ここから本文です
釣行記や手作りアイテムの情報を中心に発信していきたいと思います。

書庫全体表示

イメージ 1

 7/21、義父の船で出漁予定だったのですが台風5号のウネリのため中止に(^^;。う〜んどうしよ、小鮎釣りも水位が高すぎてコンディションいまいちだし…そういや、例年通りならそろそろサヨリが釣れ始めるよな…と思って情報収集してみるとちょうど武庫川尻で釣れ始めた様子、速攻で行ってきました(^^)。結果から言うと午前5時〜9時半の4時間半でサヨリ15㎝〜30㎝を39尾となかなか好調でした(^^)。

イメージ 2

 中心サイズは23〜25㎝、小さいのでこのぐらい、20㎝です。サイズ感が分かるように素手で掴んでますが、サヨリはウロコが剥げやすく手がウロコだらけになるので、フィッシュグリップがあると便利です。

イメージ 3

 今釣れているのは「フルセ」と呼ばれる越冬した昨年生まれのサヨリなので、型が良いです。昨年のこの時期はサンマぐらいあるジャンボサイズが釣れた代わりに数が少なく、釣れるかどうかは「当てもん」だったのですが、今年はやや小型が多いものの数が多いです。上が「エンピツ」と呼ばれる今年の新子、まだ鉤に掛からないサイズが多くてこれ1尾だけでした。もう1カ月もすればこの新子が20㎝前後に成長して秋にかけてサヨリ釣りの最盛期となります。下がフルセの最大サイズ、ジャスト30㎝です。

イメージ 4

 ここは知内川同様釣れてる情報が流れるとサヨリストが集結するので、午前5時前に現場入り。既に地元の常連さんズが好ポイントの排水口周りに陣取っています(^^;。下流一帯はまだ空いてるので、とりあえず全長500mほどある釣り場の中央あたりに陣取ります。

イメージ 5

 まだ薄暗くて投げてもウキが見えないのですが、私はサヨリは感触でアタリ取る派なので問題なし(^^)。仕掛けをキャストして糸フケが出たら取る程度のデッドスローで引いてくるとカツン!カカッ!という鋭いアタリ、クンッと軽く竿を立てると掛かったサヨリが飛沫を上げます。パニックを起こしたように右へ左へ走り回る引きはスレンダーボディに似合わずパワフルで結構面白いです。水面から6mもある高場なので、足元まで寄せたら一旦竿先を下げて一気にゴボウ抜き。今期初サヨリは、腕をいっぱいに伸ばさないと全身が写らない28㎝ぐらいの良型でした(^^)。

イメージ 6

 私の仕掛けはこちらの記事でご紹介している関東仕掛けです。硬いイシダイ用ワイヤと硬質FIXパイプで出来た「しなる1本天秤」なので投げ絡みはほとんど起きません。ジェットカゴ部分は写真に示すように半遊動になっているのでサヨリのアタリをダイレクトに捉えられます(^^)。先端の自動ハリス止めにハリス0.8号40㎝を結んだ投げ専用キス6号を繋ぎ、サシエはイカそうめんを米粒大に切ったものをチョン掛けです。

 この仕掛け、欠点はFIXパイプ内に塩分が残るとワイヤが錆びて切れてしまうこと(^^;。帰ったら流水で洗って真水に漬けて塩抜きしないと、しまいには投げた途端空中分解します(^^;。

イメージ 7

 時々メチャクチャ遠投しまくる人がいますが、このポイントの場合魚が散るだけなのでふわっと軽く20mぐらい投げればいいです。この日はこの写真ぐらいの距離、10mそこそこでよくアタりました。ピックアップ寸前に竿下で食うこともよくあります。

イメージ 8

 午前8時ぐらいには5m間隔でズラッと釣り人が並ぶ大盛況になりました。場所取りの問題もありますが、混むと釣れ止むのが早くなってしまうので週末は早く出てくるに越したことはありません。100人もの人が一斉にアミエビを撒くので、サヨリが満腹になってしまって食わなくなるのです(^^;。この日も9時を過ぎるとほとんどアタらなくなりました。さばいてみると、どのサヨリも腸がアミエビでパンパンになってました(^^;。

イメージ 9

 アタリが遠くなってきたし、雲の隙間から日が差すとメチャクチャ暑いので9時半に納竿。梅雨空の上ではもう真夏が出番待ちしてるんですねぇ(^^;。このポイントはほぼ南北に流れる武庫川河口の左岸側なので、夏場の午前は背後からガンガン日が当たりコンクリの照り返しと輻射熱でハンパない暑さになります。釣行される方は熱中症対策は万全になさってください(^^;。

イメージ 10

 あと、この釣り場は路駐する人が多いですが、土日は必ず午前8時過ぎに警察が駐車違反の取り締まりに来ますので、荷物を下ろして場所取りしたら武庫川渡船の駐車場に入れておくのが安心です。クルマと釣り座の往復用に折り畳み自転車を積んでくる人もいらっしゃいます。料金はこの写真の通り、私みたくがっつり釣っても500円です(^^)。

  • 顔アイコン

    流石に眩影さん、経験と引き出しの多さでどんな状況でも楽しまれますね!サヨリのお刺身、食べたいなぁ、、笑笑

    [ 満月 ]

    2019/7/22(月) 午後 6:52

  • 顔アイコン

    眩影さん、西川ニッカです。サヨリが始まったのですね、嬉しい知らせです!ムコイチには太刀魚やアジ狙いでちょくちょく行くのですが、サヨリ狙いでも武庫川渡船駐車場が使えるのですね。良い情報ありがとうございます!私は良くハンペンを細いストロー抜きにしたエサでやりますが、サシアミより持ちは良いですが、イカの持ち具合には敵いません。はよサヨリちゃんにも会いたくなりました。

    [ 西川ニッカ ]

    2019/7/22(月) 午後 6:56

  • 顔アイコン

    眩影さん

    こんばんは、もうサヨリ釣れていますか!
    新子は鉛筆サイズしか釣れないのではと思いきや、
    古瀬の30cmも釣れていいですね。

    サシエがイカそうめん米粒大でつけて釣れれば
    餌持ちもよくていいですね。

    大きいのは刺身でしょうが
    サヨリのフライも、美味しいですね!

    ボブ

    2019/7/22(月) 午後 7:13

  • お疲れ様
    おお、大漁ですね。笑
    やはり去年はサヨリの成長が良くなかったようですが、数が釣れればええですね。
    その辺りでは、昨年の個体はいつ頃まで釣れますか?
    真夏から真冬までサヨリも長く釣れる魚ですね。笑

    ヒコ

    2019/7/22(月) 午後 9:24

  • 顔アイコン

    > 満月さん
    引き出しが多いというか気が多いのですね(笑)。そろそろ明石のケンサキイカもシーズンインだし、キスとかアジもいいし、夏タチも…とか言ってると、体と休みが足りません(笑)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/23(火) 午前 9:49

  • 顔アイコン

    > 西川ニッカさん
    武庫川渡船の駐車場へ行く時通る堤防一帯がこのサヨリポイントです。飛ばしサビキでアジやサバも釣れますよ(^^)。以前はサシエにイシゴカイ使ってたのですが300円分買っても使い切らないので、試しに小鮎釣りで使うのに冷凍してあるイカそうめんでやってみたら、普通に釣れるもんで以来これ一本です(笑)。余っても自分のエサになるし(笑)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/23(火) 午前 9:49

  • 顔アイコン

    > ボブさん
    いつも、シーズン当初はフルセが釣れて、新子が大きくなるにつれてフルセは姿を消しますね(^^;。イカそうめん、2亞僂阿蕕い忘戮く切って小鮎の鉤に刺してもいけますよ(^^)。サヨリは鳥皮でも釣れます(^^)。今回のサヨリは刺身とフライと酒干しにしました、どれもお酒進みますね(^^)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/23(火) 午前 9:49

  • 顔アイコン

    > ヒコさん
    武庫川尻でフルセが釣れるのは、釣れ始めの1カ月ぐらいですね、お盆過ぎると新子がメインになり大きいのはあまり釣れなくなります。アジ同様、新子の大群に追われて沖へ逃げちゃうのでしょうね(^^;。大阪湾一帯では、真冬のアジュール舞子でジャンボサヨリ狙いする人が多いです。寒いとサヨリもひとヒロぐらいのタナまで沈むので、普通のテンビンカゴ釣りかロングハリスのサヨリ仕掛けで狙います。

    [ 眩影 ]

    2019/7/23(火) 午前 9:50

  • 船釣り残念でしたね。そこからのサヨリ釣り切り替えが早いです。
    塩焼きでたべたいです🐟

    [ たけたけ ]

    2019/7/23(火) 午前 10:51

  • 顔アイコン

    海に川に臨機応変に出撃ですね。そして結果を残す。最後は一流の料亭顔負けの姿に捌いて美味しく頂く、流石です。

    みさき爺

    2019/7/23(火) 午前 10:55

  • 顔アイコン

    去年初めてサヨリやりましたが刺身に天ぷら
    美味いですね。
    去年教えて頂いたイカで今年もトライします。
    キス針の競技用NICEですし、笑笑、、、

    [ 右京 ]

    2019/7/23(火) 午後 0:42

  • 顔アイコン

    > たけたけさん
    船で脂の乗ったマアジ狙いに行く予定だったのですが、アッサリ味のサヨリになってしまいました(笑)。このサイズなら塩焼き、天ぷら、フライ、刺身なんでもOKですね(^^)

    [ 眩影 ]

    2019/7/23(火) 午後 4:44

  • 顔アイコン

    > みさき爺さん
    みさきさん、ほめ過ぎです(笑)。サヨリってひょろ長いので料理人がついイタズラしたくなるようで、椀種にする時は三枚におろしたのをダンゴ結びにした「結びサヨリ」にしますし、刺身はクルクル巻いた「巻き造り」にしますね。アナゴとかタチウオとか巻かれがちな魚はいますが、結ばれてしまうのはサヨリぐらいですね(笑)。

    [ 眩影 ]

    2019/7/23(火) 午後 4:44

  • 顔アイコン

    > 右京さん
    競技用キスはヒネリが入っていて鉤先が鋭いので、サヨリ釣りには最適です。サヨリは口の天井に洗濯板状の歯があって、人間がプリン食べる時みたいに餌を舌で口の天井に押し付けてすり潰し、エラで漉して呑み込むんですがこの瞬間に的確に刺さります。この歯って結構頑丈みたいで、赤染めの鉤の塗装がドンドン剥げていきます(^^;。

    [ 眩影 ]

    2019/7/23(火) 午後 4:45

  • 顔アイコン

    大漁ですね。
    久しく海に行ってません。
    潮風に当たりながら釣りがしたいです。(笑)
    えんぴつにはあまり興味がわかないのですが、
    (さばくのが大変なイメージが・・・)
    30cmの良型が釣れるのは良いですねぇ。(^o^)

    [ アルビレオ ]

    2019/7/24(水) 午後 1:14

  • > アルビレオさん
    今、アジュール舞子でも釣れてますよ、あそこなら延べ竿でできます。明石海峡大橋の絶景も楽しめますし、夜まで粘ればケンサキイカ、アオリイカも狙えます。あかんかったら温泉入って帰ったらええし(笑)

    [ 眩影 ]

    2019/7/25(木) 午前 7:39

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事