MEGASSA!!

盤石と思っていたヤフブロも閉鎖か・・・。ブログはもうオワコンなのか?

全体表示

[ リスト ]

第7話 「ほんとのお願い」

家出中のあなるは秘密基地にて逃亡生活中。
意外と可愛い物好きなんですね。
じんたんはあなるの前でカッコいいとこ見せます。

めんまの件に関しては、あなるはもう忘れたいみたいですね。
まあ「もういない子ばっかり見てないで私を見てっ」って感じでしょうね。
ぽっぽはお決まりのタイミングでお邪魔。はいご馳走様(笑)

さて、めんまの生前の日記が大公開。
すごい字だな、究極の丸文字というか…。
でも中身の文章はまさに小学生。
小学生と考えると、この字は上手い方なのかも。
じんたんのママは病気だったのですね、めんまより先に他界したのかな?

しかし家に帰るとそのめんまがいるってのも、何とも複雑ですね。
なぜじんたんにだけ見えるのかは、最後に明らかになるのでしょうか?
彼はまだ登校つづけるつもりらしいですが。

めんまの希望を叶えるために花火をしたい模様。
そういや子供の頃って、高校生がすごく大人に見えたよな、
実際はまだまだ子どもなんですが。
この年になると余計に高校生が子どもに見えます(笑)

話してるうちに昔の記憶がよみがえってきます。
じんたん抜きで計画されてたこととは?

パパ経由で花火師に頼みますが、なんと20万。
さすがにいない子のためにそこまで払うことはできないなあ。
そこまでめんまはカリスマ性があったのか。
バイトで稼ぐということで、じんたんはあなるの働くレンタルビデオ店へ。
てか、最近のあなるはデレっぱなしですね。

秀才二人組は試験でそれどころではないようです。
あなるのとこに行っためんま、花火の話を聞いてしまいます。
これは波乱の予感。
じんたんは同時に夜間工事のバイトも。
いやいや引きこもりがいきなり社会デビューは無理でしょう。

前金払っても花火師さんは浮かない顔。
役員が反対しているということですが、その役員というのがめんま母。
意外な伏兵です。
実はけっこう恨んでいる?
来週は黒い展開が見られるかもです。





ポチっと応援お願いします。↓
にほんブログ村
TREview
blogram


開く トラックバック(29)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事