ここから本文です
ウエッキーのブログ
クルマを楽しむ!

書庫1/10ツーリング

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

続タイムアタック!

今回も1/12の練習の合間にTA01でタイムアタックしてきました!

車の方もちょっとアップデート!

変更前はこんな感じ
イメージ 1

アップデートしたのはアッパーアームとダンパーの取り付けです

変更前は前後のアッパーアームに角度が付いていて

角度がある分若干長くなってしまうのでロアアームに対しても長くなってしまい

キャンバー変化量がちょっと少ないかな〜と思っていたので修正しました


まずフロント側

ナックル側は変わらないのでダンパーステーを移動すればダンパーステーの

前にアッパーアームを移動できそう

ダンパーステーのスペーサーを外してダンパーステーを後方に移動
イメージ 2


ダンパーステーの前側にアッパーを移動するとダンパーも前に

出さないといけないのでカラーで調整
イメージ 3


次はリヤ

リヤも同様にダンパーステーのスペーサーを外して
イメージ 4


ダンパーステーを前に出してアッパーアームを後方に取り付け

ダンパーもカラーで位置調整して終了
イメージ 5


そして完成!
イメージ 6


妄想ではキャンバー変化量が最適化されタイムアップする予定!(^^♪

それではタイムアタック!

前回はやっとこ8秒9でしたが・・・

コースインすると前後タイヤのグリップ感はバッチリ!

前回みたいな前勝ちも無く前後バランスは今までで一番良いです(*´▽`*)

タイムもあっさり8秒台に入り8秒台で周回を重ねられます

だいたい8秒7〜9秒0ぐらいで周回できているので

当日走っていたタミチャレ車両と同じようなタイムが出ています

しかし、この日は8秒7が壁でなかなか超えられず

2パック目でアタックしてようやく8秒6まで行きました
イメージ 7

イメージ 8


良い感じだな〜と思いつつ近くにいた二ム師匠に貸したら

あっさり8秒6出しやがった(; ・`д・´)チッ

流石師匠〜(一_一)

車のフィーリングは前後のグリップバランスが良いと

お褒め目の言葉をいただきました

でもパイロン乗ったり、インリフトした時に車が前に出ないねと指摘も忘れない


多分原因はフロントがスルスルのギヤデフになってるからだと思います

片輪浮くと駆動がかからなくて前に出ないのだと思います

次はデフにアンチウエアグリスでも塗って試してみます


速い車も難しいけど、小さいコースで速度が抑えられた車だと

タイムを縮めるのが難しいですね

今回は前回よりも0.3秒つめられましたが0.1秒がとても大きいです(^_^;)

でも、これはこれで楽しいです(^^♪

次回もアタックしてこよう!

(@^^)/~~~







この記事に

開くトラックバック(0)

高速チキチキ!

やっとコジ師匠とのチキチキ動画UPしましたので(^_^;)

ブログUPします

それから記事に書き忘れましたが走行前にダンパーをメンテナンス
イメージ 1

車の組立者に確認したところ前回Oリング等のメンテナンスしたのは

記憶に無いそうです(;´・ω・)

特にオイル漏れも無いようなのですが経年劣化はあるかなと思い

Oリングとダイヤフラムを交換

Oリングはお勧めいただいた京商のXOリング

もともとこれが入っていたそうで新品交換しました

入っていたものはちょっと変色してましたね(^^;

いつもはOリングにグリスを塗って組んでいたのですが

今回はグリスを塗らずに組み立てました

昔のOリングはすぐオイル吸って膨らんでいましたが

最近のものはモノが良くなってあまり気にしなくても良いみたい

なのでシリコンオイルを塗って組み立てしました

ダンパーメンテの効果で当日の車は好調!←気の持ちよう?


本題のチキチキですが

走行序盤は路面グリップの低さに手を焼いていたコジ師匠も

夕方には調子を上げてきましたのでチキチキバトルを楽しみました!

フルブーストなので速度も速く大分高速なチキチキですが

楽しく遊べました(^^♪

コジ師匠はヨコモBD9のJM仕様、自分はタミヤTRF417のイリーガル仕様

クルマとバッテリーが旧型なのでモーターとコース慣れ分のハンデをもらってます

そのぐらいじゃないとエキスパートとのチキチキは割が合わないッス(^^ゞ

で高速チキチキラウンド1

高速チキチキラウンド2

動画に音楽を付けてバトルを盛り上げてみました!

仕様が異なる車でもバトルが噛み合うと楽しいですね!!

また、遊んでください

ご一緒した皆さんお疲れ様でした

(@^^)/~~~

この記事に

開くトラックバック(0)

MONTECH NAZDA2.0

久しぶりにKUHでツーリングカーを走らせてきました!

思ってたよりも天気も良く暖かく絶好のラジコン日和でした!

今回からレストアしたヨコモのタイヤウォーマーを投入しました
イメージ 1

当日の路面は埃っぽくグリップは低め

まずはボディをLTC-Rにしてタイヤテスト!

タイヤはRUSH24SでインナーはRUSHの軽量黒とアクソン黄をテストして

グリップ感は良いけどヨレが気になったRUSH軽量黒よりも

グリップ感と転がりが良かったアクソン黄を使用することにしました

グリップ剤はツイークでウォーマーは60°℃10分で走行しました

フロントタイヤのグリップ剤を全塗りすると曲がり過ぎるので

最終的には半塗りまで減らして調整しました

車のセットは変更無しでグリップ剤の塗り幅だけで調整


さて今回のメインです

新しくMONTECHのNAZDA2.0ボディを製作したのでテストしてみます
イメージ 6

何でも海外のストックカテゴリーではこのボディが成績を残しているそうな

重さ的にはスタンダードウエイト?貰い物なのであいまい(^_^;)

まずは外観をRUSH SPEED6と比べてみます

左がRUSH、右がMONTECH

正面から
イメージ 2

キャビンは若干NAZDA2.0の方がコンパクトに見えます

フロント周りは似ていますが空力効果を狙ってかNAZDA2.0の方はリブが入ってます
イメージ 7


側面・上面

ルーフの上サイドの段差はNAZDA2.0の方が高め

サイドのフロントからリヤへのラインはほぼ同じ
イメージ 3


リヤもほぼ同じですがバンパーのカットラインマーク位置が違います
イメージ 4


ウイングマウントは同じですがNAZDA2.0は中央にリブが追加されています
イメージ 5


ボディ重量は

MONTECH NAZDA2.0スタンダードウエイトが101g
イメージ 8


RUSH SPEED6ライトウエイトが85g
イメージ 9


ついでにSWEEP STC-4ライトウエイトが94g
イメージ 10


RUSH LTC-Rライトウエイトが84g
イメージ 11


RUSH SPEED6とMONTECH NAZDA2.0を比較しながら走ってみました

RUSH SPEED6から走行してみます

LTC-Rよりも安定感があってグリップの低い状況

車をマイルドに動かしたい状況ではSPEED6は良いですね


いよいよMONTECH NAZDA2.0です

やはりボディ重量が効いてロールがちょっと大きめです

若干SPEED6よりも入りが良い感じがしますがリヤが軽い感じもあります


2つのボディを比較してみました


バックストレート前の高速S字とか軽量なSPEED6の方が軽快感がありますね

路面はちょっと軽い感じだったのですが重いボディよりも

軽いボディの方が走らせ易かったですね

やっぱり高いところの重量は軽い方が良いんですね

改めて実感( ..)φメモメモ

NAZDA2.0もライトウエイトがありそちらは塗装前で70gを切るらしいので

気になりますね〜

現在、いろいろなボディが出てきて何が良いのかわからない状態ですね

片っ端から買っていく気にはなれないのでもう少し落ち着くのを見つつ

ボディの違いを楽しんでみたいと思います


この日はコジ師匠とバトル動画も撮ったのですが・・・

編集が終わってないので・・・

そのうちUPします(-_-;)

( ´Д`)ノ~バイバイ



この記事に

開くトラックバック(0)

タイムアタック!

先日の1/12の練習の間にTA01でタイムアタックをして遊んできました!

この日は路面が良くなくフロントをかけちゃうとリヤがリフトしてすっぽ抜ける状態

コーナー進入時にスロットルを残し気味にして

ピッチングの動きを少なくしてあげれば走れるかな〜と難しい状態でした

前回はリヤグリップも十分で曲がらなかったんだけど

路面状況でこんなに変わってしまうとは思わなかったです

ラジコンは奥が深い
イメージ 1

今回はトランスポンダーも積んでタイムアタックしてきました!

とりあえず走行1パック目はベスト9秒5

周りの車両と比べても遅いみたいです

特にストレートが・・・

ハイスピードギヤが欲しいところですが手持ちに無いので

モーターの進角を2コマ上げて良い感じ

タイムも9秒0まで上がりました!

エロ師匠、コジ師匠にも運転してもらったけどかなり運転しづらい様子

フロントが動き過ぎちゃうのでフロントを硬くしようと思い

懐かしのタミヤツーリングスプリングのブルーを用意
イメージ 2

このスプリングに食いついてくるマニアな方も数名いましたよ!

スプリングを変更でピッチング方向の動きが少なくなって

運転が少し楽になりました

でも根本的な改善にはなってないですね

次回はちょっと車をいじって改善したいと思います

何とかアタックできそうになったのでコジ師匠と2人でタイムアタック!

ラインを詰めつつアタックするも2人とも9秒0止まりで

9秒0が壁か〜とあきらめかけていた終盤

渾身のアタック!!!

ラインをつめ、失速しないようにステアリングを切り

最大限に無駄なくスロットルを空け

そしてその時は来ました!

8秒910!
イメージ 3

イメージ 4


ふふふ(^^♪

やってやりましたよ!

今回は自分の勝ちッス!

でも自分の車なんで勝たないとまずいのですがね(^^;

いや〜何気にタイムアタック面白かったし盛り上がりました!


でふと思ったのですが実車のタイムアタックイベントはなかなか人気があり

タイムアタックの世界選手権なんかも行われています

クルマはこんな感じでタイムアックに特化したマシンが製作されるほど
イメージ 5

イメージ 6

実車でもレースはちょっと敷居が高い

でもサーキットを速く走りたい、自分の好きな車で!

という方にタイムアタックイベントは人気があるみたいです


同じようなことはラジコンにも言えるのかなと思いました

サーキット走行はしているけどレースは難しそう

レギューレーションに囚われず好きな車で走りたいという方は結構いると思います

5分間のレースはダメだけど1周のタイムだけは自信があるという方もいますし

ラジコンでもタイムアタックイベントなら参加しやすいのでは?

サーキットに足を運ぶユーザーが少し増えるのでは?と思いました

タイムアタックならレースのようにコースを占有しくても

営業時間内の好きなタイミングでタイムアタックしてもらって良いので

お店の負担、ほかのお客さんへの影響はミニマムで良いと思います

レギュレーションはカテゴリーが4WD、2WD、DDぐらい

バッテリーは2セル7.6V以下、タイヤはコントロールであとは無制限

モーターは何TでもOK、ボディも何でもOK、空力パーツの追加もOK

シャーシの改造し放題!

タイヤをコントロールにしたのはタイヤの性能ではなくて

車の創意工夫でタイムを詰める方が面白いからです

後はドライバーのレベルに合わせてエキスパートとノービス

フレッシュマンぐらいに分ければ良いかな〜

これならレース経験のない方、レースレギュに準じないマシンの方達も参加しやすく

サーキット走行の目標もできるのではないかと思います

注:勝手な妄想ですが・・・

タイムアタックに特化したファンカーやド派手エアロ等のギミックを搭載した

とんでもマシンが沢山出てきたら面白いし

何よりもレギュレーションの無制限という言葉に萌える方も多いはず(笑)

無制限という縛りのない中の創意工夫から色々なアイデアが生まれ

新たなカテゴリーのきっかけになると思うのですがいかがでしょうか?

自分ならグランドエフェクトバリバリの車で挑んでみたい!(^^♪

注2:勝手な妄想拡大・・・

と帰宅した後に自分では実現しようもない妄想をしていました

妄想力は高めなので(*´▽`*)

さっTA01をいじって楽しみますか!

(@^^)/~~~












この記事に

開くトラックバック(0)

ヤフオクでヨコモのタイヤウォーマーをかなり安くGETしました!

程度は悪くないのですが擦り傷等がありちょっときれいにしたいので

早速バラしましたよ!

注:バラすとメーカー修理が受けられない可能性があるので
良い子はマネしないでください
イメージ 1


サクッとマスキングして
イメージ 2


サーフェイサーを吹きました
イメージ 4


で塗料を用意します

DCMブランドの200円ぐらいのスプレーです

ここ最近のあたりグッズです
イメージ 8

安い割にノズルの出来が良くて塗料を吹いた時のキメが細かくて塗りやすいし

塗料の光沢も申し分なしです

製造元が塗料メーカーのアサヒペンなので信頼できますね

ちなみにアサヒペンブランドでも同じものが出ていて右端のラベルのものになります

多分DCMの方がOEM製品ですね

問題があるとすれば色のバリエーションが無いことです

基本色しか無いですから

それからこの塗料をラジコンのポリカボディにも使ってます

ステッカーを内貼りした後の保護にこの塗料を使用しています

ポリカにも十分な塗料の食いつきがあってクリアーの透明度も高くて十分使えます

ただし、この塗料を使用してから水性塗料を水で希釈して塗装すると

はがれやすいかもしれません

水性アクリルうすめ液で希釈して塗装すると食いつきが良くなって

乾燥も促進してくれます

自分はMR HOBBYの水性ホビーカラーうすめ液かガイアノーツのT-02で

ファスカラーを希釈して使用しています


塗装して乾燥している間にもうひと手間掛けます

本体を塗装してしまうと操作パネルの表示が無くなってしまうので

操作パネルの表示をステッカーで製作します

まず型をマスキングで作ってスキャンしました
イメージ 3


スキャンした型紙に合わせて文字を入れます
イメージ 5


でステッカー用紙に印刷

保護も考えて保護ラベル付きにしました
イメージ 6


右下にネームロゴを入れてみました

カタカナじゃなくて英語表記で色は自分のボディカラーに合わせてみました
イメージ 7


組み立てて完成です!

組立途中の画像を取り忘れました・・・
イメージ 9

若干テカテカにし過ぎたか?

気になるのは塗料のグリップ剤に対する耐性ですが

マイティ以外は行けるんじゃないかと思ってますけどどうでしょうか?

まあ使えばわかりますね(^_^;)


電源端子もやれていたので交換しました

キレイになって気持ちが良いです
イメージ 10

さてタイヤウォーマーの準備もできたし週末はラジコンと思いましたが

天気予報は大雪の可能性がありますですって・・・orz

下手すると連休全部引きこもる可能性も・・・

ムリせずのんびり車のメンテでもしてましょうか(*´▽`*)

(@^^)/~~~


この記事に

開くトラックバック(0)

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事