ここから本文です

書庫西宮

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1
大関さんの蔵開き。甘かった・・・。開場の10時の段階でこの列。すでに蔵見学の受付も終了。幸い先に行っててもらったNOKONQUISTAさんに整理券をゲットしてもらった。気をつけないといけない。
イメージ 2
次に限定の福袋。開場後すぐに向かったのでゲット出来たが12時前にはこの通り。1000袋なのに、恐るべし。
イメージ 3
それでは試飲を始めよう。まずは「蔵出し生原酒」意外にも甘口に感じた。もちろんしっかりとした味わい。全国展開の大関さんならもっとすっきりとした辛口かと思ったが本当にこれは意外だった。「本醸造生原酒?」名前を控えておくのを忘れてしまった。確かこんな感じ。こちらはワンカップ大関を連想させるすっきりとした味わい。私が思っていた味。これを飲むとつまみが欲しくなる。
イメージ 4
ということで、粕汁を購入。もちろん早めに購入したのでゲットできたが12時前にはこの通り。濃厚でシチューみたいな粕汁でとてもおいしかった。大関さんは日本酒だけでなく酒をベースにした商品をたくさん出している。そのためか粕汁は今まで味わった粕汁の中でもベストではないかと思うほど美味しかった。売り切れも納得。
イメージ 5
ご覧の通り。勢い余って今津灯台のレプリカまで出している。この灯台を運営しているのが何を隠そうこの大関さんなのでこうした商品を出しているわけだ。あと長田区に本拠をおくパンメーカーOISIS(旧キンキパン)とタッグを組んで甘酒パンも出していた。手広く展開して節操がないと思われるかもしれないが、いやいや日本酒のエバンジェリストとしての役割を担ってくれていると思う。
そういえば大関さんはこうしたお菓子類、甘酒、さらには甘口のお酒と、どちらかと言えば女性が好むような甘口の商品を数多く出している。そう考えると原酒がわりと甘口なのも腑に落ちる。
イメージ 6
蔵開きは大盛況。今回はNEKONQUISTAさんと相飲み、さらに会場でたまたま合ったご夫婦、子連れのお母さんと楽しい出会いがあったので、いつもよりも楽しかった。酒蔵開きに来る人は当然ながら日本酒好きという共通言語を持っているのですぐに打ち解けるのが心地よい。この写真もNEKONQUISTAさんの写真より拝領。私の写真より会場の雰囲気がよく伝わる。
イメージ 7
さて蔵見学。こちらの蔵見学はカメラ完全NGでスマホもロッカーに預けていかなければならない。ちなみに前に写っているお姉さま方とも現場ですぐに仲良くなってしまった。
30分ほどの案内だったがまさに現在進行形で生産されている現場を見学させて頂いた。今回も蒸し米の味見をさせて頂いたうえに、酒粕も少し味見させてもらった。
イメージ 8
終了後、原酒を頂く。ご覧のようにラベルがないのは商品になっていない証。さらには試飲にも出していないものだということ。飲んでみると驚いた。試飲で飲んだ原酒よりもさらに甘口で濃厚。これが大関さんだとは思わなかった。まだまだ各種メーカーの個性をわかっていないようだ。もっと勉強しなければならない。反省とともに楽しみが増えた。
イメージ 9
蔵見学から帰着後、それまでずっとスタンド形式で相飲みしていたご夫婦とお別れ。NEKONQUISTAさんと甘酒を持ってステージへ。この写真も同氏より拝領した写真。すごい熱気。この方々、プロでもなんでもなく大関さんの軽音楽部。「丹波でサンバ」みたいな歌を熱演していた。
こちらでは3歳になるお子さんを連れた若いお母さんと相飲み。こんな小さい子がこんなところで大丈夫かいな?と思ったが全く臆することなくノリノリになっていたで驚いた。さすが西宮キッズだった。
イメージ 10
ステージが終わったところで撤収。とても楽しかった酒蔵開きだった。NEKONQUISTAさんも楽しんで頂いたようすだったので幸い。この後、今津駅前でずっと気になっていた喫茶店「初音屋」に入って店で1時間ほど西宮歴史話を展開して楽しい時間を過ごしたのだが、それは別の機会で。
翌日は「白鷹」の酒蔵開きであったが篠山マラソン参加のためこれは欠席。ということで一ヶ月に及ぶ西宮酒蔵開きが終了した。とても有意義な一ヶ月だった。
イメージ 11



開くトラックバック(0)

イメージ 1
前回の白鹿さんの酒蔵開きでは11時に到着したためにお楽しみがほとんど終わってしまっていたという反省から今回は10時15分前に到着。おかげさまで午前中の蔵見学にも申し込み完了。満足。
イメージ 2
日本盛さんの蔵開きでのお買い物はすべて金券で行われる。一応ひとまとめで1000円からの金券となるが、購入時に言えば100円からでも売ってくれる。そのあたりはせこいことを考えていない。さすが日本盛さん。
さて蔵見学の申込みが終わり金券を購入しようとすると、この行列。さすが全国区の日本盛さん。
イメージ 3
試飲の前にこの福袋に直行。2000円はリーズナブル。しかも中身は3種類の日本酒に日本盛さん特製前掛け。無駄がない!即決で購入した。嬉しいことに購入した商品はイベントから出ていくまで預かってくれた。素晴らしい心遣いだった。
イメージ 4
いよいよ有料試飲。狙うは上記3種。日本盛さんといえば普段はワンカップ的なものしかお世話になっていないのでここは高いお酒へ。
酒蔵開きに来て思うようになったが、やはり試飲は有料のほうがいいような気がする。無料で頂くと2杯目、3杯目をお願いするのが億劫になる。500円は厳しいがこれくらいなら喜んでお支払したい。
イメージ 5
お味の記入の前に。実はこのカップにはシールが貼ってある。そのシールは前の写真にある酒のポスター上部にある丸い色印と同じものが貼ってあって、その酒が何なのかがわかるようになっている。日本盛さん、イベント慣れしている。

では、「雑候屋甚兵衛」から。これが3種類の日本酒の中で一番私好み。甘口まではいかないがまろやかな感じでお米感がある。
「大吟醸原酒」甚兵衛さんに比べるとすっきりしているがこちらも飲み応えのある一杯。お食事向き。普段お世話になっているワンカップの高級版という気がした。
「惣花」日本盛さんの看板商品なので癖のない万人受けの一杯かと思いきや意外と甘い。そう甚兵衛さんの直系という感じ。もしかするとこれが日本盛さんのお酒なのか?ワンカップで植え付けられたあのすっきりイメージは間違いだったかもしれない。落ち着いたらもう一度検証してみよう。
「完熟梅酒」モロに私好み。つまりは甘い。この一杯で完全に日本盛さんへのイメージが変わった。
イメージ 6
お腹が空いたので粕汁。何度も書くが、酒蔵で頂く粕汁は本当においしい。お酒感が残っているので味が濃厚。それに当然だが酒蔵ごとに味が違うのもまた楽しい。日本盛さんは比較的あっさりしている。
イメージ 7
そうこうしているうちにステージでは次のターゲットとなる「樽酒」のための菰が組まれていた。若いのに見事な腕。ちゃんとヘッドセットマイクで音声を流しているので解説がよく聞こえる。日本盛さん、やはりイベント慣れしている。
イメージ 8
菰が完成し、蓋も割れやすいように細工されて、いざ鏡開き。ちなみに「鏡」とは樽の蓋のことだそうだ。ちゃっかりとみやたんも参加していた。
イメージ 9
たまたま絶好のポジショニングをしていたので10分足らずで升を受け取り、目的の樽酒にありつけた。1杯400円。やはり日本盛さんのお酒は飲みやすい。また杉の香がいい。
近くにいたおばさまと軽いトークをしながら飲んでいるとアナウンスで私の名前が呼ばれた。何かと思えば蔵見学するので集合ということ。すっかり忘れていた。
イメージ 10
升の樽酒を飲み干しいざ蔵見学へ。1グループ7人で10分ごとに入場して時間差で15グループ案内するということ。うまく仕組みを作っている。やはり日本盛さん、イベント慣れしている。
イメージ 11
写真はほぼNGだったがとても興味深い蔵見学だった。何とタンクの上まで登り、作っている最中のお酒の香りなどを楽しませてもらったり、写真のように蒸したお米などを口にさせてもらったりと体験型の見学。面白かった。やはり日本盛さん、イベント慣れしているな。
イメージ 12
楽しい蔵見学を終えたあとは、締めの甘酒一杯。こちらは既製品を温めたもの。とは言えお酒の味がしっかりと感じられる米麹の甘酒。おいしかった。

日本盛さんがイベント慣れしていると感じられたが、それは決してショーが楽しいとかということではなく、見せ方が上手ということ。売り方が上手。神戸で考えるとちょうど「沢の鶴」さんに似ているような印象。日本酒をしっかりと堪能できて、お買い物も得した気分にさせてくれる。本当に楽しい「酒蔵開き」だった。

落ち着いたらもう少し日本盛さんのお酒を見直してみよう。
イメージ 13


開くトラックバック(0)

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1
西宮郷酒蔵開き第3弾、辰馬本家酒造「白鹿」さん。『蔵開き ソトノミフェス〜つくる。新たな日本酒の世界〜』という壮大なテーマのイベント。全国規模の酒蔵だけあってかなりの賑わい。ファンも相当の数。そこをすっかり忘れてしまい10時会場のところを油断して11時に到着した結果・・・
イメージ 2
蔵開き限定酒売り切れ。到着していたときには列は出来ていたものの、途中で「すみません〜売り切れです」というコールが。涙。
イメージ 5
六光蔵見学午前の部受付終了。さらに会場で行われていたスタンプラリーも用紙の配布終了という感じで、このイベントならでは企画はすべて終了していてかなり動揺。とりあえず試飲だけはしておかねば・・・と思ってみてみると・・・。
イメージ 6
この長蛇の列。最初の1杯が遠い。やはり10時には来ておくべきだった。最初の寶娘さんと徳若さんのアットホームな酒蔵開きのペースがすっかり染み込んでいて油断していた。こういうイベントはある種戦いでもある。忘れていた。猛省。
イメージ 7
今回の試飲は写真の3種類。まずは黒松白鹿「薫」山田錦。癖がなくてすっきりしていて癖がないのでどんなシチュエーションにも合うお酒。さすが全国区と頷かせる1杯。
そして純米酒宮水仕込み「えべっさんの酒」こちらはワンカップ的なお味。よく飲んでいる味なのでとても親しみがある。おつまみと合わせて飲みたい。
そして最後は熱燗。これで完全にフラフラになってしまった。やはり熱燗はまわりが早い。温まるにはもってこいの1杯。
イメージ 8
3杯程度でなぜフラフラになったか。理由はこれ。カップが大きい。試飲ではなくガチ飲みだった。最初の1杯は200円だが、そのカップを持ってのおかわりは1杯100円になるからかなりご機嫌。さて何か食べようかと思ってみてみると・・・
イメージ 9
粕汁と酒まんが売り切れ。優先順位を間違えた。先にこちらを買ってから日本酒に並ぶべきだった。ここでも判断ミス。涙。
幸いなことにしぼりたて原酒は別のブースで1杯300円で飲めたので購入。やはり原酒は飲みごたえが全く違う。飲むこっちだ。
最後の1杯でグロッキー気味だったので最後の締めの甘酒。甘すぎずお酒の風味がしっかり残っているいい1杯だった。
12時頃にフラフラになりながら阪急夙川駅まで歩いて帰宅。その途中2号線あたりで傘を忘れたのに気が付きリターン。寒かったのでまた甘酒を飲んで再帰宅。何か酔っ払いにいっただけという感じの酒蔵開き。もっと白鹿さんのメッセージを受け取りたかったがそれも叶わず。自分自身の意識の低さに反省。次回の日本盛さんはきちんと味わってみよう。
イメージ 10






開くトラックバック(0)

イメージ 1
先日、万代大澤酒造「徳若」さんで酒蔵開きがあったわけだが、そのお隣の大澤本家酒造「寶娘」さんも無料試飲をやっていたので、フラフラとまた新酒とにごりを頂きに行ったとき、酒蔵でお客さんを相手に解説をしておられる方がいた。何かいいお話が聞ければとコソッと合流させて頂いた。
イメージ 2
すでに徳若さんの有料試飲でふらついていたので、あまりうろ覚えではあるが、覚えている内容だけ記録。
まずは酒造り。このタンクひとつひとつ違う出来になるそうで。しかし仕上がりは当然同じになるように調整するらしい。一度に作る量はどこの酒蔵も同じそうだが、大関や白鹿さんのような大手は、そのラインが何セットもあるので多くのお酒を作ることが出来るのだそうだ。納得。
イメージ 3
ひとしきりお話が終わったところで、私が質問。徳若さんと寶娘さん、元は同じでこんなに近くで作っているのになぜこうも味が違うのかと尋ねてみた。答えはわからんと。というのも、酒造りには様々な行程があるわけで、そこで配合を少し変えたり、時間を少し長くしたり短くするだけで味が変わるそうで。その行程が積み重なれば当然味が大きく変わる。その方も自分のところの酒造りはわかるが、他のところは知らんからな〜ということ。納得。
イメージ 4
次に気になるのは震災当時。よくこの木造蔵が耐えたものだが、理由はわからないそうで。ただ震災時は作業中だったので、作業員はみんなこの柱につかまって揺れを凌いだそうだ。そうか1月17日となれば新酒が出来るか出来ないかの時期。作業をしていてもおかしくはない。そのあたりは他の酒蔵さんの話も調べてみたい。
しかし、よく持ちこたえたものだ。もし神戸で見られるような建物被害があったら大事故になっていたと思う。
イメージ 5
この別の倉庫を見てみると他のメーカーのケースが目立つ。実はこれには震災と関連があって、奥にある「新潟の酒」と書いてあるケースは10本差しのもので、これが正方形に近いためか、これに入れていた酒はひっくり返らずに助かったそうだ。それ以来、他のメーカーさんで不要になった10本差しのケースをもらってきて再利用してるということ。納得。
イメージ 6
最後に歴史。HPによるともともと大阪の堺市で酒蔵を持っていたのだが1945(昭和20)年に空襲で焼失。その後1953(昭和28)年に神戸市灘区新在家で再興。しかし翌1954(昭和29)年に西宮の現在地に移転とある。わずか1年の移転。何があったのかと尋ねた。どうも新在家はあくまでも仮蔵で本拠地はもともと別のところを探していたそうだ。そして見つかったのが現在地だそうだが、元はチューインガム工場だったそうだ。ケースの置いてあった倉庫がまさに工場だったとか。どこのメーカーだ?
そして説明してくれた方も新在家当時を覚えていて、蔵がのすぐ南は堤防でそれを越えると海だったのでよく魚を獲りに行ったそうで。大石川の下流といっていた。むむ、当時の住宅地図で調べてみよう。
イメージ 7
最後にポリシー。酒はあくまでも嗜好品。気に入ってもらわないとだめ。しかしすべての人の舌にあるような酒を作るのは難しい。とはいえこちらは規模もそんなに大きくはない。だから寶娘さんは自分の蔵の味を気にってくれる方に向けて作っているということ。なるほどだからこのような個性的なお酒が出来るのだ。納得。
また流通も基本は自分の蔵での販売のみ。お店でも口にできるところはわずかしかないそうだ。本当に意志をもって酒造りをなさっている。
そういえば先週、甲子園から歩いて買いに来たおばあちゃんがいた。わざわざ蔵開きがあると歩いて買いに来るおばあちゃん。あの方もそのこだわりのあるお酒に惹きつけられたのだろう。確かに寶娘さんの意志は届いている。感動。
イメージ 8
金欠なので実は買う予定がなかったのだが、買わずにはいられなかった。今回は1本だけ。また必ず買いに来る。その方曰く、「9月がいちばんおいしい」ということ。よし秋に来よう。するとその方「そやけど、わしは全く飲めへんねんけどな」ええ〜、大丈夫なのか?(笑)
で、その方は何者だったのか。「わしは飲めへんねんけど娘は強い。何でやろな〜?わしとあそこにおる息子は弱いねん」と指差したのが専務だった。
至福のひとときだった。大澤本家さんありがとうございました。
イメージ 9



開くトラックバック(0)

イメージ 1
西宮酒蔵開き第二弾。「徳若」こと万代大澤醸造さん。後に調べたところによると2005年に隣の大澤本家から分かれたとか。つい最近だ。どういう経緯があったのかとても知りたい。というのも、こんなに近くで酒造りをしているのに、その味が全く違うから。もしかするとその味のことで袂を分かったのでは?と勘ぐってしまう。
イメージ 2
無粋な雨にも関わらずこの人だかり。この日、阪神西宮駅からボランティアガイドによる案内もあり、パーティーも合流していた。あとどこかのメディアの取材も来ていた。写真の奥、暖簾の側にテレビカメラが確認できる。
イメージ 3
こちらは本家大澤さんとは異なり、有料試飲。とはいえ、とてもリーズナブル。しかもラインアップが豊富。私の前に並んでいた女性はこのうちの6種類を一気にオーダーしていた。思わず「お仕事か何かですか?」と尋ねてしまったが、その返答は「いえ、好きなだけです」とあっさり。
イメージ 4
さて、貧民の私のオーダーは⑤しぼりたて生原酒⑥純米にごり酒⑦極と厳選した3種。
まずはしぼりたて生原酒。つい大澤本家さんと比較してしまうが、こちらは辛口。すっきりとした飲みごたえなのでつまみがほしい。熱燗にしてもおいしいのかもしれない。
次に、純米にごり酒。こちらも決して甘くない。これから清酒になる途中のものをキュッと飲んでしまったという感じがする。これまた魅力的な一杯だった。
そして最後の極。ものすごい個性豊かな風味。まるでウイスキーのように樽で寝かしたのか?と思ってしまうくらいくっきりとした個性。それでいてまろやか。これが一番美味しかった。近くで同じものを飲んでいた若者も「何でこんな違うんでしょうね?」と漏らしていた。
イメージ 5
実はこの試飲する前に、無料試飲+お隣の大澤本家さんで新酒とにごりを頂いていたので、不覚にも足に来てしまい、すぐに帰宅することができなくなってしまった。少し酔いを覚ますためにお隣の大澤本家さんに戻り、酒蔵を見に行ったのだが、この見学が思わぬ幸運な展開を呼んだ。それを書くと長くなるのでそれは別の機会に。あくまでも今回は徳若。
イメージ 6
万代大澤さんの福袋。欲しかった。けれど酒蔵開きは始まったばかり。一人享保の改革を断行中の身としてはここは断腸の思いでスルー。しかし見ているだけでもウキウキするようなラインアップ。
イメージ 7
徳若さんの蔵も覗いてみたいな〜、極の味の謎を知りたいな〜と思いつつ、最後にこっそり無料試飲をもう一杯だけ頂いて撤収。万代大澤醸造さん、ごちそうさまでした。
イメージ 8


開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事