ここから本文です
ウエッキーのブログ
クルマを楽しむ!

書庫1/12

記事検索
検索

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ラウンドレース!

谷田部アリーナラウンドレースに行ってきました!

今回のエントリーは12名、2名でのBメインがあります(・・;)

何とかAメインに残りたい(;´・ω・)

まー車はバッチリメンテしたし大丈夫でしょ!
イメージ 1

と思ったのですが・・・

朝の練習で走ったら超ドアンダー!ブレーキかけまくらないと曲がらないですよ!!

こりゃヤベーぞ(・_・;)

そこから苦難の1日が始まりました(T_T)

思った以上に路面が悪い様子、ここまでとは(;^_^A

タイヤはフロントカワダL30、リヤコンビでこの日は決め打ちだったので

他の選択肢はありません

これで何とかしないと・・・

とりあえず練習時間は残り1時間ほどあるのでできる限りやってみます

まずはキャンバー1.8°ぐらいだったのを2.2°ぐらいに増やしました

そしてフロントグリップ剤の塗り幅を9割まで増やし多少改善しましたが

クリッピング後がプッシュアンダーで外に逃げまくり

でフロントスプリングを変えてみます

最近はXENONのプロッグレッシブの0.5→0.55がお気に入り

なんとなく動き始めはカワダ青で奥は白っぽい感じで水色と呼んでます

フロントが逃げてしまうのはフロントが路面グリップに対して硬いのかな?

と思いワンランク柔らかい0.45→0.525に変更しましたが

若干後半は良いような気がしますがちょっとまったりする感じだったので

元のスプリングに戻しました

ここで時間切れ予選1回目に臨みます


予選8分間×2回、決勝8分間A・Bメイン1回

予選1回目

対策が思いつかなかったのでフロントグリップ剤を全塗り40分にしていきました

走り出すと朝よりは多少はましですがプッシュアンダーは消せず

とりあえず完走を目指します

プッシュアンダーで旋回待ちが長く握れないのでペースが上がらない上に

ステアを大きく切るので後半のタイム落ちが大きいです

何とか大きなミスはなくゴールして

43周 8分08秒 10秒938

周りの選手もタイムは伸びないようで総合では6/12位

ですがタイム差は少なく予選2回目でもタイムを上げないと厳しいです


予選2回目までの昼休みにもセット変更を試みました

まずはダンパーの取り付けを1段下げで角度を付けてみました
イメージ 2

多少は良くなったような気がするけどあまり変わらず・・・

でもとりあえずこのままで


次は久しぶりにストラットバーを装着
イメージ 3

フロントの剛性を上げてタイヤへの荷重を増やそうと考えました

サスアームの取り付けも2本止めから3本止めに変更

これは効果があって曲がるようにはなりましたが若干抜けは悪くなった印象

でも予選1回目よりは良いように思えたのでこのままで予選2回目へ


予選2回目

今回はフロントグリップ剤9割40分で行きました

ちなみに40分も塗ってるとしみこむので9割も全塗りもほぼ変わらないのですが

気持ちの問題(-_-;)

予選が始まりコースインすると路面は上がらないまま

もう少し上がってくれるとと良いなと思いましたが

最近の路面はあまり上がらないですね

とりあえずタイムUPを目指アタックします!

しかし、プッシュアンダーは消せずペースは上がらないまま

ラインを変えながら頑張ってみますがペースは上がらず終了

43周 8分10秒 ベスト10秒881でタイムUPならず

予想道理順位は下がり総合9/12位でギリAメイン

イメージ 5

トップはチームヨコモのトトくんで流石圧倒的な速さです

で自分は今のままでは決勝を戦える戦闘力は無いので悪あがきします


今回は決勝までの間に練習ができたので今度はボディを変えてみます

ストラットバーは外してボディをローラフロッピーからAMRプロライトに変更

これが当たりっぽい感じで後半のプッシュアンダーを軽減してくれます

しかし最近はローラしか使っておらずAMRプロライトを使うと

ペラペラボディが歪んで路面に干渉してしまうので対策

丁度見に来ていたOのさんの協力してもらいながらなんとかボディ補強

ボディの合わせをしてレースに挑みます

レースの展開は今回もOのさん撮影の動画を見てください

1/12ストックAメイン


スタートはそこそこ決まり何台か抜いてその後もクラッシュした車があり

順位を上げます

ここまでは良かったのですが数周後操縦台前のストレート入り口のコーナーで

イン側を刺され少しかぶせ気味にいってしまい接触クラッシュ

そのまま行かせようか迷いましたがレースなので厳しめに行ったのが裏目でした

その後はどこか壊れたのかバランスが悪化しましたがあきらめず走りました

しかし、ペースは上がらずとりあえず変更したボディ、AMRの様子を見ながら

完走を目指しました

途中、突然巻いてしまい他の車に接触してしまった場面があり申し訳ない・・

その後は何とか完走はできて他の選手のクラッシュもあり9位ゴール

レース後車を確認すると

フロントホイールのリブとリヤのベアリングホルダーが破損してました
イメージ 4

良く走り切れたな〜と最後まで走ってくれた車に感謝


今回は最初にボディを変更するのが正解だった気がします

ボディを変えたうえでセットを探ればもう少し結果は変わったかな?

ボディでの特性変化は大きいのでセットが大きく外れている場合は

ボディ、タイヤの変更からですね


しかし、最近の谷田部は路面変化がつかみづらいです

ここのところはずっと路面が落ちていく感じで

カーペット変更したころのあのグリップ感はどこにもないですね

気温が上がれば変わるのかな〜?


来週はツーリングでやりたいことがあるのでKUHで遊んで来ようと思うのですが

天気予報が・・・

晴れてくれ〜(;´Д`)

( ´Д`)ノ~バイバイ






この記事に

開くトラックバック(0)

ラウンドレースに備えてマシンをメンテナンス!

ちょっとロアブレースのサイドリンク取り付け部の高さが合わないので

ロアブレースが歪んだのかと思ったのですが
イメージ 1


犯人はこっちでした

丈夫なので滅多に曲がらないのですがチェックしたみたところ〇印のところが

微妙に曲がってました
イメージ 2

〇印のところが曲がるとトッププレート、モーターマウントブレースが

歪んで取り付けられてしまいロアブレースも歪んでしまいます

だいたい赤丸は真っすぐ突っ込んだ場合、青丸は横からぶつけた場合に

曲がり易いのでクラッシュしたらチェックしてます

〇印の無い側は使おうか交換しようか迷う範囲でしたが交換しました

歪んでいると気持ち悪いしね(^-^;


バラしたついでにロアブレースをアルミからカーボンに変更しました
イメージ 3

前回の練習で路面が軽かったのでリヤのグリップ感とリヤの軽量化で

旋回フィーリングが良くなるといいなと思って交換してみました

良いかどうかはレース当日の路面次第ですかね

レース頑張ってきます!

(@^^)/~~~


この記事に

開くトラックバック(0)

タイヤテストの続き!

前回に引き続きカワダLラバー30をテストしてきました!

このタイヤ現在メーカー在庫切れとのことなので残り少ないヨコモと

変えながらテストしました

ヨコモも現在在庫切れとのことなので困ったものです

カワダさんとこは3月4日に入荷とのことなので手持ちは無くならずに済むかな?

安定感はあるけどイマイチ速さが出ないのでそこらへんも試しつつ練習です
イメージ 2

まずはフロントをヨコモLラバーでテスト

いつも通りに7割10分で走り始めたら、ん〜曲がらん( ゚Д゚)

コーナーではめいいっぱいステアを切らないと曲がらない感じです

ここまで曲がらないのは初めてかも?

どうも路面がよろしくないようでフロントが逃げまくりです

ごまかしながら走っていましたが途中でミスしてしまいクラッシュ

こういう時は素直に走行を止めた方が良いですね(-_-;)

ベストは10秒912がやっとでした


次はセットは変えずにフロントのグリップ剤を8割20分に増やして走行

それでもまだフロントが逃げ気味

今回も同じくミスってしまいました

学習しないね〜(T_T)

ベストは10秒925で変わらず

車を回収してチェックするといつもはシャーシ裏に路面に残った

グリップ剤とタイヤカスの混ざったものが付着しますが

付着した様子はなく、ボディ裏に付着していたタイヤカスも乾いた感じ

路面が乾燥してグリップが落ちているのかな?


今度はフロントのグリップ剤を9割30分にしていきました

こんなに塗ったのは初めてですが3パック目でタイヤ径も小さくなっていたので

大丈夫かな?と思っていきました

前のパックよりは良かったのですが途中インリフトさせてしまい

360°ターンを決めてロスしてしまいました

とりあえず完走して43周 8分04秒 ベスト10秒860

イマイチですね〜


タイヤをカワダLラバーにチェンジしてグリップ剤は8割30分

もう少しスピードが欲しいと思ってピニオン/スパーを54/76から56/76まで

上げてみました

走ってみると期待したのとは裏腹に全然スピードは上がらず

モヤーっと感が増しただけ・・・orz

フロントタイヤの感じはヨコモの時と同じくフロントが逃げる感じでした

途中、ミスってしまい大きくロス

もし走り切っても43周がやっとな感じ

ベストも10秒924でモヤ〜っと


ピニオンは戻しセット、タイヤは同じで走行

このパックは割とクリーンに走れたけど途中クラッシュした車両もあり

ロスがあったけど43周 8分03秒 ベスト10秒726

イマイチペースが上がらない

まだ、曲がるのを待っている感じ


もう一曲がりが欲しいところですーさんにアドバイスされた

0度のキャスターブロックを久しぶりに使ってみる

この日の路面では良い感じもう一曲がりして良い感じになりました

でもまだ何か足りない感じがします

このパックは少し長く走ってパワーソースの落ち込み具合を見てみました

1分長く9分走ってみました

9分間のデータです
イメージ 1

フロントのグリップ感は良くなったもののタイムにはつながらず・・・

アベレージは揃っているけど遅いところで揃っています

8分間は43周 8分03秒 ベスト10秒826

データでは8分以降9分までペースは落ちていないところを見ると

パワーソースを使い切れていない様子ですね

もう少し負荷をかけて前半飛ばせる余力はありそう

でも、ギヤ比ではなさそうなのでアンプ、モーターの進角を探ってみます

この日は時間が無いので後日


データ取りにもう一度同じセットで走るも

途中からバトルが楽しくなってしまい遊んでいるうちにミスってクラッシュ

データは取れず・・・(-_-;)

でも楽しかったから良いか〜(*´ω`)


最後はフロントをツーリングみたいに減衰がかかる感じにしてみたらと思い

フロントのダンパーに1000番のシリコンオイルを塗ってみた

これが良かったみたいで進入から出口までフロントに荷重を

じわーっとかけられて良いフィーリングになりました!

前半はペースが良かったのだけど後半ちょっと引っかかってペースダウン

結局43周 8分05秒 ベスト10秒834

ん〜引っかからなくてもダメですね(*_*;


今回はここで終了

ちょっと今回は路面グリップに合わせられなかったかな?

ここ最近は路面が安定していない気がします

次はラウンドレース、今週は天気が変わりやすいみたいだし

週末の路面はどうなるのかな?

考えたところでどうなるかわからないので後は当日何とかするしかないですね

パワーソースも探りながらレースしてみようと思います

( ´Д`)ノ~バイバイ


この記事に

開くトラックバック(0)

自宅付近は雪が降って無かったので谷田部に向かいましたが

9時ごろ谷田部に着いたら雪がかなり降っていて焦りました

でも、すぐに止んだので影響はほぼなくて助かりました(*´▽`*)


今回はクルマはいじらずに走行に専念しようかと思ったのですが・・・
イメージ 1


コジ師匠からカワダLラバー30の中古タイヤをもらいテストすることに

写真は新品です〜ロングライフらしい〜
イメージ 3


ヨコモのタイヤ供給が?で流通在庫もかなりなくなっている状況なので

代わりになるタイヤを探していたのでカワダLラバー30を試すことにしました


とりあえずは前後ヨコモLラバーで今まで通りの感触を再確認

路面は気温低下の影響なのかグリップは低めの様子です

走ってみると確かに路面はグリップ感が薄い感じ

車のバランスは良いですがタイムは11秒0止まり

エロ師匠も10秒9当たりだったので悪くはなさそう


次にフロントタイヤをカワダLラバー30に変更してテストしてみます

タイヤ径はフロント40mm リヤ40mmでスタート

最近は前後タイヤ径の差が少ないor同じぐらいが良い感じで

タイヤも薄くないとタイムがでないので最初からペラペラで行きます

グリップ剤はフロント6割10分でまずは様子見

走ってみると うお〜曲がらん(@ ̄□ ̄@;)!!

切り始めも出口もどっちも曲がりませんよ

ヨコモのLラバーに対して大分曲がらない感じです

それでも走れないほどではなくとりあえず周回を重ねます

そうすると6分過ぎからグリップ剤が切れた様でどんどんアンダーがひどくなり

パイロン踏んだところでやめました

でもベストは10秒782まで上がりました?

うーんヨコモのLラバーとは使い方を変えないとダメそうですね

タイヤを比べるとヨコモのLラバーの方がちょっと柔らかい感じで

カワダの方が目が詰まっていてちょっと硬い感じです


次はフロントのグリップ剤塗り幅を8割まで増やし20分置いて走ってみます

待っている時間でお昼ご飯!

吉村ミートのカレーからあげトッピング!!

注:普通盛りです
イメージ 2
久しぶりの食べ物ネタ(笑)


お腹もいっぱいになったのでテストを継続

グリップ剤を増やしたのでどうかな?

走った感じは大分良い感じヨコモLラバーに近づきました

でもカワダの方が初期ががマイルドで(悪く言うと反応が悪い)

後半の抜けが良い印象(悪く言うとプッシュアンダー)

自分のとらえ方は良い方で何というかコントロールしやすい

ヨコモのLラバーだと動き過ぎてしまうところが程よくなる印象です

キングピンのDDカー特有の旋回フィーリングを薄めてくれる気がします

コース上が荒れていたこともありタイムは伸びませんでした

でもグリップ剤切れはおきませんでした

43周 8分07秒 ベスト10秒989

もっとグリップ剤を長くつけても良さそうです


ここでいったんヨコモLラバーに戻して確認します

路面が回復してきたこともありベストは10秒765

グリップ剤を長くつけたカワダLラバー30とヨコモLラバーの違いは

少なくなりましたがカワダの方が扱いやすいかな?


今度はカワダLラバー30で8割30分グリップ剤を塗って走ってみます

3回目の使用だし曲がるはず!?

でもタイヤ径が39.5mmぐらい・・・行けるのか?

走り出すと良い感じです!今日1番良い感じですよ

ペースも悪くなく

同じタイミングで走っていたエロ師匠との差も

いつもよりも縮まるのが少ないです

しばらくするとエロ師匠が追いついてバトルスタート!

自分が前でしばらくこらえますが少しパイロンを踏んで気持ちが切れて

道を譲り今度は後ろから追います!

いつもならすぐに離れてしまいますが今回はついていけています

がしかし、6分後半にインを攻めすぎてパイロンに乗りロスして離れてしまいますが

その後もがんばっていると8分のアラームに気づかず9分も走ってしまいました

う〜ん久しぶりのエロ師匠とのバトル楽しかった〜(*´▽`*)

43周 8分01秒 ベスト10秒816

ミスが無ければ44周!路面状況、ほぼ8分間バトルしてた割には良いタイム

タイヤのおかげか?俺の頑張りか?俺だな(笑)


ついでにカワダのリヤ Lラバー35も試してみました

走ってみると浮き浮きで走れませんけど〜

タイヤが硬いからひかっかる?

タイヤをコンビに変えて走行

また、浮き浮きで走れませんよ(゚Д゚;)

何なんだろう?

わからないままとりあえず39.3mmぐらいにペラペラになったタイヤに

グルーをし直してみる

すると浮き浮きタイム終了〜

え〜こんなペラペラでもグルーしっかりしないとダメなのー(@ ̄□ ̄@;)!!

タイヤのエッジなんてエッジがどこかわからないようなタイヤだけど

グルーは大事なようです


フロントのグリップ剤を40分近く塗って走行

走り出しは良くてベスト10秒685まで行ったけど

流石にフロントタイヤが小さすぎた様で途中から失速

走行後のタイヤは39mmを切るところまで小さくなってました

ん〜ロングライフ(笑)


それからテスト中にピッチングスプリングをヨコモシルバー、ブラックを

交換しながら走りましたがブラックの方がタイムがちょっと良いみたい

スプリングの違いは良くわからないけどね(-_-;)


カワダLラバー30のテスト結果は良かったと言って良いかなと思います

他にもテストしていた人がいたけど好みはわかれるようです

自分は次回もテスト継続して使い方を研究したいと思います

(@^^)/~~~










この記事に

開くトラックバック(0)

ラウンドレース!

今年最初のラウンドレースに行ってきました!

今回は都合で前日の練習ができませんでしたので

前回のポカミスだらけの練習からのレースで不安いっぱいです(-_-;)

いつもはこのラウンドレースが全日本の1次予選を兼ねていましたが

今年から全日本の1・2次予選が無くなったのでエントリーは少なめ

1/12ストックは12名のエントリーで11名の出走でした

今年もF1RCGPが併催でしたが12で手がいっぱいで

F1の準備ができなかったので今年は見送りました

今年のF1クラスはモーターが25.5Tから21.5Tに変更になった影響なのか?

かなり少なめの4名と寂しい感じでした

レギュにはいろいろあるのでしょうけど

F1RCGP初期のレギュは540モーターでしたので同じような速度の

ブラシレス30.5Tで良いように思えます

何気に540モーターの頃が熱くて面白いレースだったな〜と思います


朝のミーティングです
イメージ 1

全体的にエントリーがちょっと寂しいですかね
イメージ 2


ミーティングも終わり車を準備

今回はハイポイントもバッチリ入りますよ!!

コジ師匠プリンの差し入れありがとうございます(^^♪
イメージ 3

車の方は朝の練習で確認済みで状態は悪くないと思います

ただ、路面はフロントが逃げ気味なので若干軽めな印象でした


今回のレースは予選8分間×2回、決勝8分間×1回

予選1回目

予選1回目の路面はまだ上がらないと予想して

まずはちょっと安定方向で完走を目指そうと

タイヤは前後Lラバーでちょっとならしたタイヤ F:39.8mm R:40ぐらい

ロールダンパーは10000番で行きました

コースインして走り出しは様子見しながら徐々に攻めていきました

それとフロントのグリップ剤を少なめにしていたのが裏目に出て

ちょっと曲がらなかったですね

なので序盤は大分遅い感じです

途中、道を譲る際にタイミングが合わず接触してスタック

かなりロスしてしまいましたがダメージは無く

その後はペースを維持することに集中して走りました

全体的にペースは揃えて走れましたが全体的に遅かったですね

43周 8分08秒 ベスト10秒836

タイムがあまりよくなかったのでヒート3番目で総合7/11位でした

イメージ 4


予選2回目

お昼休みに練習時間があったので練習しました

予選1回目で前後Lラバーだと車が重かったのでリヤをコンビに変更

ロールダンパーを10000番→7500番に変更

これで大分良い感じになりました

予選2回目

今度はフロントのグリップ剤も少し増やして

最初から飛ばして行こうと思います!

スタートして車は良い感じでしたのでペースを上げます

序盤ヒート3番手をキープして走ります

その後も大きなミスはなく終盤2位の選手との差が詰まってきたので

さらにプッシュ!

何とか最後まで頑張り切って逆転しヒート2位でゴール!

44周 8分10秒 ベスト10秒703

自己ベストを1秒更新しゴールすることができました

これで総合順位も一つ上げて6/11位になりました

でも、まだスピードが足りないですね・・・

理由はわかっていて突っ込みすぎ&早くスロットルを空けすぎていて

コーナリング速度が上がっていないのですよね

プロポをメンテナンスして車の動きがスムーズになり安定性も上がったので

ついつい運転が粗くなってしまうんです

もっと早くステアリングを切り始めてしっかり旋回させてスロットルを空けないと

いけないんですよね〜(-_-;)
イメージ 5


決勝Aメイン

決勝はなんと11名での決勝です

12で11台なんて波乱しか予想できません(;一_一)

決勝はセットを変えずタイヤも予選2回目で使用したタイヤで行きます

路面が軽くもう少し曲げたいのでグリップの上がる2回目のタイヤを使用しました

タイヤ径はF:39.6 R39.8ぐらい

スタートグリッドは6番目なので前後の車の様子を見ながら

うまく抜けられれば良いかな〜という感じで行きました

そしてスタート!

スタートぼちぼち決まり前で壁にヒットする車がありましたが

抜けて混乱の中ポジション取りで1台抜くもはらんだすきに抜かれ逆戻り

そして、操縦台前にコーナーで多重クラッシュが発生

混乱の中僅かな隙間を狙いますがクラッシュしたすーさんと接触

自分はダメージは無く何とか抜け出しポジションを4位まで上げます

何周か数台でのバトルになりましたが抜け出します

しかし、後方にはコジ師匠が追い上げてきました

そこからゴールまで続くコジ師匠とのバトルが開始されます

何とか押さえながら走っていると2位の選手がクラッシュし

自分とコジ師匠の3位争いに!

中盤自分のミスで軽くクラッシュし抜かれて4位後退

しかし、そこから巻き返し操縦台前のコーナーでコジ師匠のイン側にねじ込み

3位に上がります

そこから引き離しにかかりますが残り1分で若干タレてコジ師匠に追いつかれます

そこで自分がパイロンを踏むミスしをしてしまい抜かれて4位後退

また、抜き返そうと攻めますが抜くまでは至らずゴール

4位となりました・・・orz

あと少しのところで自分のミスでポジションを落としてしまい非常に悔しいです

あ〜表彰台は遠いなあ〜届きそうで届かない・・・(T_T)

今回はOのさんが動画を撮ってくれたので動画をUPさせていただきました

タイトル「1周目多重クラッシュの真実」(笑)

途中、自分(いつものカラー)とコジ師匠(オレンジ)が写ってます


公式結果です
イメージ 6

42周 8分08秒 ベスト10秒911

やっぱり速さが足りないですね

車のポテンシャルはあると思うんですがね

ということでレース後の練習時間で居残り練習

ラインどりを気を付けつつ修正して走りました

そこでベスト10秒661までタイムを出すことができました!

自己ベストタイのタイムです

他のラップもペースが良かったのですが・・・

すでに3パック近く走ったタイヤを使用していた為

タイヤ径が39mmぐらいになってしまい途中で車が曲がらなくなってクラッシュ

ピットに帰ってやっぱり39mmだとグリップが持たないね〜なんて言っていたら

となりにいたすーさんも同じことをやっていて大笑い(^_^)

となりに同じことをする同じマシンの人がいたとは(笑)


ラインどり走らせ方を修正することでタイムが出たので

ドライバーの精進でタイムはまだ削れそうです!

速い走りのイメージを作る努力をしないといけないですね

クルマ、プロポとも問題がなくなり後はドライバーです・・・

が、がんばります(-_-;)

( ´Д`)ノ~バイバイ







この記事に

開くトラックバック(0)

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事