ここから本文です
山歩きのメッセージ
今年もがんばろう ニッポン

書庫全体表示

 
開森橋から芦屋川
イメージ 1


通いなれた芦屋川沿いコースだが
カモに誘われ はじめて橋を渡ってみると 新鮮な光景

この日は6月並みの陽気だった
イメージ 2



どこへ行ってもどんどん雪がなくなっていく中で 樹氷がなかった先週の【三峰山】の帰り
【武奈】行こや」そう言ったのはT♂先輩だった
ただ今週は土曜はダメ 日曜もいけるかどうかわからないとのことだったが
1週間プランニングに胸を躍らせていた
土曜日パッキングも終えたところへ電話が入る
先輩「なんとか明日行けそーや」
自分「よかったすね 武奈でいいすか?」
先輩「すまんが 疲れとるんで も少し近くでたのむ」
自分「じゃ Tさんの行きたいとこで」
先輩「場所はまかす」
自分「では金剛でも。。。」
先輩「どーせ雪ないやろ も少しゆっくり寝させてくれや」
自分「では Tさん決めてください」
先輩「まかすわ」
自分「丹生山系はどーすか?」
先輩「こないだ行ったとこやな」
自分「じゃ六甲にしましょ どこがいいすか?」
先輩「まかすわ」
自分「ほな集合までに考えときますんで。。。」

六甲も実線は行き尽くしていて 未踏は点線、無線のみになった
相当疲れてるみたいだし。。。
近くて低くて楽しい山といえば荒地山だが 【城山からの縦走路は以前T先輩とも歩いている】
単独のときにと思っていた【オーパスさん】の庭を訪ねることにしようか
東面は楽しそうなセミバリルートだらけだが
北尾根なら【urijiiさん】【ぶうちゃんママさん】の記事で雰囲気もわかってるし

最初の高圧線の真下 関電プレートには「城山へ20分」これも地図にないコースである
イメージ 3


2本目の高圧線の下には「落石注意」の看板 震災のなごり
左へ「×」と書かれた枝道や水場を見送る

正面に北尾根か
イメージ 4


芦屋川本流に滝が見えるとすぐ道畦谷堰堤
しばらく右岸道を登って偵察 南尾根へと続くのだろうか
堰堤に戻って渡渉

左岸にも上流に向かうしっかりとした道が。。。左股東尾根へと続くのか
イメージ 5


この道を左に見送ると芦屋川右岸道は急な登りとなり すぐに芦屋市街を見下ろすビューポイント

ここから山側の枝道が北尾根の取り付きに違いない
イメージ 6


いきなりの岩登りに心躍る
イメージ 7


ぐんぐん高度を上げる
イメージ 8


未整備だが迷うところはない
イメージ 9


南側の斜面が逆光に美しい
イメージ 10


イメージ 11


近づく稜線
イメージ 12


南側の山容をスナップしておく
イメージ 13


樹氷に負けないくらい。。。
イメージ 14


振り返るたびに芦屋の街が低くなる
イメージ 15


北尾根前方
イメージ 16


東尾根と南尾根だろうか
イメージ 17


気持のいい岩稜がつづく
イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


「北絶影岩 5分 行き止まり」と書かれている
イメージ 21


自分「5分やし 行きましょか」
先輩「絶影(ぜつえい)か。。。やめとこ」
(お疲れのようだ。。。)

そこから樹林帯に入り 斜度も緩くなり ほどなく芦屋ゲートからの一般道に合流
イメージ 22


荒地山 山頂
イメージ 23


六甲全山縦走路を北に見る
イメージ 24


なかみ山にもちゃんとプレートがあった
イメージ 25


なかみ山からすぐ 一般道を右に見送り 水場へ向かって少し下ると絶好の展望岩があるのでランチ
お疲れの先輩のために のんびりとくつろぐことにする

背景は最高峰
イメージ 26


しかしこの陽気 ロング缶にすべきだったと猛省(笑)
イメージ 27


背景は西おたふく山
イメージ 28


【沢の鶴 1.5カップ】は 日本酒度+6 270ml 


背景はガーデンテラス
イメージ 29


ワンカップを終え先輩が出したものは。。。
芋焼酎【黒霧島】 こんなミニボトルがあったとは。。。やられた

水晶谷
イメージ 30


五助尾根
イメージ 31


実線は走破したとはいえ 未踏の点線が課題

我が町池田市はインスタント麺の元祖 【日清 チキンラーメン】誕生の地
駅のちかくには【インスタントラーメン発明記念館】もある
だから マルちゃんの【赤いきつね】は見かけない
いつもは大好きな【どん兵衛】だが 新発売の【豚汁うどん】を発見

これはコストパフォーマンスの極めて高い一品である 寒い日の山のランチに最高だろう
イメージ 32


食後のコーヒーはワンカップに入れるのです
イメージ 33


この若い桜の花を見に来なければ
イメージ 34


東おたふく山のむこうは水無山か
イメージ 35


3種混合で2時間もだらだらしてしまったが そろそろ行かねば

自分「打越山と七兵衛山を経由するか まっすぐ降りるか どうします?」
先輩「10分程度の差やろ 踏んでいこや」
自分「イエッサー」(実際は小1時間ほど変わるのだが 黙っておく)

水場へと下り
イメージ 36


はじめて風吹岩に寄らず 横池北道から打越山へ
イメージ 37


打越峠の東から七兵衛山へ導くりっぱな道標ができて 取り付きも踏まれていた
イメージ 38


恐る恐る獣道に入っていったルートファインディングの楽しみは もうない

そんな七兵衛山
イメージ 39


八幡谷対岸尾根 地図に道はないがそそられる
イメージ 40


八幡谷
イメージ 41


下山路も二手に分かれ 以前は直降のガレザレを選んだのを覚えているが
トラバースの林間コースに導く道標ができていたので 今回はそっちへ
結構険しいが整備された関電巡視路のような感じ

水平道を金鳥山へ向かう森林管理道 水平な分距離を歩かされる
イメージ 42


金鳥山の下の展望台
イメージ 43



5000文字超えてしまいました >>> 後編につづく。。。


道畦谷概念図のつもり
イメージ 44


一番北の赤線の尾根は今回歩いた北尾根のつもりだが
その他はあくまで未踏ルートを想定するため尾根と沢とに色づけしただけの予想図であり
経験に基づく実ルートを示すものではありませんので。。。m(__)m
 
 

  • 顔アイコン

    さぶゆぐさん どーもー
    百コースですか。。。
    地図にある道だけでそれくらいありそうですね(^^;
    高座へのアプローチは結構急坂ですよね
    スロースターターの自分には 一番の難所です(^^;

    げん

    2009/2/19(木) 午後 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    さんきらいさん どーもー
    北絶景岩、、、いや絶影岩行かれたのですか
    もしや夏ではなかったですか?
    生い茂る木々の【影】に隠れてわからなかったのでしょうか(笑

    げん

    2009/2/19(木) 午後 11:44

    返信する
  • 2月とは思えない陽気、青空と気持ちのいい山歩きでよかったですね。
    ランチの場所、よく単独(男性)の方が休憩されています。
    昼寝してる人も見かけましたよ〜Σ(゜◇゜;)
    この日は「居酒屋げんちゃん」営業中だったんですね(*^m^*)
    TB毎度ありがとうございました♪

    ぶうちゃんママ

    2009/2/20(金) 午前 0:03

    返信する
  • 顔アイコン

    六甲は中学生の頃に歩いたきりなので、懐かしいというより新鮮です。このコースは全く覚えが無いし、楽しませてもらいました。
    いつもながら写真きれいですね。ポチっとね!

    さくら

    2009/2/20(金) 午前 0:09

    返信する
  • 顔アイコン

    六甲の実線ルートはすでに卒業ですかー。さすがですね!
    私は留年しまくってます(笑)
    芦屋の水場も最近は干上がっていることが多くて残念ですね。
    そのうち水場調査しようと(去年から)思っているのですが。。
    【黒霧島】ミニボトルは私の遠足の友で〜す!

    opus

    2009/2/20(金) 午前 0:10

    返信する
  • 顔アイコン

    ぶうちゃんママさん どーもー
    素敵なコース きっかけをありがとうございました
    ランチの場所は この日も1階席に単独の男性がおられたので
    2階席で2時間ほど営業しておりました(笑
    ぜひご来店を(^^

    げん

    2009/2/20(金) 午前 0:30

    返信する
  • 顔アイコン

    さくらパパさん どーもー
    そういえば麓の一般道ではよくワンちゃんを見かけますが
    さくらちゃんのように岩場を登るワンちゃんは
    あまり見たことないです(^^

    げん

    2009/2/20(金) 午前 0:48

    返信する
  • 顔アイコン

    げんさんは池田市ですか。小学校の鍛錬遠足で五月山に登ったのが
    山登りのお初体験だったと思います。
    六甲山、高校の時は地図をまっかかにしましたよ。
    おたふく山が広々としてすきでした。
    エビス・・うまそう☆”de凸ですよん。。

    コウ

    2009/2/20(金) 午前 0:59

    返信する
  • 顔アイコン

    オーパスさん どーもー
    ほんとに素敵なコースを知ることができ 感謝していますm(__)m
    オーパスさんは留年どころか飛び級で博士課程(無線)に行ってしまわれましたから。。。
    自分はやっと修士(点線)の公開講座科目履修生でしょうか(^^;
    芦屋川右岸の水場は全然でしたが なかみ山西野水場は元気でしたよ
    オーパスさん ワインの雰囲気ですが 芋も飲まれるのですね
    あ ミニボトルはランチのお友で 遠足にはフルボトルでしょ?

    げん

    2009/2/20(金) 午前 0:59

    返信する
  • 顔アイコン

    コウさん どーもー
    高校で六甲地図がまっかっかとは すごすぎる
    おたふく山は 傷みが広がってきて残念です
    エビスにポチありがとうございますー

    げん

    2009/2/20(金) 午前 1:17

    返信する
  • 顔アイコン

    疲れた先輩かわいそうに!打越山の登りと下り結構嫌なコースだったと覚えています。
    それにしても2時間も上で楽しんであそこまで回るとは・・
    元気なげんさんに(かわいそうな先輩と)にポチ

    [ うりじい ]

    2009/2/20(金) 午前 8:13

    返信する
  • 顔アイコン

    六甲山も隠れ道が沢山あるんですね。ポチッ!!
    ‘07.11月に凪川・甲山森林公園から観音山〜ゴロゴロ岳〜奥池〜東おたふく山〜北山〜石宝殿〜六甲山〜風吹岩〜芦屋〜凪川を12時間で歩きとおしました
    その後、西宮・みどり温泉に入り帰宅しました。六甲の経験はこの一回だけです。
    獣道歩きなど楽しいでしょうね。比叡山では良く遣りましたが、遠い昔のことです
    比良山系でしたら京都地下鉄・国際会議場まで来て頂いたらご一緒しますよ。坊村までは50分で着きます。遠慮なくどうぞ!!

    yama

    2009/2/20(金) 午前 10:26

    返信する
  • 懐かしい芦屋川・・・○○年前にロックガーデン目指して歩きましたね〜
    阪神大震災もあったし、今でもロックガーデンはあるのかしら?
    六甲山にも多くのコースがあるのですね

    yokko

    2009/2/20(金) 午後 6:20

    返信する
  • 見事に、雪がありませんね。
    まるで、春のよう と思いました。
    ところで、武奈は、行かれたのでしょうか。
    雪 まだ いっぱいありそうです。
    ポチ☆☆

    あかね

    2009/2/20(金) 午後 10:30

    返信する
  • 顔アイコン

    urijiiさん ありがとうございました
    おかげでいいコースに出会えました
    やみつきなりそーなとこですね(^^
    疲れた先輩もちょーどよかったみたいです(笑

    げん

    2009/2/20(金) 午後 11:13

    返信する
  • 顔アイコン

    yamaさん どーもー
    すごいコース歩かれましたね 自分の2回分です(^^;
    ぜひ全山縦走(須磨〜宝塚 56km)にチャレンジしてみては
    いかがでしょうか(^^;
    比良。。。ぜひジョイントおねがいいたします!!

    げん

    2009/2/20(金) 午後 11:24

    返信する
  • 顔アイコン

    yokkoさん はじめまして
    ロックガーデンは健在で 今でも六甲のダイヤモンドコースです
    何回歩いてもまた歩きたくなるすばらしいコースですね!
    よろしくおねがいいたします

    げん

    2009/2/20(金) 午後 11:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ここは表六甲ですから 今年は雪は1度も積もっていません(^^;
    武奈はあきらめておりません
    今夜は新雪がありそうですね(^^

    げん

    2009/2/20(金) 午後 11:34

    返信する
  • 顔アイコン

    比良の事ならお任せくださいな〜んちゃって!!
    お誘い頂く折は、yamaブログの最新版に書き込んでいただければ、お返事いたしましす。出来るだけ天気の良いときが良いと思いますので、実行日にその日に近いほど良いと思います。楽しみにしています。
    待合場所は、京都地下鉄・国際会館前でお願いします。

    yama

    2009/2/22(日) 午前 11:42

    返信する
  • 顔アイコン

    yama隊長 ラジャーです(^^

    げん

    2009/2/22(日) 午後 6:52

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事