MEGASSA!!

盤石と思っていたヤフブロも閉鎖か・・・。ブログはもうオワコンなのか?

全体表示

[ リスト ]

シゴフミ 3

第3話 「トモダチ」






うーむ、一気に重くなってきましたね。
ストーリーは哲学の領域に入ってきたか!? 今回は「死とは何か」というお題でした。
ま、タイトルの「シゴフミ」からして死に関係あるのですが、
ここまで正面から取り組まれると笑って見られないですね(汗)
結局、前回までのキャラはもうおしまい。数話で完結みたいです。

冒頭の配達シーン。
男のもらったシゴフミは、おろした子どもからのものだったんでしょうね。
血の手形が生々しい・・・。

今回は「せんちゃん」の自殺について。
前日まで普通に過ごしていた、「死」について深く考えそうもない少年。
でも突然自殺。
クラスメイトの動揺っぷりがリアルでした。校長たちの慌てっぷりもね。
案外落ち着いているのは小竹・野島たち。
どんな人が友達と言えるかの境界線は難しいですね。
そしてどんなに親しい友達でも、そいつの本当の気持ちは分からない。
これは家族内でも言えることですね。

「人間は壊れてる。こんなにエラーの多い生き物は人間だけ」のセリフは的を射てる。
どんどん人の心が崩壊している気がする。

親父もとち狂って学校を襲う。
結果としては家庭にも学校にも問題はなかった。
フミカが届けたシゴフミによると、「ただ何となく」。
なんじゃそりゃ。
確かに、ここから飛び降りたら自分の生命は絶たれる・・・と思うことはあるけど、
そこで本当にやっちゃったら人間としておかしい。
冷静に考える頭脳を持っているのだから。
せんちゃんは気付かないうちに精神的に何か負っていたのかもしれん。

野島によると、フミカの生前はミカワという名だったみたい。
てか、早くもフミカの過去が明らかにされるの?
流れからいったらこういうのは最後だろ?
崎が読めんが、せんちゃんの死についてはこれでおしまいみたい。





イメージ 1
フミカつえぇ〜(((( ;゚д゚)))アワワワワ
カナカのリアクションだけが、唯一笑えるところか。



イメージ 2
この愛用の銃の由来も知りたいね。



イメージ 3
フミカの過去が明らかに!? どうやらこのことに関してはカナカも知らなかったみたいですね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(23)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事