ここから本文です

書庫全体表示

GWも中日の平日、今日の草津温泉は朝から日差しも戻ってきました。
 
今日は草津温泉の人気スポット”湯畑”から徒歩6〜7分の場所にある頌徳公園を紹介いたします。 まづは聖バルナバ教会側からの入り口です 大きな木がそびえ立っています
イメージ 1
                                                                                                                          かつて、湯之沢集落でハンセン病者の救済活動をおこなったコンウォール・リー女史(以下:リー女史)が購入した土地で 草津町に寄付をしたものです、現在観光で訪れるお客様の散歩道であったり草津町民の憩いの場所でもあります、 草津町民は”頌徳公園(ショウトクコウエン)”と呼んでおりますが正式名称はコンウォール・リー頌徳公園です、リー女史がいたころは”リー女史のお山”と呼ばれておりました、又秋には見事な楓の紅葉も見れることから”バルナバ楓公園”との名前もあります。
 
コンビニのセーブオン側(東側)からの広大な景色いかがでしょうか? リー女史が救済活動をされた湯之沢集落はこの右下にありました。
この丘から眺めていたリー女史を想像してしまいます
イメージ 2
 
リー女史のこと、草津の恩人として後世に残そうと 数年前胸像ができました 5月20日にはここで生誕祭が行われます、生きていれば157歳です
イメージ 3
 
この胸像の後ろに見える木造の大きな建物が”マーガレット館” リー女史の救済活動の証です、現存する唯一の建造物です
 
マーガレット館にはまだ雪が残っています
イメージ 4
 
公園内の桜もやっと芽が出てきました 桜の木の下一帯がかつての湯之沢集落です
イメージ 5
リー女史の功績を知っていただきたく リーかあさま記念館 がオープンして3シーズンめ 本日も10:00に会館します こちらでリー女史のこと詳しく知ることができます。
イメージ 6
 
ではお待ち申し上げます。
 
                                        (担) バルナバ★うっP- でした

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事