「境界に生きた心子」

境界性人格障害の彼女と過ごした日々のノンフィクション[新風舎・刊](海原純子さん推薦/心療内科医・医学博士)

全体表示

[ リスト ]

 
http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/55357691.html からの続き)

 管財人の報告が 終わったあと、裁判長の司会で

 会場の参加者 (著者) から 質問を受け、管財人がそれに答えました。

Q: 著者から 100万〜300万円以上の 費用を受け取り、

  年に何千人もの 契約をしていたのに、倒産するはずがない。

  松崎氏本人の口から 説明してほしい!

裁判長: ここは管財人への質問なので、松崎氏への質問は却下します。

(質問者は執拗に 松崎氏の発言を求めたが、

 他の質問者もいるのでと、裁判長は切り上げた。)

A(管財人): 広告,宣伝,多すぎる社員,高い家賃のビルなどが原因。

Q: 著者が 在庫を購入する際、初めは 定価の40%と言っていたのに、

  20%になった根拠は? 

A: 将来の資産のために 40%にしたが、倉庫会社から 追い出しをかけられ、

  急ぐ必要があったので、できるだけ多く買ってもらうため 20%にした。

  感覚的な数字でしかない。

  宅配業者に 代引きを頼んだが、信用がないので断られた。

Q: 新風舎に費用を払ったのに、

  文芸社にまた払わなければいけないのは 割り切れない。

A: 新風舎から文芸社には 1円も渡っていない。

  文芸社は儲けがなくていいとやっている。

Q: 新風舎の人からは、あなたの作品は素晴らしいと 言われて出したのだが。

A: 松崎氏の目には、全ての表現が 良いと見えた。

  マスコミでは 悪く言われているが、著者の中には 応援する声もあった。

  松崎個人と世間の評判には 開きがある。

Q: 契約の部数が 本当に刷られていたのか? 

A: 印刷業者の伝票などで 確認した。

  もし500部の契約で 300部しか刷らなかったとしても、

  紙代だけで 新風舎の得にはならない。

  何より、著者買い取りのときに 部数が確かめられている。

Q: 松崎氏は 私財を身内などに譲渡して 隠蔽していないか? 

A: 今まで 多くの管財人をやってきて、他では そういうケースもあったが、

  松崎氏はなかった。

  元々 現金は少なかった。

(続く)
http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/55391143.html
 

《1日1ポチ、お願いします↓(^o^)
https://mental.blogmura.com/personality/
「にほんブログ村ランキング」ブログ村人格障害・パーソナリティ障害 》
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事