MEGASSA!!

盤石と思っていたヤフブロも閉鎖か・・・。ブログはもうオワコンなのか?

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

CBR250RR

イメージ 1

外観等のプレビューもぼちぼち出てきはじめましたね。
正直、見た目だけの変更で250Rの後継かと思ったら、まさかのガチスポーツだった。
コスト削減の嵐のようなクラスでここまで思い切ったモデル開発してたことに驚き。
まあNinjaやR25の人気があるので類似品出すとは思ってたけど、ホンダのことだからガワだけで中身は使い回しだろうと予想。
インドネシアなど東南アジア市場をかなり重視してるんだろうね。

RRというネーミングからして、いつものように4気筒厨が涌くと思うんだが、現代スポーツとしてパラツインは正解だと思う。
250の4発って、下のトルクがホントにスカスカで常に5-6000回転回してないとまともに進まないレベル。
4輪を見ても分かる通り、今の時代高回転エンジンはもう絶滅危惧種。
それよりも低速トルクが重視される時代だし、最後の正統派タイプRだったFD2シビックも超高回転型で出力も上回ってたS2000にサーキットで勝てたのは、中低速トルク重視のエンジンにしたため。
扱いやすさという意味でもパラツインはいいと思う。250だったら普段の足にもするだろうし。

今回のポイントは、ガチスポーツという以外に、「ダサくないデザイン」という点が挙げられると思う。
あえて「ダサくない」と表現したのは、ホンダは伝統的にダサいのがデフォだったから。
四輪でいうところのトヨタ的存在で、安定して故障も少ないが、面白みにかける優等生。
そんな中でも時折かっこいいのは出してきたが、最近のホンダは安定してデザインがかっこよくなっていると思う。
どちらかと言えばカワサキ風のエッジの効いたデザイン路線になってる。
LEDも積極的に採用してて、今では小排気量クラスのほうが総LEDだったりする。

気になる値段だが、60-70万は行きそうな気がする。これだけガチだと。
ただ、その辺の価格帯だとすればもうちょっとブレーキ頑張ってほしかった。(片押しっぽいので)

台数売るタイプではないと思うが、待ってた人は多いと思う。
もしくは裕福な大学生あたりにも売れるかもね。

N-ONEホイール交換

イメージ 1

母の足であるN-ONEのタイヤ交換時期に伴って、以前からの計画通りホイールごと換えました。
ボディが薄いピンクなので、意外と似合う色が難しくて、かなーり迷いました。
いつものようにフジで探してたけど、コレというのが無くて、カーポートマルゼンでも探して、お!というのがあったので。

一応名称をコピペしておきます。
ホイール:ハイペリオン ピノプラス  1545 4-100 43  マットガンメタ
タイヤ:LUCCINI(ルッチーニ) Buono Sport(ブォーノ スポーツ)  165/55-15 75V

写真を見てお分かりの通り、ラパン系の純正ホイールのようなデザインです。
元祖はミニあたりのホイールじゃないかな?
本当はワタナベのようなデザインが欲しかったが、高いのでこちらで。
14インチだともうちょっとカラバリあったが、15インチはガンメタか派手なゴールドしかなかった。
ネット探しまくってガンメタ15インチを装着したN-ONEの写真見つけて、なかなか似合ってたので決定。

注文から到着まで1週間弱。ちゃんとダンボールに入って届いたのは好印象。
送料は無料だが、組み込み&バランス調整に料金かかり、袋ナットも購入したので、トータル約45,000円。
まあできれば3万ちょいに抑えたかったが、今後ずっと履いているものなので、1万ちょいなら妥協しないほうがいいと思って。

ほぼ街乗り専用で、高速に乗ることはまずないし、遠出と行っても県外出るレベルはないので、タイヤは一番安いものに。
ルッチーニという聞いたことないメーカーだが、ググったら台湾のナンカンの別ブランドみたいね。(だったと思う)
レビューも少ないが、そんなに悪くなかったのでとりあえず安さ重視で。
モノ自体は中国製。
今履いてるフィットの中国製タイヤが4万キロにしてまだバリ溝なんで、耐久性という意味では中華タイヤは恐ろしく持つので、これはこれで庶民の味方かな?(笑)

15インチということで純正の1インチアップだが、持ってみた感じはかなり重い。
デザインもスポークが太いタイプなので重そうに見えるが、実際重いです・・・。
まあでもターボ車なのでパワー持っていかれるほどではないでしょう。

装着して、フロントはほぼツライチ。リアはちと引っ込んでるかな?ワイトレ入れるほどではないので、5mmスペーサーくらいでいけるかも。
ルッチーニのタイヤは回転方向指定がないので、ローテーションの時助かる。

実際、現物をつけてみて、予想通りの感じになった。普通は思ったより小さいなとか、貧相だなと感じることが多いのだが、今回は正解でした。
スポークのデザインがフチまで太く伸びてるので、視覚的にも大きく見える。
測ってないが、もしかしたらタイヤ外径、純正より少し大きいかもしれない(汗)。


で、乗ってきました。
まず感じたのは、ハンドルが軽くなった。
タイヤの扁平率が上がったので、そのせいなんだが、フィットに比べてN-ONEの方が今までハンドル重かったので、同等になった感じ。
ロードノイズもうるさくないです。(トゥデイ時代に入れたナンカンはけっこううるさかった)
肝心の乗り心地は・・・。うーん、まあ予想の範囲内の悪化レベルですね。
元々入れてるスポーツサスが固いので、純正時代も固かったのですが、ちょい硬さ増したかなレベル。運転してる分には気にならない。(リアは多分、快適ではない)
グリップ云々は、街乗りで流した程度なのであんまり分からない。皮むきも終わってないし。

ルッチーニタイヤは、このサイズだとサイドウォールはまっすぐ立ってる感じ。引っ張りではないです。
てか、このクラスの大きさだと変に引っ張りにするとタイヤがさらに薄く見えて足回りが貧相になるからやめたほうが良い。

モデューロの純正アクセサリのスポーツサス、スペック上は2cmダウンですが、今回の15インチ入れてみるとなかなかどうしてちょうどいい落ち具合です。
分かる人には分かる、「あ、足変えてるな」レベルのさりげないダウンです。品が大事。

N-ONEは親のだし、もうこれ以上はいじらないと思います。
せいぜい、まだ終わっていないリアドアのデッドニングくらい。

残った純正のホイール&タイヤは、車検終わったらオクにでも出そうかな?
タイヤはもうだめだけど、純正ホイールとホイールキャップ目当てで誰か買ってくれないかな。

ということで、久々の車いじり、今回は満足です。

ほくろを取った話。

遅くなりましたが、ブログ更新した勢いで先日のほくろ除去手術の件についてkwsk。

今回手術を行なったのは、皮膚科と形成外科が一緒になった個人医院。
開業して4-5年くらいで、先生(男性)も40代くらいの若い先生。
基本的に歯科も含めて病院は新しいところのほうがいいと思っているので、今回も安心してお願いした。

まずは飛び込みで行って、先生に診てもらう。
あっさり手術の予約取れて、今飲んでる薬がないか、アレルギーがないかなどの基本的な問診のみで済んだ。
ちょうど次の週の手術日のキャンセルが発生したらしく、次週にすぐ手術できることに。
こういうのはさっさと済ませたいタチなので、即答でお願いした。(手術同意書もらってサインして持ってくるよう言われた)

その時言われたのが、大きさ的にほくろ1個あたり1万弱かかるとのこと。
今回2個取るので2万かあ、と、やはり痛い出費だなあと思いながらも、ネット見るとどこもそんなもんだったので納得。
ちなみに今回の病院は、HPでちゃんと「自由診療」の料金表載せてたので、良心的かと。
ここまで、個人的には形成外科で保険適用外の手術になると思ってた。


で、手術当日。
12時から開始するので11時半までに来てくださいと言われてたので、ぴったし11時半に到着。
手術専用日なので患者も少なく、一人待ってるくらい。
30分何するかなあとテレビ眺めてたら、5分ほどしてすぐに呼ばれた。はやっ!!

一番奥の手術室に通されて、部屋のど真ん中にあるベッド(寝台?)に寝かされ、簡単に説明受ける。
先生の他に女性の看護師さんが2-3人いた。
今回取ってもらうのは、自分から見て左目の下にあるやつと右まゆの付け根にあるやつ。
まずは両方のほくろにぶすっと注射で麻酔を打たれた。
まあ今回一番痛みとしてあったのはこの時くらい。でも一瞬の刺す痛みなので、血液検査レベル。

その後麻酔が効くまで、5-10分ほど待ったと思う。
その間に先生は引っ込んで、2人ほどの看護師さんから術後の説明受けたり、こっちから簡単に質問したりして時間過ごした。
麻酔が効いて、先生来て、いざ顔面に穴あきのシートみたいなの被せられて手術開始。
左目の下から開始。
手順としては、実際に見れていないので感覚的な表現だが、まずはメスのようなものでほくろの回りを切って、ゴッと削りとっているかのような感覚。
もちろん麻酔ばっちりなので全く痛くない。不快な感じもなかった。
ひと通り切ったら、次にレーザーのようなもので焼き切っているか、傷を焼いて塞いでいるかのような処置をされた。
この時の音がもろに「放電してまっせ!」って感じの、「ビリビリ〜」という空中放電音がしてなかなか面白かった。
きっとスタンガンってこんな音するんだろうなあ、なんて考えながら(笑)
あ、このときも痛みは一切なし。

その後、傷口を縫い合わせる。
実はこの時がちと辛かった。
痛いわけではないんだが、引っ張られている感じはあるので、なんとも不快な感じ。
目の下の薄い皮膚のところなので、余計にそう感じるのかもしれない。

右まゆの根本も同じような手順。こちらの方が若干大きいので、メスの時間が長かったかな?
こちらも縫われるときは嫌な感じ。

術中は終始ガーゼのようなもので血(?)を拭きながらやった。
最後に傷口を殺菌消毒して、大きな絆創膏貼られて終わり。ラストはあっけない。
気づいたら先生も退室してて、お礼を言う暇もなかった。
今回の手術の時間は、40-50分ほどだった。(麻酔等すべて含めて、入ってから出るまで)

待合室に出て手を洗っていたらすぐに呼ばれて、会計。
ここで言われた金額が、予想を下回る16,000円台だった。(16,800くらい)
痛み止めや抗生物質や絆創膏なども出されての金額だったので、えらい安いなあと思って後で明細を見たら、
ちゃっかり保険適用になってた。
しかも形成外科ではなく皮膚科扱いになってた。
自腹分が安くなるのはいいけど、これまともに全額自費だったら5万近く行ってるよね・・・。こわ。

恐らく、そんなに飛び出てないほくろ(色のみ)だと美容整形あたりの判断になって自費なんだろうけど、今回の私のケースはイボが大きくなったくらいの大きさでけっこう飛び出してるので、「皮膚腫瘍」扱いになったのかもしれない。
他の人の体験談見てても、縫われるまでは行ってなかったもんね。
術後3日間は患部は水濡れ厳禁。
殺菌の薬塗って絆創膏するのだけど、顔でしかも眉の部分もあるのでとにかく目立つ。
初日だけ貼ったが、その後は貼らなかった。(すんません)
黒い糸で縫ってるので、近くで見ると分かると思う。
でも皆遠慮してるのか、意外と何も言われない(笑)
1周間したら抜糸で、今度の金曜に行く予定。

簡単にいえば、ブチッと切って縫うという、まさに外科手術ですな。
傷跡が完全に見えなくなるには半年から1年かかるらしいが、抜糸さえしてしまえば、以前のぼくろの存在感に比べれば大したことないと思う。
これで長年悩まされていた異物から解放されて、ほっと一安心といったところか。
予算と時間、術後の絆創膏に耐えられる人は、我慢せずにおさらばした方がいいと思う。

11話は原作通りの忠実な回でした。クジラの再現が非常に上手かった。CGナイス!
だれもが突っ込むところだろうけど、アレ完全にラピュタだよね。
ムスカのセリフが聞こえてきそうだ。
あんずがイン何とかさんにしか聞こえない(笑)
しかも雑学王、みゆきさんかよ。

最終話はアニオリなのかな、原作ではなかったエピソードだと思うが・・・。
それでも綺麗に収めてましたね、空気を壊してない、いいアニオリでした。
最終回らしく、すべてのキャラ再登場させて、何か切なくなるなあ・・・。
千夏は素直でいい子だわ。母ちゃんと圭くんは動じなさすぎ、半端ない安定感(笑)
姉ちゃんはアニメでは全体的によく出る方でしたね。完全におっさん化してましたが。
ラストの金魚シーンなんかは、なんとなくARIA系の癒やし感がありましたね。

癒やし作品としては非常に安定した、模範的な出来だったかと。
作画も良かったし、何よりキャラが可愛い。
見た目と言うより、仕草やキャラの可愛さですね。
そして微エロ。あからさまではない、本当に微妙なカットが多くて、そこがツボった人も多かったのではないでしょうか。
中の人もいい演技してました。
miwaの曲はあまり好きではないけれど、このOPに関しては手拍子など、すっかり馴染んでしまっていつの間にか定着してしまいました。

原作ストックが無いので2期は当分無理だろうけど、疲れた時に見返したいアニメですね〜。
お疲れ様でした。

ばくおん!! 12

少し余裕ができたので、続々最終回を迎えているアニメの中からばくおん!!をチョイス。

くまみこがひどい仕上がりだったのに対し、こちらはまさに王道といえるラストでした。
バイタとの再会、そしてバイクの存在意義。意外とメッセージ性のある内容でした。

原作でも思ったけど、作者は実は自転車も好きなのでは? 
まあ大体乗り物好きは色んな物にハマるけど、あながち自転車に関してもかじってるんじゃないだろうか。
ホンダにしろスズキにしろ、メーカーディスがけっこうひどいんだが、メーカーも許してるとこが偉い。
逆にスズキに並んでネタにされるカワサキがあまりいじられなかったのは寂しい。
この作品ではヤマハが優等生扱いな感じを受けますね。

最終回でもホンダがミニバン屋とはっきり言われてたし(笑) その直後背後を走り抜けてた車が全部ホンダのミニバンでした(笑)

バイクの意義に関しては、まあ大きい物は完全に趣味でしょうね。
ホワイトベースの二宮氏の言葉を借りれば「大人のおもちゃ」(意味深)。
250以下のクラスだと実用レベルになってきて、この辺りだと「目的地まで一番早く到着するための乗り物」でしょうね。
ただし快適性・安全性は劣る、と。
あとは経済的な理由で乗ってる人もいるでしょう。
スクーターだと完全に上記の理由。
小型でもミッション車なら、まだ趣味の域を残してます。私はこっち側。

さて、ばくおん!!全体を通してですが、この作品は作画より脚本で評価すべきアニメだと思います。
正直、作画はかなりの低レベル。費用かかってないんだろうなあと思わせる出来。
しかし脚本はけっこう原作に忠実で、原作でもかなり危なっかしいネタをアニメでもそのままぶつけてきたりして、
そこは素直にすごいと思う。
おかげで「分かる人には分かる」というバイクファンも納得の内容になってるし、ただのけいおんのバイク版ではない作品になっている。
(けいおんは逆にもうちょっと音楽や楽器の専門的なネタ欲しかった)
シモネタとかも普通に声優に言わせてるし、広く一般ウケする方ではなく、ニッチな層に限定して作った感じがあって、それはそれで割りきってて気持ちいい。

ということで、バイク好きなら間違いなく楽しめる作品。
バイクの描写や音もリアルだし、話数が進むほど好きになっていったアニメでした。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事