全体表示

[ リスト ]

TFCC
そう、これは
手関節の尺側の痛みなんですけど、
「三角線維軟骨複合体」と言われる
次の3つで構成されているそうです。

場所
橈尺間を直接支持する三角靭帯(橈尺靭帯)
機能的尺側側副靭帯である尺側手根伸筋腱腱鞘床
尺側関節包

ややこしいので、図!

イメージ 1


症状
手関節尺側(小指側)の痛みです。特に手関節を回外(手のひらを上に向けるように手関節を捻る)したり回内(手のひらを下に向けるように手関節を捻る)したりした際に痛みを感じます。

治療
基本的には手関節を動かさないように装具で安静にして治療します。
症状が続く場合は関節鏡を行ったり尺骨(前腕{肘関節と手関節の間}の小指側の骨)を短縮する手術を行います。

程度にもよると思いますが、
病院では、
尺骨を短くする手術もあると!
そういうことらしいです。

結構、多いですよね!

手が着けない。
ドアノブが回せない。
タオルが絞れない。
手関節を尺側すると痛い。

また図!

イメージ 2



症例:40代 女性 主婦 (6850) 平成31年3月27日再診

主訴:左手関節の痛み。
現病歴:昔からよく痛めていたが、最近更に悪化した。
所見:手関節を回外して手を着くと痛い。尺骨茎状突起の圧痛あり。

施療
観る( 一一)
 →あ〜左のお外腹斜筋が弱いだろうな〜
 →案の定、筋力70%。

仰臥位で膝を抱えて、下行結腸リリース。
 →筋力正常となる。
 →しかし、まだ手を着くと痛い ( ̄0 ̄)

外腹斜筋が弱いなら、
前鋸筋も弱いはず。
 →弱かったので、腋窩に他L父して保持。
 →筋力正常となる。
 →しかし、まだ手を着くと痛い ( ̄0 ̄)

おかしいな〜

なら、痛みのラインで!

尺骨茎状突起を押して痛みのラインを追う ( 一一)
 →案の定、横隔膜(前方)にありました!
 →タッチして待つ。
 →痛みが激減!

でも、まだ痛むというので、
再度、痛みのラインを追う。
 →先ほどの圧痛部位は痛みはなくなりました。
 →付近の別の所の圧痛点から痛みのラインを追う。

烏口突起(上腕二頭筋腱付着部)で止まる。
 →タッチ。

更に、上腕二頭筋と三頭筋を挟んで、
筋間中隔まで通すイメージで保持。

手を着いてもOK!

考察
この方はバイトで農家にお手伝いに行かれていました。
作物を左手でちぎって、
斜め後ろにある桶に入れるという動作の繰り返しだったそうです。

本当のTFCCではなかったかもしれません。
でも案外と簡単。

私は、痛い所は痛む動作や圧痛を観る所に使っています。
がから、私の場合は主となる施療ポイントではありません。

形状的に尺骨が橈骨よりも著しく長いとなるらしいです。
そうなると、冒頭に書いたように、
手術で尺骨を切って、橈骨とのバランスを作るらしいです。

そう言えば、
去年、
母「娘の右手首を観て貰えませんか?TFCCと言われているんですけど」と電話がありました。
私「良いですよ」
 →その時はTFCCは知りませんでした<(_ _)>
 →電話を切ってから、ネットで調べて知りました<(_ _)>

で、
東京から来てくれました(@_@;)

テニスで痛めてから、
大好きなテニスが出来ないとの事。
手関節回内で痛み。手関節背屈制限がありました。

その時は、
右肘関節をリリース。
右外腹斜筋タッチ。
右小胸筋のカウンター。
右寛骨臼の縫合調整。

これで痛みは治まりました。

これ1回で、
その後は、テニスの試合にも出れたそうです。<(_ _)>

以前は、この手の症状は苦手でした。
何故なら、痛い所を施療していたからです。

よく考えて欲しい。

発生学的には、
体幹から腕や脚は生えてきます。

体幹の安定がないと、
四肢はおかしな使い方を強いられます。
 →痛む場所は酷使されて、犠牲になっている。

施療の手順は:
体幹の安定筋の異常を解決してから、
四肢の近位を観る。
最後に痛い所。

発生して行く順序でやった方が、
理論的には良いと思うのですけど。

でも、
学校では痛い場所の原因部位を解剖学的に学びます。

そして、
その部位の施療を習います。

そして、
中々、寛解しません。

そして、
安静にさせる。

そして、
時間とお金を頂く。

おかしいじゃろ。
教育は恐ろしい。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事