チェロと猫と・・・

毎日が楽しいと思えることが大事♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

体験ダイビング

沖縄に行ってきました。
そして、体験ダイビングなるものをやって参りました。

「体験」なので、基本的にすべてインストラクターの方々が準備してくれます。これはラク。15㎏の酸素ボンベを持ち歩いたり、自分で装着するのは大変ですもんね。

ダイビングの前に、色々説明をしてもらうのですが、一番困ったのが「耳抜き」の説明。
鼻をつまんで口を閉じて息を吐くと、鼓膜がベコッってなるというのですが、私も友人もその感覚が分からない・・・。何回やってみても「ベコッ」てならないんですね。で、耳抜きが出来ないと鼓膜が破けるって言うし、もう海に潜る前から憂鬱になったりして(--;)

海に潜ると、インストラクターに引っ張っていかれて色々な場所に行くのですが、もう耳抜きのことばかり気になって、周りの景色を楽しんでいる暇がない(笑)常に鼻をつまんでいて、耳抜きばかりしてましたよ(^^;)
インストラクターが「もう少し奥まで潜ってイソギンチャクを見に行きましょう」とボードに書いて半強制的に連れて行くのですが、水面は遠くなるし、鼓膜も気になるし、いやもうホントにカンベンして下さいってカンジ。

ダイビングは小心者には向かないスポーツですな。

私はやはりインドア系のようです(笑)

東京湾花火大会

イメージ 1

花火大会に行って参りました!
前回花火大会に行ったのは、10年以上前・・・すごい久しぶりで一大イベントってカンジ(笑)

行った場所は、レインボーブリッジの下あたり。花火を真正面から見れるベストポジションですね。

16時くらいからビニールシートを敷いて、トランプをして時間を潰したり、お菓子やらご飯やらをダラダラ食べ続けたり(^^;)
友人が作ってきてくれた「ちまき」は美味しかったなあ・・・こういうちょっとしたことに手間ひまを惜しまない人って尊敬します。きっと気のきく良いお嫁さんになるよ。うん。
ちなみに私はお菓子と果物を購入して持って行っただけ(笑)

19時から花火が始まると、みんな一斉に携帯やらデジカメやらを取り出して、一心不乱に撮り続けてましたね。
ただ、携帯の画面で見ちゃうと、せっかくの迫力のある花火がショボくなるんですよね。目の前の花火を体感しないなんてスゴく勿体ないことです。私も途中からは携帯で撮るのをやめました。

花火が終った途端、ものすごい大雨!いや〜、車で来て良かったあ。
ゆりかもめは、あまりの混雑で乗れなかったらしいです。電車で来た人たちは、雨の中、地下鉄やJRの駅まで荷物を持って歩いたんですよね(><)
ただ、車で来ると、花火を観ながらビールって訳にいかないから良し悪しかな?

チェロレッスン第23回

「リゴードン」やはり、まだまだ音が不安定なようです。
ただ、前回に比べるとマシなようで。練習の成果がみられるせいか、マル。先生、甘〜い(笑)

次は「習作」。
今回の課題は、移弦の際ギリギリまで指を残すこと、だそうです。
私、移弦の時、指を全部話しちゃうんですよね〜。これをすると、音程が狂いやすいようで。

練習したいのは山々なのですが、合奏サークルの演奏会(発表会?)が間近なので、さすがにレッスンより合奏曲の練習が優先(^^;)

次回は確実にマルをもらえないでしょう・・・まあ、仕方ないか。

チェロレッスン第22回

「楽しい朝」は2拍子なんですね。頭の中で4つ数えながら弾いていたら、先生に「重い」と言われてしまいました(^^;)
四分音符のスタッカートで軽さを出すのと、移弦の際、音が切れないように気をつけるという注意をいただきましたが、とりあえずマルをもらえてホッ。

次の「リゴードン」では、とうとう2の指(中指)を使うことに!
今まで、1、3、4の指を使ってたのは、指が開きやすくて初心者向けだったからだそうです。
確かに、1、2、4と押さえると、2と4の開きが大きくて押さえにくい気がします。

そして2の指を使い始めたら、音程がガシャガシャに(><)
先生曰く「綱渡り状態の音程」だそうで・・・。

とりあえず来週までの宿題は「リゴードン」ではなく、「2指の練習」になりました。
クリアできるかな〜。

チェロ購入♪

やっと購入しました。嬉しい〜♪

購入にあたって、お店にチェロ3面と弓4本を用意していただきました。

まずは自分で弾いてみて、感触をチェック。
次に先生に弾いてもらい、ちょっと離れたところで(←観客(笑)にどう聴こえるか)音色をチェック。

この時点で2面に絞られたのですが、ここからが悩んで悩んで・・・(><)

片方は、音がまとまっていて、おとなしいカンジ。
もう片方は、響いて、華やかなカンジ。
「音がまとまっている方が上手く聴こえるかな」とか「響いた方が気持ちいいかな」とか考え始めると収拾がつかなくなってしまい、悩みまくり(--;)
見かねた先生が、私のチェロの目標としている<白鳥>や<花のワルツ>を弾いてくれて「将来、どっちの音色で弾きたいか」等と色々やって下さるのですが、優柔不断な私は決められず。

結局、最終判断は、先生のお薦めにより華やかな方となりました。

実際に手元に引き取るのは週末・・・楽しみだなあv(^^)v

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事