グレン・マンガンの怪獣天国

主に30cm級の怪獣ガレージキットを集めています。

年末・未発表写真集

イメージ 1理想の逆襲ゴジラ”作りに燃えていた昨日までに別れを告げ、しばらく怪獣づくりはお預けです。
というわけで、ことし最後の更新になりますので、いままで発表してなかったボツ写真などを中心にアップすることにしました。


大石透さんのマーメイド30cmゴジラ改造1号製作途中と、CCPの蛍光ソフビのエレキングの2ショットです。
エレキングは首をうなだれているポーズだったのを、首の2箇所をカットしてまっすぐな首に改造しました。
電気を消しても、首の整形パテ盛りした部分だけが光らないのは仕方ありません、あくまでポーズ重視。


イメージ 2

ヒゲを付けた改造X-PLUS初代マンダです。
色塗りは来年になりますが、目は本来の猫目にするか、総進撃版のように丸い瞳にするか、あるいはファイナルウォーズ版のように白目に丸い金色の瞳で、細い瞳孔があるよな感じにするか、考えた結果
、結局、猫目だけど、ファイナルウォーズ版が生物的にリアルなんで、それをめざして、目の塗装に挑戦したいです。



下は酒井ゆうじさんの時計台襲撃ゴジラを大改造した2号ゴジラで、尻尾の付け根がまだパテ盛造形してないのがバレバレ。
1号の、改造大石ゴジラの顔をコピーした顔を使ってるため、大石ゴジラ(33cm)より若干小柄な酒井ゴジラ(30cmジャスト)では、より顔がでかく感じます。着ぐるみではなく、ギニョールの顔だと、これがベストバランスかなって思います。
首の太さに合わせるために、胸をハト胸にしたので、力強いプロポーションになったようなきがします。

ツノだけキャスト変換したビリケン商会バラゴンと並べてみました。
このバラゴンは耳の先端まで27cmくらいで、酒井ゴジラよりも、やや小柄なのがナイスバランスです。
イメージ 3






























最後の3枚のゴジラヘッド写真は、TsFact氷上逆襲ゴジラの顔を改造に改造を重ねて、ガンダム改造用の丸パーツで、眼玉まで作り直してしまったものです。
目の上の突起もつくりなおし、耳も鼻も、鼻まわりのモコモコも自分好みに改造したので、本来の、山脇さん原型の面影は、顔の輪郭とトサカのあたりにわずかに残るのみとなってしまいました。
でも、原型の顔のフォルムが正確だったため、自分好みに改造するのがうまくいった気がするので、山脇さんに感謝!です。
前回の日記にアップしたX-PLUS逆襲ゴジラの改造では、今になって冷静に見ると、ちょっと鼻を長くしすぎた感じがするんだけど、この山脇さん氷上逆ゴジは鼻の長さと後頭部の長さがベストバランスです。X-PLUS逆ゴジの顔も再改造する必要性を感じますが、それも来年です。
顔の造形そのもはアッサリした山脇逆ゴジより、コッテリしたX-PLUS逆ゴジのほうが好みなので、両方の良い所を取り入れつつ、さらに浅井造形さんの逆ゴジの写真も参考にしてこねくりまわした結果が下の写真3枚です。
なんだか軽石みたいに見えますね、表面処理ももっと研究しなくちゃいけません。
怪獣モデラーとしてはまだまだ実力不足を感じます。もっとスキルアップしなくちゃ!!
それではみなさん良い年をお迎えください。
一時的に趣味から離れて、寒くて忙しい年末年始、頑張りましょう!!

イメージ 4イメージ 5
イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

X-PLUS逆襲ゴジラも改造

前々回の日記で、T’sFact=山脇隆さんの「Godzilla Raidas Again(逆襲ゴジラ氷上”膝上”キット)」を膝下と尻尾を付けた”全身像”に改造したものを、さらに改造すると宣言しました。
それと、完成品としてすばらしい出来だけど、ちょっと手をつければ、もっと素晴らしくなりそうな、X-PLUS(エクスプラス)社のソフビ、30cmシリーズの逆襲ゴジラにも、手をつけることにしました。
イメージ 1
イメージ 2















このエクスプラス30cm逆襲ゴジラ、そのディティールの細かさ、雰囲気の出し方から、逆襲ゴジラを知り尽くした達人、てんつく工芸さんこと鮫島順太郎さんの原型によるものではなかろうかと、勝手に思ってます(もし、間違ってたらすみません)。
エクスプラスさんから発売されたソフビは、逆襲ゴジラのみが持ってる”崩れた荒々しさ”が見事に表現された、素晴らしい製品なのだけど、微妙な弱点がないではないのです。
それは、ソフトビニール特有の”収縮”によるものかもしれないし、原型から製品を量産するうえでの”妥協点”でもあったのかも、と思うのです。
そこを修正し、なおかつ、ポーズ変更と、わたしグレンマンガンが夢想する”着ぐるみとギニョールの統合”を、やってみようかと思い立ちました

イメージ 7この画像は、改造前のエクスプラス30cm逆ゴジの横顔です。 
製品の顔を真横から見た場合、目の位置が、真ん中より、やや前に位置してるのがわかります。

これを、目の位置をちょうど真ん中にすると、デッサン的にバランスがよくなる気がしました。

そこで、大胆な方法を思いつき、実行しました。
頭部を首から切り離し、さらに耳の付け根と、その4mm前をでカットし、後頭部を4mm短くしたのです。
後頭部を短くしたぶん、、目より前の鼻先を4mm長くなるようにエポパテを盛り付けました(下の3枚目の画像で、眼と耳の距離を比較してみてください、後頭部はかなり短くなってるのが確認できます。)
目は内側からくり抜き、「ガンダム改造用半球パーツ」を白く塗っった新しい眼を内側から入れました。
・・・と、字で書くと簡単だけど、何度も失敗し、パテが固まってから、また剥がしたり眼玉用半球パーツを入れ替えたりを繰り返し、大変な時間を要しました。
とりあえず、プラ棒で2本だけキバをつくリ、紙粘土で仮の下顎を埋めて、写真を撮ってみました。
白っぽい部分がエポパテで盛った部分です。
鼻を長く、後頭部を短くしたことで、目の位置が頭部全体のちょうど真ん中になり、ギニョールにも着ぐるみにも似せられる、ちょうど良いバランスとなった気がします。
しかし、顔の改造だけでも、やっと半分できただけで、下顎、歯、首の造形、さらには尻尾を含む全体のポーズ換え、背びれの列を逆ゴジ特有のガバっと開かせる改造など、先が長いです。
T'sFact氷上キット改造逆ゴジと合わせて改造するには、やることが多すぎて、このエクスプラス逆ゴジに手をつけるんじゃなかったと後悔しはじめてる自分がいます。
イメージ 3イメージ 4イメージ 5イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

クラバートガレージ製の初代ラドン、やっと色付け前の下地塗装まで漕ぎ着けました。
もともとは”歩きポーズ”だったこのキットを、「仁王立ち」にするには、脚だけじゃなくて、翼や蛇腹状の腹部の造形も変えないといけないので、かなり労力を要しました。
 仁王立ちというより、ちょっと胸を突き出したポーズになりましたが、このほうが鳥っぽくて、ラドンらしいポーズになったと自己満足してます。
 口はキットは閉じた状態だったのですが、面倒がらずに、わずかに開いた口に作り直し、歯を見せたことで、生物感が出せたと思います。
 
目の上の突起の形も、原型師の竹添さんの独特のアレンジが施された形から、映画の中のラドンのそれに寄せてみました。
 脚のポーズを変えたことで、初代ラドン特有の翼の付け根から数本出てるヒダヒダも、彫刻刀で入れ直したのですが、これが意外とむつかいく、やはり造形師さん本来のにくらべると素人っぽい出来となりました。
 
翼の爪は、キットのは少し大きく感じたので、ツクダホビーさんのソフビのラドンの爪をコピーして、プラ棒とエポパテでデティールアップしたものを取り付けました。。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
エクスプラス社のモスゴジ(32センチ・ソフビ)と並べると、やや小柄なのがいい感じ。
個人的には、ラドンはゴジラより、心持ち小柄なイメージがあるので、このクラバートガレージさんのラドンも、かつての名作ソフビ・キット=ツクダホビーのラドンも、30cmにちょと足りないくらいで、これがゴジラとの比率的にベストなサイズだと思います。
イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

次は逆襲ゴジラ

イメージ 3 数年前に買ったT's Facto山脇隆さん造形のレジンキャストキット「GODZILLA RAIDAS AGAIN」は膝から下が氷に埋まった設定の”氷上キットでした(写真は山脇さんのHPからk勝手に拝借させていただきました完成品です)。

これに、膝下と尻尾をつけて”全身像”として完成させようと、大変な苦労をして、一旦、形は出来上がったのが下の写真です。
色を塗らずに、この状態で、ずっとほっておいたのですが、今、見直すと、、ちょっと盛り付けすぎて、逆襲ゴジラにしてはデブにしすぎたのと、顔も、いじった割に効果が出てなくて、逆ゴジらしくないので作り直すことにしました。
ちなみに、尻尾の真ん中から先の白い部分は、ず〜っと昔、X-PLUSから塗装済み完成品として発売された柴田幸房さん造形の逆襲ゴジラ(27センチサイズ・ポリストーン製)の尻尾をブルーミックス・コピーしたものです。

イメージ 4

足はハマハヤオさんのビリケン商会の初代ゴジラ・ソフビを同じくブルーミックスコピーしました。
 その後、エクスプラスさんがソフビで30センチシリーズで逆襲ゴジラを出したので購入、これは逆襲ゴジラの”崩れた荒々しさ”が見事に表現された造形でした。
さらに月日は流れ、個性的でポーズがバツグンにかっこいいGAWROWの當幸宗さんの30cm逆襲ゴジラ、さらに正確無比で端正なモンスターメーカー28の丹羽俊介さんの30cm逆襲ゴジラも購入したのでした(當さんと丹羽さんの2つの逆ゴジ、どう作るか構想は練ってるけどまだ手をつけてません)。
 
 私は初代ゴジラと同じくらいに逆ゴジが好き!個人的には逆ゴジも、初ゴジ同様、ギニョールのイメージが強いです。

また購入こそしなかったけれど、ワンフェスで見た浅井造形さんの50cm逆襲ゴジラの顔、特に眉(目の上の突起)の造形センス・造形解釈に感銘をうけました。

 それと逆襲ゴジラと言えば忘れてならない、てんつく工芸さんの逆襲ゴジラの、般若的な、妖怪チックな崩れた逆ゴジの凄みも盛り込みたいです。

 初代ゴジラにしてもそうなのですが、私の脳内には、着ぐるみとギニョールが統合された”理想の逆襲ゴジラ”が存在するのです。
初代ゴジラにつづいて、逆襲ゴジラでも、その統合されたイメージを具現化してみたいと思い立ちました。

 いったん全身像に作り増しした山脇さんの「氷上逆ゴジ」を、どういうふう再改造するか、プランを練りました。
顔や歯並び、および首のラインはギニョールに寄せて作り変え、なおかつ眉の形は浅井造形さんの50cm逆ゴジに習って、般若っぽい感じにしてみたいです。
初代ゴジラよりもカギ爪で親指のつき方のちがう足を、もっと逆襲ゴジラらしいものに作り替えます。

ところで、柴田さんの27センチ・ポリストーンX-PLUS逆ゴジは棚から落としてバラバラに壊してしまったのでした(柴田さんゴメンなさい)・・・しかし、その後、修復して怪獣大好きな甥にプレゼントしました。

 この山脇隆さんの氷上モデル改造全身モデルの再構築から、當さん丹羽さんの逆襲ゴジラたちを順次、作ってゆきたいと思います。
これから、仕事のほうが忙しくなるので、ボチボチ然進みませんが、次回はかっこいい逆襲ゴジラの改造途中経過をお届けします。
歯の出っ歯具合も、眉の垂れ方も、着ぐるみと微妙にちがうギニョール逆ゴジ(テレビ画面をスマホで撮影)

造形イメージを熟成させるるため、DVDを再三見直したのですが、逆ゴジって、着ぐるみもギニョールも両方、眼玉がキョロキョロうごくんですね、再発見しました。
イメージ 1イメージ 2

この記事に

開く コメント(5)



吉野家ギドラ、今回は顔のアップと体表(ウロコ)アップです。                                                            
イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7


イメージ 8
ウロコは中央に突起のあるギドラ特有の形状です。
イメージ 9
脚の付け根にはウロコがないようです。
イメージ 10
[三大怪獣・地球最大の決戦」のタイトルバックさながらのギドラのウロコです。
イメージ 11
最後は全身像です。

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事