ここから本文です
Enjoy! MINI Drive
街乗りもドライブ気分にしてくれる、愛車NEW MINIの記録です。

書庫日記

記事検索
検索
雨です
桜が見頃なのに大変残念です。
明日からしばらく気温が低いようなので、もう少し花が続いてほしいものです。

ワイパーの拭き取りが悪くなり、筋が残って見にくいのでゴムを交換。
早いなと気になって過去の記事を調べて見ると、前回は去年の9月に交換している。1年は持つだろうと思っていたのに、何かしら早く消耗した要因があったのかな。

で、早速購入。

イメージ 1



















PIAAのワイパー、大変気に入っています。
撥水効果もあり、純正よりもビビリが少ないと思います。
ゴムだけ交換できるのもいい

イメージ 2











SUR45(運転席側)とSUR45C(助手席側)があってCはカーブの意味(たぶん)。
助手席側はウィンドウの形状に合わせて少し曲がっているものを使うのだが、これはいつも在庫がなく取り寄せになる。あまり売れないタイプなんでしょうね。

イメージ 3



















溝にスライドさせて根元をきちんと止まるようにはめて終了。

イメージ 4










金属製の部品を留めている青いクリップは捨てずに外した古いワイパーゴムに付けておきます。
確かリアワイパーのゴムも切れていたような。
こちらは純正品しかないのでディーラーへ行かないとダメなのですが、使い古しのフロントワイパーを後で代用しようかと。

ちょっとせこいDIYです

春は桜と若葉マーク

春ですね〜

東京のソメイヨシノは満開だそうですが、福井市内は、桜通りや市内中心部で九分咲きくらいでしょうか。気温が高いので日中の間にどんどん開花が進んでいる感じです。

イメージ 1















【空がドンヨリなのが残念】

日本海側の人間にとって春はとても待ち遠しいものです。冬の間ずっとどんよりした曇り空が続くのです。だから春が来るとものすごく高揚してしまうのです。

そのせいか、意味もなくマニュアルモードでブイブイ回してしまうんですよね。
ドライブレコーダーが自分の運転を記録しているので、冷静に運転しましょう

春といえば若葉マークを付けた車が多い季節でもあります。
ふと気がつけば、若葉マークを付けた現行の3代目MINIが駆け抜ける。
免許を取って最初の車がMINIとは幸せだなあ。
ずっと大事に乗ってくださいな

町を走る3代目MINIを見かけるときがだんだん多くなりました。ナマズ顔(と私は思ってます)があまり好きではないですが、見慣れてくるとこれもいいかなと思ってしまいます。
見かけたカラーは、黄色、赤、白、黒。意外に思うのは私がイチ押しのエレクトリックブルーを見かけない。3代目にはこの色が一番似合うと感じるけど。
買うならONEかな。ドアの枚数は迷います。3ドアの方がかっこいいと思うけど。
う〜ん、いろいろ妄想してしまいます

試乗に行ってみたいなあ。

4ヶ月間履いていた15インチの冬タイヤ。
最近のスタッドレスは性能が上がったのでしょう、ドライでも夏タイヤと変わらない乗り味。ナヨナヨ感がありません。

クーパーの標準サイズである15インチは路面の凸凹を上手にいなしてくれるだけでなく、町中をシュンシュン走り抜ける乗り味を演出してくれます。まさにMINIのキャラクターに合っていると思います

では、なぜ16インチを選択したかというと
カタログでは5本スポークの16インチがたくさん載っていて、気に入ってつい買ってしまいました。
MINIを買うときに試乗したのは15インチ。納車された時はオプションで選択した16インチで、しかもランフラットタイヤでずいぶん硬いと改めて感じました。ハンドルは重くなって奥さんには不評

でも高速を走るときはしっとりした重めの感触が好印象。山道などのカーブをすばやく駆け抜ける時のしっかりしたふんばり感が頼もしいです
普通に町中を走るときは路面の凸凹の度にお腹を揺さぶられる。普段はそれを我慢することになる。その我慢が解消できるシチュエーションがたま〜にある。それが16インチかな

最近MINIには15インチが最適ではないかと思うようになってきた。かっとびで最高速を競うのではなく俊敏にコーナーを駆け抜けるスタイルが体に馴染むようになってきた。歳かな?

でもね、ブレーキを踏まずにシフト操作だけで減速してコーナーをクリアする時のゴーカートフィーリング、たまらなくてやっぱり16インチです。

(17インチ以上はクーパーにはオーバースペックと思ってます


冬の足を交換!

3月末とは思えないほど暖かい日

山間部では部分的に凍結が想定されますが、どうせ街中しか走りません、
我慢できずにノーマルタイヤへ交換しました。
リスク管理に厳しい方は4月中旬まで交換されないようですが、ここまで暖かくなるとついやってしまいます。

スタッドレスは一応アルミですが、あまり好きなデザインではなく、塗装が剥がれはじめているサードパーティのもの。
早くお気に入りの5本スポーク(カタログなどで一番見るタイプです)に戻したくて交換。

この日は20℃以上になる晴天で半袖1枚でも作業していると汗が流れる日より。

イメージ 1


















【前を持ち上げるだけで後輪も持ち上がるので両方交換できます】

タイヤ交換って細かく言うと、物置から出してきて、トレッドの状態を見てどれを前輪、後輪につけるか決めます。冬タイヤを外したら、ワイヤブラシで余分な泥、錆、グリスを落として新しくグリスをうっすら付けてノーマルタイヤを付けて、空気圧をチェック。足りなければ電源を入れて追加。

加えて、外したスタッドレスの石取り、洗浄、乾燥という作業もあります。
これらを一人でやるのは結構大変。
3月終わりというのに相当汗を流しました。

交換した乗り味は・・・
冬タイヤは15インチ、夏タイヤは16インチの違いはありますが、空気圧を気持ち高めに下せいかもしれませんが、はっきりゴツゴツ
15インチではしなやかに路面の凸凹をいなす感じですが、16インチではそのまま伝える感じ。
また、ハンドルが明らかに重くなるので奥さんには嫌われますが私は好きです

R50の良くも悪くも個性が戻った、そんな感じでしょうか、これも楽しいです!

ところで、またいきなりトラブル。
エンジンをかけてたたんでいたドアミラーを広げたら、広がったところでガタガタガタと止まらずに振動を続ける始末

たぶん広げたことを認識できずにモーターが動き続けるのでしょう。

修理面倒なのでドアミラーいじらずに置いとこう。



前回、MINIの整備費用は高くない!
と言ったのですが、本当なのか気になって過去の整備状況を調べてみました。

そうしたら、忘れていたことも出てきまして・・・

運転席ドアハンドル交換
ドアを開ける時引っかかりが強くて開けられないトラブル
6年目 49,000キロ
修理費用43,000円(作業代含む)

こういう故障はあまり日本車ではないでしょう。

これ以外に改めて気になるところもわかりまして・・・
それはパワーステアリングまわり。

5年後の車検でパワステインテークホース(タンクからポンプへのホースらしい)
その2年後にリターンホース(さっきの逆)と冷却ファン
その2年後(去年)またインテークホース交換。

どうもR50はこの辺に弱点があるかもしれません。

長く乗るにはこの辺に注意すべきですね。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事