肩・肘・手・指

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 前のページ ]

肩関節ROMと第4中足骨

バンザイが痛くて完全に出来ない患者さんを例の肩関節の軸で観ていたら右第2肋骨の背面と出た。
仰臥位なので前方の第2肋骨にコンタクトしてから深呼吸してもらうと吸気障害だった。
 
そうこうしている内に患者さんが「右の胸に何かありますか?先日風邪をひいてから、そこがズキズキするんです」とのこと
説明してから右第2肋骨角を押してみると顔をしかめていた <(_ _)>
 
つかみはOKなので、軸を合わせて「くもり」を消す?
右第2肋骨角の圧痛と吸気障害はなくなった。
ん?でも右腋窩あたりに新たなくもりが観える〜。
 
他動で\(-o-)/させてテンションを追いかけると「右第4中足骨」で止まった!
すかさず、その右第4中足骨自体をリリース。
解放と同時に\(-o-)/が\(^o^)/となる。
 
これは胆経かラテラルラインに沿った緊張があったのかもしれません…
でもね…テンションを眼(実際は眼ではない)で追うと、そのような経路にこだわらず、色んなラインが出てくるんで決まってないんですよ。
 
そう言えば、今日来た左長短腓骨筋麻痺(筋力テスト:1+程度)の患者さんは望診で左第5中足骨底から始まって左下2番の歯根部にテンションが止まったわ!
 
観えた通りに左第5中足骨底をリリースしながら、そこから左下2番の歯根部もリリース。
 
治療後に足踏みと左片足立ちさせたら「あ〜安定した!」と喜んでいた。
このレベルの筋力だと筋力テストしても改善したかどうかは本人は分からんのですよ。
生活動作から自覚してもらう方が良いよね。
 
でも長短腓骨筋が歯に関係しているとお医者様に言ったらダメよ(大笑)
 
コツは「見る」「診る」ではなく「観る」です!
いつか時期が来たら書きますね(笑)
 
そう言えば、第1回のKOセミナーでも観方を教えましたが、皆ポカ〜ンだったり、笑ったりしていたな〜。
でも第4回目あたりから皆真剣に受講してくれていた。
何故か?→デモで全て当たっているし、施療後問題が解消されているから(笑)
 
そうですな〜、後3年あるから出来るようになる人が随分出て来ると思う。
 
異常となる部位が観るだけで分かるようになりたい人は信じて受講してね。
かと言ってKOセミナーの目的はこれではないのだけど…おまけですね。
 
注意;実際は異常を探そうとするのは宜しくないのだが…
 
今度のKOセミナーのテーマが「呼吸器・循環器」なので、その時にまた講義しようかな。
 
でも忘れるだろうな(笑)
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事