「境界に生きた心子」

境界性人格障害の彼女と過ごした日々のノンフィクション[新風舎・刊](海原純子さん推薦/心療内科医・医学博士)

全体表示

[ リスト ]

 
 アメリカ精神医学界の診断基準 「DSM−検廖,蓮

 操作的な診断基準と呼ばれています。

 チェック項目の いくつ以上が該当すれば、

 その診断を下すと 便宜的に決めたものです。

 本来、 疾病の診断は、

 原因とその病理を特定した上で なされるのが理想的ですが、

 DSMでは それは抜きにして、 症状によって 統計学的に診断をします。

 精神医学では 原因や病理が 客観的に分かりにくく、

 症状のみで診断した方が 初心者にも容易だということがあります。

 境界性パーソナリティ障害の診断項目を 以下にピックアップします。


仝捨てられることに対する 不安が強い

 この不安は 親しくなった瞬間から始まり、 親密さが増すほど 強くなります。

 相手の機嫌を 取ろうとしたりして、

 それが逆に 相手を苛立たせることにもなります。

 そうすると 不安定になったり、 逆ギレして攻撃したり、

 衝動的な行動に向かったりします。

 拒否されてもいないのに、 先読みしてそう思い込み、

 過剰な反応をしてしまいます。

 それで 相手が本当に 背を向けてしまうと、

 やっぱり思った通りだと 結論付けるのです。

 さらに 自分の傷を思い知らせようとして、 困らせる行為をしたりします。

〔 「境界性パーソナリティ障害」 岡田尊司 (幻冬舎) より 〕


 心子の場合は、 見捨てられそうに感じると、

 傷つく前に 自分から僕を見捨てるように、

 離れていくことを繰り返していました。

 また、 僕が いつまでも心子を 愛し続けるはずがなく、

 他の誰かと一緒になると 口にすることもありました。

 見捨てられ感は 根本的で強烈な感情で、

 BPDの中核的なものだと 言う人もいますが、 幾つかの所見があるようです。

(次の日記に続く)
 

《★ 1日1ポチ ↓、 お願いします。m(_ _)m  ★

☆☆ https://mental.blogmura.com/personality/ ☆☆

 ● にほんブログ村ランキング ● パーソナリティ障害 ●》
 

この記事に

閉じる コメント(4)

ハズレ感というのは、期待して裏切られたということですか?
純粋故に求めるものが高くなるのは、心子も同じでした。

周りの人が紋白蝶さんを受け入れてくれるのは、とてもありがたいことですね。(^^)

迷惑なんてとんでもない。
これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

2009/10/7(水) 午前 9:35 geg**531 返信する

不安定になったり、否定されてもいないのに先読みしてそう思い込み過激な反応をしてしまう。人が私の職場にもいます。もう40歳になりますが私は彼女はボーダーぽい性格だと思っています。普通30歳を過ぎることころか自然と回復に向かっていくとも言われていますが40歳でもボーダーという人はいるのでしょうか。彼女のいらいらに付き合うのが疲れてきました。

2009/10/7(水) 午前 11:59 [ 名無し ] 返信する

30過ぎから自然に回復する例は早いほうではないでしょうか。
四十路を過ぎてもボーダーの人はいると思います。
心子も37才間際でしたが、症状はピークでした。
最近は(年少で発症する例が増えている一方)、全体的に高齢化しているとも言われます。

職場では距離を取ることが重要ですね。

2009/10/7(水) 午後 1:58 geg**531 返信する

同じ暖炉を囲ってる……
もしもそんな気持ちに少しでもなってもらえたなら、こんなに嬉しいことはありません。
心子も喜んでいると思います。(^^)

最初から愛されない子なんていない、存在に才能なんかいらない……そんなことがいつか分かるようになってほしいと思うばかりです。
恐らく幼いときにそういう気持ちが育てられなかったのでしょうね……。
育て直しは時間がかかるかもしれませんが、人に支えられながら少しずつ歩んでいくこそを祈っています。

2009/10/11(日) 午前 0:07 geg**531 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事