げん氣の扉

幅広い人財啓育を行っているグループダイナミックス研究所(GDI)のオフィシャルブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

子どもとのやりとりで、次のようなケースの場合、あなたならどうしますか。
あなたは、小さな町工場を経営しています。零細企業なので、土曜・日曜日でも
休まず仕事をするのは珍しくありません。

ある日曜日のこと、息子を自分の工場に連れて行って作業場を見学させながら
仕事をしていました。その帰り、息子はカー・アクセサリーの店の前で、立ち止まりました。
彼のお目当ては「ポケット・バイク」でした。

三輪車なみの小さなオートバイですが、本物の小さなエンジンで走ります。
レースもあるそうで、「五歳の男の子が優勝したんだよ」と、息子はどこかで仕入れた
知識で私に解説してくれました。値段は三万円ちょっと。これを欲しい、というのです。

子どもの遊び道具にしては値段も高いし、何といっても危険だからと説得して、
息子もあきらめたものと私は思っていました。ところが、息子は後日、条件闘争に出てきたのです。

「お父さん、ぼくが二学期に頑張って、成績が全部『大へんよい』になったら、
ポケット・バイク買ってくれる?」。

小学二年の息子の成績は、「がんばりましょう」「よい」「大へんよい」の三段階評価方式。
全科目で最上級の評価をもらったら──というわけです。

さて、こんな場合、皆さんはどう答えますか。三万円という値段が零細企業の経営者にとって
フトコロがいたむ金額かどうかは別として、子どもが「やる氣」を見せているのだからと、
その提案に乗る人の方が多いのではないでしょうか。父親としては、仕事で忙しい中で
子どもとのやりとりに時間を取られるより、多少の出費は伴っても、この方が手っ取り早いからです。

しかし、こうした条件付きで子どもが勉強を頑張るのは、実は手段なのです。
本当の目的はプレゼントをもらうことにあるのですから、勉強の「本来のやる氣」とは
いえないわけです。この条件付きのやる氣の喚起は、アメとムチによる「賞罰教育」といえます。

これはインセンティブ・モティベーション、外からの報酬を与えてやる氣を起こす方法になります。
それに対して、アティテュード(Attitudes)・モティベーション、心構えを変えることにより
やる氣を起こす方法は、何のために勉強や学問をするのかを考えさせるのです。

手段ではなく本来の目的に目を向けさせるのです。そして、「結末」だけで賞罰を与えるのではなく
「過程」をよくみて、進歩の可能性に目を向け勇気づけることが、子どもの内面からやる氣を
起こさせるのです。

この父親は、「今は買ってやると約束もしないし、絶対に買わないとも言わない。二学期の成績を
見てから考えよう」と答えました。

何事にしろ、やるだけのことをやって実績を見せるということの重要さを、息子にも早く分からせたいと
思ったようです。さて、これで、子どもは心の中からやる氣を起こすでしょうか。
あなたならどのように言いますか。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事