ここから本文です
ウエッキーのブログ
クルマを楽しむ!

書庫1/10ツーリング

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

セッティングシート!

とりあえず現状を維持するためTRF417のセッティングシートを作成しました!

ちなみに自分は人のセッティングシートは参考程度にしか見ません

ドライバーも条件も同じではないので同じようにはならないからです

ツーリングカーはセッティング箇所が多くて変えると分らなくなってしまうので

セッティングシートを残しておこうかと思いました

多分、今後また変わっていくと思いますが迷った時に戻れるように

セッティングシートをUPしておきます

結構ブログに残しておくと後で確認するのに役に立つんですよ(^^♪

字が汚いのは気にしないでください・・・

TRF417ノンブースト
イメージ 1


TRF417フルブースト
イメージ 2


アンプのブースト設定(サンワ スーパーボルテックスGEN2)
スロットルパンチ      :  60
ニュートラルブレーキ    :  25
ドライブフィール      :  70
ニュートラルブレーキフィール:  40
ブレーキフィール      :  80
ブーストレート       :  70
ターボ           :  20
ブーストスタート      :100
ブーストアクセラレーション :  80
ニュートラルデッドバンド  :  20

さあ、これであと数か月後どんな変化がありますかね

1周まわって戻っている可能性もありますが(^-^;

(^.^)/~~~



この記事に

開くトラックバック(0)

KUH初走り!

KUHの初走りに行ってきました!

天気予報では前日よりもかなり寒い予報でしたが日差しも少しあり

思ったよりも暖かく初走りを楽しめました

TRF417は谷田部で走ってから触ってなかったので

セットをKUHセットに変更することからスタート!
イメージ 1

車高、キャンバー、リバウンド、サスマウントスペーサを変更して終了

そして2019年1回目の走行ではボディテストをしてみます

どれも今どきではありませんが・・・(^_^;)

左からRUSH製LTC-R、RUSH製SPEED6、SWEEP製STC-4です
イメージ 2

前から見るとSWEEP製STC-4がノーズが低くボンネットにもエッジが立っている

のでフロントのダウンフォースが強そうな感じです

RUSH製SPEED6はPFのSPEED6に近い感じでLTC-Rが登場する前は

長く定番だったボディですね


上から見るとSPEED6のキャビンがちょっとコンパクト
イメージ 3


リヤは似たような感じですがSTC-4はバンパーにリブが付いてます

ボディサイドの段はSTC-4が大きめですね
イメージ 4


ボディの高さはSTC-4が一番低くボディポストがLTC-Rよりも1段低くなります

SPEED6はLTC-Rと同じ
イメージ 5


車のセットは変えずボディだけを変更して走行比較してみました

いつものLTC-Rの走行

このボディでセットを進めてきたのでこれを基準に特性を評価したいと思います

LTC-Rはフロントの入りも良くグリップ感もあって扱いやすいと思います


次はRUSH製SPEED6の走行

形状はPF製SPEED6に似ていますがリップがちょっと大きかったり

細部がちょっと違っています

PF製SPEED6は自分がラジコンを始めたころの定番ボディだったものですが

当時も安定感があり扱いやすいボディでした

このRUSH製SPEED6も扱いやすくて安定感があるけど曲がらないわけではなくて

ラインに乗せやすい運転しやすいボディで積極的にラインを詰められました

おじさん向けのボディですかね(^-^;


最後はSWEEP製 STC-4の走行

一番今っぽい形に近いボディでしょうか?

ノーズが低く各部で積極的にダウンフォースを得ようとしている形状に見えます

フィーリングは良く曲がります

LTC-Rよりもすーっとノーズが内側に入っていく感じです

曲がるけどロールも適度にしリヤもついてくるので旋回半径を小さく

速く旋回できるイメージです

ただし、ロールが速く丁寧にステアリングを切り

ピッチング、ロールも積極的にコントロールしないとうまく走れないところがあり

気難しい感じありました

でも、一発はこのボディが一番出ると思います


ボディ3種類の走行比較です

比較する前はSTC-4かLTC-Rが一番速いかなと思ったのですが

走行初期はSTC-4が速かったですが次第にペースが落ち

逆にSPEED6は序盤はちょっと遅れていましたが後半になるにつれて

ペースが上がり最終的には一番最初にゴールする結果になりました

まあ正確な比較ができているとはいいがたいのですが

KUHのように路面グリップが低くコーナーのRが大きく

スピードが乗るようなコースレイアウトだと曲がるボディよりも

安定感がありライントレースがしやすくラップを揃えやすいボディが

良いの結果につながるのでないかと思いました

曲がるだけが正義では無いってことなのかな?

ラジコンは奥が深いです(;´・ω・)

そのうち今時のボディも買って比較したいと思います

(^.^)/~~~

この記事に

開くトラックバック(0)

ハイグリップの洗礼!

年末は12のほかにツーリングも走らせてきました

シャーシはカーボンのままです(^_^;)

417のアルミシャーシは見当たらないので・・・
イメージ 1

今回はセットを変更しました

サスマウントしたのスペーサーを1.5mm→0.5mmに変更

キャンバーをF:2°、R:3°→F:1°、R:2°に変更

フロントのグルーをタイヤのショルダーのラウンド部にかかるぐらいまで

塗りました

上記の変更で前回よりも走りやすくなったのですが

まだ、フロントのロールが大きくてちょっと走らせずらいところがあります

ムリして攻めたら・・・

やってしまいました・・・orz
イメージ 2

コーナーでハイサイドしてフェンスに当たってしまい破損してしまいました

この車でサスアームを折ったのは初めてです(T_T)

スペアパーツを持っていなかったのですが

ラジコンマニアのM氏にパーツをもらい復活!

その後は慎重に走り壊さずに終了〜

カーペットにも慣れてきたので次回はもっとセットを変えてみようと思います

あとトランスポンダーも積んでみよう!

多分タイムは出ないけど(^^;

KUHだと動画で比較できるけど

谷田部だとお客さんが多いと動画を撮りずらいので

ラップタイムでセットの変化を計ろうかと思います

カーペットはアスファルトと違った難しさがあるので勉強したいと思います

(^.^)/~~~


この記事に

開くトラックバック(0)

ノンブーストとブーストってどのくらい違うのか?

比較動画を作ってみました

車はTRF417で17.5Tモーターの仕様
イメージ 1

ノンブーストとブーストでパーワーソースの仕上がり具合は

どちらもそれなりだと思いますので比較になるかな?

ただ、足回りの熟成具合ではブーストが有利ですが

路面のグリップはノンブーストの時のほうが気温が高く有利かと思いますので

プラマイ0ぐらいかな〜というところで見てみてください

自分が思ってたのは圧倒的にブーストが速いのかと思ったのですが

ノンブーストが思っていたよりも速かったのでちょっとびっくりです

また、突き詰めたセットだともっと差が出るのかと思いますが

思ってたよりも差が小さかったです


今年はこれが最後のUPです

年末に谷田部で走ってきてネタはあるのですがUPは来年に持ち越しですね

今年は昨年よりも自分のブログを沢山の方に知ってもらえて

色々な方と出会えた一年でした

RC活動もレースにチキチキに真剣&緩く程よく楽しめました

沢山の方にお世話になり楽しい一年を過ごすことができました

また、来年も真剣&緩く程よく楽しんで行きたいと思いますので

宜しくお願い致しますm(_ _)m

それでは(@^^)/~~~





この記事に

開くトラックバック(0)

TA01で爆走!

TRF417は調子良くなったものの天気予報では夕方からだったのに

少し早く3時頃から雨が降ってきてしまいました

雨が降ってきて外コースが走れなくなってしまった後は
イメージ 1


こんなこともあろうかとTA01を持ってきてました!
イメージ 2

ウォーマーかけて準備万端!

前回、リヤアクスルのベアリング破損を修理した以外、特に変化はないです

今回は単純に走らせて遊んできました〜

久しぶりに走らせましたが弱アンダーで丁度良いかなという感じ

タイトルのホビーフィールドの文字がホービーフィールドになってる(笑)

車の改造もあんまりやり過ぎるとTA01かわからなくなっちゃうので

こんなもんかなぁ( 一一)

ボディでも変えてみようかな?

後は走らせながら考えましょ!

(@^^)/~~~



この記事に

開くトラックバック(0)

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事