グレン・マンガンの怪獣天国

主に30cm級の怪獣ガレージキットを集めています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

大阪の日本橋の中古ホビー店「JUNGLE」さんで、ウルトラQ第2話「ゴローと五郎」登場の、大猿ゴローのリアル可動フィギアを発見、購入しました。
ガレージキットにいろいろなアイデアを盛り込む意欲的なメーカー、アトリエG-1さんのキット(と言うより完成品)です、
ガレージキットやソフビは、キングコングなど哺乳類系のの怪獣も、被毛はモールドで”表現されてますが、これはヌイグルミなどに使われるボア(ファー)が使われていて、実際の着ぐるみと同じように背中にファスナーがあって、プラスチック関節人形に被せるスタイルのフィギアです。
1万4千円と高価だったけど、非常にレアなので即買いでした.。
パッケージ写真です。
イメージ 1

ビリケン商会のゴメス、ガラモン、ナメゴンと記念撮影です。

イメージ 2
イメージ 3
                                                  
ゴロー君には、懐かしいトヨペット・クラウンのパトカーを持たせてみました。
実は、もっと古い昭和30年代のパトカーもあったんだけど、いくら探しても見当たりません。

探してるうちに、僕のミニカー・コレクションとゴローの記念撮影をすることを思いつきました。
デロリアンにポインター、新旧バットマンカーに、マッハ号にペネロープ号、サーキットの狼、トヨタ2000GT、ランボルギーニ・カウンタックなど。
ゴローくんの劇中の身長設定とちょうどいいかな?って思います。
イメージ 5
イメージ 4
ところで、大猿ゴローくんは、怪獣図鑑などの印刷物には身長50メートルとなってるけど、実際の劇中の設定はパトカーや電信柱や銀行とおぼしき建物、ミルク缶などとの比率から15〜20メートルくらいのようです。
当時は、怪獣の身長設定などは実際に映像を作ったスタッフに確認することなく、勝手に少年マガジンなどの雑誌編集者が決めちゃってたみたい.です。
大伴昌司さんではなく、それ以外の人が考えた設定が活字化されることで定着し、結局、円谷プロも公式資料にしてしまったような・・・・


開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事