ここから本文です

出演者紹介その2

イメージ 2


出演者紹介、二人目はこの子。

古川奈苗ちゃん。

兎座の一員であり、のぐたけ+ななえの一員でもあります。

今、劇団竹ファミリーの中ではあらゆる面で充実してるっぽい子です。

たぶんバイオリズムいい感じの子です。

幸福のオーラを身にまとってます。



劇団竹3回目。このルックスなのに、いつもパワフルで、三枚目な役、コンプレックスを持った役をやらせています。

今回の物語では、総台詞量は他の人と比べて多くないのですが、出番自体は1番多いかもしれず、キーとなる役かもしれません。

奈苗ちゃんに演じていただく役はカトウショウという、劇団千手弥勒海岸の看板女優という設定の役。


イメージ 3



オンとオフが激しく、ゼロか100か、みたいな女の子を演じてもらいます。

小さい頃から器用に生きて来れて、割りと器用に生きて来れっちゃったがゆえに、その作られたキャラにがんじがらめになって自爆する、みたいなキャラです。

この極端さみたいなの奈苗氏も持ってるので、この役は絶対奈苗氏にやっていただきたかったのです。

脚本にも書かれていなく、本人にも話してない、カトウショウのバックボーンは

・とにかく努力家(真面目キャラを徹底するがゆえ、でもある)
・演劇に関して弱音を吐く事が殆ど無い
・好きな言葉は「おかげさま」
・女優に専念するため、大好きなマンガ200冊をBOOK・OFFに売ったことがある、など。

これ絶対奈苗ちゃんしか出来ないよなー、と思いながら脚本書いてた。



で、奈苗ちゃん本人のご紹介をすると、ホラーが好きだったり、楳図かずおが好きだったり、伊藤潤二が好きだったり、オンとオフの差が激しかったり、漫画家になりたかったり。とか林重郎とダブるとこ多いんですよ。

初めて奈苗氏を見た時、ガラスの仮面の一巻で月影先生がマヤを見つけたみたいに「見つけた!私の宝!」と思いましたね。

一刻も早く劇団竹に入ってほしいので、早く兎座解散しないかな、と毎晩お祈りしております。


余談ですが、今回はアングラ劇団のお話なので、「アングラ芝居に携わったことあります?」と奈苗氏に聞いたら

「劇団竹がアングラだと思ってました」

と答えたのが印象的でした。

ちょちょーーいっ

アングラちゃうわ!




・・・・いや・・・・アングラなのかな?劇団竹って・・・・?

ちょっと自信ないや。



とにかくわたくしは奈苗ちゃんのことが大好きです。

さて、この「○○のことが大好き」って、あとの4人にも言うと思う?

もしかしたら「嫌いでもないけど、特別大好きでもない役者が今回の座組の中にいる」としたら、皆さんはどう思いますか?

なーんちゃってね。

とにかく今後の出演者紹介も乞う御期待!!(^o^)/



なにかしら頑張ろう。



劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                                info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp

イメージ 1


この記事に

これは現実か

どうも林重郎です。

非現実的な暑さ。地球終わってる。

外に出たくない。

でも今日は。

病院行かなきゃ。

働かなきゃ。

チラシも撒かなきゃ。

稽古も行かなきゃ。

最近ノリにノッてる奈苗さんの画像を載せておこう。


イメージ 2


こんなにかわいいのに性格も良いなんて。

しつけがすごく良かったんだと思う。逆に親の顔が見たい。



色々忙しくて、美術や小道具作りが滞ってしまった。

進んでなさ加減をみんなが知ったら驚くと思う。

世間さまの夏休みが始まる前から、夏休み宿題やってなくてドキドキ状態をすでに味わっている。

タイムマシンに乗って子供の頃の林重郎に伝えたい。夏休みの最後の日にバタバタしてる林重郎に

「それ、ずっと続くよ」

と。

今日からずっと。今この瞬間から。前倒しを心がけよう。



なにかしら頑張ろう。




劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                              info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp


イメージ 1


この記事に

出演者紹介その1

イメージ 2


恒例の出演者紹介です。

今回はこの方から始めよう。

シミズユウコという役を演じていただく森川結美子ちゃんです。

この作品の中で1番劇団を愛し、誰よりも表現に対しひたむき。という設定で書きました。


イメージ 3


シミズユウコという役はとにかく「身体を使った表現」に感銘を受けやすい、という人物で、裏設定としては

・大駱駝艦からマッチョ29まで好き
「2929SUMMER」、「ムキムキ体操」をよく視聴する
・麿赤兒の大ファン

ということになってます。

そして昔少しだけ一緒に表現活動していた根岸由季ちゃんというダンサーさん(コンテンポラリー)のソロ公演「野生のミ」で受けたエモーションが、この役に注ぎ込まれると思います。

結美子ちゃんは踊りも出来て女優も出来る人なので、絶対この役をやってもらいたかったし、結美子ちゃんがやってくれるって決まって書き始めたら、「シミズユウコ」なのか「森川結美子」なのかわからなくなることがありました。とても素敵な融合になるかと思います。



で、役はちょっと離れまして、結美子ちゃん本人の紹介をすると、「地球と交信してる」と豪語しているだけあって、年がら年中基地ガイじみたことを言って、みんなをドキドキさせています。

お母さんから「人の頭を叩いたら脳みそがひっくり返るから、人の頭を叩いたらいけません」というしつけを受けたそうで、ずっと「人の頭を叩いたら、右脳と左脳がひっくり返る」と思ってたそうです。

つい最近(今年)までそう信じてた。と言い出したので、みんな、どういう反応していいかわからず葬式みたいに静まり返ったことがありました。


この間リズムゲームで結構勝って生意気だとブログに書いたら、楽曲アレンジの浜崎さんに「生意気キャラもいいんじゃない」みたいに言われて、調子に乗って「竹さんをムキーっとさせます」みたいなことをTwitterでのたまっていたので

(ノ-_-)ノ~┻━┻

この絵文字をリプしました。

話しは逸れますが、

(ノ-_-)ノ~┻━┻

これって

怒ってる→ちゃぶ台をひっくり返す、ということを表現してるのだと思うけど。

「ちゃぶ台をひっくり返す」って事象が若い人にはなんのことだかわからないですよね。

この(ノ-_-)ノ~┻━┻絵文字、若い人にはなんのこっちゃですよねー?

この絵文字そろそろこの世からなくなるかもしれませんね。



すごく話し逸れましたが、わたくしは森川結美子ちゃんが大好きです。

いつも基地ガイじみたことを言ってますし、とても怖い時もあります。

この前も二人きりの時に

「早く宇宙人に誘拐されたい」と言い出しまして(会話の流れではなく唐突に言い出した)。

どうしていいかわからずストレッチするふりをしながら「へーー。そうなんだー」と目を合わせず答えました。

劇団竹ファミリーは内向的なキャラばかりで突っ込みを入れるタイプの人がいないので、結美子ちゃんが基地ガイじみた発言すると、ただドキドキしたまま、みんな無言でうつむく、みたいな状況になり、稽古場が気まずい空気になることがよくありますが、ご本人(結美子ちゃん)はそんな周りの空気など意に介さず、ケロっとして、いつもニコニコしています。

いえ、猟奇的にニヤニヤしてる、といったところでしょうか?

でもそんな結美子ちゃんが林重郎は大好きです。


なにかしら頑張ろう。



劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                            info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp


イメージ 1

この記事に

袴狐

どうも林重郎です。

結婚披露パーティに参加しました。

業界の方もいらっしゃる、ということでしたので受付にてチラシを配らせてもらいました。

8月はアングラ劇団の話なので


イメージ 2


袴に狐のお面被ってチラシ撒いたらアングラっぽくてインパクトあるかな、と思いまして。(安易?)

出すぎた真似してごめんなさい、って思ってたんですが、ベストドレッサー賞に選ばれてしまいました!



イメージ 3


うわあ、恐縮!うざー。

こういう劇団の主宰ウザいよねー。

で、壇上でもまた公演の告知しちゃうっていう。

ウザの極み、みたいな林重郎。



イメージ 6


偶然なのですが、三浦大輔大好きラムネちゃんと、


イメージ 4


横浜ベイスターズ大好きなしんにいに挟まれて飲んでしまいました。

お二人の横浜ベイスターズ愛をひしひしと感じました。

なんとしんにいは三浦大輔とのツーショット画像持っていまして!

その画像を自慢されてしまい、ラムネは羨望と悔しさのあまり大号泣。

なんと帰りは・・・・


イメージ 5


偶然のベイスターズ車両!(副都心線)

何物かの陰謀だろうか?

ベイスターズの呪い・・・・

わたしをハマスタに連れてって。




このたびは誠におめでとうございます!

寿(じゅ)!寿(じゅ)!



劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                          info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp

イメージ 1

この記事に

リズムゲーム

どうも林重郎です。

人が死ぬ暑さ。

犯罪が起きる暑さです。

この危険な暑さの中、500枚のチラシの運搬と稽古をしてまいりました。

ほんとは他にももっと色々やらなきゃなのに、もうそれぐらいしか出来ません。



今日の稽古では、ウォーミングアップで、リズムゲームのようなものをやりました。

「♪○○から始まるリズムに合わせて・・・・」ってやつ、知ってますか?

Peachboysさんでいつもやってたゲームなのですが、「竹でもやろうぜ!」みたいに自分からノリノリで言い出したのに、ボロ負けでした。

制作のウエポンからもらった大量のおかきを景品にしたのですが、わたくしは1番負けで一個しかゲット出来ませんでした。


イメージ 2


はじめてやったはずの森川結美子ちゃんは沢山勝って、おかきを山積みしてました。


イメージ 3


生意気!!



今日は自分のことベラベラ喋っちゃうサマーカーニバル。
な日でした。

自己承認欲求大暴発の日でした。

暑さのせい?

リズムゲームでボロ負けしたせい?

すごく自分のことばっか喋っちゃうのは、自分の心のヒダのめっちゃ奥深くの部分を書いたからなのかもしれません。

そういうことにしておいてくれない?



なにかしら頑張ろう。




劇団竹第十回公演
BEAST IN THE UNDERGROUND
2018年8月8日(水)~14日(火)@神田楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2−16 2F)

「どんなことも起こりうる。美しいことも、醜いことも。何が起こるか、それは神様の采配次第」
東京の小劇場で活動するアングラ劇団千手弥勒海岸(せんじゅみろくかいがん)。ある日、所属劇団員が自殺した。その死をきっかけに離脱する劇団員、脚本が書けなくなる主宰、自責の念にかられる者たち。たった一人の死によって、崩壊寸前となる劇団。その過程で劇団員たちは思う。
なぜ表現し続けなければいけないのか」「なぜ生き続けなければいけないのか」。
登場人物6人に7つの大罪を背負わせ、モーセの十戒をテーマにした10章で構築された群像劇。


出演/森川武(劇団竹) 江花実里(架空畳) 森川結美子 古川奈苗(兎座) 山川恭平(Peachboys) 佐藤友

脚本・演出/竹林 林重郎(劇団竹)

音楽・楽曲提供/リンホブデイ(劇団竹)
楽曲アレンジ編曲/浜崎寛斉
衣装/中村亮子
宣伝写真/鷹野隆大
フライヤーデザイン/山川恭平
制作/植竹ナツコ(劇団竹)
テーマ曲「It takes time」作詞naomy
 
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300
チケットお問い合わせ                        info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

8日(水)19:00
9日(木)14:30 19:30
10日(金)19:30
11日(土)14:00 19:00
12日(日)14:30
13日(月)19:00
14日(火)14:30

チケット受付と開場は開演の30分前。
※☆→アフターイベントあり。
10日アフタートーク「祝第10回公演!劇団員と過去公演を振り返る」シークレットゲストあり!
12日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスAA
14日アフターショー。Guest デンドロカラムスギガンテウスBB

<協力>
㈱アールジュー gLUV. Barダーリン Bar8039 手と花 架空畳 兎座 Peachboys フロム・ニューヨーク 小林千絵子 片岡正二郎 菊川朝子 村上亜利沙 中村たかし 辻村尚子(劇団竹) 石川雄也(劇団竹) naomy

劇団竹では今後の公演やイベントをサポートしてくださるスタッフさん、役者・パフォーマーさんを広く募集しております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ→08048677770、bamboo777tr@yahoo.co.jp


イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事