ここから本文です
釣行記や手作りアイテムの情報を中心に発信していきたいと思います。
 この週末は低気圧通過による雨と強風で釣行できませんでしたが、気になるのは雨後の琵琶湖河川の状況…。というわけで、またまた新幹線からの川見です。

野洲川

イメージ 1

 先週よりさらに水量が増えています。この時点の野洲観測所の水位は丁度0.0m、前回6/10の状態から+40㎝です。旭化成堰堤はガン流れになるのでもう少し水が引かないと辛い感じですね。

日野川

イメージ 2

 ここは上流に3つも頭首工があるので水位は安定しています。濁りも悪化していませんね。この上流、安吉橋(あぎばし)付近までは上っているとの情報です。

愛知川

イメージ 3

 先週瀬切れしていた愛知川もたっぷりの水量です。河口付近では釣れているそうですから、本流も国道2号線あたりなら釣りになるかもしれません。

宇曽川

イメージ 4

 ここも日野川同様水位は安定しています。マジカやコイの邪魔は入りますが、風船ダムから下流にかけてコンスタントに釣れているようです。

犬上川

イメージ 5

 瀬切れが収まりました。この時点で宇尾大橋水位は1.0mで先週から40㎝の増水です。

イメージ 6

 この水位だと名神下あたりは河原がほぼ水没して流心は激流になるので今は釣り困難だと思いますが、この程度の水位がずっと続いているので、上流まで一気に上った可能性もあります。ただし、名神上の大きな落差工を越えるレベルではないから金屋水門直下はまだかも。少し水が引いて宇尾大橋水位で+80㎝を切ったら名神付近はイケるのでは?とにらんでいます。

芹川

イメージ 7

 先週時点から15㎝の増水で、引き水もゆっくりです。山に十分水が行き渡り、伏流水が出始めているのでしょう。このぐらい水位があれば流し釣りもやりやすいと思います。芹川はすでに8号線カミまで上っていますから、青ノロが少ない瀬を狙えばイケそうです。

イメージ 8

 6/16は京阪神ではあまり強い雨はありませんでしたが、湖北では日本海の低気圧が巻き込む風でこのように北西から南東方向に線状降水帯が発生し、そこそこの雨量となったようです。知内川も最大で+26㎝まで増水していますが、微妙な水位です。ヤナのスダレが越流で見えなくなるぐらいの増水でないとなかなか一気には遡上しないので、知内の状況が改善したかは微妙ではないかと思います(^^;。

 鮎が上るには水温や濁りなど色んな要因があるので、実際のところは行ってみないと分かりませんが、状況は良くなっていると思います。今週末あたりから近畿地方も梅雨らしい天気になりそうですし、いよいよ…と言うかやっと、川の小鮎釣りが本格化してくれそうです。

 …ただ、今週末は先約があって海釣りの予定なんだよな、わし…(笑)

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 湖東河川を時速285km川見

    2019/6/11(火) 午後 8:24

     今週も関東方面で仕事なので、 湖東の川を新幹線から撮影 してきました。 6/10午前8時前の映像 ですので、雨の前の状態です。 野洲川  前回涸れる寸前だった状態からだいぶ水が増えました。 ...すべて表示すべて表示

  •   関西も梅雨入りか と思われましたが空振りで河川の渇水は改善せず、浜の鮎も不調… 小鮎釣りに行くところがありません(;_;)。 でも折角の休日何かしら竿は出したい…というわけで6/8(土)、 こちらの記事のポイント へまた アジ狙いで釣行 ...すべて表示すべて表示

  • 湖西奔走の記(^^;

    2019/6/1(土) 午後 0:16

     5/31、仕事が休みでしたので 湖西をあちこち偵察 してきました。ざっくりまとめると、 「川は渇水でダメ、浜に鮎は居るけど餌を追わなくなっていて厳しい状況」 です。  まずは 高島鴨川、天皇橋 へ…なんじゃこらor ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事