げん氣の扉

幅広い人財啓育を行っているグループダイナミックス研究所(GDI)のオフィシャルブログです。

全体表示

[ リスト ]

米国の環境団体「ワールドウォッチ研究所」が、国連や各国の研究機関の資料をもとに発表した
「世界情勢2000」によると、近年、飢えに苦しむ人口は減少傾向にあるが、これに対して、
食べ過ぎやファストフード等の急増に伴う栄養の偏りによる太り過ぎ人口が増加して、世界では
太り過ぎは、飢餓人口と同じ12億人(2000年の世界の総人口約60億人の20%)と報告しています。
この傾向は、先進国だけでなくブラジルおよびコロンビアのような発展途上国でも強まり、
今や肥満は世界中の大きな問題となっています。

また、ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)が188ヵ国の最新のデータをまとめた世界肥満実態
(GBD)調査によると、世界中で肥満が増え続けており、過体重と肥満の人の数は、1980年に8億8,500万人
だったのが、2013年には2.5倍の21億人にまで増加したとのことです。

しかしながら、ダイエットには不明な部分が多く、実施困難なところがあり、最終的な成功への
道も必ずしも明らかにされていません。ダイエット(diet)は、「規定食」という意味であり、
美容や健康保持のために、食事の量や種類を制限することです。その語源は、古代ギリシア語の
δίαιτα (diaita ディアイタ、「生活様式(生活習慣)」「生き方」)といわれています。

このdiaitaという語はdiaitasthai(生活を導く、リードする)やdiaitan(分離する、(飲食物を)
選ぶ)という語と関係があるといわれています。このギリシャ語diaitaがラテン語の diaeta、 
中世ラテン語のdieta(日々の仕事、食事の許容(量))、古フランス語の13世紀頃のdieteを経て、
英語に入ったものなのです。

なお、英語の diet には、同綴異義語があり、「(現代ではデンマーク・スウェーデン・日本などの)
国会」(通例 the Diet と綴る)などの意味もあります。これは、「日程」「日々の勤め」などを
意味するラテン語 dieta に由来しています。dieta は、ラテン語 dies(「日」の意)の派生語と
して扱われていましたが、実際には、前掲のギリシア語に由来する diaeta の変形であって、従って、
英語の二つの diet は同根の語源を持ちます。(フリー百科辞典「ウィキペディア」より)

1980年にワシントン・ポストが実施した調査では、アメリカでは過去70年間で26,000件のダイエット
の方法が発表され、それらの方法で成功した確率は200人中10人にすぎなかったといいます。
そのわずかな成功者も、減量体重を維持できた人は一人だけで、最終的成功者は0.5%にすぎなかった
そうです。

また、ワシントン大学のクリストファー・マーレー教授(公衆衛生学)も 「過去33年間に、肥満
人口を減らすのに成功した国はひとつもないことが判明しました。肥満は世界的に増え続けています」
と、語っています。

ダイエットを始める人たちが直面する最も大きな難題が、「減食により減量を達成しても、減食を
終了すると、体重が元に戻ってしまう」いわゆるリバウンドです。そのメカニズムについて、
元・日本薬科大学健康薬学科講師の大前巌氏は、「食物を摂取する際のエネルギー貯蔵庫の大きさと
関係している」と説明しています。

つまり、日頃、運動を心がけている人は、身体に大きな運動エネルギー貯蔵庫が形成されているのです。
この貯蔵庫が大きい人は、食物を摂取しても、直ちに脂肪として貯蔵しないで、運動エネルギー貯蔵庫
に保管します。

しかし、日頃運動しない人は、この貯蔵庫の必要性がないので、運動エネルギー貯蔵庫が小さいのです。
このために、摂取した食物の大部分のエネルギーは運動エネルギー貯蔵庫でなく、脂肪組織へ貯蔵され
ることになるのです。

ダイエットの必要な人が、ダイエットを実施し、減量達成後、何故元の体重に戻るのか、その回答は、
ダイエットの必要な人は、通常、運動習慣が無く、大きな運動エネルギー貯蔵庫を形成していないから
です。

従って、ダイエットを成功させるためには、運動の習慣をつけて、エネルギー貯蔵庫を確保することが
最も重要です。そのための運動量の目安としては、毎日平均12,000歩以上のウォーキングが必要だと
いわれています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事