ここから本文です

うちわ!

夏い。

夏すぎる。

昔プリンセスプリンセスが「世界で1番暑い夏」って歌出してたけど、あの頃の暑さなんて子供の遊びだね。

タイムマシンに乗って、過去のプリンセスプリンセスに

「その1番、もっと更新されていきますよ」

と教えてあげたいです。


イメージ 1


高校の時の先輩に貰ったこのうちわの出番です。

これ少し小さいので持ち運びにかさばらなくて重宝してます。

今日は稽古の前に小道具作り。

永遠のマイアイドル小川範子ちゃんを聞きながら頑張りたいです。

小川範子ちゃんも「夏色の天使」っていう夏の歌を出してます。

夏色ってどんな色かなあ?ぐへへ。

あなたの天使でありたい。

夏色の林重郎でした。



なにかしら頑張ろう。




劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                                      info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp


イメージ 2


この記事に

初通し

どうも。林重郎です。

今日はあらく通しました。

課題は山積みです。

バラバラ稽古してる劇団竹なので、繋げた時に色々不具合が生じます。

ここから始まったな、という感じです。

そう。沢山ある課題を、今からじっくり、じっくりつぶしてゆこう。



イメージ 2


初通し後の串カツ田中。出演者全員+ウエポンで。

そういえば旗揚げ公演の時の初遠しはめっちゃ怒り狂ったことを思い出しました。

はっきり言って、全然今日の遠しの方が出来てないんだけど・・・

でもあの頃の焦りは今はなく。

何をどうすればいいか。というのが分かってるから楽しく飲めてるんでしょうね。

と、思うと、林重郎もほんのちょっと成長したのでしょうか。



とはいえ、かなりヤバイ痛恨のミスをやらかしてて、8月の稽古場を一切おさえてなかったのです!

そのことに今日の稽古直前に気付きまして。

軽くホラーでした。すごくドキドキしてました。

結局無事全日おさえることが出来まして。

でも間抜けな自分にビックリでした。



にしてもものすごい暑さですね。

もはや生きてるだけでご立派な暑さではないですか?

今日は稽古場に来てくれただけで感謝。

よく誰も死なずにここまでたどり着いたな。

ごくろうさん。ありがとう。

心底そう思った暑さでした。



なにしら頑張ろう。




劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                                    info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp


イメージ 1

この記事に

治ったと思ってる?

どうも。林重郎です。

薬が切れたので、慌ててかかりつけのクリニックに行きました。

まだボルタレン抜きの生活は恐ろしい。考えられません。

で、薬を処方してもらったついでに、チラシを置かせてもらいました。


イメージ 1


とっても不思議。

ここに通院してた時、ほとんど手術をするんだろうと思ってたし、しばらく通院してから大病院に紹介状を書いてもらうつもりでいました。

先生もその選択肢をほのめかしてましたし、もしそうなったら8月公演は見送るかもしれなかったんです。

それが薬と運動療法で回復に向かい、今では公演中止にしようと考えていたクリニックで、公演のチラシを置かせてもらってるわけですから。

変な感じです。



今日は稽古前の小道具作りに、劇団員の森川武くんが手伝いに来てくれました。

でも話してたら「この人どうも坐骨神経痛治ってると思ってるっぽいな」と感じたので

「別に治ったわけじゃないよ」と説明した。

もう誰も病人扱いしなくなった。

このブログ書いてる今だって痛いんだよ。

もうちょっといたわれ!

弱音吐いてやる。

俺は無理してる。頑張ってんだよ。馬鹿野郎。

もっと優しくして、いたわれ!

そしてもっとちやほやしろ。



イメージ 2


稽古場に佐々木光弘君と劇団員のリンホブデイ氏が来てくれました。

またまたほっこりする1枚。撮影は劇団員のリンホブデイ氏。

オープニングテーマの楽曲の叩き台が出来たのです!

めちゃかっこいいのが出来そうです。



稽古場は林重郎以外善人だらけ。

みんな良い人状態。安心するなー。

惜しいのは、みんなもはや林重郎を病人としていたわっていないところです。


いたわれ!

そして崇めろ。



なにかしら頑張ろう。頑張ってる。




劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                                  info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp


イメージ 3

この記事に

出演者紹介その2

イメージ 2


出演者紹介、二人目はこの子。

古川奈苗ちゃん。

兎座の一員であり、のぐたけ+ななえの一員でもあります。

今、劇団竹ファミリーの中ではあらゆる面で充実してるっぽい子です。

たぶんバイオリズムいい感じの子です。

幸福のオーラを身にまとってます。



劇団竹3回目。このルックスなのに、いつもパワフルで、三枚目な役、コンプレックスを持った役をやらせています。

今回の物語では、総台詞量は他の人と比べて多くないのですが、出番自体は1番多いかもしれず、キーとなる役かもしれません。

奈苗ちゃんに演じていただく役はカトウショウという、劇団千手弥勒海岸の看板女優という設定の役。


イメージ 3



オンとオフが激しく、ゼロか100か、みたいな女の子を演じてもらいます。

小さい頃から器用に生きて来れて、割りと器用に生きて来れっちゃったがゆえに、その作られたキャラにがんじがらめになって自爆する、みたいなキャラです。

この極端さみたいなの奈苗氏も持ってるので、この役は絶対奈苗氏にやっていただきたかったのです。

脚本にも書かれていなく、本人にも話してない、カトウショウのバックボーンは

・とにかく努力家(真面目キャラを徹底するがゆえ、でもある)
・演劇に関して弱音を吐く事が殆ど無い
・好きな言葉は「おかげさま」
・女優に専念するため、大好きなマンガ200冊をBOOK・OFFに売ったことがある、など。

これ絶対奈苗ちゃんしか出来ないよなー、と思いながら脚本書いてた。



で、奈苗ちゃん本人のご紹介をすると、ホラーが好きだったり、楳図かずおが好きだったり、伊藤潤二が好きだったり、オンとオフの差が激しかったり、漫画家になりたかったり。とか林重郎とダブるとこ多いんですよ。

初めて奈苗氏を見た時、ガラスの仮面の一巻で月影先生がマヤを見つけたみたいに「見つけた!私の宝!」と思いましたね。

一刻も早く劇団竹に入ってほしいので、早く兎座解散しないかな、と毎晩お祈りしております。


余談ですが、今回はアングラ劇団のお話なので、「アングラ芝居に携わったことあります?」と奈苗氏に聞いたら

「劇団竹がアングラだと思ってました」

と答えたのが印象的でした。

ちょちょーーいっ

アングラちゃうわ!




・・・・いや・・・・アングラなのかな?劇団竹って・・・・?

ちょっと自信ないや。



とにかくわたくしは奈苗ちゃんのことが大好きです。

さて、この「○○のことが大好き」って、あとの4人にも言うと思う?

もしかしたら「嫌いでもないけど、特別大好きでもない役者が今回の座組の中にいる」としたら、皆さんはどう思いますか?

なーんちゃってね。

とにかく今後の出演者紹介も乞う御期待!!(^o^)/



なにかしら頑張ろう。



劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                                info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp

イメージ 1


この記事に

これは現実か

どうも林重郎です。

非現実的な暑さ。地球終わってる。

外に出たくない。

でも今日は。

病院行かなきゃ。

働かなきゃ。

チラシも撒かなきゃ。

稽古も行かなきゃ。

最近ノリにノッてる奈苗さんの画像を載せておこう。


イメージ 2


こんなにかわいいのに性格も良いなんて。

しつけがすごく良かったんだと思う。逆に親の顔が見たい。



色々忙しくて、美術や小道具作りが滞ってしまった。

進んでなさ加減をみんなが知ったら驚くと思う。

世間さまの夏休みが始まる前から、夏休み宿題やってなくてドキドキ状態をすでに味わっている。

タイムマシンに乗って子供の頃の林重郎に伝えたい。夏休みの最後の日にバタバタしてる林重郎に

「それ、ずっと続くよ」

と。

今日からずっと。今この瞬間から。前倒しを心がけよう。



なにかしら頑張ろう。




劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                              info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp


イメージ 1


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事