グレン・マンガンの怪獣天国

主に30cm級の怪獣ガレージキットを集めています。
2月のワンフェスで買った吉野家徳兵衛さんのキングギドラ(橋本智さん原型)の”仮組み”をしてみました。
”目玉”は入れてないし、舌も、真ん中の”太郎”だけにつけてます(ちなみに左が次郎で、右が三郎)。
 両足の各部と2本の尻尾の根元と、各頭部の3本のツノは接着しましたが、他の部品は、真鍮棒で軸を作った差込みによる”仮止め”です。
 右の翼はドリルでまだあけた、軸穴の位置が微妙にずれてて、うまく取り付けられないので、はずしています。
イメージ 1
イメージ 2
エクスプラス社のモスゴジが32cmだから、このギドラの大きさがわかるかと(?)思います。
あとは右の翼をキッチリはめ込みできりように、胴体の翼の穴を削り直します。
(翼と尻尾の先は完成しても、取り外し可能にしたいと思います。)

この記事に

開く コメント(2)

今回はカスタマイズ(改造)なしに、ストレートにキットを作ろうと思ってたのですが、ひとつだけ、ごく小さな改造をすることにしました。
イメージ 1
それは翼の先の爪(?)で、キットは青く塗られてたデビュー前のギドラを再現してあるため、ただの”棒”なんです。
それを、映画に登場した決定稿のギドラのようなカギ爪にすることにしました。
2mmプラ棒をライターで炙って曲げて先端を削り、左右の翼に6個づつ計12個つくって、1mm真鍮棒の軸をピンバイス・ドリルで穴を開けて差し込み、エポキシ接着剤で取り付けました。

写真の上がキット本来の翼の先端部、下がプラ棒で自作した先端部です。。

胴体に、両足と尻尾2本を3mm真鍮棒で軸にドリルで穴を開け、充填性が高くてレジオンキャストに食いつきが良いセメダイン社の「水中エポキシ」で接着、固まるまで一日待って、エポキシパテで隙間を埋めましtが、一部ウロコのモールドが埋まってしまったので、後で彫刻刀でモールドを削りだそうと思ってます。
イメージ 2





















































エクスプラス社の30cmゴジラ(モスゴジ)を並べてみましたが、実際の着ぐるみ以上の体格差があります。
もし、首をまっすぐ伸ばしたら、このギドラは身長60cmくらいあり、怪獣図鑑に載ってる設定(ゴジラ50m、ギドラ100m)どおりの体格差になります。


イメージ 3
エクスプラス社の30cm初代モスラ幼虫も加えて、もう一枚。
いずれ、このギドラを中心に「三大怪獣・地球最大の決戦」、そして「怪獣総進撃」を再現ジオラマしてみたいです。



この記事に

開く コメント(0)

 エクスプラスのリアルソフビ”大怪獣シリーズ”(22センチ級)の初代アンギラスは四足スタイルが物凄くカッコいいんだけど、同じエクスプラスの30センチシリーズを集めている私としては、30センチ版が中腰スタイルで発売されたことにガッカリでした。
もちろん、造形自体はすごくいい商品なので、思い切って、この30センチ初代アンギラスを四足に改造することを決意しました・・・と言っても、もう4年前になります。ひさびさに手を加え、完成に近づいてます。
改造前の、商品そのままの写真です。これはこれでカッコいい!
イメージ 1イメージ 2












肩から下の二の腕あたりからバッサリカット、首と尻尾、左足の付け根もカット、両足の各関節ごとにカットして、バルサ材をポーズづけの骨格にして、エポキシパテで盛ったり削ったり、足の指や前足の爪も自作、表面モールドのウロコはエポパテで小さい丸いツブを作って押し付けて平たくして作ってたんですが、だんだんめんどくさくなって、パイプを押し付けて丸いツブ状を作り、それを先が丸い棒で押し付けてウロコっぽくしてますが、粗いのでアップでお見せできません。
イメージ 3
イメージ 4













イメージ 5イメージ 6








モノクロ仕様の商品だけど、いずれカラーで色付けしようと思います。
とりあえず、口の中と歯だけ色塗りしました。
「怪獣総進撃」の2代目アンギラスは茶色っぽい色でしたが、カラー写真のない初代アンギラスはエメラルドグリーンのような色だったという証言があり、僕もそれを信じて緑系の明るめの色に塗りたいと思います。

前回の日記のつづきで、エクスプラスの30センチシリーズの初代マンダは今、ここまできました。
4.5ミリプラ棒でツノを、3ミリプラ棒でキバを、2ミリプラ棒と爪楊枝でその他の歯をつくりました。
下顎は本来のものはつかわず、エポパテで自作しました。
完全に閉じた口ではなく、ちょっとだけ開けてtる状態にしました。
イメージ 7イメージ 8イメージ 10イメージ 9
あと、ヒゲをつけると、形としてはほぼ完成です。
ここまできたら、アオシマの超合金・轟天号に巻きつく胴体も自作しようかな?と欲もでてきますが、キングギドラやモスラも早く制作開始したいし、”轟天号マンダ巻き”は、ずっと先に考えることにします。


この記事に

開く コメント(0)

モスラ・レオGET! 

イメージ 1

去る5月6日、東京ビッグサイトで開催されたジョイフェス(ホビーラウンド)で、当日版権のモスラレオ(1996年・新モスラ)のキット(すいかクラブ、ゆっちんさん原型)を購入しました。会場にはタナカケンイチさんの躍動感あふれるモスゴジや、てんつく工芸さんの1984サイボットゴジラヘッド、他なども展示・販売されており、ワクワクしました。
ゆっちんさんは今回、忙しすぎてで、完成見本は“木目調”?の茶色いモスラにしたとのことですが、カラーの画像もほしいので、ななぷる造形工房さんのブログより、勝手に転載させていただきました。
イメージ 2
 ところで、みなさん、平成モスラ・シリーズ3部作は好きですか?
僕は大好きです、今は・・・だけど。
正直、僕も最初に1996年の平成モスラ第一作を観た当時はガッカリしました。
都市破壊のスペクタクルがない(あっても実景との合成処理)防衛隊の作戦会議もない、ただひたすら怪獣バトルとエリアス3姉妹と子供達との狭い世界観でのストーリー展開に、ガッカリだったのです。
しかし、今見直すと、ジョブナイル(少年向け)作品として、3作とも素晴らしい出来で、楽しめます。
なんといっても対戦怪獣、デスギドラ、ダガーラ、キングギドラの厳つい悪の魅力と、それに対する正義の守り神であるモスラの健気さが際立っています。
屋久島の千年杉に繭掛けして羽化する新モスラの、凛々しいつり目に哺乳動物のような愛らしさもあり、羽の模様の色合いも美しく、最高のデザイン&造形です。
今まで、あまり商品化されなかったのが不思議だし、残念でならなかったのです。
ゆっちんさんも、誰もキット化しないから自分で造るよりなかったので、はじめてのガレージキット製作に挑戦されたそうです。。
やはり原型のゆっちんさん(女性ならでは)の感性か、モフモフした被毛が、愛らしいモスラになってるのがうれしいです。
レジンキャストのモールドで、ここまで被毛のモフモフ感が表現できてるのは驚異的です。
翼の全長は50センチ、頭からお尻までは20センチほどで、大きさもボリュームがあって、こんな新モスラ(今回、レオという名前だと正確にわかりました)が欲しかったので、手に入れることができてうれしいです。
 あとは、ななぷるさんの作例のように素敵なカラーリングに作りあげたいです。

この記事に

開く コメント(0)

まずみなさん、下の写真をごらんください。。
これは小さいながらもリアルでマニアックな怪獣フィギア&メカを精力的に発表し続ける有難い存在、キャスト社さんの”氷結マンダ”です。
海底軍艦”轟天号”とセットで限定販売された商品のようですが、私は買いそびれました。
ほんの10cmほどの小さい造形物なのに、すごくカッコいいでしょ?(画像はtsさんのブログより許可いただき転載しました)。
イメージ 1
このマンダを作ったキャスト社の造形作家さんは、マンダに少しイメージ的なアレンジを加えておられますが、それが凄くいいセンスなのです。
マンダの顔が、確実に実際の映画のマンダより”良い顔”になってます。
具体的には、目の上の突起が、初代ラドンのような、モスゴジのような、モッコリした形に造形してあるのです。
映画では、轟天号の冷線砲を浴びて、雪のような氷の粒が全身に積もって、ほんとうにこんな感じにも見えます。
 
正直言うと、マンダという怪獣そのものは、そんなに好きではありませんでした。
その理由は、眼が”ネコ目”だったのと、顔の造形も、いまいちカッコよくないからです
「海底軍艦」に登場した初代より、ツノとヒゲはないけど、瞳のある目の「怪獣総進撃」のマンダや、大胆なアレンジが施された「ファイナルウィーズ」版マンダのほうがカッコいいと思ってました。

ところが、このキャスト社さんの小さな初代マンダを見て、これこそが”理想のマンダ”だと思ったのでした。
 それで、このキャスト社マンダを参考に、だいぶ前に購入してたエクスプラスさんの30cm級・初代マンダ(ソフビ)の顔を改造することにしました。

 映画のマンダにそっくり、という点ではエクスプラスさんのマンダは完璧ですばらしい出来なのですが、そもそも、映画のマンダの顔が好きでない私は、顔をキャスト社製氷結マンダに寄せて改造することに躊躇はありませんでした。(ごめんなすさい、エクプラスさん)。
 ちなみに、改造前の、本来のエクスプラス製・初代マンダはこんな顔でした..(外箱パッケージ写真)
イメージ 4
 まず、、頭部を胴体から外して、ヒゲを一旦取り外し、歯とツノもカット、目から上を全部削り取って、目はガンダム・プラモ改造用の半球パーツ(今回は白く塗っておきました)を使い、顔の上半分ををエポキシパテで造形、再構築ました。
鼻先もパテで少し太くして、2ミリ・プラ棒でトゲをつけましたが、ツノと歯は、まだプラ棒で作ってません。
 とにかく、キャスト社製・氷結マンダの、あの目の上の突起の形を再現しようと、何度も失敗して、ようやく、この形にたどりつきました。
イメージ 2イメージ 3
 結果的にモスゴジっぽい顔になりましたが、”龍”本来の顔に近づいた気もします。
これに、ツノとキバとヒゲがついたら、どんな感じになるか、自分でも楽しみだけど、だいぶ先になりそうなので、みなさん、気長に待っててくださいね。
ワンフェスで買ったキングギドラもまったく手をつけてないし、ゴジラやラドン、地球防衛軍アルファ号...e.t.c,
制作途上のキットも少しづつ進めていきます。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事