能楽談儀

宝生流能楽師・佐野玄宜のブログ。HPはこちらhttp://www.sano-gen.com

全体表示

[ リスト ]

先日の靖国神社夜桜能は桜が満開できれいでしたが、
夜の冷え込みが厳しく、
我々は舞台で上着を着るわけにいかないので
カイロを前後に貼ってしのぎました
北陸では雪も降ったようでびっくりですね

イメージ 1


4月7日(日)は金沢能楽会別会能

別会能は、その名の通り特別な、ハイグレードな公演なので
私がシテを勤めることはないのですが、
今年は祖父の追善ということで、
「海人 懐中之舞」の前シテを勤めさせていただきます
後シテは父が勤めます

思えば初めてシテを勤めたのも
祖父の十三回忌追善公演での「経政」でした

祖父が亡くなったのはちょうど小学生に入る前、
5歳のときでした
祖父の舞台の記憶はありませんが、
しりとりなどをして遊んでもらいました
「ま」がくると必ず「まんじゅう」で
そのときの笑顔は今でもよく覚えています

イメージ 2


海人は先月も舞わせていただきましたが、
今回は「懐中之舞」の小書(特殊演出)
宝生流では大切に扱っている小書で、
本来私の年ではまだ早いのですが、
祖父の追善ということで家元にお許しをいただいたので
精一杯勤めたいと思います

「懐中之舞」という舞は後半ですので
私は関係ないのですが、
この小書がつくと前半も変わります
息子の出世のため、
命をかけて海へ飛び込み
海底の竜宮から宝珠を取り返す「玉之段」と呼ばれる場面を、
床几に腰かけたまま演じます

ただでさえ難しい、見せ場となる場面なのですが、
床几に腰かけたままだから楽かと思いきや、
その制約のなかで、どこまで表現できるか、
より芸力を試されることになるというのが
能の面白いところです

祖父に成長した姿を見せられるよう、
精一杯勤めたいと思っております

ご来場お待ち申し上げております

イメージ 3


イメージ 4

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事