日大 地球システムのスタッフブログ

日本大学文理学部 地球システム科学科 のブログアーカイブ

在学生・卒業生の声

[ リスト | 詳細 ]

少しずつ更新します.“生の声”をお楽しみに!
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

地球システム科学科の前身「応用地学科」の21回生、隅田まりさんが学科にお越しくださいました。隅田さんは18年前から北ドイツの州都キールにある海洋科学センターに勤めていらっしゃる、火山学の研究者です。

ある世代の地テム卒業生では知らない者はいないのでは?というほどの有名人です。

なんて言ったら怒られますかね…


噂にはその存在を耳にしつつ、じっくりお話ししたのは今日が初めてでした。とても楽しかったです。私(三浦)の知らない地テム話も聞くことができました。あんなことやこんなことや… それは今回はふせておきます。


お話しした目的が別にあったため、ちゃんとしたインタビュー形式をとらなかったのですが、特に伺いたい2点については、ご回答いただきました。


【伺いたいことその1】どうして今の研究分野に興味を持たれたのですか?

もう最初から火山って決めてたんです。父親が地質をやっていたので、自分も将来は地学の方面に行くんだと思ってて。
大学入学のときに、知り合いの方に「はい、これ」と火山学の英語の本をいただいてそれを持って入学したんですよ。
卒論をやるころは、ちょうど遠藤先生も火山の研究に乗り出していました。私は「火山豆石」の成因を研究することになってたんですけど、ちょうどその時三宅島が噴火しましてね。
それで、三宅島の調査に行くことになったんだけど、行っても火山豆石がない。先生に「豆石がないですよ?」と言ったら「じゃあ、どうしてないのかを研究テーマにしたら?」とかなんとかこじつけられましてね(笑)。
三宅島には毎月通って、計13回の調査の上で、マグマ水蒸気爆発の噴火プロセスについて学会発表をして、論文も書き、それを投稿して修士になるときには無事火山学会誌に掲載されました。


【その2】地球科学に興味をもつ高校生にメッセージを!

何かを見て、不思議だな、と思う漠然とした気持ちは誰でももつものですよね。特に明確に理路整然と疑問を整理したりはしないと思いますけど、疑問を持ったら、調べて、先生を捕まえてディスカッションして徹底的につきつめていって欲しいと思います。
広く学ぶのも大切ですが、基本は、物事を突き詰めるのが大事だから。

いまはインターネットなんかもあって得られる情報も多いしその分、何が正しい情報なのかってことを判断できないまま知識を得ることになりますよね。ネット上のコミュニケーションも大事だけど、やっぱり人と会って、話があちこちに逸れながらも議論する、っていう形が一番大事。先生たちともそうやってどんどんディスカッションしてほしいと思います。
久々の卒業生インタビューは、平成19年度大学院修了の井田貴史さんです。地質コンサルタント会社で働き始めて早三年目。大型連休で東京に帰ってきたところを宮地先生にガシッと捕まえていただき、インタビューしました。



―――社会人になって三年目に入りましたが、仕事には慣れましたか?

 うん、ぼちぼちです。お陰さまで。

―――会社は地質コンサルですが、コンサルってつまりどういう会社なんですかね?

 地質コンサルタント=地盤の問題解決 で、主に地質の調査を請け負う会社ですね。たとえば地すべり調査・対策や、ダムを作るとかトンネルを掘るとかする前に、その場所の地質がどうなってるかっていうのを調べるんですけど。今やっている仕事は現場が多いですねぇ。

―――調べるというのは、具体的にどんな風に?

 ボーリングして、地すべりかどうか見たり。地すべりというと、どーっと一気に滑るようなイメージがあると思うんですよ。実際僕もそう思ってたし。でも実際の地すべりのほとんどは、年に数ミリから数センチ単位でゆっくり動いてる。プレートの動きと同じ速さですよ。それを傾斜計使ったり水位観測したり、平面図や断面図を見たりしながらどんな風に変動しているか調べるんです。

―――確かに、地すべりって言えば一気に動くものだと思ってるかも。

 そうなんですよね。さらに言うと、空中写真で見えるような大きな地すべりが一体となって滑動していていると思いがちだけど、実際はその中の小規模な地すべりが滑動していることが多い。特に僕は学生のときに火山ばかり研究をしていたのもあって、基盤岩の地質に関する知識がないのが苦しいところでしたね。大学のときにズバリ「地質学科」っていうところにいた人なんかは、そんなことないと思うんですけどね。地すべりとか地層の分布を調べるだけじゃなく、構造物に対する影響や、危険予測や対策の検討もします。

―――本当に現場の仕事が多いんですね。

 今は、室内で作業するより現場にいる時間の方が圧倒的に多いです。

―――どうしてコンサルに入ろうと思ったんですか?

 学部学生の時の就活では全然違う業種を受けたんですけどね。大学院まで進んだんだから、専門的な職に就こうと思って、コンサルに興味を持ちました。

―――コンサルで働く魅力ってなんでしょう?

 いま愛媛の事業所で働いてるんですけど、大学のときに学んだ領家・秩父・三波川・四万十の地質帯にじかに触れ合えるってことですかね。うん。それから今は気の許せる先輩がいます。仕事のことを何でも話し合える。

―――学生時代に遡りますが、井田さんは宮地先生の研究室所属でしたね。一番の思い出って何ですか?

 調査などで日本各地のいろんなところに行けたってのが一番ですね。北海道の釧路湿原でカヌーしたり。あとは何たって自分の研究対象だった富士山の御殿場ですね。山頂までは2回しか行っていないですが御殿場は何回も行った。火山は面白いです。仕事でも是非やりたいです。

―――宮地先生がその言葉を聞いたら喜ぶでしょうね。ではでは、最後に現役学生への一言をどうぞ。

 遊べ。以上。社会人になったら無理ですから。

―――井田君はかなり遊んだ?

 全然(笑)。だからなおさらそう言いたいですね。

―――なるほど。意外にまじめな井田君でした。今日はありがとうございました。



(インタビュー後記)
冒頭にも記したとおり社会に出て3年目の井田さん。落ち着いて、自分の仕事を客観的に見ようとする姿勢から、インタビュー中に「いい意味でもうフレッシュマンじゃないんだなぁ」と感じさせられました。
入社10年目はどうなっているんでしょうかね?
7年後にもう一回インタビューやってくれない?とお願いしたら、照れ笑いしつつも快くOKしてくれました。約束忘れないで下さいよ!

 ↓クリックして井田さんと地テムを応援!↓
にほんブログ村> <自然科学ブログランキング
現在南極昭和基地に滞在中の、本学科(地球システム科学科の前身の応用地学科)卒業の長井秀子先生から、学生のみなさんあてのメールが届きました。写真もついていますので、南半球の彼方に思いを馳せて下さい。4月の帰国後にはいろいろ質問をする機会があると思います。   遠藤邦彦

「第51次南極観測隊同行者の現役教員枠で南極に来ています。約30年ぶりにハンマー(捨てずにとってありました)・コンパスを持ち、25000分の1の地図を折り、リュックを背負って南極の地を歩いています。まさか、こんなことができるとは思っていませんでした。人生は、わかりません。そして、やはり地学は楽しいです。もっと学生のころ、その大切さがわかっていればと反省しきりです。

ここ昭和基地は、東オングル島にあります。南極大陸ではありませんが、リュツオ・ホルム湾を挟んで大陸まで4卍です。到着してすぐ目に着いたのは、縞模様の岩盤と、穴だらけの岩です。縞模様は、広域変成岩の片麻岩。穴だらけの岩は、ハチの巣岩といわれ、くぼんだ所で強風にあおられた小石が回って、さらにどんどん削られ、たくさんの穴が開いてハチの巣のように見える岩です。風が強く当たる場所にはたくさんあります。

ここの変成岩の特徴の一つは、ガーネットを含んでいるものがあることです。これが、インド南部に露出しているものと同じで、大陸移動を証明しています。頭ではわかっていることですが、実際手にしてみると感慨も一入です。研究用の岩石を私の小学校用に貸して頂くことになっておりますので、お見せできると思います。大陸移動については、昨日から48時間連続VLBI観測も始り、数ミリ単位での距離の測定に驚いています。その他にも、超電導重力計連続観測により地球内部のコアの振動が観測できるなど、もう私の頭では理解できないことばかりです。

昭和基地だけでも十分ですが、一歩大陸に行くと、また違った景色が広がっています。ラングホブデ、スカルブスネスの二ヶ所に行ってまいりましたが、全く人が足を踏み入れた事がないような景色です。氷河の後退によってできた段丘・迷子岩、浸食によるU字谷・削痕など教科書にでてくるようなものばかりです。湖沼の調査も行われており、湖底は南極とは思えない様子です。私もドライスーツを借りて、ちょっとだけ覗いてみました。湖底のコアや水の採取は、陸水海洋学実習を思い出します。

今になって、勉強したい事がたくさんです。どうぞ若いうちに私のように悔いが残らないようたくさん学んで下さい。そして、是非この南極にいらして下さい。時間がありましたら、帰ってから持ち帰ったものを持って伺いたいと思います。昨日から20mを越える風が吹き続け、雪が下から上に向かっています。これも南極の特徴です。」      
写真リンク

応用地学科20回卒業生 長井秀子
5年前に地球システムを卒業され,アメリカに大学院留学されていた大谷和敬さん.宮地先生に会いにこられたところをインタビューさせていただきました.


―――今回宮地先生に会いにいらっしゃったとのことですが,宮地先生の研究室をでられたのですよね?環境にご興味があったのですか?

 本当は宇宙や天文に興味があって入学したのですが,入ってみてアレ?天文学の先生がいないって(笑).それで1−2年生の時期は,勉強以外のことばかりやっていたのですが,2年生の研究室選びの時に,各研究室の紹介プレゼンを聞き,面白そうだと宮地先生の研究室へ.環境問題の理学的な側面だけではなく,法律的や社会的な側面にも興味を持ち,宮地研では,そういったテーマも扱うことができました.ようやく入ってよかったなと思いました.

―――4年生の時は,どんな研究をされたのですか?

 20年くらい続いている釧路湿原の環境変化を調べるプロジェクトに参加させていただきました.2ヶ月間北海道で研究しながら過ごして,研究の奥深さを知りました.そこから研究面白いってなりましたね.

―――それが大学院進学につながってくるのですね.しかし,なぜ海外の大学院(カリフォルニア州立大学大学院)を選ばれたのでしょうか?

 純粋に海外への憧れもありました.アメリカ行ってみたいって.それに日本で学んだ環境問題と同じことが世界中で起こっているわけで,同じような問題を,違う国・違う民族はどのように捉え,どのように解決しているのかを海外で学びたいと言うのが動機です.

―――いきなりアメリカの大学院は大変だったのではないですか?言葉の違いの問題とか.

 大学院は成績の平均がB以上でないと退学という厳しいものでした.成績評価は,レポート・ディスカッション・ディベートと他項目あり,とにかくやるしかないと頑張りました.
 水処理・水ビジネスの研究で修士号をとったわけですが,カリフォルニア州立大学ですから,学位記にアーノルド・シュワルツネッカー知事のサインがあるんですよ〜.
(学位記を見せていただく)

―――お〜本当だ〜

 言葉の問題は,大学院レベルの内容が英語で話されるわけですから,最初の1年間は全く理解できませんでした.録音して家で聞きなおしたりしました.次は言っている内容が分かっても,質問ができない.どのように英語で言えばよいのかわからない.
そんな中で,廃棄物処理のプレゼンをする機会があったのですが,プレゼンの受けが良く,「俺結構いけるじゃん」と思ったんです.自信というか,開き直りというか.そこからですね,とりあえず前に!という気持ちになりました.
 英語ではネイティブにどうしたってかないませんよね.それなら簡単な英語でも内容が伝わるように発表資料を工夫する.そうやって頑張っていれば周りの人たちも必ず助けてくれます.

―――外国での大学院生活は大変だったのですね.生活に関しては何か印象に残ったエピソードなどありますか?

 日本ではなかなか起きないことがおきますよ.家の近くで殺人事件やカージャックがありました.ハリウッド映画のように,車が爆発炎上して,多くのパトカーやヘリが来て犯人が逮捕されていきました.

―――えー.それはすごいというか,目の前で起こったら怖いですね.

 住むところには気をつけようってことで(笑)

―――話は変わりますが,在学中に起業されたそうですね?

 2005年から,日本人のルームメイトとスポーツデザインエージェントの会社を始めました.日本人デザイナーのイラストやキャラクターのアメリカでの営業代行をしています.

―――アメリカでの大学院生活をしながら起業.すごいですね.

 やりたい放題ですよね(笑).一度きりの人生なので,いろいろやってみないとね.

―――この度,日本に帰国されて水環境のコンサルに就職されるとお聞きしましたが?

 大学・大学院で学んだ水処理や水ビジネスについて,学問上ではなく実際社会ではどうなっているのかを働くことで学びたいと思っています.

―――どのようなことをされるのですか?

 半導体洗浄など,目的・用途にあった水を作るという仕事です.この分野は日本が最も進んでいます.

―――水処理というと,汚水処理など使った後の水のことばかりイメージしていましたが,使う前の水を作るという仕事があるのですね.

 僕も最初はそういうイメージでした(笑)

―――最後に,地球システムに入学を希望する高校生や在学生に,ぜひメッセージをお願いします.

 大学生活は,何をやってもいいと思うんです.一生懸命になれる,没頭できる物であれば.それは学問でなくても良いと思います.自分がこれだと思えるものをとことん探してみてください.そうすれば大学生活は良かったなって思える物になると思います.

―――ありがとうございました.


(インタビュー後記)

 大谷さんとは初対面でしたが,とても面白いお話をたくさんお聞きすることができました.インタビューを通して,例え困難なことであろうとも「やりたいことは,やってみる」という前向きな姿勢を強く感じました.皆さんも,一度きりの人生,やりたい放題やってみてくださいね.

 突然のインタビューのお願いにもかかわらず快諾いただいた大谷さんには大変感謝しております.ありがとうございます.是非また大学に遊びにいらしてください.



 ↓インタビューありがとうクリック↓
にほんブログ村> <自然科学ブログランキング
  
 卒業生インタビュー第4弾にして、卒業したてホヤホヤの菅美香さん(2008年3月卒業)登場です。
菅さんは今年の4月から株式会社テレビ埼玉に勤務しています。お仕事の関係で、指導教員である宮地直道先生のところへいらっしゃったので、インタビューさせてもらいました。


―――お久しぶりですね。お仕事はいかがですか。

 お久しぶりです。4月1日に営業部に配属となって,「時間を売る業務」に就いています。簡単に言いますと、スポンサーを探してCM等の提案をしています。


―――へぇー、おもしろそう…だけど大変そう。楽しく働いてますか?

 はい!働き始めた頃は何していいかもわからないし、会社の運営資金を稼ぐなんて大変だと思ってたんですけど、今は楽しいです。乗り越えた感じです。


―――図太くなっちゃったのね。

 そうですね(笑)。


―――営業部ということだけど、希望していた部署だったのかな?

 いえ、入社する前はスポーツ部で働いて、学生スポーツのドキュメンタリー番組を制作したいと思っていました。高校時代に三年間続けたハンドボールを通じて、「スポーツに打ち込むことによって、これほど喜怒哀楽の感情には幅があるのか」ということを知りました。ちょっとクサいですけど、スポーツが持つ無限大の感動をブラウン管を通じて視聴者に伝えたいと思っていました.


―――なるほど。

 でも、学生の時にアナウンサー養成学校に通ったことで、人と接したり話したりするスキルを磨いたのが活かされているので、今の営業の部署は自分に向いていると思っています。


―――なかなかそうは思えないよね。自分の希望とは違う部署に配属になって「向いてる」と感じられるのは貴重ですよね。

 そうですね。辛いこともたくさんあるから、全部良い方向に持っていかないとやっていられないですね。そうすることで、人生も面白くなると思うし(笑)。


―――強いね(笑)。養成学校に通っていたのは、アナウンサーになりたかったから?

 そうです。大学入学当時は「将来安定した職業に就きたいなぁ」と何となく思っていましたが、大学2年生の春にマネージャーとして所属していたボート部の大会でアナウンスをしたことで人生が変わりました。「一着、○○大学です」って実況中継するんですけど。その時に、自分の言葉で会場が動く様子に心から感動して、それから「人に伝える仕事がしたい」って思うようになりました。
 就職活動ではアナウンサー希望だったので何社も受けていましたが、途中でテレビ埼玉から内定をもらったので入社を決めました。テレビ埼玉はアナウンサーの募集はしていなかったのですが、私は生まれも育ちも埼玉県で自分の全ては埼玉県にあったし、地域貢献をするなら、やっぱり埼玉県が良いと思ったからです。営業部の配属ですが、たまにアナウンス関係の仕事もしています。何でも出来て面白いですよ。


―――ちょっと時間軸さかのぼりますが、地球システム科学科を選んだ理由は何でしょうか?

 石が好きだからですね。小さい頃からその辺の石を集めている変な子だったんですよ(笑)。それに、自分達が生きていく上で環境や自然とは密接に関わるものだから、地球科学はいつでも旬な学問だと思っています。


―――実際に入学して勉強して、どう感じましたか?

 研究をずっと続けていくとすると、自分の能力には限界があると感じたし、早く自立して社会に出ていきたい気持ちが強かったから就職の道を選びましたけど、地球システム科学科で一生懸命勉強したことは私の自信の全てです。こんなに学生時代必死になって勉強出来る学科はないし、家族のような友達が出来る学科もないと思います。


―――就職活動でも学科の勉強のことはPRした?

 しました。「地球の意思(石)を代弁するジャーナリストになりたい」って言いました(笑)。


―――(笑)ウケた?

 いや、あんまり(笑)。そもそも地球科学が大衆向けの学問じゃないので、逆に学科の勉強のことをPRして反応がある企業には縁があるって思えますね。無反応な会社には、行きたくないなって思っちゃうし。
 私の同期は、私を含めて4人いるんですが、その中にもう一人大学で火山の研究をやっていた人がいるんですよ!私も宮地研で火山をやっていたので、今年のテレビ埼玉では火山が熱いんです。


―――おぉ!それはすごい。本当に縁を感じるねぇ。
   今日宮地先生のところに来たのは、仕事の相談?


 はい。私が担当しているお客様が地球環境保護に関する地域貢献がしたいとおっしゃったので、環境保護番組やイベントを企画する上で宮地先生からヒントをいただきに来ました。


―――いいヒントはいただけましたか。

 新聞を読め、と(笑)。あともちろん、いろんなアドバイスをいただきました。


―――この学科で学んだことを仕事に活かせるといいね。 最後に、これから大学に入ろうとしている高校生や地球システム科学科の在校生へ、メッセージをお願いします。

 えーっ、メッセージ??うーん…
 ボーっとするな!っていうことですかねぇ。大学4年間は時間に融通が効くからこそ最大限に使い道を考えなければならないし、就職活動は自分の未来を変えられる瞬間でもありますから、そこでボンヤリしていてはいけませんって伝えたいです。自分の人生に対して本気で立ち向かって欲しいです。その方が絶対に充実した毎日が送れると思います。


―――力強いメッセージをありがとうございました。



(インタビュー後記)
 パリッとしたキャリアウーマン風スタイルで事務室に入ってきた菅さんを見た時に、まだ卒業して3か月しか経っていないのにずいぶん大人っぽくなったなぁという印象を受けました。インタビューから感じる熱意からもわかるように、会社でいろんなことを吸収して日々成長しているんですね。
 高校生・在校生のみなさん、将来のことを考えて不安になった時は、夢を追って社会に出て行ったばかりの先輩のメッセージを思い出してくださいね。



 ↓クリックして菅さんと地テムを応援!
にほんブログ村> <自然科学ブログランキング

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事