MEGASSA!!

最近は月一の更新になってきてますね・・・。すみません。

全体表示

[ リスト ]

TARI TARI 5

うん、やっぱこの作品は素晴らしい。
アニメは作画だけではないよね、脚本も大事!! と改めて思わせてくれる回でした。

もちろん作画も半端無くて、相変わらずの神背景だったり、
バド大会での謎のヌルヌルダンスだったり(笑)、
P.Aならではのクオリティが随所で光ってました。

でもメインの話は和奏の背景。
母親がいないのは知られていましたが、今回の話でそのいきさつ、
そして現在なぜ歌ってないのか、などが明らかに。
ドラマちっくな王道展開でしたが、やはり家族の死というものは見てて辛いです。
完全にお涙頂戴ですね、歌はあんまり関係なかった。

母親に関する自分の失敗・トラウマを消すためか、思い出の品を全部処分。
って、ピアノの処分は大変だろうに、えらくあっさり捨てたもんだ。
中古買取でも一応値はつくんじゃないの?

さらに手作りのマスコットまで・・・。
もうここまで来たらやけくそというか、自虐に走ってるような気もします。
危篤通知が面接中とか、タイミング悪すぎ。
そして葬式の時に合格通知・・・。泣けるね。これは喜べない。

まあここまでの悲惨な境遇を味わったのが数年前だったら、まだ引きずってても仕方ない。
しかも母親に冷たく接してしまったという自責の念もあるし・・・。

このままでは和奏の「ぼっちキャラ」が確定してしまいそうですが、(EDでもまだ距離変わらず)
もうそろそろ変化しないと尺が足りなくなりますよ?
はやくフルメンバーでのコーラス聞きたい。

私としては今も紗羽が一番好きですね。
改めて見ると、かなり身長高いね。そして体格もいい。
この大きさであのゴシック調私服だから、かなり圧巻でしょうね(笑)
大智との関係も、もうなんか付き合っちゃえって感じになって来ました。


夏アニメも3-4話消化して、だいぶ傾向が分かって来ました。
今レビューしてるうち、貧乏神とココロコは切ります。
ココロコは最初良い感じだったんだけど、なんか鬱展開というか、
ひたすら空気が重くなってきたのできついです。
作品自体、何が言いたいのかよく分からん。

逆に、じょしらくはレビューしてみようかと。
原作者も絶望先生の人だし、監督も水島氏だし、かなり思い切ってやってます。
単発的なネタが多いから、飽きずに笑えますね。
かなり危ない時事ネタ・風刺ネタが多くて、見ててハラハラです(笑)

レビューはしてないけど、他にも今期の良作としては、
夏雪ランデブー
人類は衰退しました
超訳百人一首うた恋い
(前期から)戦国コレクション
ソードアートオンライン
などです。





ポチっと応援お願いします。↓
にほんブログ村
blogram

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(20)


.


みんなの更新記事