ここから本文です
山歩きのメッセージ
今年もがんばろう ニッポン

書庫TOP

すべて表示

 
 
イメージ 1



ご多忙のことは百も承知だったが
一番お世話になった自分が 黙ってその日を待ってもいいのか

「もし奇跡的に一日 空きましたら教えてください」
メールしたものの やはり無理だろうなと
ほぼあきらめかけていたとき
「2月10日が空きました」




よかさんのリクエストは妙見山初谷渓谷
花もなく蝶もいないこの季節 鳥を追いたいのだとすぐに理解
いつものように カメラ片手ののんびり歩きを胸に描いたが
この奇跡的な一日を 自分のような奴が最後まで独り占めしていいのか

この喜びは この奇跡の時間は 自分よりも先に知り合い そして
よかさんと自分が知り合うきっかけをつくってくれた彼らこそが
享受すべきなのだ


そうしてその日は 同窓会のような日になった

イメージ 2


イメージ 3


姫は今も姫であり みんなのマドンナに変わりない

イメージ 4


超新喜劇的なこのふたりの掛け合いも健在

イメージ 5


千「あんた そのアングルは年期入っとるな」

イメージ 6


水量がなく お約束のドボンは見れず

イメージ 7


歩くうちに 心は10年前にタイムスリップしていました

イメージ 8


予約宴会までの時間調整で あちこち立ち寄り

イメージ 9


イメージ 10


かめたにさんで牡丹鍋

イメージ 11

(写真↑は3人前)

よかさん ありがとうございました

イメージ 12


ししフルトで生を

イメージ 13


冷奴は秋鹿の春出しを冷酒で

イメージ 14

豆腐は 能勢の山口豆腐

一切れが大きく 透明感のある赤色が美しい

イメージ 15

そして長く煮込まなくてもやわらかいのには驚いた

鍋は 左の「千秋(せんしゅう)」を熱燗でいただいた

イメージ 16

秋鹿の燗は バンビカップ で出てきます

千秋を飲みながら千春ちゃんを撮る

イメージ 17


この鍋が3人でひとつ

イメージ 18


3時間半があっという間に過ぎ去った

イメージ 19


最初にげんの駅に着き ふたりの神を見送れば

イメージ 20

「3人寄れば・・・」 の3人がいっしょに降りてくれていた


思い返せば uriさんやよかさんと出合えたのも
3人のおかげ。。。

感謝してます

イメージ 21


ありがとう

イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24



そして だれもいなくなると 寂しさが一気にこみ上げる
今日が格別な1日だったからだと この歳になるとわかっているが
ひとりの部屋では いろんな思い出が走馬灯のように
脳裏を回り続ける


そうだ よかさんにいただいた「竹のぐい飲み」で3次会だ

イメージ 25


丁寧な仕上げ
いったいどれだけ時間をかけてくださったのだろう

よかさん ありがとうございました 乾杯!

イメージ 26



よかさんへの感謝の気持ちは 改めて後のページにつづく。。。
 
 
 





 
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 190202 雨冠の総攻撃

    2019/2/9(土) 午前 1:11

        川西能勢口で のせでんに乗り換え マルーン(阪急カラー)乗り入れ BS稲地は茅葺屋根 ひさびさに快晴でした 買うならもちろんカナディアンアーチ(右上) 移住なら 買えない金額で ...すべて表示すべて表示

  • 190127 無彩の日

    2019/2/5(火) 午前 2:21

        妙見口駅 無性に雪を踏みたくなることがあります 毎年 この時期は仕事が忙しく 体力的にも大きな雪山を目指すことができなくなり ブログも休眠状態でしたが それでも 体が 本能が 雪を踏むことを欲することはしば ...すべて表示すべて表示

  • 190113 コートの天使

    2019/1/27(日) 午前 0:46

        久光のリベロ 戸江真奈ちゃん 春高のようなあどけなさ Vリーグの天使です しげさん推しの石井ちゃんは久光のエース この↑シャッターは しげさんとかぶった しげさんの方が上手に ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事