MEGASSA!!

盤石と思っていたヤフブロも閉鎖か・・・。ブログはもうオワコンなのか?

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

※写真はPCwatchからの転載です。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1095337.html



早速タッチアンドトライも出てるので、個人的に非常に気になっているARM版WindowsPCの
出来をチェック。
以前ベンチも流出してて、その値からもAtom x7レベルと言われていた。
この記事の体感も同じようなもので、Atom以上Core未満って感じとのこと。
となるとCoreM程度になるのかな?CoreMは高価な割にスペックとバッテリー持ちがいまいちなので、十分ライバルになりそう。

ただ、会場での短時間の試用ではまだ分かりませんね。実際このマシンも10Sとのことで、フルWindowsでのx86アプリがどんな感じなのかはまだ未知数。
それにフル版だとバックグラウンドでいろいろ動くので(特にアップデート関連)、その状態での体感速度が大事。

ストレージはUFSか。速度と省電力のバランスで考えれば妥当なとこか。

今回は最初ということで、ASUSにしては比較的高価格帯の機種になりました。
そのうち下位モデルも出て来るようですが、個人的にはタッチパネルとか6GBRAMとか不要です。
希望としては13.3FHDのIPSで細ベゼル、スナドラ660と4GBRAMで4-5万円台ならかなりひかれる。
モバイル機なので重い作業はしないから、最悪eMMCでもいいので価格落としてほしい。

まあそもそも日本で発売するのかという懸念もありますが・・・。ASUSならやってくれると思うんだが。
HPのSurfaceタイプはかなり高価格になりそうだから対象外。

現在の価格では、Chromebookの上位モデルとかぶってる感じですね。
長時間バッテリーで同じ土俵に立てたのは大きい。今までのWindows機の弱点でしたからね。
あとはスリープ時の消費が本当に少ないのか、が気になる。
いくらプロセッサが省エネになっても、Windows自体がスリープ時にかなりバッテリー食うイメージあるので。

今回の新しい試みは、従来の高級モバイルユーザーや、私のようないわゆる「ネットブック」ユーザーではなく、Chromebookユーザーが一番のターゲットなのかもしれない。
私もChromebook使ってるが、バッテリー持ちと普段使いのサクサク感は素晴らしいが、「この操作、Windowsだったら」と感じるシーンはやはり多いので。特にファイル関連を扱うとき。

ARM版Windowsの新しいマシンは、これらの悩みを解決してくれる理想マシンになるのか、引き続き注目していきたいです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事