ここから本文です

書庫全体表示

ブログ六日間休んでしまいました。
 所要で一週間PC持って出かけたのですが うっかりID等のメモを忘れてしまったのです(言い訳です・・・・・・ネ?!)
 
所要帰りに山梨県の清里を通ったので私 バルナバ★うっP-は「ポールラッシュ記念館」に寄ったのです、ここを訪れるのは二回目なのです。
イメージ 1
館内はこんな感じです
イメージ 2
 
ポールラッシュさんが尊敬している人の一人にコンウォール・リー女史(以下:リー女史)ということは良く知られている話です。
 
リーかあさま記念館で販売している本「草津のタルピッ」に書かれているあることがことが数年前から気になっていたのです。
 
そのあることとは
 
それは名付けて 清里の花いんげん豆伝説 です(この伝説はあくまでバルナバ★うっP-が勝手に名付けただけと言うことをご理解ください)
 
さて、「草津のタルピッ」32ページによると、リー女史は草津温泉など高地でしか採れない”花いんげん豆”が大好きでした、清里の父と呼ばれるポールラッシュが草津温泉に来られた時にお土産に花いんげん豆を差し上げたのです(エピソードですけどこのときポールさん落としてしまい大騒ぎしたとか・・・・・・)
 
やがてポールラッシュさんから 清里で花いんげん豆を蒔いたら良く出来たとの便りがリー女史にあったそうです
 
ここからは if になりますが あるいは清里の花いんげん豆はここから始まったのではないのか? 清里でもそう思っている方もいるそうです この次清里を訪れたら農家巡りをして確かめてみたいと思います(それって今紹介している花いんげん伝説がまだ完結してないってことですけどね!?)
 
ポールラッシュさんはリー女史と日本で行った活動が良く似ている イヤ同じかもしれませんよね 教育や医療そして夢や希望を私たち日本人に教えて頂いたのですね、さらにいろいろな分野でも誰もが認める活動を行っている、私はお二人尊敬しております。
 
本日ご親切にご案内して頂いた「ポールラッシュ記念館」のスタッフさんありがとうございました。
 
 
 
さて バルナバ★うっP-の私ごとですが 私花いんげん豆をもう何十年も作っております今日は清里の帰りにMy畑に寄ったら10日前に蒔いた豆から芽が出てきました 
イメージ 3
 
私も、ポールさんとリー女史に召し上がって頂きたい気持ちで秋の収穫まで育てるのです、花いんげん豆の育つ過程も時々紹介したいと思います(農家ブログになったらゴメンナサイ)
 
                                     (担) バルナバ★うっP- でした!!
 
 
 
 
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    ポールラッシュ(1897-1979)とコンウォール・リー(1857-1941)、また一つ学びました。草津の花いんげんは最高です。 削除

    [ ブルースカイ ]

    2014/6/2(月) 午後 10:46

    返信する
  • 顔アイコン

    ブルースカイ 様
    おはようございます、草湯温泉のお土産の定番ですよね

    (担) バルナバ★うっP-

    [ gfc**366 ]

    2014/6/3(火) 午前 7:33

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事