ここから本文です
山歩きのメッセージ
今年もがんばろう ニッポン

書庫全体表示

記事検索
検索

全168ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 
 

剣尾山の前衛 行者山から眺める三草山(左)と滝王山(右)

イメージ 1


ネットで調べてみたら どうやらシジミチョウの幼虫のようだ

イメージ 2

まさか ゼフィルスの可能性はないだろうか

今日もT先輩と

イメージ 3


六地蔵

イメージ 4


イメージ 5


よかさんから教わっていなければ 蛾と思っただろうミヤマセセリ

イメージ 6


剣尾山頂で小宴

イメージ 7


歓迎してくれたヒョウモンにカンパイ

イメージ 8


曇り予報だったので熱燗酒にした

イメージ 9


イメージ 10


鶏白湯 旨かったです

イメージ 11


高見石から見下ろす白駒池の如し

イメージ 12

望遠で近く見えるが湖畔まで30分の下り
過去の3度は横尾山縦走の西ルートで下ったが
今回ははじめて東ルートを選択
初踏ルートなので 小宴もほどほどに

美しいイモムシは必ずしも美しい蝶にあらず

イメージ 13

この子は枯葉に擬態する蛾 タケカレハになる

一庫ダムに注ぐ猪名川源流の一庫大路次川に沿って自然歩道を下る

イメージ 14


イメージ 15


思いがけないクリンソウとの出会いに感無量

イメージ 16


イメージ 17


このあと自然歩道は尽きて 長い長い車道歩きとなる
車道といっても車も走らず人も訪れることがないので
アスファルトの自然歩道といった趣だ

白い藤

イメージ 18


遥か高みは妙見山か

イメージ 19


タニウツギ

イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


ヤマボウシ

イメージ 23




のせでん山下駅 8:35(阪急バス)
9:10 行者口BS 9:15
10:10 ▲行者山(469m)
11:05 六地蔵
11:10 東登山道分岐
11:20 ▲剣尾山(784m) 13:20
13:25 東登山道分岐
13:50 東登山口 14:00(おおさか環状自然歩道)
15:07 阪急バス宿野BS 15:07

天候: 晴れ
メンバー: T先輩、げん(2名)



概念図

イメージ 24

 


■剣尾山メモリー



 
 
現地最寄りのセブンで停車して朝食と調達とWCの予定
しかしながら驚くべき事態
冷やし麺のコーナーが空っぽ
午前9時で早くも売り切れ
金曜から30度超えを予告されていた猛暑日
考えることは皆同じであった
5分戻ったファミマでなんとか調達できた

渋滞もなかったので予定通りの10時出発だが
終始日陰のないこの山は すでに過酷な時間帯に入っていた
 

サトキマダラヒカゲではなく たぶんうれしいヤマキマダラヒカゲ

イメージ 1

(足場の関係で近づけずトリミング)

名物 馬の背尾根から稜線へ

イメージ 2


今日もパートナーはT先輩

イメージ 3


稜線から馬の瀬尾根を見下ろす

イメージ 4


高御位山へはアップダウンを繰り返す

イメージ 5


ツマグロヒョウモン 君に会いに来た

イメージ 6


わたしも撮ってと寄ってきたキアゲハ

イメージ 7


地味だけど姿は同じニワハンミョウ

イメージ 8


ツマグロヒョウモン 表がヒョウ柄

イメージ 9


イメージ 10


山頂西峰から東峰を

イメージ 11


ノンアルで冷やし麺を流し込み しばし撮影

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


そういえば オスしか見ていない

イメージ 16


下山中の長尾尾根から頂上を振り返る

イメージ 17

(左上の壁は しげさんと遊んだバリエーション)

山火事からの再生プロジェクトでしょうか

イメージ 18


たった1輪のシラン(紫蘭)は風で止まらない

イメージ 19


里まで下りると ヒメウラナミジャノメ

イメージ 20


キチョウのデート

イメージ 21


シロツメグサより少し小さい クロシジミに似ているが?

イメージ 22


イメージ 23





8:15 中国池田IC(中国道〜山陽道)
8:45 加古川北IC
9:05 セブンイレブン 9:10
9:15 ファミマ 9:35
9:45 鹿嶋神社駐車場 9:55
10:40 稜線 10:45
12:00 ▲高御位山 13:00
13:35 里山
14:15 駐車場

天候: 快晴(夏日)
メンバー: T先輩、げん(2名)



イメージ 24



▲高御位山メモリー

 
 
>>>俺たちの旅


イメージ 1



大開駅前 9時開店の関スパで集合
恒例の買い出しも楽しみのひとつ
あーだこーだと言いながらも 互いの好みは知り尽くしているから
結局いつも同じようなメニューにおちつくのだ


今年はこどもの日まで待てなかったようだ

イメージ 2


六甲界隈にもハンミョウが

イメージ 3


保険の1枚のトリミング もう1歩で逃げました

イメージ 4


箕面地ビールを飲ませてやりたかった

イメージ 5


定年退職記念品のチタンのカップでカンパイ

イメージ 6


定年祝いにヒレステーキを焼いてもらう

イメージ 7


箕面麦酒のあとはエビス×5

イメージ 8



日本酒の肴

イメージ 10


穂高遠征のお土産

イメージ 11


秘密の東屋

イメージ 12


イメージ 13


スパ茹で水 汲んできたど

イメージ 14


固さもばっちり 昭和のイタリアン

イメージ 15


撤収してお散歩

イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


藤を撮りたかったのだが

イメージ 19


イメージ 20


蝶の園(勝手に命名)で

イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


「ふーっ」ってせずに 息止めて待ちました

イメージ 25


ナガサキアゲハ(神戸なのに)

イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29



穂高では入山も下山も雨に濡れたはず

疲れているはずなのに 無理しやがって

イメージ 30


ありがとう しげさん




9:00 大開(関スパで買い出し)9:41
9:55 須磨浦公園 10:05
10:40 旗振茶屋 10:50
高倉台(行動食休憩)
12:00 ▲栂尾山 12:05
12:45 須磨離宮公園東屋 15:50
16:20 蝶の園 17:10

天候: 晴れ
メンバー: しげさん、げん(2名)




GWメモリー







 
 
イメージ 1


苦しいアプローチでした
甲陽園から北山緑化植物園までの車道歩き
さすがに六甲なので結構な傾斜を登りますが
連休とあってドライブデートの車で渋滞
ストップ&ゴーを繰り返すので排気ガスが半端ない

何年か前に下山で試みたが入り口が不明瞭であきらめたルート
今回は下から狙うが 芦屋のような住宅街の一角に登山口
小さな目印は手作りで 自治体は関与しないルートのようだ

前半はシダのザレ 後半はハイマツのような低木で
終始視界がすっきりしていて気持ちのいい尾根道
かなりの斜度でぐんぐん高度をあげていく


ガベノ城にて

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


今日もパートナーはT先輩(展望所にて観音山方向)

イメージ 5


ごろごろ岳縦走路に出ると 右に左に枝道が多いが
観音山までは稜線を忠実にたどる


鷲林寺に下って北山貯水池へ

イメージ 6


北山池まで標識が乏しいので読図と直感が必要

北山池(南北に3つの池)の中池の南畔で開宴

イメージ 7




フライパンを忘れたので 炙り網にアルミホイルで応急

イメージ 10


水辺の宴は最高です

イメージ 11


と、そのとき

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


青春してますな

イメージ 15


メインディッシュはセブンの「ほっけの塩焼」

イメージ 16


当分仕事はないのでセブンのつまみにんにく

イメージ 17



イメージ 19


横浜ラーメンで締めた

イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


甲陽園線は単線でした

イメージ 24

カーブが多くスピードを出さずにがったんごっとん
のんびり走る風情が 都会の喧騒を忘れさせてくれました




8:49 甲陽園駅 9:00
9:30 緑化植物園
9:45 剣谷登山口 9:55
10:05 P333
10:45 ガベノ城 10:55
11:10 展望所
11:50 ▲観音山 12:00
12:15 鉄塔
12:30 鷲林寺
12:55 貯水池
13:25 北山池中池南岸 15:35
15:50 甲陽園駅

天候: 晴れ
メンバー: T先輩



概念図

イメージ 25

 
 
 

190421 三草山 花見歩き

 
 
イメージ 1


この日はマイカーではなく阪急バスでアプローチ
森上BSから長谷川をたどり 長谷の棚田から登ります

生まれたて? 白い新芽

イメージ 2


初ベニシジミ

イメージ 3


気持ちのいい春です

イメージ 4


離れる瞬間を待ちましたが 息がつづきません(^^;

イメージ 5


さとやまの自慢でしょう

イメージ 6


春紫苑(ハルジオン)

イメージ 7


現役の茅葺屋根

イメージ 8


イメージ 9


牡丹(ボタン)?

イメージ 10


姫踊子草(ヒメオドリコソウ)と獣除け電線

イメージ 11


イメージ 12


ツル系のようですが 何だろう

イメージ 13


緑のグラデーションが始まりました

イメージ 14


土筆

イメージ 15


自分的には里山のシンボル 蓮華草(レンゲソウ)

イメージ 16


大きな花弁でしたがこれも桜?

イメージ 17


今日もゆるゆるにつきあってくださる健脚T先輩

イメージ 18


美しいけど枯れ色?

イメージ 19


サイノカミ峠の菫(スミレ)は【純恋】とも書くのですね

イメージ 20


三草山山頂の桜は終わりかけ

イメージ 21


イメージ 22


山頂広場を貸切かと思いきや

イメージ 23


お犬さまがやってきた

イメージ 24


戌年のげん様になつかない犬はいない
(ちなみに重度のネコアレルギー)

セブンの枝豆は藻塩使用で汗かき時には最高
イメージ 25


今回のホタテは缶つま 北海道・噴火湾産ほたて燻製油漬
イメージ 26

(これもセブンで買えました)

菊水のスチール缶はチロリ代わり この日の酒は一ノ蔵 本醸造 超辛口
イメージ 27



メインディッシュはやっぱりセブンの さわらの西京焼
イメージ 29

ちなみに大根おろしもセブンです

朝ドラ「まんぷく」もめでたく完結しましたので 〆もカップヌードルを離れてみた
イメージ 30

セブンの中華そばはカップヌードルにはないリアル中華そば味を実現しています



ゼフィルスの森から下山して 慈眼寺にて

イメージ 31


イメージ 32


秘密の花園に立ち寄ります

イメージ 33


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


二輪草(ニリンソウ)が残っていました

イメージ 37





8:20 のせでん山下駅 8:35(阪急バス)
8:53 森上 8:55
11:00 サイノカミ峠 11:10
11:30 ▲三草山頂上広場 13:15
14:00 慈眼寺 14:15
14:40 秘密の花園 15:00
15:10 森上 15:15(阪急バス)

天候: 晴れ
メンバー: T先輩、げん(2名)



概念図

イメージ 38

 
 
 

全168ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事