ここから本文です
淡水小物釣りの情報を主に発信します

  ワカサギ腹合わせ夫婦焼き と
                        (めおと)
                    天ぷらと


  このところ 掬いワカサギで晩酌を楽しんでいます。
イメージ 1



















    天ぷらは天つゆでいただいてます。      
イメージ 2





















   XXX
   さて
   今日も大きい池へ行くつもり。
   相棒さんのクルマに横乗りのつもりだが、
   相棒さんのクルマは4駆にスタッドレスタイヤなので、少々の雪なら
   何とも無さそうだけど 雨かも??
             冬の雨に濡れると寒いなぁ〜〜〜〜
             関東方面は大雪に成るかも??
イメージ 3
    


           晩6時には琵琶湖の上に雨雲
イメージ 4


    夜中近く、11時には琵琶湖の上から雨雲が完全に無くなっている
イメージ 5



  月並みだが
  気合を入れて頑張るぞーーーーー。

この記事に


  シリーズ(17)
   爆 掬 い


  イメージ 1






















  何やら知らんけど
  ワタクシが掬ったもんでは有りません。
  Tさん夫婦からの画像をお借りして載せます。
  指をくわえて

  
    見てる  だけ〜〜〜

  1時間半くらいで
  これだけ??


  どないなっとんねんーーーーー。
  何やら知らんけど3桁X3以上だとか??
  居る所には居るもんなんだなぁ〜〜〜〜

  自分もこれを目指しているけど
   あんまりにも羨まし過ぎるやん〜〜〜〜


   ねたむからねーーーーー。


   教えて〜〜〜〜〜〜 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           ようこちゃんスタイル 
イメージ 2























  
    
   大阪の空から
    拍手を送ります

この記事に


  シリーズ(16)
  静かな最高条件のはずがーーー
                【1月19日】

  昼を過ぎて
  琵琶湖の湖面はトロリとまどろんでいる。

  2か所ほどの浜を見て、ココ最近は浜近くに水鳥の姿を多く見る様になり
  ました。
  渡りの鴨も見るけど、
  頭から口ばし先にかけて白い筋が入る「オオバン」を沢山見かける。

  湖面を見て
  水鳥を見て、本日の掬い場所を決めますが、風が無いのでどこの浜でも
  静かそう〜〜〜。


   XXX
   時間の自由が利く自分は 
   早くに行って場所を決めます。
   後から遅れて来るお仲間に分かるように、砂浜にたも網を立てておきます
イメージ 1






















  だいたいの気配が感じられる場所で
  やはり水鳥の浮かんでいる所
イメージ 2
















   ボートのバザーが水鳥の近くまで来ました。
   岸からは20〜30mくらいの近くです。    
イメージ 3


















   XXX
   6時頃に成るとそろそろ接岸が始まるはず!!
   浜に立ちます。
                  足元は釣りブーツ、耐水手袋にたも網、防寒ジャンパー
           にかなり明るいヘッドランプ
          (ヘッドランプは暗い方が良いけど、暗いとワカサギが )
          (が見えない。
          (明るすぎるとワカサギは瞬間に逃げる。       )
          (痛しかゆしだ!!                 ) 
イメージ 4


















  シミやんは早くに帰った。
  自分は8時で16匹
  宇治のTさんも同じくらい
イメージ 5
















   9時過ぎで30ほど
イメージ 6

















   良いと思ったけど
   たいしたことは有りません。
   これ以上は望み無しと判断、Tさん夫婦と相談で場所を移動する。 

   5キロ程走った浜では
   単発で見えるけど、いさんで掬えるほどは見えません。

   10時20分 本日はこれにて終了で粘りをあきらめました。
   現地でTさん夫婦とは別れて、守口へ向けてハンドルを切ります。

     次があるさーーーーーーーーー。




  __________________________________
     これを書いている時間帯の今
     釣りのお仲間が どこかの浜でたも網を出しています。
   
     パパさん、カンカンさん、タケタケさん、
     眩影さん、頑張つてますか〜〜〜
     宇治のTさん夫婦も 二連ちゃんの晩ですがいかがでしょうか??

     報告を聞くのが楽しみだなぁ〜〜〜〜

この記事に


  シリーズ(15)
  琵琶湖のワカサギ食性と
          チカとの違い

  琵琶湖に生息するワカサギは本来は生息していなかった魚です。
  外来魚と言っていいでしょう。

  ブラックバスやブルーギルも外来魚で有るけど、
  今やルアーマンやそれで生活している関係者にとっては、無くてはならない
  物に成っている。

  同じ外来魚で有りながら、バスやギルは悪者扱いされて、ワカサギは
  良しとされる風潮がある。

  ワカサギは、今は自然産卵を繰り返し、漁業従事者にとってなくてはならない
  漁獲高までになり、
  アユの漁獲高に次ぐ重要な資源に成りあがった。

   元々は居なかった魚だし 
   琵琶湖の生態系の環境にとっては、バスと同じ「悪」のはずが何故
   ワカサギが増えて喜ばれるのだろうか??

   そこには琵琶湖の水環境の悪化に伴い、沢山獲れていたホンモロコの
   減少にとって代わって ワカサギの増加は、漁業従事者には朗報なんだ
   ろう。

   ワカサギは汚れた水質にも適応力が強く、
   年によっての漁獲量には波が有るけど、ワカサギの漁獲量が増える傾向に
   有るようだ!!

   何故増えるの?? を疑問に思う時、
   以前にも書いたけど、アユと同じく餌の量に比例して大きく成長するので
   琵琶湖にはそれを養うだけの動物プランクトンのキャパが存在するからで
   ワカサギはそのエサを食ってドンドン大きく成る。

  
  『水清くしてワカサギ棲めず』と以前に書いた。
  それでは 『水清くして動物プランクトンも棲めず』と言い換えても
  良いかもだ??

  言い過ぎだろうか??

  もっと言い換えて言えば、水質が悪化しているので動物プランクトンが増える
  ので有って、食物連鎖の関係でプランクトンを食うワカサギが増える。

  水質から言えば負の連鎖が続いている。


   XXXX
   もしかしたら  
   どこか知らないが 
   琵琶湖特産のホンモロコの減少に心傷める漁業関係者が、ワカサギを放流
   したとしても 一向に不思議ではない。

   高度経済成長期に琵琶湖周辺の湖岸道路整備や、水質悪化を引き起こす
   農薬汚染、化学汚染などなど、
   琵琶湖を汚した原因で有る事のツケは大きい。

   滋賀県の公はこの事を大きく発表したくない様に感じる。
イメージ 1

























イメージ 2





















  琵琶湖の富栄養化に伴い
  現在のワカサギが食う餌の多くは、先に書いた動物プランクトンで有るが
  調べると
  ワカサギの成長に伴う食性が見えて来る。

  餌として食べる全体量が
   ミジンコ類とケンミジンコ類で
    約42%
                  体長1mm前後
イメージ 3




















イメージ 4

















  ⁂ 次いで
    ヨコエビ(アナンデールヨコエビ)が37%ほど
                 体長1cm程
イメージ 5













  ⁂ 残りがヒウオや稚アユの生きた小魚だ!!   


   ワカサギの成長過程で餌となる物が変わり
   生まれて間もなくは1mm前後のミジンコやケンミジンコなど。
   大きく成長する途中では1cm位のヨコエビなど、
   小鮎の産卵された秋9月10月、11月頃に成ると、
   ヒウオ、稚アユの二ッチ(生活範囲)とワカサギの産卵準備期が同調して
   これらの生き餌を主食と変遷していく。


   XXX
   琵琶湖では
   15cm前後から時には17〜18cm近くまで大きく成り、まるでシシャモ
   見たいと言われるくらいに見事な魚体に成長する。

   それは
   1年を通して大きく成れるだけの餌が豊富な証拠に他ならない。
   (また、動物プランクトンが増える、富栄養化が進んでいる事でも有るのだ)


  
  ワカサギとチカの違い
       背びれと腹ビレの付け根の位置関係で見分けがつく。
       それも単に魚体を見るだけでは、見分けがつきにくいけど
       チカは淡水で生きられないので、琵琶湖のワカサギは幾ら大きく
       ても、チカで無いのは明白である。
       (外見上の見た目はほとんど区別がつかない)
イメージ 6


















      分かりづらいので
      待ち針でヒレを留めた。
イメージ 7











































この記事に


  シリーズ(14)

  ワカサギ掬いは粘りだネ!!
          キャッチ&イート
               【1月16日】

  昨日の16日で今シーズンに入って5回目のワカサギ掬い。
  まだ ゼロは無いけど満足の行くだけの数が掬えては居ません。
  子持ちワカサギをまだまだ食べたりません。
  

  200位は掬ったよ!!
  30分で40以上は掬ったけど!! なんて、現場で聞くけど、そんな良い事
  に辰グルーはまだ巡り合えていません。


   今まできつい風で満足に網も出せず〜〜〜
   雪ですぐに逃げ帰ったり〜〜、どうもタイミングがすぐれません。


   そして満を持しての16日。
   風もなく穏やかで
   暖かく
   寒がりの自分ですが浜を歩いているとじんわりと汗が出て来ます。


       今日は春の陽気だと言われますが、先日の雪はまだまだ残る
イメージ 1

















イメージ 2



















       明るい内にに浜に着いた。
       狙い何処は水鳥の浮かんでいる所。盛んに潜っている。
       何かを食って居るんでしょう??
       ワカサギを??を食っているの??
イメージ 3

















イメージ 4



















       アルビレオさんは飛ばし仕掛けでワカサギを狙っていますが
       手持ち無沙汰かな。 
イメージ 5



















       暗くなっても あまりにも静かすぎる
       全然ワカサギの姿が見えない。
イメージ 6



















       8時まで粘って自分はたったの7匹。
       ほんくんは10匹程です。
       今日は最高に良いと踏んだけど、あきません。
イメージ 7



















       2キロ程移動した場所で10匹程の追加ですが、ココも大した
       事が有りません。
イメージ 8



















       再び2キロほど移動した所では、まるで油を流したような
       砂浜でした。
       けど ワカサギは居てました。
       1〜2匹が水辺30cm位のとこで居る。
       7〜10匹の群れも居るけど、ライトを当てると瞬間にピューー
       と〜〜〜、たも網を出す前に居なくなります。  
イメージ 9


















       30分ほどで12〜3匹追加でトータルは30を超えたけど
       雨は降らなくて、結局はズルズルと11時20分まで粘って
       しまった。 
イメージ 10



















  自分は毎日が日曜日なので何時まででもエエけど、同行のほんくんは明日の仕事
  が有る。
  かなり頑張って3か所目で、遅い時間に止め時です。
イメージ 11






















  さア〜〜て 
  どこの浜を狙うか??
  どこの河口域を狙うか??
  北や西風の時は湖西方面、東風の時は湖東方面を狙うのがセオリーでしょう
  けど、
  まだまだポイントの全容は調べ切っていません。 
イメージ 12







































  
   自分が元気なうちに
   ボチボチ 捜し歩いてみるつもりだ!!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事