イタリア記 出発

2012年 9月17日(月)〜24日(月)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イタリア 帰国路

寂しいものです・・もう帰国の途・・
 
ミラノ マルペンサ空港  AZ 786便成田へー
 
      イタリア 最高
 
イメージ 1
 
    アルプスが 見えます〜〜
   
    さようなら〜〜 また 行くよ〜〜イタリア  Ciao〜〜

イタリア6日目(22日)

とうとう 観光の最終日 
 
今日は ちょっと楽しみにしていたベローナの街
ベローナといえば キュピレットとモンターギュ家の悲恋「ロメオとジュリエット
学生の頃、3度も映画館に足を運んだ思い出がある
その町並みと、バルコニー
思った通り 素敵な街でした・・
今にも、あの Oハッセーと、 レナードWが出てくるかしら?なんて・・
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
   これが その愛のバルコニー
 
     What is youth? impetuous fire?
           Wtat is maid? 〜〜A rose will bloom,・・ キャキャー あぁ、青春・・
 
・・・して、次は ミラノ「galireo」でランチ
イメージ 7   イメージ 8
                       ラザーニャと  ミラノ風カツレツとテラミスケーキ
 
                                    
そのあと、スカラ座ヴィットーリオエマヌエーレ2世アーケードを通り、
イメージ 9
 
                    ドゥオモに抜ける
イメージ 10
この、空に向かってツンツンは、
ちょっと、サグラダファミリアに似てるなぁ。
 
イメージ 11
ここのステンドグラスは ゴシック建築の一大傑作といわれる
 
イメージ 12
                         たしかに、キレイだ・・・
 
イメージ 3
                             荘厳な 教会内です・・
 
そして、旅行最大の見所  「最後の晩餐」 サンタマリア デッレ グラッツエ教会へ
イメージ 4
 
              見ました・・言わずと知れた レオナルドダヴィンチ「最後の晩餐」
              厳しいチェックと監視のもと 見学
             「裏切り者は 誰だ??」・・ 
    修復の技術に脱帽ですが、 できたら・・イエスのテーブル下の足元が見てみたかった
   今では、朽ち果て崩れてないそうですが・・
   一点透視法の絵画 その中心が イエスの向かって左のこめかみらしいです
   世界的名画 必見です
 
こうしているうちに、最後の行程も 終わりに近づいてきました・・
 
幸いなことに、この 8日間 明日も含めて 天気は最高で 本当によかった
素晴らしいイタリアの旅行をより素晴らしいものにしてくれました 運が良かったです
 
       明日は もう、帰国です・・   最後に 続く
 

イタリア(5日目)

5日目  朝 ピサの斜塔に 行きました 
 
ドゥオモ広場に 高さ58mの大理石でできている
1173年に着工、3階を工事する段階で 地盤沈下で 中断
その後、中心軸をずらしながら完成
地盤沈下にあっても 工事が進むなんて、
日本ではありえないことですね〜 さすが お国柄です
イメージ 9
あれれ、写真撮っていてなんだか変になっていく・・
地面まで 斜めに。。。
現在でも傾きつつあるとか・・
イメージ 1
洗礼堂 そして、ドゥオモと、ここは ゆりかごから 墓場までの役割です
 
ランチは 「bepi」でイカスミパスタを頂き、美味
イメージ 2    イメージ 8
イカ墨は前菜です、メインは 肉料理食べきれない・・これであとデザート・・
すべて食事はこのパターン、食べきれないよぉ
 
 
ベェネツィアへ
イメージ 6
ヴェネツィアが見えます
・・本当に 海抜0mですね・・
イメージ 7
サンマルコ寺院です
 
ここは ベネツィアングラスが有名で
 見学して ゴンドラに乗り込みました
 
イメージ 4
イメージ 3
のんびり 運河を遊覧
 
イメージ 5
黄昏もいい感じ〜〜
 
イメージ 10
本当に良い天気に恵まれ  夕焼け〜明日も晴れるかな
 
イメージ 11
ビック豪華客船、どこにいくのかなぁ〜
夕焼けと月のコラボ 
 
6日目に続く〜
さて、4日目 フィレンツェへ
 
ナポリ中央駅から ES9526便のユーロスターで 483kmの電車の旅
フィレンツェに着いて、ランチは久しぶりの北京料理を
そして、細い路地を抜けると 真っ青な青空に 突然白い建物が 目に入る
素晴らしい、真っ白建築物と 赤レンガ屋根のドーム、フィレンツェのシンボル「クーポラ
イメージ 1
                    ドゥオモ大聖堂  一番手前サン・ジョバンニ洗礼堂
                                ジェットの鐘楼
イメージ 2
                      洗礼堂にある 「天国の門
イメージ 3
  クーポラのフレスコ画  中央に「裁きのキリスト」
そして、「ウッフィッツィ美術館へ 「ヴィーナスの誕生」を見る 撮影禁止
 
イメージ 4
   アルノ川に架かるフィレンツエの最古の橋 「ポンテ・ビェッキオ
 
シニョリーア広場で 「サンタ・クローチェ教会
イメージ 5
 
ディナーは fantasiraで ファルファーレのパスタとチキン
 
イメージ 8
 
 
夕暮れ2連発
★アルノ川の夕暮れ
イメージ 7
★ミケランジェロ広場からの夕暮れ
イメージ 6
きれいですぅ〜〜 
 
 
            5日目に続く〜
 
 
 
 

イタリア3日目(19日)

さて、3日目 カプリ、ソレントへ
ナポリのベベロッベ港のすぐ近くの カステル・ヌォーボ、ウンベルト1世アーケード
サンカルド広場などまわり、港からカプリへ
 
カプリは世界の有名人がこぞって この島に別荘を持ちたがるそうです
たしかに良いところだ
 
イメージ 1
 
いざ青の洞窟へ〜
今日は 波も割りに静かで、水位も上々
イメージ 9
この穴から小船はすべるようにして 入ります
 
 
 
イメージ 10
   中は素晴らしい 蒼の世界
イメージ 11
 
あっという間の神秘世界
その後は、また船に乗り込み ソレント
イメージ 12
(これはカプリ島の町並み)
 
イメージ 13
イメージ 14
↑シーフードリゾットと、フリッターを頂きました     ↑ソレントの町
この店は「basilica」 美味しいです
 
そのあと、アマルフィー海岸ポジターノ展望台から臨み
イメージ 15
素晴らしい眺めです
イメージ 16
色とりどりの鮮やかなお野菜 なぜか 日本と違うなぁ〜
その後、 紀元前8世紀に建築された商業都市 ポンペイの遺跡
イメージ 2
イメージ 3
                               円形球戯場
イメージ 4
向こうに見えるのが噴火したヴェスヴィオ火山
79年に爆発して一瞬にして灰の中に埋没されたポンペイ
そのあと、1748年発掘されるまで忘れられていた
イメージ 5
       ポンペイにいる番犬?
イメージ 6
                               大邸宅の居間  
他に、パンやさん、酒屋と多彩なお店、そして床暖房の公衆浴場あり
水道完備と、本当に進んでいる町であったようです  素晴らしい!
 
ランチは 「vesuvio」でマカロニ、ビーフを頂きました
     イメージ 7         イメージ 8
 
     続く〜
 
 
 
 

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事