「境界に生きた心子」

境界性人格障害の彼女と過ごした日々のノンフィクション[新風舎・刊](海原純子さん推薦/心療内科医・医学博士)

全体表示

[ リスト ]

 
 きのうまでに紹介した自閉症の小説「ぼくはうみがみたくなりました」ですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/33117065.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/33240915.html

 元脚本家の作者・レインボーおやじさん(本名・山下久仁明さん)が、この「ぼくうみ」の映画化に向けて動きだしています。

 息子の大輝くんが亡くなって(http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/33025085.html )、レインボーおやじさんは映画化の使命感に駆られたといいます。

 悲しみに沈んでしまうのではなく、倒れないよう懸命に走っているようです。

 下記はレインボーおやじさんのブログの記事と、制作準備実行委員会のホームページです。

http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_c881.html#comments
http://homepage2.nifty.com/bokuumi/

 自主制作になるため、制作費のカンパも募っています。

 もし厚志のある方はご協力をお願いいたします。

 いくらでも構わないそうです。
http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_4256.html#comments

 心の障害で心子を亡くした僕としては、とても他人事とは思えません。

 多くの人たちの力が合わさって、実現化していけば素晴らしいことですね。

 僕も「境界に生きた心子」のマンガ化や映像化を夢見ていますが、レインボーおやじさんにあやかりたいものです。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事