ジェントリーは今年で15周年。


15周年を迎えてだいぶ気持ちも楽に、また肩の力が抜けてきたように思います。
これからは余白をたくさん持って、
脱!アンチエイジングな大人を目指す。
誰しも年齢より若く見られたいモノ。考え方を変化させることはちょっと難しいですがこれもトライですね。

ちなみに僕も脱アンチエイジングをしている一人です。


自分の着たいと思うモノを着てもらって、そのときの自分を楽しむ。
細かいことや回りの評価は気にしない(笑)


15年前の業界で初めてヴィンテージ生地を扱った時の転換期、そして現在。
つい先日も10年ぶりに来られたお客様から「変わらないですね〜」
「変わってますよ」と笑いながらお話していました。


容姿であったり体型であったりそれはもうどんどん変わっていく。だけどそれもいいんじゃないかと思います。来年、再来年と全然違う自分になっていたとしてもそれを楽しもうと思うんです。

しなやかな大人を目指して、しなやかなお客様と一緒に20周年に向けて進んでいきます。


■6/14(金)〜16(日)の東京ヴィンテージオーダー会、締め切りは6/10(月)です。

開く コメント(0)

まだ誰も手をつけなかったヴィンテージ生地という分野に初めてトライした2004年。

イメージ 1



当時はヴィンテージ生地を誰も取り扱っていなかったし、とても個性的なのだからたくさんの人に着てもらいたいと思っていました。

しかし5年前くらいからふっと力が抜けて、着てもらいたいという思いから解放されてきた。
より楽しみながらやってもいいんじゃないのかなと思うようになりました。

イメージ 2



遊び心をたくさん持って、ヴィンテージ生地でバッグを作ったり、名刺入れ、ベルトを作ったり・・
特にバッグは良い意味で「クセ」になるようでリピーターは多いですね。

いい年になってきて、売りたいとかより自分の好きなことをやりたいと思うようになりました。

何かを守っていこうとか人のためになろうとか思わないんでいいんじゃないか。

イメージ 3



過去を暖かい記憶として振り返られる場所まで来て、でもさらに前を見るとまだまだ可能性が実はあったりする。

そういう年を重ねた自分を客観視して思いついたのが「OVER 45のオーダーサロン」で、過去と未来を両方見ている視点があるんですね。

イメージ 4



もちろんOVER45という言葉は「肩の力を抜いた大人をイメージ」したワードであり、定義を貼り付けだけで、45才以上じゃないと受け付けませんと言う意味ではありません。

20代の方、30代の方もウェルカムです。

続きは後日また・・

開く コメント(0)

6/14(金)〜16(日) 東京ヴィンテージオーダー会開催します。
今回のコンセプトは【大人ヴィンテージジャケット

完全予約制のオーダー会です。今回もどこにもないヴィンテージ生地をご用意していきますので、興味あるかたはメール、お電話で一言「興味あります」とご連絡ください。
お話だけ、相談だけも大丈夫です。

メール info@suit-gentry.com
TEL 06-6532-2983

※ 5/20(月)は所用のため臨時休業させて頂きます。

開く コメント(0)

5/11(土) お休みします。

5/11(土)は東京出張のため臨時休業させて頂きます。
(日曜日は定休日)

13日(月)から通常営業です。よろしくお願いします。

開く コメント(0)

幻の哀愁おじさん

文藝春秋さんから岩井ジョニ男さんの写真集発売されました。

イメージ 1



昭和の匂いがしてどこか懐かしい"ほっこり"する写真集。

イメージ 3



写真集内の壇蜜さんとの対談でご着用頂いてるヴィンテージスーツは先日納品させて頂いたドーメルのヴィンテージ。

イメージ 2


対談記事もおもしろく昭和を感じさせる写真集です。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事