尾山製材の蜜蝋日記

尾山製材(http://mitsurocream.com/)です。蜜蝋と蜂蜜などなどと木材(エコ塗装)について少々

全体表示

[ リスト ]

2008/10/19に富山県射水市(旧小杉町)某小児科クリニックの待合室改装工事
桧の無垢材の腰板に木工用みつろうクリーム【蜜蝋ワックス】を塗布しまして、
一昨日その現場に行ってその後の様子を見てきました。
 
イメージ 7
水をかけての撥水性を見てみました。
この通り2年たっても撥水性抜群です。
 
 
でも、
針葉樹系(特に杉・桧・パイン)の無垢材のは長年使用しているとキズが付きます。
そこで、
そのついた傷の修復(補修)を簡単に説明します。
 
※簡易的な補修なもので完全に元には戻りませんし、
傷ついた状態よりも少しよくなる程度です。
 
 
 
 
イメージ 1
このように付いた傷があります。
用意するものはスチームアイロンとタオルと木工用みつろうクリームです。
 
 
 

イメージ 2
キズ面にタオルと当ててスチームアイロンでスチームを出しながら温めます。

イメージ 3
こんな感じです。

イメージ 4
すると、このようにキズがわかりにくくなります。
よく見るとわかります。
その上に木工用みつろうクリームを塗布します。
 
すると
 
何もしない状態よりはより分かりにくくなります。
 
 
 

イメージ 5
玄関先の一番傷つきやすい場所を
先ほどの方法で補修した後の状態です。
腰板に汚れなどもついており清掃後の状態であります。
 
汚れや傷のついている部分ほど、
一生懸命清掃したのでかなり色むらが出ています。
 
この状態にして、再度木工用みつろうクリーム塗布します。
 
 
すると、

イメージ 6
こんなにも色がよみがえりました。
 
2年前の状態がこちらです。
2年前と比べると木自体が日焼けして色も変化しておりますが、
これくらい離れて撮影すると色むらや傷はほとんどわかりません。
 
気になるキズを補修する際は木工用みつろうクリームをお勧めいたします^^
 尾山製材のみつろうクリーム:http://mitsurocream.com/

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事