ここから本文です

韓国・巨済(コジェ)市 公式ブログ

書庫全体表示

イメージ 1

年明け早々、ガールグループ「KARA」の完全体維持の最終結論はまだ出ていないまま、その「KARA」の脈や筋を引き継ぐガールグループたちの話題が盛り上がりそうだ。寒さを物ともしない熱いセクシー対決である。

ガールズグループ戦国時代が依然として続いているK-POP界においては、過激なセクシーパフォーマンスを武器に知名度を上げている女性アイドルたちも多い。

今や韓国でも、日本のような「アイドルオタク層」ができつつあり、20代半ばから40代までの男たちがステージの前で一心不乱に声を上げるシーンは珍しくなくなった。そんなガールズグループのファンたちは、「サムチョンペン(おじさんファン)」と呼ばれており、このターゲット層に特化したセクシー系ガールズグループも多数存在する。

「KARA」の妹分の「RAINBOW」。そして、「Girl’s Day」と「Dal★shabet」。この3つの女性アイドルグループは季節感にとらわれることなく、年始めからアグレッシブな展開を図っている。

まずは、「KARA」妹分の「RAINBOW」、その派生ユニット「RAINBOW BLACK」だ。「RAINBOW」としても「Gossip Girl」や「A」など、エロカワな楽曲は多数だが、今回は「19禁」のアダルティーなセクシーさを特化したチームで今月末のデビューを予定している。なお2011年には、元気ハツラツな健康美と、初々しさをコンセプトにした派生ユニット「RAINBOW PIXIE」が誕生している。

「KARA」と同じ所属事務所のDSPメディアは、「『RAINBOW BLACK』」は、『RAINBOW』からはみられなかった官能的で品格のある熟したセクシーさを感じられるはずだ。YouTubeチャンネルを介して4人のメンバーを順次公開する予定。」と発表した。

次は、昨年「Expec」や「FEMALE PRESIDENT」でエロカワな魅力を爆発させた「Girl’s Day」。先週、3枚目のミニアルバム「Something」で2014年最初の攻勢に出た。メンバーたちは、「今回はエロすぎずナチュラルなセクシーさを感じられると思います。説明は難しいけれど、私たちにしかない派手すぎない自然なセクシーさをアピールします。」と抱負を語っている。しかし、そのパフォーマンスはどちらかと言えば「ナチュラル」よりも、やはり従来の「露骨なセクシーさ」に近かった。

ミュージッククリップの中では歌い出しから床に寝そべったり、四つん這いになってお尻を振ったりと、エロさ全開モード。ショートパンツや切れ目の深いドレス風の衣装を活かして、自慢のボディラインを露出しながら音楽チャートでも上位にランクインした。

最後は、昨年「Be Ambitious(私の足をみて)」で脚線美やチラリズムにフォーカスし注目を集めた「Dal★shabet」だ。

人気作曲家「新沙洞ホレンイ」がプロデュースした新作ミニアルバム「B.B.B」 (Big Baby Baby)を8日にリリースした彼女たちは、「露出しすぎず、品のある大人の女性のセクシーさをアピールしたい。」と意気込んでいた。

所属事務所「Happyfaceエンタテインメント」も、今回の新曲は衣装が見どころだ。今までとは違い肌の露出は封印しているが、ボディラインに密着するシルエットが強調されるファッションで女性らしいイメージを意識した。」と付け加え、「サムチョンペン」の期待感を増している。

これらセクシー系ガールズグループの振り付けは、ここ数年急速にエスカレートしてきた。お尻を振ったりする「KARA」の振り付けはもう「クラシック」や「古典」になっている。腰をくねくねさせる動作は当たり前で、今や胸や股間をスリスリするようなダンスまで登場するようになった。19禁ミュージックビデオも少なくない。

しかし、ビヨンセやリアーナ、「KARA」のように、しっかりとした歌唱力または音楽性をベースにするか、時代のアイコンとしてのセクシーさであれは、素晴らしいエンターテインメントとして受け入れられるのが芸能界やエンタメ業界だ。

「RAINBOW」と「Girl’s Day」と「Dal★shabet」。これからも、彼女たちのK-POPならではパワフルで、セクシーで、エロカワなパフォーマンスを楽しみながら、日本中がまた元気を戻す瞬間を期待したい。(記事&写真引用:(C)WoW!Korea、2014年1月10日付)

☆今やK-POP界において「セクシーさ」というのは一つのアイコンになってきた気がします。果たしてポストKARAになるのはどのグループでしょうか?

★この記事の続きはこちら→<コラム>「KARA」の後継グループ、セクシー系の大決戦


続いてのニュースは・・・

イメージ 2

「ラブレイン」、「オレのことスキでしょ。」、「朱蒙」など、これまで多くの韓国ドラマに携わってきたポニーキャニオンが、韓流10周年の記念と、韓国ドラマファンへの感謝の気持ちを込めて、1月10日(金)、11日(土)の2日間に渡り、「ポニーキャニオン韓国ドラマプロジェクト WE LOVE Kメルマガ会員」対象の無料イベント「WE LOVE K感謝祭」を開催。

会場ではドラマごとのコーナーが設けられており、中でも「ラブレイン」コーナーでは、チャン・グンソクとユナが実際に身につけた衣装の他に黄色い傘も展示。少し折れてしまった様子から使用感が伝わってくる。また3月19日(水)に発売されるチャン・グンソクのLP盤「Re:- Picture Label LP Limited BOX-」も展示されており、一足早く見られるのはファンにとってうれしい限り。

イメージ 3

「その冬、風が吹く」のコーナーでは、チョ・インソンとキム・ボムが着用したスーツを展示。2人が実際に立っているような存在感ある展示に、ドラマの世界へ一気に引き込まれるような仕組みになっている。

他にも「ネイルサロンパリス〜恋はゆび先から〜」や「紳士の品格」、「乱暴<ワイルド>なロマンス」などの作品で実際に使われた衣装やパネルを展示。

他にポニーキャニオン韓流関連アイテム(ジュエリー、グッズほか)が<特別ファミリーセール>として一部最大60%オフで販売予定。1,000円以上の商品を購入者には、俳優の直筆サイン入りアイテムなどが当たるプレゼント抽選会の開催もしていて、韓流ファンにはたまらないイベントとなっている。

また、11日(土)のみ、新作「グッド・ドクター」と「お金の化身」の第1話特別上映や、「ラブレイン」「オレのことスキでしょ。」のプレゼント抽選会付メイキング映像上映会を実施。トークイベントのゲストには、韓国語通訳者の嵯峨山みな子氏や韓国エンタテインメントライターの安部裕子氏・高橋尚子氏に加え、ドラマ「武神」ほか多数の映画・ドラマの吹替版に携わっている声優の青木強氏と日本語版演出の壺井正氏ら豪華ゲストの登壇も決定。韓国ドラマ業界の裏側をファンに披露する。整理券の応募は1月5日(日)で終了したが、当日券も若干数を配布予定。

ポニーキャニオン韓国ドラマプロジェクト<WE LOVE K>メルマガ会員に登録すれば誰でも(同伴者1名まで)入場可能。各日先着300名に感謝祭限定の非売品DVDをプレゼント中。


ポニーキャニオン韓流情報サイトWE LOVE K http://www.welovek.jp/

韓流ファンにとっては見逃せないイベントですね!!! 今週末は会場にレッツゴ~!!!

★この記事の続きはこちら→グンソク、ユナ着用衣装も展示! ポニーキャニオン無料イベント「WE LOVE K感謝祭」開始直前取材!


ブログランキングに参加中! 
ポチッと押していただけると、ランキングがアップするので嬉しいです
↓↓↓


海の都市、韓国巨済のさらに詳しい情報はモバイルサイトでもチェック

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事