ここから本文です
はるかぜの里山散歩
健康一番元気が最高

 
 ビック家族と一緒に散歩をしました。(笑)
 
 ビック家族は主に手賀沼フィッシングセンター前の
 曙橋〜下流の水道橋あたりが縄張りとして生活しています。

 今日は可愛い子供達の仲間入りさせてもらいました。(笑)


イメージ 1


  今日は一番遠い向こう岸沿いにいました。
 ビック家族の大好きな場所まで私も一緒について行くことにしました(笑)



イメージ 2
  

    移動開始しました。 先頭は勿論母親です。子供達を挟んで
 最後尾は家族の大黒柱ビック父さんです。



イメージ 3


   約400ⅿ位下流に移動して 最初の水門に向かうようです。
   手賀川には 何か所か水田用の用水路に繋がっている
   水門があります。普段は開いていて 
   本流の手賀川からその用水路には自由にコブハクチョウ達は出入りが
   出来ます。

水門に近づいてくると子供達は短い羽をばたつかせ
好きな場所に行くのがわかるのでしょうか
嬉しくて楽しくて仕方ないようでした。


イメージ 4



水門の入り口は上手く撮れませんでしたが
子供達の向いてる右側に水門の入り口があります。
手賀川の土手と用水路の間には道幅約6m位の農道があり
農道の下は丸いトンネル水路になっています。
そのトンネル水路を横断して用水路に出ます。




イメージ 5



私は先回りしてトンネル水路の出口の傍で
カメラを構えてスタンバイです(笑)



イメージ 6


農道下のトンネル水路から家族達が出てきたところです。


イメージ 7


このコースが波が殆どなく 農道からも目立たなく
餌となるマコモやヨモギやシロツメグサが豊富で
子供を育てるには最適な場所のようです。



イメージ 8



両親は一羽が少しでも遅れると、はぐれてしまわないように
遅れた一羽の所まで戻ってその子供の後から優しく誘導して
兄弟達の群れに戻してあげます。
いつも 色々な仕草からコブハクチョウの家族愛の深さに感激します。



イメージ 9


この場所が一番気に入ってるようです。
親子水入らずで過ごす 楽しい家族団欒が
最高に幸せなことですね。




イメージ 10


一家の大黒柱のビックは 家族の安心の為に
かなりの間見守っていました。安全を確認してから
自分も食事を始めました。
本当に家族に対する思いやりの深さには驚かされます。
たいしたものです!!。


( 家族を見守るビック父さん )


イメージ 11


今日も楽しい時間を過ごすことができました。


又ちょっと気にかけてるラッキーカップルは
まだ 抱卵中でした。
現在卵は5個です。
おそらく今月の末か来月の頭には孵化しそうです。




( ラッキーカップル )
 


イメージ 12


5個の卵を確認しました。
無事孵化してほしいです。

イメージ 13


今日はビック家族と一緒に散歩でした。〈笑)


では又。













開くトラックバック(0)

ケン太の奥さん


   
 今日は一日中雨でしたね。

 こんな日は家で写真の整理です。(笑)

 撮り溜めておいたキジのケン太の写真をちょっと紹介してみます。

 手賀沼のアイドルケン太は結構かっこいいですよ。
 
 (手賀沼のアイドルケン太)の名前は私が 勝手につけました。(笑)

     


                           ( イケメン ケン太 )


イメージ 1



奥さんと仲良く朝の散歩です。



イメージ 2


ケン太と奥さんが一緒に出てくるのは
本当にたまにだけです。



イメージ 3



      ちょっと散歩して食事をしたらすぐ奥さんは
   いつもの茂みに戻ります。
   抱卵しているのかな〜〜〜??

  ケン太夫婦の赤ちゃんを本当に見てみたいです。





イメージ 4




            ( ケン太のホロ打ち )



イメージ 5



 キジは抱卵と子育てはメスがして 縄張り警護はオスの役目です。



イメージ 6





イメージ 7




イメージ 8



   大きな口開けてケーン・ケーン 奥さんを守ります。(笑)



イメージ 9

 
  たまたまケン太は奥さん一人ですが
  普通はキジの世界は一夫多妻です!!。
  一度3羽のメスと生活してた一羽のオスをみたことがあります。

  3羽の奥さんにそれぞれ5羽位ヒナが生まれたら

  一度にⅠ5羽の赤ちゃんと3羽の奥さんとオスのお父さん
  合わせてⅠ9羽の大家族になってしまいますね。(笑)アッハハハ。
  お父さん一羽で大丈夫かな?余計な心配してしまいます。(笑)


イメージ 11


   ケン太、奥さん大事にするんだよ
   子供が授かるといいね〜〜。
   
   赤ちゃん生まれたら 真っ先に私に見せるんだよ(笑)



イメージ 10
   

 ケンタは行く度に元気な姿を見せてくれて
 本当に可愛いです。

  又出会うのが楽しみです。

  では又。













                  

開くトラックバック(0)


 先日約1ケ月前に9羽の子宝に恵まれたコブハクチョウの
 ビック家族のその後の様子を見に行って来ました。

 ビック家族は 手賀沼フィッシングセンター前の手賀川南側の
 農道沿いの用水路にいました。


9羽のヒナは元気に成長していました
            
     
イメージ 1


 孵化してまもなく9羽のうち一羽がカラスなどに襲われ8羽になったと
 思っていたら 勘違いのようで
 無事9羽を確認しました!。本当に良かったです。




                      
イメージ 2


何回も何回も指差し確認しましたよ(笑)
間違えないですよね!(笑)
皆さんも一応数えてくださいね。


イメージ 3



ちょっと見ないうちに随分大きくなっていました。



イメージ 4


9羽のヒナに甘えられ母親も大変です(笑)



イメージ 5



ちょっとだけ コブハクチョウらしき雰囲気になっていました(笑)



イメージ 6



いっちょまえに 親と同じ様に毛づくろいしています。
この9羽のヒナが無事全員素晴らしい成鳥になってほしいです。


イメージ 7


ビック父さんのように一杯食べて強く大きくなるんだよ!



イメージ 8



ビック家族が全員元気にしてる姿を確認できて
本当に安心しました。
いつまでもこの平和が続きますように



イメージ 9


この他にちょっと気になるカップルがいます。
それは一度抱卵中の途中で大雨の影響で巣と卵が流されて
悲しい被害にあったラッキー夫婦が
悲しみを乗り越え再び卵を産み現在抱卵中です。
私が確認出来た卵は5個でした。
今度の営巣は陸地に作ったので水害にはあわないと思います。
でもイタチとかヘビや猛禽類に狙われる危険があります。
ラッキーカップルの幸運を祈るばかりです。

では又。
















開くトラックバック(0)

国宝妻沼聖天山歓喜院

 
 長男が我々に素敵な名所に誘ってくれました。
  
 それは 埼玉県熊谷市妻沼1627に所在する
 国宝妻沼聖天山歓喜院です。

 

                
イメージ 1


奥殿は建築物の細部の各部材,各壁面を全て
見事な彫刻で装飾し豪華な色彩が施されています。




イメージ 2



妻沼聖天山は治承三年(1179年),斎藤別当実盛が当地に
先祖伝来の聖天尊を祀った聖天宮を開創したのが始まりです。



イメージ 3



今回のテーマは国宝に関することですので
全てカタログより引用させていただきました。
尚写真投稿の許可もいただきました。



イメージ 4




イメージ 5イメージ 6  









イメージ 8イメージ 7
 










ご本尊聖天さまは、正しくは大聖歓喜天と称せられ
弘法大師が唐より密教とともに仏法の守護神として請来されてから
日本でも祀られ福運厄除の神として信仰されているとのことです。


イメージ 9イメージ 10











イメージ 11


妻沼聖天様のご本尊は由緒の正しさでは日本最古の聖天尊像と知られ
特に縁結びの霊険あらたかで夫婦の縁はもちろんのこと
家内安全・商売繁盛・厄除け開運・交通安全・学業進学などの
あらゆる良縁を結んでいただけるとのことです。



イメージ 12
イメージ 13



















イメージ 14


この御本殿の建築は幕府作事方棟梁として活躍した
平内政信の子孫で妻沼の工匠林兵庫正清の設計によって
施工され、その子正信に引き継がれ宝暦十年に仮屋根・
安永八年に完成しました。



イメージ 15




( 西王母 )


イメージ 16



イメージ 17




イメージ 18




イメージ 19




( ご神木 めおとの木 )
 

イメージ 20





イメージ 21




イメージ 22



まだまだ沢山貴重な物を撮りましたが又
いい折に紹介したいと思います。

さすが埼玉の日光と呼ばれるだけあって
世界的に有名な日光東照宮を彷彿とさせる絢爛豪華な
国宝妻沼聖天山歓喜院の美しさに感動で胸一杯になりました。

親孝行してくれた息子(長男)に感謝です。


では又。
















































開くトラックバック(0)


 昨日 義姉二人と我々4人で 埼玉県鴻巣市荒川河川敷で開催されている
 鴻巣花祭りを見に行ってきました。
 (馬室会場)と(吹上会場)の2つの会場で開催されていました。

 では 吹上会場の様子から 紹介してみますね。


          ( 吹上会場 )
イメージ 1


  吹上会場は土手の下に咲いていて ポピーとムギナデシコが
  一緒に咲いていました。



イメージ 2
   

   目が覚めるような鮮やかな赤色の花はシャーレーポピーという
  名前のポピーだそうです。

  その中に紅紫色したムギナデシコも仲良く混合して咲いていました。



           ( 赤色ポピー )


イメージ 3



                      
             ( ムギナデシコ )・・キク科

イメージ 4

                   
   花径は約6㎝で花色は紅紫をしていました。杯を連想させる花形で
   花の中心は 鮮やかな放射状の線が入って入る美しい花ですね。
     
   何か繊細な感じをする 素朴で優しい雰囲気でした。
   結構草丈はあって約70㎝〜90㎝位に見えました。


   ムギナデシコの花言葉 ・・・気持ちがなびく

   
   

イメージ 5





イメージ 6





イメージ 7




(  馬室会場 )



イメージ 8



イメージ 9



馬室会場は約12、5000平方メートルの広大な敷地に
約3、000万本が栽培されていて日本一広いポピー畑です。



イメージ 10




( 日本一の川幅に架かる成橋 )
 



イメージ 11


この花畑は日本一の川幅を誇ろ 荒川の(御成橋)の下に広がっています。



イメージ 12



イメージ 13


 濃い黄色い花はカルフォルニアポピーだそうです。



イメージ 14



ポピーも赤・白・黄色・ミックスなど色々見られました。

さすが日本一のポピー畑です!!

その広大な美しい景観は圧巻です!!。




イメージ 15



イメージ 16




イメージ 17



(  ご当地グルメ )
 


イメージ 18


鴻巣市のご当地グルメの川幅うどんを(馬力屋)さんで皆でいただきました。
川幅うどんは凄い人気で開店前からタクシーで
乗り付けたお客さんもいました!!。
その味は凄く美味しく歯ごたえもあり
食べる喜びを皆で味わうことができました
店の外では順番待ちのお客さんも沢山いました。


天気にも恵まれ 義姉達も妻も勿論私も十分鴻巣花祭りを
堪能することができました。

義姉さん大変お世話になりました。
お陰様で楽しい思い出作りができました。

本当にありがとうございました。 

では又。













[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事