玄の館ブログの部屋

急に寒くなってきました。ようやく冬の気配…

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全788ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Wirtanen彗星(46P)が明るくなっています。今回の接近は相当地球に近いところになるようで、淡く広がるようですが、肉眼彗星クラスになっているようです。ネット上ではもはやこれを撮らなきゃ、ということでお祭り状態になっているとか。この祭りに参加したいー!ということで時間の無い13日の夜半、少々ムリして宅撮りしてみました。
イメージ 1

FUJIFILM X-T1 SIGMA 50-100mm F1.8DC(100mm F2.0 10sec×4 ISO 3200)トリミング
Vixen PhotoGuide2ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

結構な光害地になることもあり、夜半でもあまり露出はかけられません。それでも、画像処理をすれば結構暗い星まで見えてくれます。とにかくビル種祭りに参加するためには、写ればOK(って誰も決めてませんが)なので、時間の無い中、ポタ赤を展開。極軸は極望に北極星をつっこんだだけで完了。カメラはX-T1として、レンズは短時間露出で行ける50-100mmF1.8を導入。F2.0で短時間ゲットを狙います。幸いビル種君はおうし座の比較的分かりやすい場所にいるので、50mmなら簡単に写るはず…が、思ったよりもバックグラウンドが明るくて撮影しても見えてきません。露出を調整して、なんとか判明。眼視では全然分からなかったんですが、強調処理をすれば彗星独特の淡い緑が見えてきました。よかったー。とりあえずこれで祭り参加〜(^^;。

イメージ 2

ついでに星ネタをもう一つ。今年は星がなかなか見えないこともあるので、せめて四角
ぐらい…じゃなくて資格ぐらい取っておこうということで、星検2級を結局二つも受けてしまいました。天文検定は星に関することがほとんどなので、歴史面を除けばなんとか満点に近い点を取ることができたのですが、問題は宇宙検定でした。いやもう、難しいのなんの。星に関することも大学レベルの内容で、少々苦労しました、というかこりゃムリだー。と思ったんですが、結果はギリギリの71点。なんと合格してしまいました。やってみるもんですね。次は1級を狙いたいところですが、宇宙検定の方はちょっとムリかな…(^^;

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

寒さが日増しに強くなってきていますが、ちょっと前までは結構暖かくて、ホンマに12月かな−、と思ってました。そう言えば、今年はまだ皇帝ダリアを見ていないような…と思ってたら、12月に入ってからあちこちでちらほら見るようになりました。確かコレ、11月に咲くヤツじゃなかったっけ?
イメージ 1

ということで、某施設ですごーく高くそびえて咲いてた皇帝ダリアを撮影してみました。丁度青空が見えてたので、なんとかそれを入れて…としているうちに、気がつくと凄い姿勢で撮影していました。人にはみせられんかな…(^^;
彩度をかなり上げているのでちょっぴり変わった感じがしますが、本当はもう少し緑も花もくすんだ色をしてたりします。1年のうち、この時だけ見られる見事な高さのダリアでした。

LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(34.6mm F5.1 1/250sec ISO 125)

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

今年は本当に天気が良い週末が少なくて、まともに星を撮ることができていません。それでも色々撮りたくて、チャレンジはしています。

4日の朝は月と金星が並んで見えていました。前の日もこの日も天気予報はあまり良くなかったのですが、朝の短時間だけ、青空がちらちら見える状態で、この月と金星も並んで撮ることができました。本当ならもう少し早い時間で焼けているのを撮れればいいのですが、そこまでの早起きはできないままでした(^^;。手持ちだし。来月、また頑張るかな…
イメージ 1

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(24mm F2.8 1/50 ISO 1600)トリミング

こちらは金曜日の新月にヤビツに行って見たものです。お告げ(GPV)では、夜半から晴れるという話だったのですが、準備をするにつれて次第に悪い側に触れてきて、最後は2時から1〜2時間だけ…という予報に。そして現場では…とうとう晴れませんでした。今回はバッテリーも忘れずにきちんと持っていって、星野も撮れるようにポタ赤も準備してたんですが…極軸を合わせただけでした。
悔しいので薄雲越しににじむM42だけでも撮っておきました。さすがのプロミナーですが、やっぱり雲があるのでまともに写りません。30秒を2枚撮ってあきらめました…ちきしょー。
イメージ 2

Nikon D610改 KOWA PROMINAR+TX07(350mm F4.0 30sec ISO3200)
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド IrfanViewで調整

イメージ 3

LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 15sec ISO 200)
薄雲はこんな感じ。アングルもピントも露出もぐちゃぐちゃ(ISO200だし。今気がついた…)ですが、撮り直すだけの気力はありませんでした(^^;

満天の星空の下で撮影しながら流れ星みたい−!

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

日曜日の午後、少し時間が合ったので久々に日比谷公園に行ってみました。丁度紅葉している木が綺麗になっているはず…というかもう散り始めているはずでした。一通り回ってみると、思っていたよりも綺麗なイチョウが並んでいました。やっぱり今年は散るのもちょっと遅いかな。
イメージ 1

LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(17.3mm F4.0 1/30sec ISO 500)

散っているイチョウの葉を見ていたら、思い出しました。確か去年、ここの西側には確かほとんど誰も歩いていない落ち葉の小道があります。行って見ると、今年も落ち葉がたっぷり落ちたままで降り積もっている状態でした。イチョウの木はまだ少し葉を残していて、いい雰囲気でした。久々にイチョウの絨毯をカサカサ踏みしめてきました。
イメージ 2

反対側から見てもいい色でした。
LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 1/200sec ISO 500)




そう言えば最近日本のが身売りされてたよな、あの有名なチョコレートメーカー。

「美味しいチョコだから、すぐ買い手が…ってそれはゴディバ!これは落ち葉!」

これじゃあオチが無いんじゃないのか?



…落ちた…

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

新宿御苑の紅葉、実はまだまだあるのですが、セレクトするのがそろそろ面倒になってきました(をい
写真は去年の夏にも撮ったプラタナスの並木。もう葉が落ち切っているかな、と思ったのですが、暖冬が幸いして、適度な緑も残しながら紅葉してくれていました。
イメージ 1

去年の12月のゴミゼロ撮影会も新宿御苑だったのですが、新宿駅側からのアプローチだったので、反対側に近いここまではたどり着かなかったんですね。今年は幸か不幸かはぐれてしまったので、一気にここまで来てしまいました。まぁ、夏に来たときも紅葉を撮ってみたいと思ってたのでいい機会でした。朝早く来れば人も少なかったかもしれませんが、さすがにお昼過ぎのこの時間帯はひっきりなしに人が通るので、木の上の方を中心に並木を表現してみました。足元には人の頭より大きいぐらいの大きな枯れ葉ががっさがっさしてます。初冬の青空が印象的でした。

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(12mm F6.3 1/320 ISO 200)




思いっきりパンチを受けた看護婦さん?

「そう、強烈なパンチを食らってフラフラに…ってそれは食らったナース!これはプラタナス!」

夏秋のの野菜だから、さすがに今まで置いてたら傷んでるんじゃないのか?

「…もしかして、腐ったナス?」



…やっぱり4文字はハードルが高いなス

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全788ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事