ここから本文です
釣行記や手作りアイテムの情報を中心に発信していきたいと思います。

書庫全体表示

久しぶりの知内川

イメージ 1

 七夕の7/7、2ヶ月ぶりに天の川ならぬ知内川へ釣行しました。持ち帰り分は53尾711g、1尾あたり13.4gでデータ上は芹川や犬上川より大きいですが、今回私は大きめの鮎だけ自動で仕分けて小型はリリースするシステムを使っておりましたので、湖東の方が平均して大きいと思います。

イメージ 2

 自動仕分けシステム、これです…ってビク(100均ランドリーバッグ)に穴開いとるだけやがな(笑)。平均時速30尾ぐらいの感じで6時〜11時の5時間でしたから150以上は釣ってるんですが、この穴を通る小さめの100尾ばかり自動リリースしちゃいました(笑)。実は、釣ってる割にビクに溜まんないから点検して気付いたんですが、今週ずっと出張で沢山持ち帰っても消費できないので、穴を抜けられない塩焼きサイズだけ残ればいいやと意図的に放置してました(^^;。

イメージ 3

 午前5時半頃、上開田橋カミに到着。堰堤からシモにかけて、何人か既に釣り始めています。

イメージ 4

 シモの方も点々と釣り人がいます。空いてる隙間に入らせて貰いました。

イメージ 5

 平瀬から中洲脇の急流に変化する、こんなポイントです。実はこの記事の場所と同じところです。

イメージ 6

 渇水のように見えますが、名無し橋堰堤を見る限り平水です。今回のポイント、以前はもっと川幅が狭くて水深があったのですが、昨年の台風で土砂が流れ込んで平たく浅くなってしまいました。

イメージ 7

 左岸から川の中ほど迄は足首ぐらいしか水深がありません。屈折による錯覚で向こう岸まで浅いようにみえますが、実は右岸側は少し深く掘れているので、そこを狙うとウキがポコポコ。連でゾロリは少ないですが、毎投アタリはあります。

イメージ 8

 サイズは10cm前後が中心で1/3ほど12cmアップ、時々こんな15cmぐらいが混じります。

イメージ 9

 今回久しぶりにコレ使いました、当ブログの第1回でご紹介した、廃パイプ椅子をリユースしたランドリーバッグスタンド。100均ランドリーバッグは流れに押されて倒れてしまうので石裏のタルミに入れたりしますが、このスタンドを使うとこんな川の真ん中でも問題なく置けます。

イメージ 10

 取り込んだら、こうやって背もたれ部分に仕掛けを引っかけてランドリーバッグの上で魚を外せば、魚が上鉤に掛かった時でも下鉤がランドリーバッグに絡む事もなく、ポロリしてもビクに入るので便利です(^^)。実は一昨年のシーズン終了後、物置に収納しといたら嫁がその上に荷物積んじゃって行方不明になってたのです、これ(笑)。

イメージ 11

 8時を過ぎると普通のアジ鉤金銀白パールではアタリが遠くなってきたので、仕掛けを色々変えてみます。良かったのはチカ鉤2号白パールと満月さん開発「緑虫」(^^)。白パール仕掛けに比べて、割と大きめの鮎が掛かる率が高いです(^^)。

イメージ 12

 拡大するとこんなの。小アジ鉤0.5号に緑ラメを下巻きし、生成のシルクスレッドを巻いた鮎バケです(^^)。普通の鮎バケよりは作るの簡単です。

イメージ 13

 もちろん、普通の鮎バケにも来ます。チンチン釣りじゃなくて普通の琵琶湖式流し釣りに使ってもよく釣れます、師匠には邪道って言われそうですが(^^;。

イメージ 14

 だんだん風が強くなってきて竿が振りにくくなってきたし、陽が差すと暑いので11時納竿。遠くを眺めてみると緑も空の青もすごく濃い色、夏の景色になってきました…やはり知内川はいいなぁ(^^)。犬上川と違って蚊だの虻だの山ヒルだのがほとんどいないのもメリットですね(^^;。

イメージ 15

 最大で16㎝ぐらい、犬上川の鮎に比べるとややスレンダーでしょうか?でもいい色してます。

イメージ 16

 とりあえず、15㎝以上のは塩焼きで頂きます。このサイズになるとだいぶ頭が硬くなっています。あと、うっかりビクを砂地に置いて、その川上側に立って釣っていたので、足で巻き上げた砂を少し噛んでしまっていました(^^;。気を付けないと折角の香りのいい鮎が台無しです、今日はミス多いなワシ(^^;。

イメージ 17

 12㎝クラスのはフライにしてみました。開いて骨取りしたのと、ドレス(頭と胸鰭、カマ、内臓を取ったもの、ヘッドレスの略)で揚げたのと両方作ってみましたが、ドレスでも中骨は気にならず美味しいです。タルタルソースやウスターソースでもいいですが、カラシ醤油も結構合います。

イメージ 18

 小さめのは唐揚げにしてエスニック風南蛮漬け(^^)。唐揚げを香味野菜(タマネギ、ニンジン、ピーマン、パプリカ)の千切りと一緒にタイの調味料・スイートチリソースで和えるだけなので、南蛮酢作るの面倒な時とか少量だけ作る時にはオススメです。スイートチリソースでは甘すぎると思う方は、少しポン酢を混ぜると良いです。

イメージ 19

 知内川は先月末の雨でヤナが開いてから、あまり大きな増水がないので少し型も数も下降線のようです。でも橋の上から見るとたくさんの魚影が見えますから、まだしばらくは楽しめるのではと思います(^^)。

  • 自動選別機
    笑いました(^^)
    私は土曜日に芹川に行って来ました
    15センチ越えが3本針に
    三匹掛かってなかなか上がらなく楽しかったです

    [ sumireパパ ]

    2019/7/8(月) 午後 11:25

  • 顔アイコン

    地内に昨日行ってきました。
    水位が下がって根がかり連発でした。

    [ シミヤン ]

    2019/7/9(火) 午前 7:31

  • 顔アイコン

    お疲れ様
    オートリリースは良いですね。笑
    まあ、釣ったときにリリースすればいいんですが
    とりあえず魚篭に入れちゃう事ありますよね。笑

    ヒコ

    2019/7/9(火) 午前 7:35

  • 眩影さん、西川ニッカです。お疲れ様でした!
    時速30お見事です!ランドリーネットの自動リリース穴(?)、私もよくやらかします(笑)私はカウンター使うので帰って数数えてから大抵穴に気付きます(涙)。洗濯ネットカバー、良さ気ですねー!私も何かで代用してみたいと思いますー。知内川は一本大木の下か寺久保橋下しかやったこと無く、上開田橋上付近はまだ見ぬ未開拓地です。いつも混んでて足が向かなくて、、、綺麗な場所ですね!アユも綺麗!私も満月さんこ緑虫を作りたいと思い毛鉤用か何かの緑色の糸を買ってきましたが巻き方分からず。クルクル巻いて瞬間接着剤で固定して作ろうかと思ってます

    [ nis***** ]

    2019/7/9(火) 午前 8:30

  • 顔アイコン

    今回は入れ替わりで犬上いってました。笑笑
    やっぱ知内いいですね。
    自動リリース判別機、さすがおさかなにやさしい
    ですね。

    [ 右京 ]

    2019/7/9(火) 午前 10:15

  • > たけたけさん
    犬上川も好調のようですね(^^)。あそこの蚊はなかなか強烈です、先週刺された跡がまだ痒い(^^;。金屋の南に蚊野って地名があるぐらいだから、昔から凄いんでしょうね(^^;。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 10:57

  • > mot*r*ku*nさん
    木曜は雨予報ですがどうでしょうねぇ、梅雨の降雨は読めないので何とも(^^;。でもそろそろ末期ですから、太平洋高気圧が勢力を増せば大雨が期待できますね(^^)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 10:59

  • > 釣吉&鮎吉さん
    見て頂いてありがとうございます(^^)。なるべく文章は短く簡潔に、写真は多く、結論は先に…という、業務報告のクセが意外な所で役に立ちます(笑)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 11:02

  • > 満月さん
    実にいい景色です、「ぼくの夏休み」に出てきそうな正しい日本の田舎風景ですね(^^)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 11:03

  • > sumireパパさん
    湖東も好調のようですね、知内川はドッと降らないと大きく改善しませんが、ヤナのない川は水位が安定してれば継続して上ってきますし、大雨が無いなら湖東有利の状況かもですね。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 11:05

  • > シミヤンさん
    最近はチューブラセンをメインで使ってます、知内川、犬上川は花崗岩なので角が立った石が多く、根掛かりしやすいですからね(^^;

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 11:07

  • > ヒコさん
    ダメージ受けた個体はリリースしても死んでしまいますから、こうやって元気な奴だけ逃げられるビクに一旦入れるのって案外アリかもと思いました(笑)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 11:08

  • > 西川ニッカさん
    以前、ラメを巻く代わりに緑のマーカーで塗ったマッキー鉤っての作りましたが、それにシルクスレッド巻けばいけそうに思います(^^)。試作してみますね(^^)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 11:11

  • > 右京さん
    次は湖東かなぁと思ってます、また入れ違いになったりして(笑)

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午前 11:12

  • 顔アイコン

    眩影さん

    こんにちは、私は3日に上開田橋下の堰堤で投網で取っていました。釣っていた人がたくさん釣っていました

    まだしばらくいい型のアユが釣れそうですね。
    いつも上手に料理されていて、とても参考になります。

    やっぱり知内の景色は最高にいい処ですね。

    ボブ

    2019/7/9(火) 午後 5:03

  • > ボブさん
    犬上川や芹川も好きなんですが、やはり知内川の景色や雰囲気が好きです(^^)。私ん家からだと芹川も知内川も大体片道100kmなんですが、知内川の方がバイパス道通る分速いですし(^^;。鮎のフライは割といけますね、天ぷらより量食えます(^^)。同族のワカサギやシシャモのフライは定番ですし、不味かろうはずがないです(^^)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午後 7:11

  • アバター

    この毛鉤を知り、昨年から岩手の沿岸河川で鮎釣りを楽しんでいます。
    以前は友釣りでしたが、気楽に釣行出来て釣果もあるこの釣りにハマっています。
    昨日は、潜水艦のように、なかなか浮かび上がらない大物が掛かり
    懸命にやり取りした挙句、すっぽ抜けてしまいました。
    針が小さい宿命なのでしょうか。
    でも、この釣法は目にうろこ。楽しいですね(≧▽≦)

    パサ君

    2019/7/9(火) 午後 9:21

  • 顔アイコン

    > パサ君さん
    おお、東北ですか(^^)。いいなあ、潜水艦のような鮎…琵琶湖河川ではこの記事のように束(100尾)は当たり前で、鑑札もいらない代わりに型のいいのは期待できません(^^;。

    バケは小さいほど大きい鮎が追いますが、鮎は頭部の前半分は軟骨なので深く掛からない小鉤ではどうしてもバレますね。Fさんに特注すればカエシのある鉤に巻いて頂けますよ(^^)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/9(火) 午後 9:30

  • 顔アイコン

    湖東も湖西も小鮎釣り本番の感じですね。大阪から近い野洲川が
    奮わないのが残念です。そろそろ梅雨明けでこれから暑さとの戦いですね。

    みさき爺

    2019/7/10(水) 午前 8:55

  • 顔アイコン

    > みさき爺さん
    野洲川は一番よく釣れる堰堤周りのポイントに入れなくなりましたからねぇ…当初はよくあるタダの注意だろうと思ってましたが、警官が定期的に回っていてホントに入れないようです。何度も事故ありましたもんね、あそこ(^^;。

    [ 眩影 ]

    2019/7/10(水) 午後 8:57

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事