S202からS124へ。メルセデスとの素敵な?カーライフ日記!

気がついたら訪問者数が10万人突破してました!ご訪問いただいている皆様、ありがとうございますm(__)m

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

GF号車検完了@2019

こちらは3/2(土)になりますが、車検を終えたGF号を引き取りに主治医であるJUSTさんへ行ってきました。
イメージ 1


今回の車検でこちらからお願いした整備内容はジャダーが酷くなってきたフロントブレーキのローター&パッド交換と、私がGF号を所有してから未交換で新車時から未交換と思われるチャコールキャニスター([124 470 03 59] 持込み)の交換です。これ以外に整備が必要な個所がればやっておいてくださいとお願いしておきました。

そのチャコールキャニスターは、いつもパーツ購入でお世話になっている4-Leavesさんで購入させていただいたのですが、フロントフェンダーカバーの内側に装着されているという事で小さいもの想像していたのですが思っていたよりかなり大きくてビックリしました。
イメージ 2


そしてちょうど交換時期(20,000厂椣造妨魎后砲魴泙┐織┘▲侫ルターは自分で交換。
イメージ 3


今回は某オクで旧パッケージの未使用品を格安で入手できたのでそのフィルターを使ってみることに。
そのエアフィルターはK&N社製のもので私の車歴の中で初めての湿式エアフィルターです。初の湿式でしたのでオイルを塗りすぎないよう入庫前に数日かけてオイルを塗布しました。
イメージ 4


お決まりの新旧比較。乾式と湿式、見た目は全然違いますね。湿式はオイルも塗布されていますので黒くて新しいのに汚れているように見えます(笑
イメージ 5


厚みも湿式は乾式の半分程度です。
イメージ 6


装着後はこんな感じ。
イメージ 7


K&Nのエアフィルターは汚れを洗浄して再利用が可能ですので長期的に見るとコスパはいいと思いますが、洗浄して乾燥させてからフィルターオイルを塗布する作業が面倒そうなので今回限りでお蔵入りかも?(爆

そして今回の車検で交換したパーツがこちら。フロントのブレーキローター&パッドは純正をチョイス。ローターは2013年の予防整備依頼約5年半ぶりで走行距離は約66,000kmでした。
イメージ 8


そして装着されていたチャコールキャニスターは予想通り新車時から未交換と思われ今回購入したものと材質が違っていました。
イメージ 9


装着されていたチャコールキャニスターの材質はプラ製で、124も前期(中期まで?)は金属製だったとお聞きしてこれは後期型のコストダウンの影響を受けている箇所の一つなのかもしれません。
そしてプラ製では何か問題があったからなのか現在はまた金属製に戻って供給されています。

そのチャコールキャニスターを逆さにすると中から活性炭の粒子がボロボロ出てきました。通常は活性炭の粒子が逆流しないようフィルターのようなものがあるみたいですが既に経年劣化でダメになってしまっているのかもしれません・・・大事に至る前に交換出来てホント良かったです。
イメージ 10


工場長からは今回交換したところ以外では「特に問題のある個所は見当たらなかった」とお言葉をいただき今のところはまずまず良い状態をキープできているようです(^^

最後に車検時のODOメーターの距離を残しておきます。
イメージ 11


240,000kmを超えてもまだまだ元気なGF号。今回の車検でまずは2年延命できましたのでこれからも頑張っていい状態を維持していきたいですね!

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事