日大 地球システムのスタッフブログ

日本大学文理学部 地球システム科学科 のブログアーカイブ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

北投石は唯一台湾の地名からつけられた岩石です.台湾総督府鉱物課技師・岡本要八郎氏が1905年に「瀧乃湯(前回紹介)」で入浴した時,その前を流れる川の河床に比重の大きな沈殿物を発見しました.その石が後に北投石と命名される石だったわけです.日本人が発見したために,「北投石」は日本語読みで「ホクトウセキ」.英語名もHokutoliteです.
その後の研究で北投石は重晶石(硫酸バリウム)と硫酸鉛鉱を端成分とする連続固溶体(Ba,Pb)S04で,明確に境界がないので独立種ではないことが判明し,現在では北投石のことを含鉛重晶石と呼んでいます.
この北投石は北投温泉の他,秋田県の玉川温泉からも産出することが知られています.微量のラジウム(放射性元素)を含んでいることから,ガンに効くなどと言われ人気を博しています.
写真1:北投温泉の北投石解説看板
写真2:北投石(台湾大学地質学講座所蔵)
写真3:北投石アップ

村瀬雅之


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事