書道

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

県書道連盟展

昨日まで市民文化会館展示室で標記の展覧会が開かれました。
最終日の15分前に駆けつけて何とか、作品とツーショット。
常用漢字に採用された「鬱」を銀粉で書きました。
イメージ 1
イメージ 2イメージ 3
去る5月29日30日函南の長光寺において、慶弔会が行われました。
新旧長光寺住職の法要です。
新命 禅海全隆和尚の晋山式と智圓大和尚本葬儀です。
二日にわたる、法要は、50人のお坊さんによる総合的な式典でした。イメージ 1
イメージ 2

書道展

杉浦太奎喜寿書作展・玄燿社展を観てきました。
4日から9日まで静岡市民文化会館展示室にて開催しています。
杉浦太奎先生は昨年「中国展」でご一緒しました。なんと77歳とは、とてもそんな歳には見えません。
歳に合わせて77点展示しています。
社中の方々それから、学生諸君の作品も展示、見ごたえあります。イメージ 1
 
イメージ 3イメージ 2

臨書の臨書

比田井天来先生翁の「学書筌蹄」をひも解いています。
自分の臨書がはたして正しいのか確かめたかったのです。
「まあ何とかいいでしょう。」言ってくれることを祈りながら、全部に挑戦しました。
これはその一つ「雁塔聖教序」です。
イメージ 1

最近の取り組み

イメージ 1

このごろ「万葉集」に取り組んでいます。
「古事記」「日本書紀」と並んで日本の古代からの使者だと言えます。
高野切れなどの仮名の臨書もぼちぼち始めています。
手始めの作品がこれです。まだまだ未熟ですが、始めの第一巻のそのまた第一の歌です。
天皇の御製の歌「籠もよ み籠持ち 掘串もよ・・・」
「大和には 群山あれど とりよろう・・・」


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事