肩・肘・手・指

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
9月21日に行われるPAACさんのセミナー。

只今、資料作りに追われています。
時間が余ったらどうしましょう?と悩んだり( ̄^ ̄)

講義内容は「3軸ライン調整法」なのに…
昨日は眼球運動まで入れました( ̄O ̄)

あ、「イメージ力」があったので良いか!

今、講義時間を確認したら、
…5時間だった Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

余るどころか、
足らない(笑)

私の講義は実技が主なので、
とても時間が足らないですわ(≧д≦)

ん!
9月…
台風は来んじゃろうね(¬_¬)

まあ、全部出来なくても、
眼球運動の資料内容はサービスということでm(_ _)m

最近、
肩関節問題で来院される方が多いです。

肩関節周囲の、
筋肉
靱帯
関節包
皮膚

色々な組織にアプローチして、
可動性を引き上げたりします。

でも、
中々改善されない…現実(笑)

昨日の中学生(8159)
来年は野球の「S特待」で高校進学が決まっています。

S特待。
スーパー特待ということか?

この子は小学5年生から来院しています。
ピッチャーでして、

何か故障すると来院してくれてました。
今は既に試合もなく、OFF。

メンテで来てくれてますm(_ _)m
昨日も「特に何もない」とのこと。

施療前に行う「望診」
3mぐらい前に立たせて背部を観ます。

ん?
右肩がおかしいよ(¬_¬)

他動外転してみると、
120度ぐらいでロック。

そのテンションを観ると、
右肩鎖関節に止まります。
 →抵抗のライン。

肩峰が足方にある感じです。

仰臥位で両肩峰にタッチして、
抵抗が無くなるのを待ちます。

片方だけでなく、
左右のバランスで観ます。

これで外転動作も正常となりましたm(_ _)m

この鎖骨との絡みは、普通によくありますね。


次に観て欲しいのは、
「頸周りの筋膜と腱膜」

元来、肩関節の動きは、
肩関節だけで動きません。

ある意味、全身の柔軟性が必要です。
これは全体を包む「皮膚」を観れば想像が付きます。

そこまで行かなくても、
皮膚の下にある「筋膜と腱膜」

イメージ 1



図:プロメテウス
良い本です。買いましょう。

このように筋肉の周りに着く「膜」。
これが大事。

ソーゼージを包んでいるビニールみたいなものと似ていますね。
これらの滑りが悪くなると、動きに支障が出ます。

でも、ここのリリースは痛いですm(_ _)m
 →腕を色々な方向に上手く動かして行う事で、痛みも少なくなります。

これも、昨日の患者さん
30代 女性 (8681)

2ヶ月前に、右肩関節痛で来院。
8ヵ月前からある痛みです。

当時は夜間痛もありましたが、
1回の施療で夜間痛は消失(^o^)/

でもズボンを挙げたり、
車のハンドルを切るときに痛みが出ます。

毎回、施療後は痛みは消失しますが、
でも2ヶ月経っても、まだ消えませんm(_ _)m

昨日は、中頸腱膜を触りました。
ペンシルの芯ぐらいのスジがありました!
圧痛著明!

痛くないように、腕を色々と動かしながら、
鎖骨との間の隙間を作ります。

施療後はどんなに動かしても痛くありません。
でもね、2か月間このパターンなのですよ(¬_¬)

再び、中頸腱膜を触ると、
圧痛著明 Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

これは、また出るね〜(¬_¬)

そこで「痛みのライン」検索〜

中頸腱膜に軽くタッチして、
ラインを追います。

右足に下がって、
また上がって、
右上顎付近で止まります。

頬骨と上顎骨のリリース。
でもまだ圧痛あります(≧д≦)


再度、丁寧にラインを追います。
すると右眼で止まりました!

右眼からの出力エネルギーが低下していました。

座らせて、右眼と後頭骨をホールド。
これで中頸腱膜のスジも消え、圧痛も消失\(^o^)/

眼だったか!


今日のお勉強〜

筋膜・腱膜

昨日、ラジオで面白い話をしてました。
身体で最初に動く所は…

「肩甲骨」とのこと。

どんな動作を言っているのか分かりませんが、
肩甲骨は発生学上、腕の元。

そこから上腕骨が生えてきます。

そして、ラジオの話は、
ファッションブランドの「ココ・シャネル」に進みます。

彼女は当時、コルセットを装着しているようなドレスの、
動きがとても窮屈である所に眼を付け、

肩甲骨(上部胸郭)周辺にゆとりのある物を作ったことで有名になりました。


肩を回す時に意識してみましょう。
腕だけを回す動作。
肩甲骨から回す動作。

どちらが軽いか。

肩甲骨が上手く変わらないと、
ピッチャーは肘を壊すと思います。


イメージ 3


図:生命形態学序説
良い本です。買いましょう。


イメージ 2


図:ネッター
良い本です。買いましょう。

このように、筋膜(腱膜)は胸と肩甲骨部周辺の筋肉と結ばれています!
従って1つの筋膜でも固着が起こると、上肢の動きは制限されてしまうのです。















開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

おおー、ベッピンさん!

モデルなのですが。
この方のもう1つの職業は?

答えは最後に(笑)

イメージ 1



夏はスポーツの試合が多いですね。

先日も書きましたが、
肘の内側部が痛む「野球肘」

現在2人中学生が来ていますが、
2人とも小学生の頃に、
上腕骨内側顆や肘頭を骨折しています。

成長期に酷使するとそうなるケースもあるんですね。


症例:高校生 男子 (8695) 初診平成27年7月4日
主訴:投球で右肘が痛む。
現病歴:3か月前に2試合続投して最後の打者の時に右肘から「バキッ」と音がした。
 現在50%ぐらいでしか投げれない。
所見:右肘内側部に圧痛。
 右尺側手根屈筋と円回内筋の筋力テストで疼痛。
 右前鋸筋80%。
 特に中指の伸展で前腕屈筋部に疼痛。
 右肘伸展の制限有。
既往歴:小学5年の時に上腕骨内側顆の剥離骨折。

施療:
投球フォームでチェックすると、
左足荷重時にOリング弱化。
 →左大殿筋カウンターでOK。
右前鋸筋カウンターで右肘内側部に圧痛消失。
心臓軸の調整。

右伸展の制限を抵抗のラインで観ると、
右棘上筋で止まる。
 →右棘上筋カウンター
 →肘伸展制限消失。

4回目(12日後)
70〜80%で投げれる。
右中指の伸展が少し抵抗有。

左足軸調整とタラちゃん。
右大胸筋鎖骨部のカウンター
 →右中指の伸展の抵抗消失。

5回目(7日後)
雨で筋トレが多く、痛くて早い球を投げれなかった。
右中指伸展で疼痛。
右前鋸筋筋力80%

座位で骨盤調整。
右前鋸筋筋力テスト正常。

それでもまだ中指の伸展制限があります。
伸展させて抵抗のラインを観ますと、
右咬筋!
圧痛あり。
 →本人は自覚はありませんでした。

咬筋にタッチして3D調整。
 →中指グニャー(笑)

考察
力むと食いしばります。
筋トレで悪化したのも頷けます。

元来2日間連投というケース。
プロの選手は金田さん以外はやりません(笑)

甲子園でも準決や決勝で終盤壊れる。
スカウトされてプロに。

でも既に壊れているので、
2軍で調整。
契約金も治療代に消え、

芽が出るのは一握り。

この子は監督の指示の元、
指定の整骨院へ3か月通院して、
まったく変化が観られず、
紹介でここへ。

しかし、
これで寛解するかどうかは分かりません。

一度壊れると、
とても厄介です。

上手になるには
適切なケアが必要と思います。

さて、
冒頭の女性〜

これがもう1つの職業。

イメージ 2


なんと!
F1レーサー





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

次第に、
先日の筋○セミナーのコツを掴めているのか、
反応が良くなってきました!

しかし、最低でも
肘、手、指が上手く曲げれないといけんな〜( ̄O ̄)
後、膝の付き方なんかもあるみたいな〜

要は、姿勢。

術者の姿勢と患者さんの姿勢。

ハーモニ〜

まだ上手く行かないから、
患者さんに棒を持たせているけど(笑)

術者の身体は、
解剖書にある身体イメージではダメか?

それは患者さんも同じこと。

私の性癖…
あ、また(¬_¬)

それではなく、
観る癖。

観ただけで反応する身体。
だから凝視は怖い。

脳内を観る。
頭痛発生〜

壊しとるがな(≧д≦)

だから、
昨日から患者さんの観方を増やしましたm(_ _)m

身体から出るライン。
中心から四方八方へ広がるはずのライン。

観ると、
凸凹しとる。

ほー
これは宜しいな〜
おかしな所が大体分かる感じ。

昨日の新患さん。
頭部側から身体を観ると、
どうも子宮あたりからのラインに元気がない。

そこか〜(´∀`)♪
と観ていたら、

左耳が横に引かれる ( ̄[] ̄;)!ホエー!!

な、何だ!?
この耳を引かれる初めての感じは!


ガイド「そこは…やるな」
私「へ?何かやばいんですか?」
ガイド「そうだ…○だ」

((ΦωΦ))

観方を変えると、
また教えてもらえますm(_ _)m


症例:13歳 男子 野球部(8159) 平成27年6月24日(再診)
主訴:右肘痛
現病歴:小学生の頃から時々痛む。
 今回も5月19日からボールを投げると痛みだし、6月2日に消退している。
 
既往歴:小学5年生の時に上腕骨内側顆か肘頭の骨折。
所見:右肘頭内側部に圧痛。
 完全伸展が出来ない。

施療
右内側側副靱帯のリリース。
右上腕三頭筋のリリース。

2回目(3日後)
X線で過去の骨折が原因か?と。
X線をスマホで取った画像を観せてもらうと、2ヵ所折れてますm(_ _)m
今回別に1ヵ所折れたのだろうか?

しかし、前回施療後から現在は、
全力で投げると肘の内側部が痛い程度になっている。

肘頭の骨内病変へタッチ。

更に尺骨を観ると、
近位へ1/3と1/4の部位に骨内病変あり。
その部位の固着を溶かす。
 →3Dラインですm(_ _)m

患「うおー、肘が伸びた!」
私「ん?何々?」
患「左腕と長さが同じになった!」

彼は両腕を前に伸ばして長さを観ていました。

ほう〜( ̄O ̄)
肘関節だけでなく、
尺骨の骨内病変でも伸展制限が出るのね。
 →これは当然。

5回目(8日後)
3回登板できた。
右前腕屈筋群に圧痛。
第23指の伸展制限あり。

長掌筋のリリース。
 →第23指の伸展制限消失。
 →ボールをリリースするのに大事な指です。
 →長掌筋は観ましょう!

右大胸筋鎖骨部と棘上筋にタッチ。
 →肩関節90度外転からの内旋制限が殆ど消失。

棒を右肩にチョンと当てるm(_ _)m

6回目(5日後)
前回翌日(7月5日)に登板。
 →勝利。

雨で1日空いて、
2日後(7月7日)に準決勝に登板。
 →勝利。

続く決勝に登板。
 →5回から手に力が入らなくなる。
 →負け。

母親に聞くと、
「準決勝は今までの中で最高に良かった」と。

連投ですもんね〜

座位で骨盤、腰椎、右肩甲骨の調整。
タラちゃん

心膜と横隔膜。
右外腹斜筋タッチ。

左手に○を持たせて、
右肘関節をピーッと伸ばす。

私「どう?」
患「腕が軽くなった!」

考察
先週、監督からは「最後の試合に出ないと後悔するぞ!」と。
投げれて良かったのですが…
何故1人に連投?

エースなのですが、
先週まで5球位しか全力で投げれなかった状態でしたのに、
決勝まで連投はキツイよな〜

これからも試合はあるとの事ですが、
もう投げずに休息するとの事でした。

が、しかし、
ある事情で休めない!

近々相撲の試合があるらしい。
学校からその試合に出るように要請されたと!

母曰く、
「この子は中学校で一番力が強いんです」と。

私「相撲に出るのか?」
患「はい、相手は190㎏とか200㎏のがいます」
私「200㎏!? 中学生でか?」
患「はい、います」

この子は相撲はしたことありません。

高校へ野球での特待が決まっています。
もし、200㎏が肘に乗りかかったら…

学校は、
子供の事をどう考えているのか?

使い放題か?
何かあったら後の責任は誰が取るのか?

肘の後遺症。
特待取り消し。

その子の未来…

どうするの?

「猫だまし」で横に回るしかないかな?

イメージ 1


イメージ 2


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

週末が中体連。

1〜2ヶ月前から、
午後8時以降からの部活を終えた、
中学生の患者さんが多い。

この試合がラスト。
本人も
ご両親も
気が気ではない。

一生懸命に練習。
監督から罵倒され…
練習、練習。

しかし実らない現実。

何故?

身体のトラブルを知らない。

痛みがあると、
それは問題が生じたと理解できる。

それから、
休んだり、
施療したり、

問題解消に取り組む。
これは大方のケース。

しかし、
いつも行っている練習で突然痛み出す。

疲労の蓄積。
内臓のトラブル。
心理的要素。

色々あると思います。

その原因を探すのが我々の仕事。
本人は何が原因か気づいていない訳で、
当然、施療内容はいかがわしい(¬_¬)


症例:14歳 男子学生 野球部 (8614) 平成27年7月1日再診
主訴:投球で右肩の痛み。
現病歴:5日前に練習中に発症。

所見と施療
ここから実況中継〜

座位で肩関節を触る。
異常を感じない。

そこで肩周りをイメージ検索(笑)
右前鋸筋がおかしい(¬_¬)

投球フォームで痛みが出る瞬間の姿位で保持させる。
その姿位から観る(笑)

肩から痛みのラインを追う。
右肩からグルグル回って、
左大腿直筋で停止( ̄^ ̄)

私「あ〜ここか!」
患「…?」

この姿位で右前鋸筋筋力テスト。
筋力は80%です。

座らせて、
左大腿直筋を触診。

ボールペンぐらいの硬結があり、
圧痛著明。

タッチで溶かす。
→投球フォームでの右前鋸筋筋力テスト正常。

次に、
他に悩んでいる事はないかを聞く。

私「打つ方はどうなの?」
母「打てないです」
患「(笑)」

眼を観ると、
右眼からエネルギー停滞。

立たせて、
打席で構えた姿勢で筋力テスト。

ピッチャーが投げたボールの位置でOリング検査。
 →これは眼がボールを把握する位置の検査。
 →次の3つをイメージさせます(眼は閉じません)

①ピッチャーマウンドの距離。
②マウンドと打席との中間の距離。
③バットを振る時の距離。

②③で弱化します。

バットを振るタイミングは、
変化球もあるので、
中間の距離あたりから振り出さないと
当たりません。
 →これはテレビで観た内容なのでm(_ _)m

これでは打てないですね( ̄O ̄)

仰臥位で右眼にエネルギー注入〜
 →角膜からの入力が少ないです。

施療後に同じ②③で筋力テスト正常。

考察
果たしてどうなったかは分かりませんが、
何らかの効果は出ていると思います。

投球フォームで肩が痛い。
これはよく騙されます。

確かに右肩の筋群が損傷している事もありますが、
それは二次的。

腕だけで投げる事になった原因を探します。
だからその投球フォームで観ます。

左足に荷重が掛かった時に右前鋸筋が弱化。
これでは右肩に疲労が蓄積します。

結果、「右肩が痛い」

主訴はあくまでも主訴。
施療は別。

右眼と左眼との認識の差。
これは非常に多いです。
視力とは違います。

左右の眼が捉える標的が、
左右の眼で同じに観えていない。

これでは打てません。

今日のお勉強〜

症状を表す7つの特徴〜
ベイツ診察法より
良い本です。買いましょう。

部位:どのあたりですか?それは広がっていますか?
性質:どのような感じですか?
量や重症度:どのくらいですか?(痛みであれば10段階のスケールを用いる)
時期:いつから始まりましたか?どれくらい続きますか?どれくらいの頻度で起こりますか?
状況:環境因子、個人的行動、情緒的反応、疾患に影響を与えた他の因子。
寛解因子、憎悪因子:症状を軽くするもの、あるいは悪くするものはありますか?
関連症状:何か一緒に起こる症状はありますか?









開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

脳内リセット ♪

昨日も1回しか脳リセットしていない人が、
患「先生!もう甘い物食べなくなりました」
私「ん?我慢しているの?」
患「いいえ、欲しくないんです。買わなくなりました」

1回で効く人がチラホラ出てきました!

仕事のストレスで、
ついつい「甘い物」に手が〜

段々とその行為が脳システムに作られる。

良くある話です m(_ _)m

私が推奨するのは、
我慢するダイエットではなく、
身体には必要としない感覚を、
取り戻すもの。

良し悪しを判断出来る脳。

だから、
欲しくなくなります (^o^)/

我慢は時には必要ですが、
それがストレスになると本末転倒 Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


外見が痩せる
という効果は副産物。

腸内美人になってほしいだけ。

一気に痩せて行く人
次第に痩せて行く人
あまり変わらない人
全然変わらない人

色々おられますm(_ _)m

食事の満腹度も早めに来る人
変わらない人。

色々おられます。

良く聴くと、
作ったものを残す事に抵抗があるらしい。

確かに、
自分が作った食事を残すのは、
気分的に辛いですね。

食べる仕草には、
「手」があります(笑)

この手が食べ物を掴まないさえすれば…


症例:60代 女性 主婦 (5884) 平成27年5月25日再診
主訴:右第2〜4指を反ると痛い。右膝の内側が痛い。
現病歴:次第と(笑)

所見:第2〜4指のMP関節から背屈すると痛い。
 →三角骨と橈尺関節遠位の可動不良。
 膝は斜膝蓋靱帯、半腱様筋、膝窩筋の緊張。

施療
斜膝蓋靱帯、半腱様筋、膝窩筋のリリース。
 →しゃがめる
三角骨と橈尺関節遠位のリリース。
 →反れる

2回目(5日後)
膝は消失。
指は第2指はOK。3・4指のみとなっていた。

第3・4指を伸展(背屈)させる。
 →ラインが右腸脛靱帯で止まる!

むは〜!
そこかい Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

当然、腸脛靱帯には圧痛があります。
靱帯にタッチして指を反らせると、
痛くない ( ̄O ̄)

腸脛靱帯リリース

そこで、
私「甘い物食べ過ぎていません?」
患「(笑) ええ、ストレスで…ついつい」
私「大便が細くなってません?」
患「あ、そういえば最近細いです」

回盲弁リリース。

甘い物イメージで、
脳内リセット♪

その間、
次第に甘い物のイメージが出来なくなりました。

この様にイメージが、
薄くなるか、
無くなるか、
すると効きが良いようですm(_ _)m

考察
指の第2指は「陽明大腸経」
指の第4指は「少陽三焦経」
 →これらは手の三陽経脈

そして腸腰靱帯の経絡は
三焦経と同じ陽経で、
「足の少陽胆径」

ごり押し付けの考察ですが、
これで繋がりますかね?

ストレスで甘い物
リーキーガット症候群

すると小腸の開閉が壊れる。
回盲弁症候群

すると毒物が腸内に蔓延して、
それを希釈するために関節に水分を溜める。

大抵は手根管に多いのですが、
 →手根管症候群となります。

この方はMP関節に来たんですかね?

この様に、
原因不明と思われる関節の痛み。

大抵は内臓
それも腸に多いように感じます。

腸=セカンドブレイン

第2の脳と言われる「腸」

関節を施療しても痛みは減少するでしょう。
消失することもあるでしょう。

でもまた、暫くしたら、
「どこそこの関節が痛い」となるかも。

問題解決になっているのかな?


そのような光景を長年観てきましたので、
脳内リセット。







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事