肩・肘・手・指

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
脊髄の障害は大変です。

私が経験した脊柱管狭窄症の本物。
左上下肢と左腰、左頸の痛み。
それと筋力低下。
 →変な歩き方です。

施療しますと、案外とスタスタ歩きます。
でも長持ちはしません<(_ _)>

頸部の手術を選択されました。
これで全ての症状が消失!

家族的に頸部の脊柱管が狭いそうで、
ご兄弟も同じ症状で手術されていました。

このように、麻痺が合併していると経過は宜しく無いですね。


症例 50代男性 (8816) 平成29年5月24日

昨日、
「小指が痛くて、指を伸ばすと小指が閉じません」と。

え!
この特徴のある指の形は「頸椎症性脊髄症」かも!と頭にめぐる。

イメージ 2

すぐさま、深部腱反射は?。
 →亢進jはありません。

なら10秒テストは?
 →25回出来ました。
 →20回以下なら陽性。

なら尺側手根屈筋の筋力は?
 →80%ぐらい。
 →2,3回続けて行うと、どんどんと弱化。


よく聴くと、
3週間前にチェ−ンソーで薪を切ったと。
その後からだそうでした<(_ _)>

あ〜、肘部管症候群ね!

そこで、
第3中手骨を把握して、
尺側手根屈筋の起始部の2点にラインを引く。
 →起始部は尺骨と上腕骨内側上顆にあります。


イメージ 3
図:不明<(_ _)>

加えて、
第4・5中手骨にある掌側と背側骨間筋をリリース。

これで小指の開きはなくなりました。

頸椎症性脊髄症の症状

イメージ 4




間違える指の変形

肘部管症候群:Wartenberg sign

イメージ 1
右肘部管症候群
a. 環指、小指の内転不能(Wartenberg sign)
b. 環指・小指の鷲手変形(MP 関節過伸展、PIP ・DIP 関節屈曲)

参照:沖縄県医師会


頸椎症性脊髄症:finger escape sign
脊髄症がある場合、指を閉じると小指が離れてつかないことがあり、これをfinger escape sign(小指離れ徴候)と言います。
重度になると環指や中指も離れると言われています。
図は上の「巧緻運動障害の症状」にあります。
でも肘部管症候群と、とても似ています。


頸椎症性脊髄症について:

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

簡単な方が良い

ブログ
1週間ぶりか…

引っ越しは色々と大変ですな〜( ̄0 ̄)

荷物は引っ越し業者に頼もうと3社に見積もりだしてもらったが、
0万円〜と。

「〜」!
「から」

だから辞めた!(笑)(笑)

友人に軽く頼んでみたら、
その場で「良いよー!」と!

その日のうちに2トン車レンタル予約!
ロープの結び方知らないのでYou‐Tubeで検索して保存( ̄0 ̄)

でも基本は同じですが、細かい所が人によって違いますね!
運送業者なんかは巻いた時のロープの上下を細かく説明してました。
 →これは覚えられない( 一一)

商店主みたいな親父さんは簡単!
 →それにしました!( ̄^ ̄)

施療も簡単に出来れば委員ですけどね〜


症例:中学生男子 剣道部(8909)平成28年7月5日初診
主訴:腰痛
現病歴:昨日階段を左足で踏み外した後に左腰痛。
所見:前屈が脛1/2まで。
 仰臥位で股関節90度屈曲して内旋すると左腰痛。

施療
仰臥位で大腿骨を寛骨臼に合わせる。
 →前屈少しましになるだけ。
大脳鎌(鶏冠)
 →大脳鎌の抵抗のある点と後頭下中央を結び、サザーランド支点と三角形を作る。

これで手は床に着きました。

7月12日再診
今度は右手関節が痛むという。
神経学の分厚い本をすくうように持ち上げてもらうと痛みます。
検査では豆状骨が内側へ変位してました。

観る( 一一)
小指外転筋に抵抗あり。
 →カウンター
 →豆状骨変位なし。
 →本の持ち上げはもう少し痛む。

観る( 一一)
前腕の屈筋群に抵抗あり。
皮膚を擦過する
 →本持てる。

※皮膚の擦過は筋の走行に平行ではなく垂直です!
以前書いた「羽衣タッチ」とは真逆ですね。
これはまたいつかセミナーで。

翌日、母親が来院。
母「先生、息子はもうどうもありません。
 その息子があの先生は何者か?と言っていました」と。

これ自慢話のブログになってしまってますね( 一一)



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

5月29日の埼玉PTセミナーでは「頸椎・胸椎・肋骨」を講義します。
資料を作っていて思いつきました!

単なる局部のセミナーは、いたる所でやっていると思うので、
違った捉え方で観る方法をやろうかと思案中〜

例えば、最近の例。
「胸椎と肋骨」の絡みでの治験。
全員野球部で、ボールを投げると肩や肘が痛むケース。

ボールが無いのでタオルを持たせて投球フォームをやってもらいます。
これで痛みの程度を認識してもらう。


A君:座位で体幹の右回旋と左側屈の可動性低下。(8869)
そのROMの抵抗のある点を見つけると、
右第2頸椎関節突起と右プテリオンで止まる。
 →第2頸椎は右回旋不良と右蝶形骨のロック。

まず蝶形後頭底の解放。
第2頸椎を右回旋で抵抗のある部位から更に観ると、
右胸鎖関節で止まる。

右鎖骨の内端に骨内病変がある。
タッチすると、指に高速な微振動が伝わる。
 →初めての経験だった。

施療後、
体幹の右回旋と左側屈の可動性改善。
タオルでの投球では50%の速さで右肘が痛んでいたが消失。


B君:座位で体幹の左回旋と左側屈の可動性低下。(8858)
塁間の距離を投げると右肘に違和感あり。
それ以上の距離を投げると痛みが出る。
左上後鋸筋と左下後鋸筋をタッチ。
 →体幹の左回旋と左側屈の可動性改善。

右棘下筋の筋力テストで疼痛あり。
右第5肋骨吸気障害。
 →タッチ。
右烏口腕筋カウンター。
 →右棘下筋の筋力テストは疼痛消失。


C君:座位での体幹右回旋の可動性低下。(8859)
抵抗のラインを観ると右ASISで止まる。
 →ASISが前方から後方へロック状態。
更にASISからの抵抗のラインが右膝外側で止まる。

膝に問題はなかったか?と問うと、
「あった」という( ̄O ̄)

右膝にタッチ。
右ASIS前方から後方へロック解除。
体幹右回旋の可動性解消。
タオルでの投球が70%の速さで疼痛があったが、消失。


D君:座位での体幹左回旋の可動性低下。(8695)
右肘を伸展させると、肘の内側が痛む。
抵抗ラインは左胸鎖関節で止まる。
 →筋エネルギー・テクニック。

体幹左回旋の可動性低下解消。
右肘伸展痛消失。

考えてみれば当然の事なんですが、
痛めた「肩関節」「肘関節」だけを施療しても厳しいと思います。

痛めた原因はそこにはありません。
しなやかな体幹。

それがなければ当然のごとく、四肢は壊れます。

書いてはいませんが、
上記のケース全員に「脚・足」の問題はありました。

何をもって野球肘とか野球肩とか言うのだろうか?

あ、呼吸筋である
上後鋸筋と下後鋸筋は大事ですのでm(_ _)m


イメージ 1

図:ネッター
良い本です。買いましょう。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ゴールデン・ウィーク…

去年の予定ではクラシカルセミナーに参加予定だったのだが…
去年末に研究所の移転の計画が舞い降り…
不参加に m(_ _)m

移転先は現在の駅前の一等地から三等地へ( ̄O ̄)
最寄りの無人駅から歩いて10分。
車じゃないと来れんねm(_ _)m

この連休は度々、移転先へ出向く。
リフォームや引っ越しの為に後片付けなど…

最初の銀行の担当者が、ローンを35年で組んでいた(笑)
支払完了は90才になりますけど(¬_¬)

その後担当者が移動となって、次の担当者を連れて来た。
名刺交換して、「用事があるのを忘れていました」と直ぐに帰った( ̄O ̄)

数日して「担当者が変わりました」と連絡 (¬_¬)
ということで担当者は3人目(笑)

結局融資は下りたが…25年ローンに ( ̄O ̄)
私…80才まで掛かりますけど…
生きてますか〜((ΦωΦ))


久々に症例報告。
最近はバスケ部よりも野球部が多いです。

従って、
膝関節、足関節のトラブルよりも、
肩関節へと移行。

足関節と膝関節は散々やってきたので、
だまされずに、色々と観れるようになりました。

去年ぐらいから「肩関節問題」の患者さんが続きました。
「これは試練」と感じて、色々と研究中〜

症例:高校生 男子 野球部 (8867) 初診28年5月4日
主訴右肩関節痛
現病歴:5日前の試合後の翌朝、右肩関節に痛みを感じる。
初見:他動での右肩関節外転は120度。
 90度外転位からの肩関節内旋は30度ぐらい。
 タオルを持って、ゆっくり投球させると肩関節後方が痛む。

施療
まず、右肩関節の他動外転のロックがどこで制限を受けているか?
抵抗のラインで観ると、左腸脛靱帯でした。
その腸脛靱帯を頭方から足方へ擦ると、ROMが160度ぐらいに挙がります。

内旋の抵抗を観ると、左眼にありました。
瞼を軽くタッピングすると、
内旋は70度ぐらいになりました。

両側の大腿筋膜張筋の筋力は75%ほど。
S状結腸と盲部で正常になりました。

しかし、気になったのが…
回盲弁

開いているので閉じるリコイルを行います。
ん?
あれ?

3回ほどリコイルしても、
良い具合に閉じません。

回盲弁をリコイルの方向に保持して、
抵抗のラインを観る。

あら!
右内踝で止まります。

私「右足関節を痛めた事は無い?」
患「…ないです」
私「じゃあ、しゃがんで右足に体重を掛けてみて」
患「右足関節痛いです」
私「そうだろ。おかしいもん」
患「前から少し痛かったです」

は?
やっぱり、痛めていたじゃん(¬_¬)

そこで、
脛骨両端から軸を通して、内踝の圧の高まりを消す。
回盲弁をリコイルすると、
イメージ通りに弁が閉じました\(^o^)/

私「問診表には大便が普通とあるけど、固かったり、柔らかったり…ない?」
患「柔いです!」

またか(¬_¬)

私「甘い物とか食べたり飲んだりしない?」
患「炭酸ジュースを良く飲みます」
私「それ、最近飲みだしたろう?」
患「はい」

タオルを持って、ゆっくり投球させても痛みなし。


その後に、棘状筋と肩甲下筋の修正。
タオルを持って、50%ぐらいの速さで投球させると、
肩関節後方ではなくて前方が痛む。

肩峰下の三角筋起始部に圧痛。
右第3中手骨からラインを通すす。
 →圧痛消失。

考察
まだ1回しか観ていないので、何とも言えませんが、
両側の大腿筋膜張筋の弱化では、投球フォームは安定しないと思います。

その状態で投げていると肩関節には無理な負荷が掛かって行きます。
結果、痛みが出てきます。

膝関節問題の患者さんを数多く観て来て、感じた事と似ています。
痛めるには原因がそこにある事は少ないのです。

負荷が掛かって犠牲になった結果だと思います。
なら、その原因を見つけて施療した方が良いと思います。

何事も、術者の自己中的な施療ではなく、
患者さんの身体に「聴いて、観て」
お互いが納得する施療内容を心がけています。

ある意味、
認知療法的な要素はとても必要だと思っています。

回盲弁に関する記事は、
「回盲弁 フィニッシュ カイロプラクティック研究所」で検索すると出てきます。
ご参照ください。

イメージ 1

図:プロメテウス
良い本です。買いましょう。







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日、静岡の木○先生から、
「階段の上でタバコ吸っているの荒木先生ではありませんか?」と。
 


如何にもワイだな ( ̄O ̄)

グーグルのストリートビューの場合、
顔が写ると暈が入っているのだが…
私の場合は…無視か(笑)


顔は色々な表情が出てくる所。

表情と言っても心の中の感情だけでなく、
身体の圧が溜まる所でもあるように思えます。

要は、
心身の状態が出るところですね。

最近、顔面骨の中でも、
「上顎骨」に施療ポイントがあるケースが多くなりました。


症例:高校生男子 野球部 (8858) 初診平成28年4月19日
主訴:右肩痛
現病歴:2週間前の試合の前にボールを投げたら右肩が痛み出す。
初見:右肩他動外転90度、内旋30度。結滞動作の痛い。
 タオルと持たせて投球させると、軽くやらせても痛む。

施療
右踵。
右腓骨軸通す。
 →右脚長軸圧迫の抵抗が消失。
右小菱形骨から圧痛のある三角筋へラインを通す。
 →圧痛消失。

頭蓋を観る。
 →右上顎骨に中から外へ圧が通らない。

私「この場所には虫歯か何かある?」
母「あ、小学生の頃から噛み合わせが悪いので今度矯正歯科へ行くつもりでした」

口の開閉でクリック。
右奥歯が早期接触。
右上顎顎骨にタッチすると右三角筋部の圧痛が消失します。

右上顎骨の圧を通す。
顔から頸までリンパ液を流す。
 →クリックと早期接触が消失しました。

タオルを持って投球させると50%でも痛み無。

2回目(3日後)
50%の投球OK。
右肩他動外転90度のまま。

私「ここ(尺骨)は打撲した事ない?」
患「去年の秋にボールが当たりました」

右尺骨のj屈筋を通す。
右肩他動外転は耳まで付く。

硬膜静脈洞
蝶形後頭底
上顎骨

タオルを持って投球させると70%でも痛み無。

3日目(3日後)
タオルを持って投球させると70%でも痛み無。
塁間の距離は痛む。
右三角筋起始部にしこりと共に強い圧痛。
両眼が右上注視でOリング弱化。
右眼は左視野が顔面の前で流れが止まっている。
 →空中を調整。

私「右肩の痛い所を触ってみて」
患「ん?ん?…あ!無いです」

考察
まだ完全には取れてはいませんが、
過去の打撲や顔面・頭蓋は観た方が良いですね。

打撲などの息が止まるぐらいの痛みは、
息が止まるので横隔膜だけではなく、
顔を「しかめる」ために口周りのロックも起きると思います。

昔務めていた内科の院長が、
院長「荒木君、年を取るごとに何が弱くなるか知っているか?」
私「いいえ、分かりません」
院「それは、最初に壊れるのが歯、2番目が眼、そして3番目がマ○という訳」
私「うーー、なるほど!」

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事