ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
城陽マラソン10kmの部。2回めの参加。もう慣れていたつもりが原付移動で道を間違えて受付に10分遅刻。バタバタしながらスタート地点に移動。
このレースは10kmだけスタート地点が近くの小学校で場所がちがうため50分前に集合して小学校でアップするという仕組み。とりあえず移動してここでほっと一息。前回もそうだったが本当に天気が良いと気持ちがいい城陽。
イメージ 2
スタート。このレース参加者はみんなかなり速い。10kmということもあって序盤からダダダダダ〜っと勢い良く走っていく。その勢いにつられそうになる心を抑えて序盤は徐行運転。呼吸を整えるために写真を1枚。最初は農道を走って次に前方に見える木津川の土手へ登る。それにしても気持ちがいい。
イメージ 3
先週は篠山マラソンだったので金曜日までは疲れが残っていたが、このレースにはほぼ治っていた。気温も15℃を越える暖かさだったのもよかったかもしれない。
一所懸命土手を走ってここが折り返し地点。ちょうど木津川市との市境あたり。パラパラと沿道に声援を送ってくださる方々がおられて本当に温かいレース。篠山の翌週なので本当は休んでもよかったけど、ついエントリーしてしまう。
イメージ 4
折り返して再び一所懸命土手走って、左手に茶畑が見えてきたら土手はもうすぐおしまい。温かかったためか身体がよく動いた。あっという間の前半戦。それにしても気持ちがいい。
イメージ 5
土手から農道コースを眺める。ランナーがポツポツとしか見えない。結果から言うと52分53秒で走り、自分としては決してゆっくり走っているわけではないのだが順位は102位と後ろの方になっている。みんな本当に速い。それにしても気持ちがいい。
イメージ 6
農道を走りきったらラスト1kmでこの歩道橋が待っている。昨年は初めてだったのでびっくりした。ランナーの間でも嫌がる方々もおられるが、個人的には大好き。1000人規模のレースではありえないコース。主催者は意図してやっているのか、はたまたコース上やむを得ず使っているのか。いずれにせよこの城陽マラソンの個性のひとつになっていることは間違いない。
イメージ 7
そして文化パルク城陽でゴール。この直線コースはたくさんの声援を頂けるので嬉しい。ただ、私の中ではゴール後のうどんとぜんざいが頭の中を埋め尽くしていた。それが災いしたのかキリ番である100位を逃してしまった。ラストスパートをかけて前方の2人を抜いていれば・・・。
イメージ 8
ゴール直後に完走証をもらう前に食べ物ブースに直行。これこれ。ランナーに振る舞われるうどん。具材も入っていてとてもおいしい。ランナー以外の方々にも1杯150円という破格の値段で販売している。ゴチになります。
イメージ 9
こちらが無料のぜんざい。お餅もちゃんと焼いてくれています。ただ残念ながら帰ってきたときには品切れになっていた。10kmの部は11時20分と一番遅いスタートとなっているのでおそらく40分台で帰ってこないと残っていない。前回参加したときにそれがわかっていたので実はスタート直前に頂いていた。これはそのときの写真。食後着替えていたときに若い男性数人が戻ってきて「あ〜疲れた、着替えたらうどんとぜんざい食って帰ろうぜ〜」と言っていたが・・・残念。
イメージ 10
着替え終わってまだ小腹がすいていたのでパンを買おうと思い、見てみるとこの桜あんぱんが2つだけ残っていた。買おうとブースへ向かうとすっと横から女性が現れ「あんぱん2つ〜」と言ったので思わず「あうっ!」と悲鳴を上げてしまったので、「あ、いいですよ〜、どうぞどうぞ」と1個分けてもらった。ちょっと恥ずかしかった。
その恥ずかしい思いをして買った桜あんぱん。素晴らしかった。しっとりとしたパン生地にトロみがのこったつぶあん。そして上には桜の葉の塩漬け。これで150円。また買いたい。

という感じで城陽マラソン終了。今年も城陽名物梅の花を眺めながら帰還。本当に楽しかった。城陽のみなさまに感謝。
イメージ 11
さていよいよ今季のレースも残すは芦屋さくらファンランのみ。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事