがむき出しなって、岩を踏むと滑り
二の鎖の小屋を過ぎて所で滑って登山道から転げ落ちてしまいましたが、4時過ぎに何とか頂上に到着し、三脚を置く場所を確保。
 
月明かりに照らされた天狗岳
イメージ 3
 
524 瀬戸内海側から回り込んでくる雲海
イメージ 4
 
542 とこまでが限界、もう少し右に流れ込んでくれると良かったのに
イメージ 5
 

石鎚山の紅葉

7日の夜から石鎚山へ、ご来光登山をしてきました
イメージ 1
紅葉は見頃を少し過ぎていましたが、十分に綺麗でした。
雲海はここまで、もう少し右に流れてくれると良かったですが
 
お盆休みは当初、立山でペルセウス流星群を撮る予定でしたが天気が悪そうなので急遽中止、月明かりもあるし、近場でお茶を濁すことに
それでも、「山の日」に山に登らないのも何なので、先週の日曜日に行く予定だったが、お盆の遠征に備えて止めた剣山へ、キレンゲショーマを見に行って来ました。
 
頂上ヒュッテに花情報をお聞きすると、「盛りは少し過ぎているが、まだまだ
充分に行けます」との事
岡山から約3時間車を走らせて、830分、見ノ越の駐車場に到着
既に第一駐車場は満車でした
思いのほか登山者が多いのと、早くキレンゲショーマの咲く行場に行きたいので、登りはリフトで
イメージ 1
ここはパス
 
イメージ 2
リフトは8時半から運転と思っていたが、8時から動いていました、
ここの駐車場は満車
 
1030円を払ってリフトへ
イメージ 3
 
旅する蝶、アサギマダラをリフトの上から
イメージ 4
 
15分で西島駅
イメージ 5
 
ここから頂上までは45分ですが、行場は15分ほど登った刀掛の松の所から左に分かれます
イメージ 6
一方通行の道を歩いて行くと、やがて行場に
 
イメージ 7
 
ギンバイソウ カニコウモリ キレンゲショーマ 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
分岐近くの群生地のキレンゲショーマ
イメージ 12
少し遅かった

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事