マイエコブログ

環境について、「水と緑の地球環境本部」から情報発信!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

毎日新聞東京本社(東京都千代田区一ツ橋1)内水と緑の地球環境本部展示スペースで9月29日(月)に開かれる「普通の人のための連続エコ講座」に、国産や地場産食材を積極的に使う飲食店を街に広げる「緑提灯」運動の仕掛人で、中央農業総合研究センター(茨城県つくば市)所長の丸山清明さん(61)が登場します。

赤提灯に対抗(?)する緑提灯は、食材や調味料に国産食材を半分以上使っている店が対象で、「あくまでも店側の自主申告」といいます。05年4月に北海道小樽市の店で第1号が点灯し、現在は約1390店に広がっています。

丸山さんは稲の品種改良の専門家ですが、04年に北海道農業研究センターの所長に就任したのを機に「緑提灯」の活動を有志で始めました。「国産の食材を提供している店を選べば、酒飲みでも自給率に貢献できる」が持論のようです。

講座は同本部とNPO法人「エコロジーオンライン」の共催で、当日は午後6時半から。定員30人(先着順)。申し込みは住所、氏名、連絡先を明記のうえ、エコロジーオンライン事務局(電話03・3584・2133、ファクス03・3586・8010、メールアドレスは info@eco-online.org )へ。【明珍美紀】

※写真は店に提供する緑提灯

閉じる コメント(1)

訪問ありがとうございます。緑提灯の丸山さんは、ホームページで存じています。食を中心にブログ書いてますので、何度か緑提灯には記事でも取り上げました。この取り組みには賛同できますので、なんらかの形で記事にして広めて行きたいと思ってます。

2008/9/23(火) 午後 11:05 mokomokokazu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事