全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全203ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日、野球部の学生を母親が連れてこられました。

当人の問題は、肩、背部、ふくらはぎの痛み。

今回のブログ内容は、
この学生ではなく、この子の弟のお話。

症例:小学生男子 (9192) 平成30年1月16日初診
主訴:頭痛(右側頭部)と腹痛(左横腹)
現病歴:1年前から月曜日になると発症する。
所見:病院の検査結果は2年前に右腎臓に結石と腫脹。

施療
仙骨と膀胱を挟む。
左腎臓と右腎臓。
硬膜静脈洞の解放。
特に直静脈洞の流れを主に。

手を握り、内観する。
 →月曜日のイメージを抱かせながら行う。
百会と尾骨の調整。

2回目(4日後)
頭痛と腹痛が消失していた。

第2胸椎のRPSの調整。
直静脈洞の流れを誘導。

考察
右腎臓が検査で引っかかっているのに、
本人の訴えは左横腹か…。
話が合いません。

しかも、月曜日という特化した反応があります。…。
これは日曜日が終わり、学校へ行く日です。
この時点で、精神的な問題があるかもしれないという予測を立てます。

子供は結構我慢するので、
親にも話さない事が多いようです。

内観して話を聞きます。
 →会話はせずに、脳内に聞こえてくる言葉を聞くだけ。

その後はどうなったか分からなかったんですが、

ここからが、物語。
昨日来られた冒頭の母親の話です。

母:「弟は1回の施療で不登校なくなりました!」
私:「おっ、そう♪それは良かった!」

話をされても、誰だったか思い出せず。
不登校とも知らず。
ただ、頭痛と腹痛があるだけと思っていました<(_ _)>

でも不登校が解消されて良かったです。


最近は、引きこもりや不登校の子供と大人がテレビで報道されることが多いですね。

考えてみましょう。
もし、それらが解決したら、
その方たちの人生が、ガラリと変わるでしょう。

徒手療法家として、
何か手助けは出来ないものか?

しかし、手だての方法が分からない…。

何が原因なのか?
症状の中から考えられる原因。
問診の中から考えられる原因。
検査の中から考えられる原因。

何が原因なのだろう?
筋骨格系か?
内臓か?
メンタルか?
栄養か?
…。

そして、
依頼者の話のちょっとした事。

表情。
しぐさ。
眼。
口調。
化粧と服装。
態度。
…。

色々とヒントは出してくれているはず。
でもそれを見逃してしまい、
解決が出来ない。

今後は、そういった不調を抱く人々が多くなって行く事でしょう。
そして、それに対応できない徒手療法家も多くなって行く事でしょう。

そのヒントと解決法が、

−心身相関と徒手医学−
マニュアルサイコセラピー

「伊澤 勝典 先生」のセミナーです!

伊澤先生は、
0磁場に丸太小屋の治療院(璃楽院)を自分で建て、
月下香庵身体心理研究室室長において、
日本一、精神疾患を徒手療法で観ておられる頼れる鉄人です。

精神疾患とは分かっていても、
どうしたら良いのか?

問診での話の進め方。
見逃さない依頼者の言動。
そして適切な手技でのアプローチ。

これらが全て網羅されている2日間のセミナー。

しかも、
2日間共に、10:00〜17:00 なんです!
えらく気合が入っておられます!

定員が限られていますので、
お早めに!

申し込み先:info@kiyamacpo.jp 
(福永まで)


イメージ 1

 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

足底に何か問題が起ると、
とても不愉快。

7年ほど前の記事ですが、
あれはビックリしました〜

今回のケースは、
15個も無くて、たった1個。

でも、歩くと足が着けず、
引きずった感じになります。

症例:70代 女性 (7790) 令和1年6月30日再診
現病歴:患者さんの言葉で書いてみますね。
朝起きて歩くと痛い!
あれっ?と思い、足の裏を観ると、
第2・3中足骨MP関節間に、1個何かある( ̄0 ̄)

1cmほど丸く白くなって、
中央に黒い芯が1つありました。

所見:圧痛なし。

施療:
例のごとく、横隔膜の前部線維に向けてタッチ。
 →効果なし((+_+))
後脛骨動脈リコイル。

終わり( 一一)

病院へ行って診て貰ってください<(_ _)>

翌日電話がある。
患:先生〜、足の裏ですが、黒い芯が無くなりました〜
 歩いても痛くないです!
私「え〜っ!それは良かったですね〜」

その5日後に来院。
その時の写真です ↓

イメージ 1

分かりますかね?
黒い芯が無くなって、白い点があります。

足底のイボなどの疾患には、
横隔膜の前部線維が関係しているような気がしますが、
何故効くのかは分かりません。

単なる、「腎経」で片づけて良いのか?

下の図で行くと22番あたりの裏です。


イメージ 2



図:AKシノプシズ
良い本です。買いましょう。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2011年5月開設当時の顔写真が、
あまりにも現在と違うので、
写真を変えました!

この写真は今年4月のJSC総会で撮ったものです。

微笑んでいても、
眉間の縦皺は、
より深くなったような…( ̄0 ̄)

ああ、
人生かな。

目下、
今年の日本カイロプラクティック徒手医学会 学術大会の、
抄録を書いてます。

大体出来上がりました!が…
エビデンスがない( 一一)

そんなもの、
発表出来るのか??

発表内容は、
「アリス症候群」についてです。
しかし、この病気、
医学的にも、あまり認知度が少ないみたいです。

色々調べた結果、
子供の頃に、
100人に1人は体験していると!

何故ならば、
日本で殆どの子供が感染する、
ヘルペスウイルスの一種である、
エプスタイン・バール・ウイルス(EB)が原因とされているからだそうです。

私が施療したケースもそうでした。
1年前の患者さん(学童)です。

主訴は、
物が大きく観える(大視症)。
頑固な頭痛。

結果的に、
5回目の施療時に行った、
眼に行う、
とある方法で全て解消されました。

しかし、
何でなんだろう?

また、
演台発表で笑いを取るのか(笑)
バカにされるか(笑)



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

来る
10月19・20日
東京の神田にあります「専修大学」で、
日本カイロプラクティック徒手医学会 学術大会が行われます!

今回は従来の学術大会とは違い、

基調講演
ワークショップ
シンポジウム

が企画されており、
テーマである「スポーツケアにおけるコンティニュアム」に相応しい、
そのご専門の先生方、総勢15名によるご講演が行われます!

講師のプロフィール

何とも、贅沢な企画なんでしょう(^O^)/
半端ないです!

それもそのはず、
大会長は、

あの伝説の施療家で、
長い年月をかけて、特殊な技術を体得され、
日本一、精神疾患を観ておられる、
メンタルクリニック 月下香庵 副院長である
「伊澤 勝典 先生」なんです!

その伊澤先生の人脈の広さで、
この大勢の先生方をお招きすることが出来たんです。


イメージ 1

イメージ 2

しかも、
この参加費の安さ!

加えて、
今回は、講師の紹介があると、一般参加は割引適用されて会員価格で参加出来ます。

アスリートや競技者でご参加を希望される方は、講師または会員の紹介で両日10,000円でご参加出来る特別割引があります。

学生は、5,000円で参加出来ます。


申し込みはこちら:

日本カイロプラクティック徒手医学会 HP

交通チケットとホテルはお早めにお取りください!



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

前回ご紹介しました、
九州カイロプラクティック同友会 夏季合宿。

その松木 繁 先生のご講義を、5月12日に大阪で受講しました。
九州からは6名参加しておりまして、
九州カイロプラクティック同友会からは5名参加でした!

でも50名近くの参加者の内、
半数以上は顔見知り(^O^)/

皆、勉強家ですね〜

問診中、
患者さんが発した言葉、
何気に聞き逃すと、
心の叫びが捉えられなくなる。

心理学の世界では、
相手の気持ちを、
瞬時に察して、

今後の展開を組み立てるんですね!

今日は、その時に受講した、
九州カイロプラクティック同友会メンバーからの感想文をご紹介致します。


心身相関を受けて



馬場信年 先生

 この度、松木繁 先生の心身相関の講座を受講する機会がありました。

私にとっても心因性の疼痛や疲労は良く経験するところです。心の悩みも体の感覚として表現されていると捉え、筋機能の低下を指標に、その改善によって身も心も開放されることを目指してきました。今回のセミナーで、訴えられる言葉・語りの表現の分類と関連する器官・機能の具体性と多様性を示していただき、大きな刺激を受けました。あらためて基礎知識の不足を強く感じました。

 夏季合宿セミナーで自分自身の問題点と、臨床に向けての問題整理ができることを楽しみにしています。



進 和宏 先生

 松木先生の「心身相関」の御講義を受講させていただきました。各項目とても興味深く楽しく受講させていただきましたが、時間に限りがあり、もっと時間をかけてお聞きしたかった項目ばかりでした。

 特に私自身もっと深くお聞きしたかったのがキャリブレーション〟の所でCl(クライアント)との共体験感覚をもって心身の調整を図る、という先生のお話の内容の所でした。Clの心身の状態と治療者である自分の心身の状態を一致させながら、Clの反応を体験的に観察しClのペースに合わせて治療を行う。という事でしたが我々徒手療法家にとっても、とても興味深い大事なお話で、外側からだけの観察では無くて、Clの内側から発せられる反応の適切な対応が徒手療法における分野でもClの訴えの寛解にとても重要な事だと思います。


今回福岡で御講義頂けるという事で、是非ともClTh間のコミュニケーションにおけるキャリブレーション〟を技法的側面からもっと詳しくお聞きしたいです。

 


潤 昭治 先生

 先ず、心身相関のセミナーを受講しようと思ったきっかけは、セミナー概要の「対象者の身体にアプローチしていませんか? 人は肉の塊ではありません」という言葉を見たときです。日頃臨床ではクライアントの家庭や会社など心理的な社会背景も重要視しますが、治療に結び付く関係性をはたしてどこまで引き出せているのか、またそのタイミングはどうなのか、いろいろヒントを頂けるのではと思い、松木繁先生のセミナー参加に至りました。
 今回は短い時間ではありましたが、どれも興味深い内容で、特に『フラクタル』は今後の臨床に役立つと実感しました。フラクタルとは心身の反応や体験をクライアントの表現として多重的・多層的に受け止めるということです。身体の反応としては生理、解剖、薬学的レベルでの同時的で相似的な反応としてフラクタルに受け止める。心理社会的には、個人精神内界、家族関係、職場の問題と同時的で相似的な反応としてフラクタルに受け止める。

 いただいたCMI健康調査表も参考に、クライアントの多重的で多層的なメッセージを的確に掴み、治療上の重要なコミュニケーション・ツールとして活用するために、夏期合宿では更に深く学びたいと思います。

崎野 晃嘉 先生

 5月12日に大阪で、松木繁先生による心身相関身体の声と心の声を受講してきました。セミナーの始まりから最後まで松木先生の講義に聞き入ってしまい、あっという間の3時間でした。

 セミナーでは改めて問診の重要性を感じました。問診などCl(クライアント)から出てくる言葉。例えば「肩肘が張っている」と言う言葉では精神的に肩肘を張っている反応とパラレルに関係していること、また「噛み合わせがうまくいかない」と言う反応は(職場や学校での)人間関係において「(他者と話が)かみ合わない」など関連付けることが出来ます。またそのようなClが語る一言一言の表現の中に、循環器系の問題、骨格系の問題、皮膚や内蔵機能など問題と解決のヒントが沢山あることに気づかされました。

 セミナーの希望としては、自分の思っていることを具現化できず語ることが苦手なClの言葉を、どのようにくみ取って行けるかを学ぶことが出来ればと思います。




荒木 寛志 先生

 松木繁先生のセミナーは、心身相関という主題の他に「からだの声とこころの声」という副題でした。

 器官選択とその心理的意味の中での呼吸器系問題として、「息が詰まる」「風通しが悪い」といった患者さんの訴えは、「何かに行き詰っている」「人間関係における風通しの悪さ」「息苦しさの表出」と解釈され、皮膚系では「掻きむしる」=「怒り」、「熱い」=「熱いヤツ(情熱が強い)が苦手」、「掻くと気持ちいい」=「触れ合いなどの愛着障害」などといったように、心の叫びというか何らかの原因で表現できないことが、身体症状に現れるという心理的意味が隠されているのですね。問診時のちょっとした言葉の中に、患者さんの問題を解決する「重要なカギ」があるということを深く気づきました。

 臨床では中々解決しない症状を経験したことがあると思います。筋骨格系などといった身体の一部にアプローチしても、的外れで、患者さんを長く苦しめることになる可能性があります。問診と検査でその問題の8割を見抜けと言われておりますが、この合宿では、患者さんの苦しみを軽減・解消へとお手伝いができるように更に深く学べることを強く期待しております。


 


もう、定員が残り10名ほどになっております。
お申し込みはお早めにお願い致します!


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全203ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事