玄の館ブログの部屋

どえらいもんを買うてしもうた〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全796ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

三浦海岸へ河津桜を見に行ってみました。振り返ってみると、去年の今ぐらいの時期にも撮影に来ていました。去年の方が良く咲いてた気がします。
イメージ 1


今年の冬は暖かいということなんですが、その分、冬眠が足りてないのかな。咲き具合がぼんやりしているのかもしれません。
天候は晴れたり曇ったりともうひといき。陽射しが差し込んでいるときに撮影できれば青空バックでいい感じになることもあるのですが、ほとんどは太陽が当たらず、今ひとつになりました。それでもピンクに色づいている桜を見るとほっこりします。今回は望遠レンズも持っていきましたので、メジロを…と思ったのですが、例によってほとんど玉砕です。やっぱり野鳥は難しぃぃ。

OLYMPUS E-M5II M.ZD 40-150mmF2.8Pro(110mm F2.8 1/1000 ISO 200)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日曜日に撮影した梅の花、こちらはまだ陽が当たっていない場所でした。天気は良かったのですが、少し早めに撮影を始めたので影になっているところが結構あったんですね。
イメージ 1

それでもこの花はツボミと、さいたばかりの花の形が絶妙で、梅の花らしい形と色でした。もうちょっと正面から撮影したいところですが、枝の関係でそれはかないませんでした。せっかくのマクロなのでぐぐーっと寄ってみました。これぐらい寄れると花粉まで見えてきそうですが、実際には風もあってピントを合わせるので精一杯。なかなか難しい撮影でした。普段はE-M5IIの手ぶれ補正に頼りっぱなしなので、手ぶれ補正の無いシステムで撮影するのは実はこれまた久しぶりだったりします。もう、体が手ぶれ補正に頼り切った撮影になってしまっています。たまにはストイックな撮影をしてみるのもいいかもしれません。

Canon EOS80D SIGMA 150mm F2.8APO MACRO DG(F3.5 1/400 ISO 100)




雲が多いのですが、雲間を付いてなんとかAXJの試運転をしようとチャレンジしてみました。赤道儀本体が17kg以上あるので設置だけで一苦労です。
北極星を導入するのはいいのですが、この極軸望遠鏡PFL-IIは、、北極星以外に5等星の星を二つ見つけなければなりません。が、薄雲と月明かりが広がる中、北極星以外の星は見つけられませんでした…ダメじゃん(涙。個人的には少し倍率上げて、時角式の方がまだいい気もします…

結局それ以上は晴れず、撮影までは行きませんでした。
リチャード君(GS200RC)だけであれば、ウェイトは3.5kgのひとつで良さそうであること、動きは非常に静かでなめらかで、頼りがいがあることなどは分かりましたが、これ以上はまた晴れ間を狙ってどこかでチャレンジしたいと思います。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

近所の梅の花その3です。この木はいかにも梅!というような花が咲いてて、撮っててもなんだか薫ってきそうな暖かさがやってきそうな、そんな雰囲気でした。
イメージ 1

この木はそれほど大きくは無いのですが、それでも5mぐらいの高さはあったでしょうか。広がってはいないので、下から見上げるように…というかほとんど真上を向いて撮影しました。道路脇なので通行の邪魔にならない様にバシバシっっと…。
中でも、この枝振りはいい感じでした。今週のイチオシ写真です。青空バックに真っ白な梅の花びらと黄色いしべと。今にも春がやってきそうでしたが、この後も千葉の方では大雪になったりしてましたよ。この週末もまだまだ寒いみたいですね。それはいいのですが、せめて晴れてくれんかなー。AXJの試運転が全くできていないので、だんだん欲求不満が溜まってきているのでした…

Canon EOS80D SIGMA 150mm F2.8APO MACRO DG(F2.8 1/1600 ISO 100)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

まだまだ寒いのですが、梅の花はどんどん咲いてきています。日曜日に撮影した梅の花が結構いい感じだったので、このまま今週は梅梅ウィークで行きます(^^;。

イメージ 1

こちらは少し大きい梅の木でした。枝の先の細い部分に咲いた花はきれいに配列していい感じになってます。この場所からは背景が少し暗くなって、かつやや斜光というか逆光ぎみの光でした。今回は150mm一本勝負だったので、アングルというか画角は決め打ちで足で稼ぐしかないのですが、F2.8のいいボケ具合とマクロならではの近接能力で相当に楽しめました。同じ150mmでもOLYMPUSなら40-150mmF2.8Proもあるので、そちらのほうがズームや手振れ補正も含めて使いやすかったりはします。ただ、センサーサイズの少し大きいこちらの方が、やはり背景のボケは良く溶けてくれてるような気がします。

Canon EOS80D SIGMA 150mm F2.8APO MACRO DG(F3.5 1/1250 ISO 100)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日もまた風は冷たく、関東地方の東部北部は結構雪も降ったようですが、昨日の午前中は意外と暖かくて、青空も見えてました。近所の梅の花も見頃を迎えていたので短時間でバシバシと撮影してみました。
イメージ 1

そもそも梅園でも無いのであまり広角にすると背景に色々入ってきてあまり面白くありません。満開に近い梅もあるのですが、ここは一つ望遠側ではいけいを整理できる150mmマクロをチョイスしました。このレンズ、普段はほとんど使わないので前回使ったのは…彼岸花の頃かな…(^^;。手ぶれ補正こそありませんが、使い勝手も悪くないし性能は十分なので、もうちょっとちょこちょこ使ってやりたいところです。

写真は少し枝の上の方、青空を背景に咲きかけた花弁がピンクになってて、春らしい色になってくれてました。ほんのご近所にある、春色でした。

Canon EOS80D SIGMA 150mm F2.8APO MACRO DG(F3.5 1/500 ISO 100)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全796ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事