伝馬船操業日誌

釣りに菜園に迷走する顛末記

全体表示

[ リスト ]

手作り”発芽育苗器”

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

春を目前に毎日の気温にヤキモキしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

三寒四温とは言え、陽の出ない日は日中の最高気温が一桁台とマダマダ寒いですね。

土作りは寒晒しや元肥散布などを済まし、桜の便りでも聞けば即スタートとばかり

準備万端です。例年ですと自然気温に任せた播種だけに頼ってましたので、スタート

が4月上旬に遅れることも多く、結局4月下旬に売り出される農協の苗などに頼る事

もありました。アチコチの先輩方のブログを見て回りますと、本格的な温室や温床で

育苗されているようです。本格的な温室は無理でも播種芽出しだけなら小規模でも

出来るのでは?と調べてみました。すでに専門メーカーから育苗器”愛菜花”とか

とても良く出来た製品もありましたが、waka3さんのブログに自作の記事を発見。

http://waka3.cocolog-tnc.com/blog/2009/02/post-6bbc.html

なるほど電気アンカとスチロールの保温箱でっ!!とヒザを打ったのでありました。

早速、ネットで同じ製品”ソフト電気アンカ”を買い込みまして、丁度手持ちの発泡

スチロールのトロ箱と合わせ、製作しました。waka3さんも書かれてますが、本来の

使い方とは違いますので、防水には十二分の対策が必要です。元々がビニールパック

に封入されていて、電線の出入り口だけが心配されましたのでシリコン接着剤で封印

しました。アンカが届いて小一時間で完成。早速手持ちのセルポットに播種土を入れて

甘太郎トマト・キャベツ・時なしニンジンを蒔きました。25穴のセルポットが1枚

しか入りませんので、今回は実験を兼ねて少量でやってみます。

デジタル最高最低記録温度計をセットして、今日からテストです。芽が出たら光が入る

ようなアクリル板のようなフタに代える必要があるかも知れません。

本葉が出てから、どうするか?は今のところ考えていませんが、まだまだ霜も降りる

可能性もあり、ポットに移植して簡易的にビニールトンネルにでも・・・と思ってます。

閉じる コメント(9)

やはり今流行りの種蒔きたい病が感染しましたね、良いものを作られました、大丈夫でしょう、トマトときゅうりはその後の育苗が大変ですよ、それ以外は簡単ですがね。

2010/2/17(水) 午後 4:01 伊豆けん 返信する

顔アイコン

ど素人のぼくにはビックリすることばかりです!

工夫と手間暇をかけた我が子(笑)の生長をお祈りします!

2010/2/17(水) 午後 4:24 [ ひょうたん島 ] 返信する

顔アイコン

>伊豆けんさん

先週は原因不明のジンマシンに感染して沈んでおりました。治ったかと思ったら
皆さんから”種蒔きたいウィルス”です(笑)。これで上手くいったら皆さんに
一歩近づけるかな?と期待しております。育苗が問題ですよね・・・あれこれ考
えてみます。

2010/2/17(水) 午後 4:46 伝馬船操業日誌 返信する

顔アイコン

>ひょうたん島さん

ご無沙汰しております。幼少以来のジンマシンを病んでました(笑)。
あれこれ無い知恵と金を振り絞って遊んでますよ。

2010/2/17(水) 午後 4:49 伝馬船操業日誌 返信する

顔アイコン

私お読んでいる本に、野菜の育成温度が書いてあります。
トマト最低温度12度以上、キュウリ18度以上、ナス15ど以上などです。
温度を保つ事は難しいので苦労しています。

2010/2/17(水) 午後 4:51 rou*oku*aed* 返信する

顔アイコン

>ほだぎさん

そうなんですね。取り合えず種から芽を出せても、育苗が問題なのは解って
おりました。苗が寒さに耐えられるよう知恵を絞ってみます。。

2010/2/17(水) 午後 5:26 伝馬船操業日誌 返信する

顔アイコン

はじめまして、私のブログにお越しいただきありがとうございました。

自前の発芽育苗器をお作りになられたようですね。
私の使用したアンカの熱源は21Wと発芽育苗器には最適な温度でこの時期ですと夜間に蓋をした状態で地温が発芽に最適な温度になってくれますので大変重宝しております。
2〜3注意点を申し上げておきますと、
1.僅かでも発芽の兆候がみられましたら、夜間は蓋をしていても構いませんが、うっかりすると「モヤシ」が出きてしまいますので昼間は必ず光が入るようにして下さい。(笑
但し、今日のような曇りで寒い日には地温が上がりませんので、室内で電源を入れた状態でちょうど手頃なガラスを使用して、少し空気の出入りが出来るようにして地温を調節しております。
2.だいぶ深さのあるトロ箱を使用されておられるようですが、私は双葉の先に本葉が出始めて4〜5cmになってきたところで育苗ポットに移し替えて育てております。

2010/2/17(水) 午後 9:10 [ waka3 ] 返信する

顔アイコン

文字数が多かったので2回にしました。

3.ポットに移し替えをされた後は育苗器から出すことになってしまいますが、この時期ですとまだ気温があまり上がりませんので温度の管理が出来るような工夫が必要であろうかと思います。
ちなみに私は1.5坪ほどの温室を持っていますので昼間は温室の中で熱源を外して育苗しております。
どうぞ良質な苗が出来ることを期待しております。
これからもよろしくお願いいたします。

最初から長文にて失礼しました。

2010/2/17(水) 午後 9:11 [ waka3 ] 返信する

顔アイコン

>Waka3さん

いらっしゃいませ。芽出し器のアイディアを頂きありがとうございました。
同じ”ソフト電気アンカ”がヤフオクで手に入ったので作ってみよう!と
なった次第です。色々とコツまで教えて頂き感謝感激です。皆さんご指摘
のように本葉成長からの育苗が問題のようですね。温室の無い私の場合、
大問題です。苗が無駄にならないよう、早急に考えなければと思います。
よりチープな方法で”芽出し育苗”が出来ればと楽しみながらやりたいと
考えてます。これからも宜しくお願い致します。

2010/2/17(水) 午後 9:45 伝馬船操業日誌 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事